2歳児におすすめの面白い絵本25選&ママパパ500人ランキング

「こどもが2歳の時期におすすめの面白い絵本はなんだろう?」と探すこともありますよね。

なるべく面白い要素が盛り込まれていて2歳児でも楽しめる絵本、それでいて子供の成長につながるような刺激を与える絵本を読み聞かせたいと思うママやパパも多いのではないでしょうか?

一言に面白い絵本と言っても2歳児にピッタリな絵本を探すことは中々難しいからこそ、先輩ママやパパが実際に読み聞かせをしてオススメできる面白い絵本を知りたい方も多いはず!

この記事では、ママ・パパ500人が選ぶ2歳児におすすめの面白い絵本25選&人気ランキングを口コミと共にご紹介しています。

2歳児におすすめの面白い絵本人気ランキング

2歳児におすすめの面白い絵本ランキング

まずは、2歳児におすすめの面白い絵本人気ランキングからご紹介していきましょう。

Bookey編集部が行った『ママパパ500人が選ぶ2歳児におすすめの面白い絵本』によると、1位は『きんぎょが にげた(129票)』、2位は『はらぺこあおむし(114票)』、3位は『だるまさんが(76票)』という結果に!(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、2歳児におすすめの面白い絵本を口コミ&レビューと共にご紹介していきましょう。

500人中/129人がおすすめ

【1位】きんぎょが にげた

株式会社 福音館書店
990円 (2021/06/22 20:45:41時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • 絵本の面白さ :
  • お話の満足度 :
著者 五味 太郎
出版社 福音館書店
発売日 1982年8月31日
価格 990円

難易度が丁度良くて、笑顔になる本

「きんぎょが逃げた。どこ?」の繰り返しの内容になっています。

逃げたきんぎょはカーテンの柄になっていたり、チューリップになっていたりするので、見つけると思わず笑顔になる本だと思います。

何回か読むと、どこにきんぎょがいるのか覚えてきますが、毎回同じ場所にいるきんぎょに安心感を覚えるようで、得意げになって読み手に教えてきます。

小さいサイズなのでめくりやすいですし、2歳児にとっては丁度いい楽しさだと思います。

yufu90441さん/30代/女性


宝探しのミッションを課すなど、使い方次第で無限に楽しめる

鮮やかな色使いと金魚の可愛さに、親である私が一目ぼれして購入した絵本です。読み聞かせではなく、絵探しなので、親子で一緒に楽しめます。

また、金魚以外にも他の物(例えば、ミニカーどこ?だるまさんどこ?など)をさがして語彙を増やすという遊び方もできます。

少し大きくなった時には、勝手に絵からストーリーを作って楽しんでいました。

使い方次第で無限に遊べるところも気に入っています。大きくなっても手元に残しておきたい一冊です。

epiderizさん/40代/女性

きんぎょだけでなく、いろいろなもの探しが楽しめる!

2歳児には「きんぎょが にげた」をおすすめします!

いろんな場所に隠れるきんぎょのイラストを探して、「きんぎょいた!」「ここ!」と指差して楽しんでいます。

中には鏡写しのきんぎょや、似たようなきんぎょがたくさんいるページもあり、本物のきんぎょがどれなのか、一生懸命考えているのが可愛いです。笑

慣れてきたら、きんぎょ以外のものを指定して「〇〇どこかな?」と探してみるのも面白いと思います!

田貫たぬきさん/30代/女性

きんぎょを探すという簡単な内容で、子どもの食いつきもいい

各ページに描かれているきんぎょを見つけて遊ぶ絵本です。色彩豊かでイラストがとても可愛いです。

きんぎょを探す子どもたちの姿がとても可愛くて、「ここにいるよ!」と一生懸命、指を指して教えてくれます。

簡単な内容で、どの子も分かりやすいと思います。また、見つけた時は嬉しそうな笑顔も見せてくれます。

ho26nnnsさん/20代/女性

誰が先に探せるか競争しながら読むのも楽しい

金魚が金魚鉢から逃げ出して、家の中にあるカーテンの模様や食べ物の中に紛れているので、その中から探し出すお話です。

ページをめくるたびに隠れる場所が変わるので、子供たちは探すのに夢中になります。

大人と一緒にどこにいるかな、と探すのも楽しみの1つで、誰が先に探せるか競争しながら読むのも楽しいです。

nankurunaisa0708さん/30代/女性

500人中/114人がおすすめ

【2位】はらぺこあおむし

Kaiseisha/Tsai Fong Books
1,320円 (2021/06/23 18:05:51時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • 絵本の面白さ :
  • お話の満足度 :
著者 エリック=カール
出版社 偕成社; 菊倍横版
発売日 1976年5月1日
価格 1,320円

遊びながら様々な食べ物に触れられる!

