家系図を書く時の兄弟の順番とは【行政書士監修】

家系図,兄弟,順番

みなさんは、家系図を書く時の兄弟の順番をご存知ですか?

今回は「家系図を書く時の兄弟の順番」について行政書士が解説していきたいと思います。

\家系図の作成なら家系図作成ソフトがおすすめ!/

親戚まっぷシリーズ つくれる家系図

はじめに

まずはじめに、家系図の書き方に関して知っていただきたい事項がひとつあります。

それは、家系図の書き方には決まりはないという事。

これから基本的な兄弟の順番の書き方をご紹介をしていきますが、必ずしもそのように書かなければいけないというものではありませんので、ご自分の家族や家系にあわせて形を変えたり修正したりすることも大切です。

家系図づくりで大事なことは、家族とご先祖様のことを考えて気持ちを込めて作ることですので、ご家族と見て楽しめる家系図を作ることを意識されると素敵な家系図を仕上げることが出来ますよ。

兄弟の順番

兄弟は「自分と同列で父母と縦1本線で結ぶ」ようにして書いていきます。

順番は「生まれた順で右から左へ」となりますが、男女や実子と養子での順番の変更はありません。

いくつか例を見てみましょう。

兄が1人いる場合

兄が1人いる場合は、「自分←兄」となるように書きます。

この時、直接父母と縦線で結ぶことは出来ませんので、枝分かれをするように書いていきます。

妹が1人いる場合

妹が1人いる場合は、「妹←自分」となるように書いていきます。

姉が1人、弟が1人いる場合

姉が1人、弟が1人いる場合は「弟←自分←姉」となるように書いていきます。

兄が1人、養子(自分より年下)が1人いる場合

兄と養子がいる場合も生まれた順で書いていくことになります。

この場合は「養子←自分←長男」ですね。

ただし、養子の場合は「縦2本線」となり実子とは異なる点があります。

まとめ

今回は家系図を書く時の兄弟の順番について解説を行ってきました。

見やすさを重視して伝えやすい家系図を心がけると素敵な家系図を仕上げることが出来ますよ。

是非、参考にして家系図を仕上げてみてくださいね。

家系図を自分で作るなら「つくれる家系図3」がオススメ

「親戚まっぷシリーズ つくれる家系図3」とは

「親戚まっぷシリーズ つくれる家系図3」は、氏名や続柄など必要な項目を入力・選択するだけ簡単に家系図が作れるソフトです。
作成した家系図は、印刷して貼り合わせて1枚の大きな家系図にしたり、専用のAndroidアプリと連携して、ご親戚が集まる場などでお披露目することもできます。

オススメの出来る5つの理由

【その1】「家系図作成のための戸籍収集準備ブック」が付属

さかのぼって家系図を作るためには戸籍謄本の取得が必要になります。また、古い戸籍謄本は難解な表現で書かれている場合もあります。
「家系図作成のための戸籍収集準備ブック」では戸籍謄本の収集方法や読み方について、行政書士の菊池一夫先生が分かりやすく解説。はじめての家系図作成をサポートします。

【その2】スマホアプリ連携

パソコン版「つくれる家系図3」をご購入の方は、「つくれる家系図3 for Android」を1台の端末でご利用いただけます。
アプリでは、作成した家系図の閲覧と編集ができ、親戚の集まりの際に閲覧したり、その場で修正することも可能です。

【その3】必要な情報を選択して、家系図に表示

「親戚まっぷシリーズ つくれる家系図3」は、氏名や続柄など必要な項目を入力・選択するだけ簡単に家系図が作れるソフトです。
作成した家系図は、印刷して貼り合わせて1枚の大きな家系図にしたり、専用のAndroidアプリと連携して、ご親戚が集まる場などでお披露目することもできます。

【その4】だれでもかんたんに家系図が作れる

家系図の個人欄に表示する項目を追加・変更できます。
登録した個人情報の中から表示したい項目を選択して、家系図に表示できます。
文字のサイズや項目の表示順、表示位置を設定することもできます。

【その5】家紋図柄1,200点収録

家紋図柄(モチーフ)141種類1,200点収録。家紋は種類別、50音別、家紋名で簡単に検索できます。

親戚まっぷシリーズ つくれる家系図

家系図の作成方法を徹底解説【行政書士監修】

famicoでは、家系図の作り方をどのウェブサイトよりも、どの書籍よりも、わかりやすく解説することを目指しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにオススメ