家系図の養子の書き方を解説!

今回は家系図を書く際の、「養子の書き方」をご紹介したいと思います。

 

子供の書き方

養子の書き方を解説する前に、まずは「子供」の書き方を解説したいと思います。

養子の書き方は、「子供」の書き方をベースとするので先に覚えておかなければなりません。

 

子供が一人の場合

 

 

子供が一人の場合は、上記のように父母から縦一本線で繋げて書くようにします。

 

兄弟姉妹がいる場合

 

 

兄弟姉妹がいる場合は、兄弟姉妹同士を横一本線でつなげるようにします。

この際、兄弟姉妹は生まれた順で右から左へと並ばせましょう。

男女によって順が変わることはありません。

 

養子の書き方

 

 

養子は子供の書き方と大きく異なることはありません。

違いは縦二本線となる点です。

 

養子に関しても、生まれた順で右から左へと並ばせましょう。

 

まとめ

今回は家系図を書く際の「養子の書き方」について解説を行ってきました。

是非参考にして家系図を仕上げてみてくださいね。