戸籍の種類を分かりやすく解説【行政書士監修】

戸籍,種類

みなさんは戸籍の種類を全てご存知でしょうか?

戸籍自体を日常的に利用することはあまりありませんので、おそらくほとんどの方が数種類しかご存知ではないかと思います。

今回はそんな戸籍の種類について分かりやすく解説していきたいと思います。

\人生で一度は家系図を作ってみよう!/

「つくれる家系図」で家系図を作る

戸籍とは

まずは、戸籍について解説を。

戸籍とは「国民個人の親族的な身分関係を証明するための公文書」のことです。

すなわち、自分が日本人でありかつ親族的な身分関係を証明することのできる公の書類というわけです。

住民票などの違いとして、「親族的な身分関係を証明する」ことが出来る点がポイントですね。

住民票などはあくまで「自分個人の身分証明」であるのに対して、戸籍とは「親族的な身分関係の証明」をおこなうことができます。

意外ですが、住民票は戸籍には含まれていないんですね。

戸籍の種類と費用

それでは戸籍の種類と費用、内容を一覧で確認してみましょう。

戸籍の種類手数料内容
戸籍全部事項証明
(戸籍謄本)
手数料
1通450円程度
戸籍に記載されている全部を写したもの
戸籍個人事項証明
(戸籍抄本)
手数料
1通450円程度
戸籍に記載されている一部を写したもの
除籍謄抄本手数料
1通750円程度
除かれた戸籍に記載されている全部・一部を写したもの
改製原戸籍謄抄本手数料
1通750円程度
旧戸籍法に記載されている全部・一部を写したもの
受理証明書手数料
1通350円程度
出生届、婚姻届など戸籍に関する届出書が受理されたことの証明書
戸籍(届書)
記載事項証明書
手数料
1通350円程度
戸籍・届出の書類に記載した事項に関する証明(死亡診断書などの写し)使用目的により交付できる
戸籍の附票手数料
1通200円程度
住所の「移転履歴」を記録した書類で、本籍地の役所でのみ交付してもらえます。
住民票を複数取らなくとも、移転の履歴がわかります。
身分証明書手数料
1通200円程度
禁治産・準禁治産、成年後見の有無、破産の有無の証明書

この中から、特に一般的に戸籍と呼ばれている証明について解説をしたいと思います。

戸籍全部事項証明(戸籍謄本)

戸籍の中で最もメジャーな証明ですね。

内容は、戸籍に記載のある全ての方の証明をするものです。

なぜ2つの名称があるかというと、平成6年に戸籍法の一部が改正され紙から電子化が行われコンピューターへと管理方法が変わったためです。

「戸籍謄本」が紙で管理していた過去の名称で、

「戸籍全部事項証明」が電子化された現在の名称です。

戸籍個人事項証明(戸籍抄本)

内容は、戸籍に記載のある一部の方を証明するものです。

基本的に戸籍抄本を取り寄せる場合は自分の証明をすることになるでしょう。

こちらも戸籍全部事項証明(戸籍謄本)と同じく、平成6年の法改正に伴う管理方法の変更により名称が変更となりました。

「戸籍抄本」が紙で管理していた過去の名称で、

「戸籍個人事項証明」が電子化された現在の名称です。

除籍全部事項証明(除籍謄本)

こちらはあまり聞きなれない証明ですね。

除籍とは「死亡、転籍、婚姻、離婚などの理由で全員が除かれている戸籍」のことを指します。

全員が除かれていなければ除籍とはならず、戸籍のままになります。

そして除籍全部事項証明(除籍謄本)とは、その除籍に記載されている全員を証明するものになります。

名称が2つある理由は戸籍と同じく、紙からコンピューターへと管理方法が変わったためです。

「除籍謄本」が紙で管理していた過去の名称で、

「除籍全部事項証明」が電子化された現在の名称です。

除籍個人事項証明(除籍抄本)

内容は、除籍に記載のある一部の方を証明するものです。

ただ戸籍個人事項証明(戸籍抄本)とは異なり、あまり除籍個人事項証明(除籍抄本)を取得することはありません。

基本的には除籍を取得する場合は相続などに限られるため、除籍全部事項証明(除籍謄本)を取得することになります。

こちらも除籍全部事項証明(除籍謄本)と同じく、平成6年の法改正に伴う管理方法の変更により名称が変更となりました。

「除籍抄本」が紙で管理していた過去の名称で、

「除籍個人事項証明」が電子化された現在の名称です。

まとめ

戸籍には種類が多く、その用途も細かく限られています。

日常生活では頻繁に戸籍を取得する機会がありませんので、滅多に戸籍をじっくり見るという機会もないと思います。

しかし、あまり知られていませんが戸籍には戸籍法による保存期間が定められており、古い戸籍は廃棄される可能性があります。

古い戸籍には自分のご先祖様の情報が詳細に記載されていますので、ご自分の戸籍を取得される際はあわせてご先祖様の分の戸籍も取得しておき、記録として残しておくことをおススメしています。

人生で一度、家系図を作ってみませんか?

「親戚まっぷシリーズ つくれる家系図3」とは

「親戚まっぷシリーズ つくれる家系図3」は、氏名や続柄など必要な項目を入力・選択するだけ簡単に家系図が作れるソフトです。

作成した家系図は、印刷して貼り合わせて1枚の大きな家系図にしたり、専用のAndroidアプリと連携して、ご親戚が集まる場などでお披露目することもできます。

5つのおすすめポイント

【その1】「家系図作成のための戸籍収集準備ブック」が付属

さかのぼって家系図を作るためには戸籍謄本の取得が必要になります。また、古い戸籍謄本は難解な表現で書かれている場合もあります。

「家系図作成のための戸籍収集準備ブック」では戸籍謄本の収集方法や読み方について、行政書士の菊池一夫先生が分かりやすく解説。はじめての家系図作成をサポートします。

【その2】スマホアプリ連携

パソコン版「つくれる家系図3」をご購入の方は、「つくれる家系図3 for Android」を1台の端末でご利用いただけます。

アプリでは、作成した家系図の閲覧と編集ができ、親戚の集まりの際に閲覧したり、その場で修正することも可能です。

【その3】必要な情報を選択して、家系図に表示

作成した家系図は、印刷して貼り合わせて1枚の大きな家系図にしたり、専用のAndroidアプリと連携して、ご親戚が集まる場などでお披露目することもできます。

【その4】だれでもかんたんに家系図が作れる

家系図の個人欄に表示する項目を追加・変更できます。

また、登録した個人情報の中から表示したい項目を選択して家系図に表示でき、文字のサイズや項目の表示順、表示位置を設定することもできます。

【その5】家紋図柄1,200点収録

家紋図柄(モチーフ)141種類1,200点収録。家紋は種類別、50音別、家紋名で簡単に検索できます。

「つくれる家系図」で家系図を作る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにオススメ