家系図の養子の書き方を解説【行政書士監修】

家系図,養子,書き方

今回は家系図を書く際の、「養子の書き方」をご紹介したいと思います。

\ 人生で一度は家系図を作ってみよう!/

家系の記録を残しておきたい
両親に家系図をプレゼントしたい
結婚や出産などの記念に

わたしの家系図物語(ヒストリエ)調べてカンタン!すごいご先祖がわかる

\ 今すぐ無料で悩みを相談してみよう /

「 ココナラで悩みを相談 」

ユーザー満足度97%超
3,000円無料クーポンあり
1分100円からのお値打価格

子供の書き方

養子の書き方を解説する前に、まずは「子供」の書き方を解説したいと思います。

養子の書き方は、「子供」の書き方をベースとするので先に覚えておかなければなりません。

子供が一人の場合

子供が一人の場合は、上記のように父母から縦一本線で繋げて書くようにします。

兄弟姉妹がいる場合

兄弟姉妹がいる場合は、兄弟姉妹同士を横一本線でつなげるようにします。

この際、兄弟姉妹は生まれた順で右から左へと並ばせましょう。

男女によって順が変わることはありません。

養子の書き方

養子は子供の書き方と大きく異なることはありません。

違いは縦二本線となる点です。

養子に関しても、生まれた順で右から左へと並ばせましょう。

まとめ

今回は家系図を書く際の「養子の書き方」について解説を行ってきました。

是非参考にして家系図を仕上げてみてくださいね。

家系図を自分で作ってみる

家系図は業者に依頼して作成する方法と自分で作成する方法がありますが、やはり自分で作成する方法がおすすめです。

自分で作成した家系図のほうが愛着が湧きますし、何よりご先祖様を知った時の素敵な体験を味わうことが出来ます。

今では数千円の書籍でも家系図の作り方が詳しく紹介されていますので、興味がある方は是非家系図作成にトライしてみてくださいね。

\ 人生で一度は家系図を作ってみよう!/

家系の記録を残しておきたい
両親に家系図をプレゼントしたい
結婚や出産などの記念に

わたしの家系図物語(ヒストリエ)調べてカンタン!すごいご先祖がわかる