分家ってなんのこと?家系図で徹底解説【行政書士監修】

分家

みなさんは「分家」という言葉を聞いたことがありますか?

よく「本家と分家」と言われる、あの「分家」のことです。

詳しく意味を知らない方も多い分家という言葉。

今回はそんな「分家」について詳しく解説を行いたいと思います。

\人生で一度は家系図を作ってみよう!/

「つくれる家系図」で家系図を作る

分家とは

さっそくですが、分家とはどんな意味なのでしょうか。

現代では分離した家を「分家」、元の家を「本家」と呼ぶことが一般的です。

これは「家」制度による家を単位とする考え方があるからです。

家制度とは、明治初期に制定された民法において規定された日本の家族制度のことで、親族関係にある者の内からさらに狭い範囲の物を戸主と家族として一つの「家」に属させる制度のことです。

そして、一つの家は一つの戸籍に登録されることになり、同時に「本家」と「分家」という概念が誕生しました。

これは生家を相続または継承する権利を持たない次男などが、これまでの所属していた家を離れて新しく一家を創設した場合(戸籍を離れた場合)に、創設した一家を「分家」と呼び元の家を「本家」と呼ぶためです。

つまり、分離したほうが「分家」であり元となったほうが「本家」であるという相対的な捉え方です。

ただ、この場合だと本家と分家の数は無数に増えることになりますので、代々の家系(苗字)の本家のことを「総本家」と呼ぶ場合もあります。

家系図で見る本家と分家の違い

家系図で本家と分家の違いを確認してみましょう。

自分が次男の場合の本家と分家

この場合は自分が「分家」で長男が「本家」となる場合が多いです。

父親が次男の場合の本家と分家

この場合は自分と兄弟、両親がひっくるめて「分家」となります。

そして父親の兄である叔父の家系が代々長男である場合は「総本家」となるわけですね。

まとめ

今回は「分家」について解説を行ってきました。

歴史を知ると言葉の意味もよく理解することが出来ますね。

人生で一度、家系図を作ってみませんか?

「親戚まっぷシリーズ つくれる家系図3」とは

「親戚まっぷシリーズ つくれる家系図3」は、氏名や続柄など必要な項目を入力・選択するだけ簡単に家系図が作れるソフトです。

作成した家系図は、印刷して貼り合わせて1枚の大きな家系図にしたり、専用のAndroidアプリと連携して、ご親戚が集まる場などでお披露目することもできます。

5つのおすすめポイント

【その1】「家系図作成のための戸籍収集準備ブック」が付属

さかのぼって家系図を作るためには戸籍謄本の取得が必要になります。また、古い戸籍謄本は難解な表現で書かれている場合もあります。

「家系図作成のための戸籍収集準備ブック」では戸籍謄本の収集方法や読み方について、行政書士の菊池一夫先生が分かりやすく解説。はじめての家系図作成をサポートします。

【その2】スマホアプリ連携

パソコン版「つくれる家系図3」をご購入の方は、「つくれる家系図3 for Android」を1台の端末でご利用いただけます。

アプリでは、作成した家系図の閲覧と編集ができ、親戚の集まりの際に閲覧したり、その場で修正することも可能です。

【その3】必要な情報を選択して、家系図に表示

作成した家系図は、印刷して貼り合わせて1枚の大きな家系図にしたり、専用のAndroidアプリと連携して、ご親戚が集まる場などでお披露目することもできます。

【その4】だれでもかんたんに家系図が作れる

家系図の個人欄に表示する項目を追加・変更できます。

また、登録した個人情報の中から表示したい項目を選択して家系図に表示でき、文字のサイズや項目の表示順、表示位置を設定することもできます。

【その5】家紋図柄1,200点収録

家紋図柄(モチーフ)141種類1,200点収録。家紋は種類別、50音別、家紋名で簡単に検索できます。

「つくれる家系図」で家系図を作る