2歳児だと、少しずつ言葉も理解できるようになる年代かと思います。

この時期にオススメしたいのが、「はらぺこあおむし」です。

絵の色彩もさることながら、あおむしが1週間で食べる様々なものを通じて、食べ物の名前も楽しく学べる点が魅力的です。

あおむしの虫食い穴に手を入れるのも楽しいようで、多くの子供がはまります。

Satomin1113oさん/30代/女性


色使いがはっきりしていて子供にも分かりやすい

子育て中のママは大体知っている「はらぺこあおむし」。あおむしが産まれ、いろいろなものをお腹いっぱい食べて、途中、腹痛に見舞われながらも、無事サナギから蝶になるというお話です。

一見とてもシンプルですが、「欲張ってはいけない」というメッセージが秘められていて、奥深くもあります。

食べ物はオレンジなどの果物からスイーツ、おつまみまでたくさん出てきますが、カラフルに描かれているので、子供の興味をそそり、食べ物の名前を覚えるきっかけになります。

本に穴が空いてる箇所があり、そういったポイントも子供が退屈せず良いと思います。

19851005さん/30代/女性

500人中/76人がおすすめ

【3位】だるまさんが

子どもの文化普及協会
935円 (2021/06/22 20:22:36時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • 絵本の面白さ :
  • お話の満足度 :
著者 かがくい ひろし
出版社 ブロンズ新社
発売日 2008年1月1日
価格 935円

同じリズムの繰り返しで子どもが真似しやすい

私が2歳児におすすめする絵本は「だるまさんが」です。かなり有名な本なので、持っている方も多いかと思います。

地域の赤ちゃん広場などでもよく読まれていて、絵も可愛くて親も癒されます。

「だるまさんが、どてっ!」などの動作の繰り返しで、うちの2歳の息子はこの本の真似をして寝転んだり、笑ったりしてくれます。

動作と言葉を関連づけるのにはもってこいの本だと思います。

tirorutyoko78さん/30代/女性


わかりやすく、言葉が出ていない子供でも笑ってくれる

小さい子供でもこの「だるまさんが」だけは、ケラケラ笑いながら見てくれていました。

「だ・る・ま・さ・ん・が・・・」の後の展開が面白いらしく、見るたび爆笑していました。

他にもたくさんの絵本を買いましたが、ここまで笑ってくれたのはこれだけでしたね。人気作なだけあって、子供ウケがいいのかなと思います。

言葉が出ていない子供でも笑っていたので、イラストがわかりやすいんだと思います。

sk24agさん/20代/女性

ページをめくるごとに楽しめる一冊

保育士をしている方から、出産のお祝いに頂きました。「だるまさん=動かない」というイメージが180度変わりました。

ストーリーはいたってシンプル。「だーるーまーさーんー」とゆっくりと読んで、ぱっとページをめくるたびに、思いもよらないだるまさんが現れて、大笑いです。

何度も読むうちに内容を覚えて、真似をしてひとりで本を読むようになったきっかけの一冊でもあります。

epiderizさん/40代/女性

500人中/27人がおすすめ

【4位】ねないこだれだ

株式会社 福音館書店
770円 (2021/06/23 10:30:42時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • 絵本の面白さ :
  • お話の満足度 :
著者 せなけいこ
出版社 福音館書店
発売日 1969年11月20日
価格 770円

怖すぎず、子供のしつけに丁度いい

私は「ねないこだれだ」をおすすめします。遅くまで起きていて寝ない子を、お化けが連れていくという話です。

絵がすこし怖いのですが、子供の興味を引くようで、よく息子に読んでほしいとせがまれました。

この絵本を読み聞かせることで、夜ふかししそうなときは「ねないこだれだの絵本みたいに、おばけにつれてかれちゃうよー」というと、きちんと寝るようになりました(笑)

akishi3さん/30代/男性

500人中/22人がおすすめ

【5位】おべんとうバス

ひさかたチャイルド
990円 (2021/06/23 18:05:52時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • 絵本の面白さ :
  • お話の満足度 :
著者 真珠 まりこ
出版社 ひさかたチャイルド
発売日 2006年1月1日
価格 990円

可愛い絵で、食べ物の名前も覚えられる

2歳のお子様には是非「おべんとうバス」をお勧めします。

本屋でたまたま見つけたのですが、表紙の絵が可愛くて興味をそそられ、購入にいたりました。

たくさんのおかずたちが登場するので、絵本を読みながら食べ物も一緒に覚えられます。

また、文章というより会話みたいに楽しく読めるので、お話するようになっているこの年齢には、とてもピッタリだと思います!

