「続柄」の一覧とは!

みなさんは「続柄」の種類をいくつご存知でしょうか?

お正月などで年に一度程度しか会わない親戚の方でもすべて「続柄」が存在しています。

 

この記事では、そんな「続柄」の一覧を紹介したいと思います。

 

続柄とは

まずはじめに「続柄」の意味を簡単に解説しておきましょう。

続柄とは「家系上の関係性の名称」のことです。

 

「父」「母」「子」「祖父」などが続柄となりますね。

続柄について詳しく知りたい方はこちら

「続柄」とはどんな意味?

 

続柄の一覧

続柄の一覧を家系図で確認してみましょう。

 

自分から見て上は「高祖父母」下は「雲孫」までを確認することが出来ます。

 

続柄の基本系としては上図でほぼすべてとなりますが、このさらに上もさらに下も名称は付けることが出来ます。

例えば「雲孫」の子のことは「雲孫の子」または「9代目」呼び、「高祖父母」の祖父のことは「高祖父母の祖父」または「6代前」というふうに呼びます。

 

また、続柄は性別や年齢によって漢字が変わってきます。

例えば自分からみて父の弟は「叔父」となりますが、父の兄は「伯父」となります。

このような漢字の違いはほとんどの続柄に存在しており、そのパターンも様々です。

 

続柄の読み方や書き方について詳しく知りたい方は、ぜひ以下の記事も参考にしてみてくださね。

 

続柄の読み方について詳しく知りたい方はこちら

続柄の読み方を解説!

 

続柄の書き方について詳しく知りたい方はこちら

続柄の書き方を解説!

まとめ

今回は「続柄」の一覧を紹介してきました。

知らない続柄もたくさんあったのではないでしょうか。

 

続柄を知ると遠い親戚でも身近に感じることが出来ます。

ぜひ続柄を調べて話のネタにしてみてくださいね。きっと仲が深まると思いますよ。