【女性編】「子供はいらない…」と思う30人の正直な理由とは!

結婚をして子供を持ち家庭を築くことが夢だと考えている方はたくさんいますよね。

しかし最近では、仕事や趣味、夫婦での生活に重きを置くため望んで子供を持たない選択をする夫婦も増えてきました。

夫婦の幸せの形は人それぞれですので、どんな形が正しいという事は当然ありません。

 

今回はそんな「子供はいらない…」と思う女性30人の正直な理由をご紹介していきたいと思います。

 

今はキャリアが大事

今は仕事が楽しくなってきており、会社も私の働きを認めてくれています。
役職にも就き、重要なプロジェクトを任され始めているところなので、今は任された業務をしっかり行うことが私の中での最優先事項となっています。 

(30代前半)
 

子供のために全てをかけることができそうもない

将来の事を考えると不安ですが、他に子供を持つメリットは思い浮かびません。
子育て中心の生活は考えられないし、今の自分には体力的にも、精神的にもそんなパワーも余裕もありません。
子育てに費やす時間があったら、もっと他のことに使いたいです。 

(40代前半)
 

育てる自信がない

子供は居たらいいと思いますが、青少年の事件をみるとどうやって育てたらいいのだろうと思います。子育てに「こうしたらいい」という正解はないと聞きます。
それに子供を24時間監視できるわけもなく、自分の足で独り立ちさせるにはどうしたらいいとか、子供を育てる難しさを考えるとためらいます。 

(30代後半)
 

自由がなくなるため

今は夫婦2人で色んな所へ出かけたり食べに行ったり、好き勝手に楽しく過ごしている状態ですので、子供がいるとそれが出来なくなります。
更に今でも普段は慎ましく生活している状態なので、子供がいると家計にもかなり負担がかかると思います。
私自身の問題としてはママ友とも上手くやっていけると思えないので、子供はいらないと感じています。 

(30代前半)
 

自分自身がまだまだ子供なため

年齢は大人でも精神年齢はまだまだ子供だと思っています。そのような中で子供を産んだら、子供が子供を育てるようになってしまうと思います。
また世の中のいろいろなことが厳しくなっている今、子供を育てることはお金の面でも簡単なことではありません。
自分に余裕がないので子供を産むという大きな決断はできないためです。 

(30代前半)
 

日常の仕事にプラスして育児を押し付けられるため

未婚なので仮に結婚したら子供が欲しいかどうかで考えました。
私の住んでいる地域は田舎で家事・育児=女がするという認識が未だ非常に強いため、育児を丸投げされるイメージしかありません。
例え出産前に「育児は一緒にやろう!」と言っていても、実際産んだ後は何だかんだ理由をつけて育児全部を押し付けられる光景が簡単に想像できてしまいます。
今の生活でも大変なのに育児まで仕事を増やされるくらいなら子供は要らないな、と思います。 

(20代後半)
 

今の状況で子供をもつと生活に余裕がなくなりそうだから

結婚をするまでは漠然と、「自分も子供を何人か持つのかな?」なんて考えていたような気がします。
しかし、わたしは元々、家族と人間関係がうまくいっておらず、円満な結婚をしたとも言い難い事情があります。またここ数年で、少子高齢化の波が押し寄せて来ているのを実感する場面に何度となく出くわしました。
ひょっとして、子供を持つ事が当たり前にできない時代なのではないだろうか?
経済面はもちろん、自分自身、心の余裕を持ち合わせていない限り、まともに子供を育て上げられないのではないだろうか?と考えてしまいます。
また、夫が10年もすれば定年を迎え、わたしもシニアと呼ばれる世代に近づき、自分自身と夫を支える事に心血を注いでいられる生活ぶりも悪くないと思い始めたため、より一層子供はいらないと感じています。 

(30代後半)
 

自分の時間がなくなる

以前保育士をしていました。だから子供のよい部分悪い部分もわかったうえでやはり子供はいらないと思います。
確かにかわいらしいですがやはり子供は自分中心で気分屋でわがままで、そんな子供と24時間ずっといなくてはならないと思うとぞっとしてしまいます。 

(40代前半)
 

将来子供に世話になる時代でもなく夫婦で楽しみたいため

子供が欲しいと思ったこともありましたが、子供のためにどの位の経済的負担があるのかと思うと、恐ろしくなります。
どんなに負担をしても、将来自分たちをみてくれるとは限らない時代です。だったら、二人で人生を楽しみたいと思いました。
周りの意見を聞くと、子供にさんざんお金をかけても大人になれば、離れていき、親をみてくれる子供は少ないそうです。子供に世話になりたくないと思う高齢者も多く、一体何のために子供を育て、苦労をされたのだろうと疑問に思います。 

(50代前半)
 

育てる自信がないし、可哀想に思ってしまう

障害があるとその子供にも遺伝すると言うのもあり、怖いです。
自分自身周りとうまくコミュニケーションがとれないというのに、ママさんやご近所さん 親戚たちと上手くやれないとその子供はいじめの対象になります。
そういったことを考えると産むのを躊躇ってしまいますし、経済的事情もあります。 

(30代前半)
 

育てる大変さ

弟と妹がいます。
両親とも働いていて、寝るような時間まで兄弟だけで過ごしていることも多く、学生と言えど学校から帰ってくると家事をする毎日でした。
妹と弟はよく大きなケンカをしていたので、仲裁に入りながらも掃除や食事の支度をする中で、主婦業の大変さと反抗期の大変さを少しでも感じてしまったことで結婚願望すらありません。 

(30代後半)
 

子供に費やせるお金がないため

子供には不自由をさせたくないため、経済的に余裕がある時が良いかなと思っています。
婚約中で共働きをしていますが、お互い収入があまり良くなくてなかなか貯金が貯まりません。
自分たちが娯楽などで使う分を我慢すれば良いと言われればそれまでですが、今はそちらの方が楽しくてもう少し二人の時間を楽しんでから子供のことを考えようかなと思っています。 

(20代前半)
 

自分の時間を大切にしたいため

周りにも子どもがいる人もいますが、常に子どもを優先していて自分のことは後回しになっています。
まだ学生でこれから社会人になるため仕事もバリバリしていきたいです。
また自分が好きなことを好きなときにしたいと思っていて、自分のために時間を使いたいので子どもはいらないです。 

(20代前半)
 

子供の人生を背負えないから

子供は何を考えているのかわからないし、思ってもみない行動をするので自分という親の責任の重圧に耐えられないので育てることは考えられません。
それに、子供を育てるには自分1人で生きていく何倍ものお金が必要になるので不安しかありません。 

(20代前半)
 

自由でいたい

独身・未婚でお金と時間を自由に使える立場なのですが、その自由を割いてまで子供を持つ魅力を感じません。
子供には時間もお金もかかる上、今まで築き上げてきたキャリアも中断するかもしれないと考えると、むしろ子供は人生の障害でしかないと思います。 

(40代前半)
 

人を育てる人間ではない

私は自分に自信がありません。小さい頃からいじめを受け 貶められていたため、中々自分の事に自信が持てないです。
また相手を信じきれないところがあり子供に中途半端にしか相手になれないと思います。
そんな自分を見つめなおすと、子供は好きですが責任は取れませんのでいらないと思ってしまいます。 

(50代前半)
 

子供が好きではなくて育てることができないため

結婚して5年目を迎えますが子供を作っていませんし、今後も作る予定はありません。
私は子供が好きではありませんし子供を育てられるとも思っていませんので、主人と結婚をする時に子供は欲しくないと正直に伝えたら、主人も同じ考えだったのでホッとしました。
子供を育てなくてよい分、自分達の好きな事ができるので充実した毎日を過ごせています。 

(30代後半)
 

経済的に苦しいため

働いてもまだまだ、お金が足りなく将来の未透視が全くわからない。
そして、子供を養っていけるほどの余裕もない。
今の生活を続けるので精一杯な状況では子供はいらないです。仕事を続けないと生きていくのが本当に難しいです。 

(30代前半)
 

病気が遺伝する可能性があるため

私自身、持病を持っており、その病気が遺伝性である為です。
遺伝する確率は50%で、遺伝後の病気の症状も人により軽かったり重かったり様々で、何歳くらいから症状が出るかも読めず、これといった治療方法も無いので、子供はいらないです。 

(20代後半)
 

子供が嫌い

自分が親に虐待やネグレクトに近いことをされていて、正直自分が子供を産んでも可愛がれる気がしませんし、産んでも愛せる自信がありません。
物心がつき自分から見て子供を認識するようになったときから子供は苦手ですし、これからも子供を持ちたいとは思いません。 

(30代後半)
 

子供への接し方が分からないため

私が生まれて間もない頃に母を亡くしたため、自分が母親になった時にしてあげたいことというものの想像が付かないことが一番の理由です。
子供の時、嫌なことや嬉しいことがあった時にお母さんがいたらどうして欲しかったか?と想像することもありますが、子供だって一個人です。私の想像の範囲内の感情や行動だけで育つなんてことは絶対にあり得ません。
母親とはどんな存在か、と考えても正直未知数過ぎて恐怖や不安ばかりを感じてしまいます。
そういった不安があるうちに子育てをするのは子供にとっても良くないと思いますので、まだ当分先まで子供はいりません。 

(30代前半)
 

今の時代に溶け込める子供に育てる自信がないため

あくまで私の主観ですが、今の時代の親子を見ているとママ友になれそうなマナーとモラルのある親はごくごくわずかしか見たことがありません。
今の時代子供をかまうより携帯をいじるのに必死な親ばかりで、本当に子供のことを考えているのか疑問になることもしばしばあります。
私が抱えているそんな時代への不安や不満を我が子に抱えさせたくないと思っています。 

(30代後半)
 

経済的に子供を支える自信がない

結婚する前から買い物や旅行等でお金を使ってきたこともあり、経済的に苦しいので、まだ子供をもつという自分が想像できません。
また、共働きになった今も外食や旅行等にお金を使っており、子供を安心して育てることの出来る預貯金はありません。
そんな状況ではとてもじゃありませんが、子供を育てられませんし欲しいとも思わないです。 

(30代前半)
 

必要と思えないので

今の生活に満足しているので子供を持つことに意義を見出せません。
正直子供を持ちたいと思ったこともありませんし、自分にとってプラスになるイメージがわきません。
友人の子供を預かることもあり、可愛いとは思いますが、ずっと一緒に生活をするとなると難しいと思っています。 

(40代前半)
 

仕事と趣味が楽しいため

結婚して2年経ちますが、仕事が今、大事な時期で抜けられないと言うのもありますが、まだまだ遊びたいという気持ちが強いです。
呑みに行くのも好きですし、子供が出来て親になる責任をちゃんと果たせるのか不安という気持ちがあります。 

(30代前半)
 

自分が好きじゃないため

自分は外見も良くありませんし、性格も良くないと思っています。
人付き合いも下手で、こんな自分の子供が果てして幸せだろうかと考えてしまいます。
子供は自分とは別の固体だとは言いますが、どこかしら似るのは決まりきったことです。ましてや自分の悪いところばかり似てしまったら眼も当てられません。 

(40代前半)
 

時間もお金もまだ自分のために使いたい

20代半ばになりますが、勉強、留学、趣味、仕事などまだまだこれからの時間もお金も自分のために使いたいと思っています。
今後やりたいことがたくさんあるため、子どもに時間やお金をかけらられない、かけたくないというのが本音です。 

(20代後半)
 

義両親の期待に応えられない

結婚したばかりですが、夫の義両親からの孫が見たいプレッシャーが強いです。
今でも過干渉なのに、本当に孫が生まれたらどれだけ干渉されるか考えただけで怖くなります。
子供は好きですし夫との子供を持ちたいとも思いますが、義両親との関係まで考えると子供はいらないと思っています。 

(30代前半)
 

自分の時間を確保したいため

親になろうという自覚が少なく、もし離婚してしまったらと考えるとあまり子どもを作ろうとは思いません。
仮に親になったとしても人付き合いが苦手なので、ママ友とのおしゃべりなども自信がなく、お金もかかるので子供はいらないかなと思っています。 

(50代前半)
 

趣味に専念したいから

結婚して数年たちますが、夫とは共通の趣味があり充実しています。
現在の生活で満足しているという理由が大きいですが、趣味に没頭できなくなるという懸念があり子供が欲しいとは思わないのが正直なところです。 

(20代前半)
 

まとめ

今回は子供はいらないと思う女性30人の正直な理由をご紹介してきました。

子供を持って得られるものはたくさんありますが、失うものも多くあるのかもしれませんね。

 

今回の意見とは反対の【女性編】「子供が欲しい!」と思う30人の心理と理由とは!も是非参考にしてみてください。