「姻族」とはどんな意味?家系図で解説【行政書士監修】

姻族

みなさんは「姻族」という言葉を聞いたことはありますか?

法律に多少知識のある方や、相続をされたことがある方はご存知かもしれませんね。

今回はそんな「姻族」について解説をしていきたいと思います。

\人生で一度は家系図を作ってみよう!/

「つくれる家系図」で家系図を作る

姻族とは

姻族(いんぞく)とは「婚姻関係による配偶者の血族または自分の血族の配偶者」のことを指します。

少し難しいですが、配偶者の血族と血族の配偶者のことですね。

例えば自分の配偶者の父母や、自分の兄弟の配偶者などが姻族となります。

自分から見て姻族であるということは、相手から見ても自分は姻族となりす。

姻族関係の終了

姻族は婚姻関係により生じる間柄ですので、婚姻関係の解消に伴い姻族としての関係も終了します。

つまり、離婚をした場合は姻族関係は終了することになります。

ただし、配偶者が死亡した場合は姻族関係が当然に終了するわけではありません。

この場合は姻族関係終了届という届出により手続きを行うことで姻族関係を終了させることが可能になります。

なぜこのように違いがあるのかというと、離婚はお互いの意思が反映されていますので当然に姻族関係の解消も望んでいると考えられます。

しかし、配偶者の死亡の場合では当然に婚姻関係の解消を望んでいるわけではありません。

法律では原則として当事者の意思を尊重しますのでこのような違いがあるというわけです。

家系図で確認する

この家系図では、青色の部分が姻族を指しています。

家系図を見ていただけるとわかるように、子や孫、甥姪は姻族ではありません。

姻族では婚姻関係により発生する間柄ですので子の配偶者や兄弟姉妹の配偶者は姻族になりますが、その子供までは含まれないということですね。

まとめ

家系の呼び方には今回解説をした「姻族」以外にも「血族」や「親族」といった言葉も存在しています。

自分から見てご先祖様との関係を知りたいときは家系図を作ると視覚的にもわかりやすいかもしれませんね。

人生で一度、家系図を作ってみませんか?

「親戚まっぷシリーズ つくれる家系図3」とは

「親戚まっぷシリーズ つくれる家系図3」は、氏名や続柄など必要な項目を入力・選択するだけ簡単に家系図が作れるソフトです。

作成した家系図は、印刷して貼り合わせて1枚の大きな家系図にしたり、専用のAndroidアプリと連携して、ご親戚が集まる場などでお披露目することもできます。

5つのおすすめポイント

【その1】「家系図作成のための戸籍収集準備ブック」が付属

さかのぼって家系図を作るためには戸籍謄本の取得が必要になります。また、古い戸籍謄本は難解な表現で書かれている場合もあります。

「家系図作成のための戸籍収集準備ブック」では戸籍謄本の収集方法や読み方について、行政書士の菊池一夫先生が分かりやすく解説。はじめての家系図作成をサポートします。

【その2】スマホアプリ連携

パソコン版「つくれる家系図3」をご購入の方は、「つくれる家系図3 for Android」を1台の端末でご利用いただけます。

アプリでは、作成した家系図の閲覧と編集ができ、親戚の集まりの際に閲覧したり、その場で修正することも可能です。

【その3】必要な情報を選択して、家系図に表示

作成した家系図は、印刷して貼り合わせて1枚の大きな家系図にしたり、専用のAndroidアプリと連携して、ご親戚が集まる場などでお披露目することもできます。

【その4】だれでもかんたんに家系図が作れる

家系図の個人欄に表示する項目を追加・変更できます。

また、登録した個人情報の中から表示したい項目を選択して家系図に表示でき、文字のサイズや項目の表示順、表示位置を設定することもできます。

【その5】家紋図柄1,200点収録

家紋図柄(モチーフ)141種類1,200点収録。家紋は種類別、50音別、家紋名で簡単に検索できます。

「つくれる家系図」で家系図を作る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにオススメ