嫌いな姑と上手に付き合うコツ15選!先輩お嫁さんが伝授!

みなさんは自分のお姑さんと良い関係を築けていますか?

もちろんお姑さんも大切な存在には違いありませんが、「どうしても苦手」や「性格が合わない…」という方も多くいらっしゃると思います。

自分の母であれば言いたいことも言えますが、相手がお姑さんともなればそうもいきませんよね。

 

そこで今回は先輩お嫁さんが伝授する、嫌いな姑と上手に付き合うコツ15個をご紹介してきたいと思います。

 

遠回しに言えないときは直球で言う

お姑さんが嫌いな理由

とにかく子供のことに口を出してきます。
孫が可愛くて仕方ないでしょうが、ほとんど毎日孫について聞いてきて辛いです。

お姑さんとの上手な付き合い方

子供が生まれてお節介になり、やたら我が家にも出入りするようになりました。
有難いことなのかもしれませんが、こちらは気が休まる暇がなく口を出されてはストレスが溜まります。

耐えられなくなってきたので、「何かあったら手伝ってくださいと連絡します!こちら側から連絡しますから!!」としっかり言いました。
すると姑からも「悪かったねーなにかあったら、すぐ連絡してね」と言ってもらえましたので、今では見て欲しいときだけ頼めるようになりました。
ビクビクして言いましたが、直球で言う事も大切なんだなと勉強になりました。
 

(女性/30代前半)
 

頼って甘え上手になるのも手

お姑さんが嫌いな理由

子供が生まれてから昼間に毎日のように訪ねて来ます。
初孫ということもあって可愛く思ってくださっているのはわかりますし、とても嬉しく思います。
しかし、赤ちゃんの世話に疲れていることもあって毎日訪ねて来られると休む暇がありません。

お姑さんとの上手な付き合い方

義母さんが家を訪ねてくると私も気を使ってしまい、やれコーヒーを入れたりお茶菓子を用意したり話し相手をしたりと大変な思いをするので嫌だったのですが、実母に相談してみたところ、思い切って赤ちゃんの世話を義母にお願いして買い物や美容院、病院に出かけてみたら?とアドバイスをされました。

そこで、義母さんに赤ちゃんをお願いしてその間に用事を済ませるようにしたところ、私自身良い気分転換になりました。
甘えられるところは甘えてしまったら良いのだと思います。
 

(女性/30代後半)
 

あまり会わないようにする

お姑さんが嫌いな理由

お金の件が気になります。
基本的にはケチで私たち夫婦や子供にあまりお小遣いや物もくれませんが、自分達は贅沢をしているように見えます。

お姑さんとの上手な付き合い方

必要なイベントごと以外では会わないようにするのが一番だと思います。ほどよく距離を置く感じで。

以前はうちの鍵を預けていたのですが、勝手に私達が居ない時に入られたりして要らない食材を置いていかれたりして困りました。
部屋の中も触られて、不快な思いをしたことが何度もあったので、申し訳ないけれどと、旦那から言ってもらい、とりあえず鍵は返してもらいました。
 

(女性/40代前半)
 

できるだけ関わらないようにする

お姑さんが嫌いな理由

結婚当初から嫌われていて、何かにつけて私が悪者になっています。
主人の行動も、私がそそのかしているというようなことを言われます。

お姑さんとの上手な付き合い方

姑とは同居しています。
一つ屋根の下暮らしているので、食事の準備や掃除なども私がやることが多かったのですが、何をしてもうまくいきません。初めはなんとかしようと努力していましたが、義妹から結婚前から私のことは気に入らないようだったと聞き、諦めました。

幸い二世帯住宅なので、子供が生まれたのをきっかけに、食事や掃除など日常のことは全て不干渉にすることに決めました。
あとは何を言われても気にしないことです。今では一緒に暮らしていながら顔を合わせるのも1日1回程度です。
 

(女性/30代前半)
 

お義母さんの意見は否定しない

お姑さんが嫌いな理由

家族として迎え容れられても、どこか信用されていないと感じることがあり、心から好きになれません。
結婚した当初は私たち夫婦は共働きでしたが、現在は会社を辞め私自身は専業主婦です。お義母さんにとっては大事な長男坊なので、大事に育ててきたんだなぁと思いますが、血の繋がっていない第三者からみると過保護な部分があるようにも思います。

また、私がお義母さんとお話していても、遠くで話を聞いていない旦那に声をかけたり質問をしたりします。
わからないことがある時は義母さんは旦那をとても頼りにしています。
私を介すことがあっても、私ではなく、旦那を頼る部分があり、外嫁なので仕方がないのですが、モヤモヤすることもあり好きではありません。

お姑さんとの上手な付き合い方

お義母さんの意見を否定すると、人生経験の少ない私に上から目線で言われるようで機嫌も悪くなってしまいますので、基本的には否定せずに話を聴いてあげるようにします。

お義母さんも私の話を真剣には聴いていないようなので、私もお義母さんのお話は適度に聞き流して時間を過ごしています。
 

(女性/30代前半)
 

必ず夫に仲裁役をしてもらう

お姑さんが嫌いな理由

子育ての事で口出しされて、とても辛い思いをしました。
主人に訴えても、なかなか理解して貰えないことがありました。

お姑さんとの上手な付き合い方

一番は、夫婦間で話をするのが、一番かなと思います。
生活リズムの違いや子育ての違いは誰にでもあるので、私たち夫婦がどういった気持ちで子供を育てているのか、どういった生活を求めているのか、をはっきりする事で姑の気持ちに気づいたり、旦那さんにも何がどう引っかかるのか伝えやすいかなと思います。

姑にとってはかわいい息子で嫁はニクイ!とまでは言わずともあまり喜ばしい存在ではないでしょうから、一言一言に目くじらを立てないように、『私も将来、息子可愛さで言っちゃうんだろうなぁ』と参考にするのも受け流せるきっかけになるかなと思います。
 

(女性/30代後半)
 

姑の言う通りにしなくても良い

お姑さんが嫌いな理由

同じ敷地内に隠居と本家で別れて暮らしていますが、なにかと私たちの事に口を出してきます。
私と旦那だけの秘密でも自分が知らないと気が済まない人です。

お姑さんとの上手な付き合い方

最初は姑の言うがまま、言われるがままにしてましたが、そうすると自分のストレスになってきて子供に当たったりしていたので良くないと思い、思い切って何を言われても動じないようにしてみました。

嫌味のひとつでも言われるのかと思いましたが、何も言ってきませんでした。そこで初めて、私にとっては大ごとでも姑にとってはただの口癖なんだと気が付きました。
ほとんどの姑は特に何も考えずに言っていると思いますので、何から何まで言うとおりにしなくても大丈夫ですよ。
 

(女性/30代前半)
 

お願いは何回かに一回は用事で断る

お姑さんが嫌いな理由

孫に対しての愛が深すぎて、頻繁に自宅に宿泊して孫に会いたいとお願いがあることに困っています。
頻度さえもっと少なければいいのですが、そうもいかないようです。

お姑さんとの上手な付き合い方

ある程度衝突しないようにいい顔をして最初は様子見していたのですが、お願い攻撃が苛烈になってきたタイミングで用事を理由に何回かに一回はお願いを断るようにしていきました。

はっきり言わないと効果がない時ははっきり言うようにしましたし、最近は空気を読んで初期に比べてお願い攻撃が少なくなってきたので、嘘も方便だと思うようにしています。
 

(女性/20代後半)
 

子供の力を借りる

お姑さんが嫌いな理由

ずぼらでお金がかかる所が嫌です。
全て私たちが出すもの、買うものだと思っています。そのわりには高級思考です。。

お姑さんとの上手な付き合い方

食べ放題、飲み放題、お金はいっさい払わない義母。
自分にはお金をかけますが、あとは私たちを頼りにします。

孫のお菓子も買ってこないのですが、私の母が買ってきてくれたものをアピールするとプライドがゆるさないようで、孫に「今度買ってきてあげるからね!」とその場は言います。
でも、子供は忘れてないので、買ってくるまで言います。たまにはそれも良いと思っています。
 

(女性/40代後半)
 

電話でなくメールにして貰う

お姑さんが嫌いな理由

旦那のことが大好きすぎて色々構ってくるところが苦手です。
姑は旦那が1歳のときに離婚して、女手一つで旦那を育ててきたためか、旦那のことが今でも一番大好きで、色々旦那のことを知りたがります。
旦那が異動したと聞けば、旦那の部署名から仕事内容までこと細かに聞いてきて、毎日のように旦那の仕事がうまくいっているか、私がちゃんとサポートできているか電話で聞いてきます。
地震があったときも一番に旦那の心配ばかりして、私と孫はほったらかしでした。実家に行くと旦那が小さいときからどれだけ優秀だったかを自慢されて、とても疲れます。

お姑さんとの上手な付き合い方

最初は姑と旦那の関係に口を出したりして疲れましたが、この頃は旦那と姑との話は聞き流して、旦那の自慢話も「へー、すごかったんですね」と適当に聞き流してほっておいてます。

毎日のように電話がかかってくるのは疲れたので、それだけはやめて欲しいと伝えて、この頃はメールで気になることがあれば送ってもらっています。
 

(女性/30代後半)
 

適度に距離を置く

お姑さんが嫌いな理由

メールの量が多い。
毎日こちらが返信しなくても2〜3通くるのは当たり前。返信に凄く気を使ってしまって、メールの文面を考えるだけで1時間かかるのに次から次に送られてくるため、気が滅入ってしまいます。

お姑さんとの上手な付き合い方

悪い人ではない事は初めてお会いした時から分かってはいましたが、距離が近すぎるとともかくぐいぐい来られます。

ですので、メールが届いても理由と(体調が悪い、用事がある等)事前に返信が遅くなることをお伝えした上で時間を空けて返信をしたり、お姑さんがしようとしてくれてる事が嫌なことだった場合には感謝を伝えた上で了承できないことと、代替案を提示するようにしています。
 

(女性/20代後半)
 

感謝の気持ちはきちんと伝える

お姑さんが嫌いな理由

同居をしているのですが、色々な物を買ってきては、ろくに料理しないので、冷蔵庫のものを腐らしてしまう。

お姑さんとの上手な付き合い方

色々な物を買ってきて、「使っていいからね。」と言われますが、自分達は、自分達で材料買ってきているのであまり使うことがありません。
ですが、悪気はないと思いますので、とりあえず「ありがとう。助かります。」と口添えをするようにしています。

本心は、姑さんがたまに、料理すると思って使いにくいですし、材料があるので、ありがた迷惑なところがあります。でも、毎回ありがとうと伝えることで、角が立たないようにしています。
 

(女性/30代前半)
 

縮こまらずに丁寧な口調で自分の気持ちはちゃんと伝える

お姑さんが嫌いな理由

私が若い妻だという事もあると思いますが、何かと人生の先輩という面をして偉そうにしてくる事です。
また旦那さんには非常に甘いので干渉ぶりには参ります(笑)

お姑さんとの上手な付き合い方

年の差で若いということもあり前から心から歓迎されてる感じではありませんでした。
料理とかも全然できなくて、奥さんという仕事も未熟者ですから心配されるのはわかります。
結婚した当初は先生のように厳しい指導を受けましたし、旦那には甘いので天と地の様な対応の差を感じてストレスになってました。離婚をそのせいで考える位に(笑)

旦那は普通の思考回路を持ってくれてた方なので、旦那に勇気をだして相談すると、何も言わないから調子に乗って言ってくるんじゃない?(笑)って軽く言われました。
何だそれ!って思いましたが、ある日いつものように料理の味付けの事で厳しすぎる指導を受けてた時、旦那のいってた事を思い出して一か八かで初めて反論をしました。
私が反論するなんて思ってなかったのかびっくりしてましたが、そこから段々と緩くなり何でも常識の範囲内で気持ちをぶつける事ができてます。縮こまらずに伝えるって大切だと学びました。
 

(女性/20代前半)
 

まずは肯定してあげる

お姑さんが嫌いな理由

息子のことは嫁の私よりも母親である自分の方がわかっている。という気持ちが随所に見えるところ。
例えば、ダイエット中の主人に私が栄養を気にして野菜ジュースを買っておくと『○○は野菜ジュースとか飲まないと思う』と言ってきます。

お姑さんとの上手な付き合い方

息子を育てあげたと言う自信があるんだと思います。
その自信をわざわざ壊す必要もないと思うので、実家に行ったときは姑が『○○はこうだから』と言えば『本当にそうですね』と逆らわずに同意するようにしています。

実際には今一緒に暮らしている私のほうが主人の今の状態、好きなもの、こうしたら嫌な気持ちになるだろう。などわかっていると思うのですが、わざわざ反逆する事もないなと思います。
 

(女性/30代後半)
 

こちらから伺うようにする

お姑さんが嫌いな理由

とにかく敏感です。
毎日のように夜に電話をしてくるだけでなく、土日は自分で作った料理を持ってきて家でパーティ状態です。

お姑さんとの上手な付き合い方

最初はお互いよそよそしかったのですが、月日が経つにつれてどんどん遠慮をしなくなりました。
平日は毎日のように電話をかけてきては今日はどうだった?仕事忙しい?など質問責めに合い、土日になると自分の作った料理を持ってきて、家で食べては飲んでの繰り返しです。

さすがに体がもたないと思ったので、旦那に「お義母さんに会いたいときはこちらから伺う」と伝えてもらいました。
お義母さんに全く会わないのは可愛そうなので、こちらのペースで交流を出来るようにすると良いです。
 

(女性/20代後半)
 

まとめ

今回は先輩お嫁さんが伝授する、嫌いな姑と上手に付き合うコツ15個をご紹介してきました。

 

中には「分かる!」というものから「我が家のお姑さんなんて全然マシだ…」と思うものまで様々あったのではないでしょうか?

どれだけお姑さんが嫌いと思っても、出来ることならば上手に付き合っていきたいと思うはずです。

お姑さんとの関係で悩んでいる方は是非参考にしてみてくださいね。

お役立ち記事を毎日更新!「いいね!」を押してチェック!