「子孫」とはどんな意味?家系図で解説!

みなさんは「子孫」の意味と続柄をご存知でしょうか?

子孫の意味は知っていても、子孫の続柄は分からない方も多いと思います。

 

そこで今回は、子孫の意味と続柄について解説をしていきたいと思います。

 

子孫とは

子孫とは「血筋をひいて後に生まれる人々」のことを言います。

子孫の漢字にもあるように、「子」や「孫」がまさにそうですね。

 

また、子孫と同じ意味を持つ言葉に後裔(こうえい)もあります。

 

家系図で確認する

家系図で子孫を確認してみましょう。

 

 

図の黄色い部分が子孫となります。

姪や甥など、いわゆる傍系血族の子供は自分の血をひいていませんので子孫とはなりません。

 

図では「雲孫」で途切れていますが、その下の代も引き続いて子孫となります。

 

子孫の続柄

以下で子孫の続柄を確認してみましょう。

続柄 読み方 関係性
1親等の直系血族
まご 子の子

2親等の直系血族

曽孫 ひまご

(そうそん)

子の孫 ・孫の子

3親等の直系血族

玄孫 やしゃご

(げんそん)

子の曽孫・孫の孫

4親等の直系血族

来孫 きしゃご

(らいそん)

 子の玄孫・孫の曽孫5親等の直系血族
昆孫 こんそん 子の来孫・孫の玄孫6親等の直系血族
仍孫 じょうそん 子の昆孫・孫の来孫7親等の直系血族
雲孫 くものまご

(うんそん)

子の仍孫・孫の昆孫8親等の直系血族

まとめ

今回は子孫について解説をしてきました。

初めて耳にする続柄もたくさんあったのではないでしょうか。

 

昆孫や雲孫と聞くと自分からは遠すぎてあまり身近には考えられませんが、自分自身もご先祖様の昆孫や雲孫であるということです。

ご先祖様を遡ってみると、自分自身がどの続柄の子孫のになっているか知ることが出来ますよ。

 

興味があれば是非ご先祖様を調べてみてくださいね。