sms_42さん/20代/女性

500人中/17人がおすすめ

【6位】くれよんのくろくん

1,320円 (2021/06/23 02:09:33時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • 絵本の面白さ :
  • お話の満足度 :
著者 なかや みわ
出版社 童心社
発売日 2001年10月15日
価格 1,320円

身近なものを使った本なので興味がアップし、色も覚えられる

少しずつ言葉の意味がわかってきた2歳のお誕生日に、知人からプレゼントでいただきました。

わからない言葉も多いですが、ピンクちゃん、みどりくんなど色の名前が出てくるので、楽しみながら色を覚えられました。

また、ぐりりりーん、ピューなど、子供の好きな擬音語も忘れず取り入れてくれているので、ステップアップしたいときには是非おススメの1冊です。

akakomさん/30代/女性


身近な道具が生きているような感覚になって引き込まれる

うちの子どもは小さい頃から絵を描くことが大好きで、色鉛筆、クレヨン、画用紙、色紙、など、たくさんの文房具に囲まれていました。

部屋中が子どもの絵でぎっしりになっていた2歳頃に、この「くれよんのくろくん」を買って読んだところ、他の絵本よりも興味を持ってくれました。

とても分かりやすく、大事なことを教えてくれる良いお話ですが、絵を描くことが大好きなわが子は、「いつも使っている大好きなくれよん達が生きている!」という部分に大きな感動があったようです。

お絵かきが大好きな子には、特におすすめします。色とりどりで、きっと興味津々で読んでくれます。

1000grace5さん/50代/女性

500人中/15人がおすすめ

【7位】くだもの

株式会社 福音館書店
990円 (2021/06/23 18:27:58時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • 絵本の面白さ :
  • お話の満足度 :
著者 平山 和子
出版社 福音館書店
発売日 1981年10月20日
価格 990円

リアルすぎるくだものの絵に興味津々

有名な絵本なので、いろんな児童館や図書館に置いてある本だと思います。

ひたすらくだものがリアルに描かれていて、特にストーリー性があるわけでは無いのに、何故か子供は釘付け!

ちょうどいろいろな物の名前が言えるようになって来る頃なので、ページをめくるたびにくだものの名前を大きな声で教えてくれました。

イチゴにハマっていた時期だったので、リアルすぎるイチゴの絵を摘もうとしていて面白かったです笑。

Uchi09さん/30代/女性

500人中/15人がおすすめ

【8位】だるまさんの

935円 (2021/06/23 12:36:58時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • 絵本の面白さ :
  • お話の満足度 :
著者 かがくい ひろし
出版社 ブロンズ新社
発売日 2008年8月8日
価格 935円

目や手など、体の名称を覚えるのにぴったり

私が2歳児におすすめする本は「だるまさんの」です。大人気「だるまさん3部シリーズ」の2冊目です。

「だるまさんの目」や「だるまさんの手」など、同じリズム感のフレーズが続くので、楽しく聞いてくれます。

また、目の場合はかなり目を強調したイラストがあるので、子供にも認識しやすいようで、我が家の息子はこの本で目、手、歯、毛などを覚えました。

お気に入りの絵本で、よく読んで欲しいと持ってきてくれるのですが、読んであげると読み聞かせに合わせて自分の目や歯などを指さしてくれます。その仕草がとても可愛く、楽しいです。

tirorutyoko78さん/30代/女性

500人中/13人がおすすめ

【9位】バムとケロのおかいもの

文溪堂
1,650円 (2021/06/23 20:07:26時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • 絵本の面白さ :
  • お話の満足度 :
著者 島田 ゆか
出版社 文溪堂
発売日 1999年2月1日
価格 1,650円

細かいところまで描きこまれた動物たちが可愛くて面白い

2歳児には「バムとケロのおかいもの」をおすすめしたいです。

子供が大好きな動物モチーフのキャラクターがたくさん描かれているので、子供と一緒に「ここにはこんな動物がいるね」と話しながら読めます。

思わずクスッとしてしまうストーリーで、大人も見ていてとても楽しくなります!

saori0702さん/30代/女性

500人中/11人がおすすめ

【10位】おばけだじょ

1,320円 (2021/06/23 18:27:59時点 Amazon調べ)
  • こどもの夢中度:
  • 絵本の面白さ :
  • お話の満足度 :
著者 tupera tupera
出版社 学研プラス
発売日 2015年7月14日
価格 1,320円

キャラクターがはっきり描かれていて見やすく、お話も覚えやすい

読み聞かせで大好評だった「おばけだじょ」をおすすめします。

2歳児になると、おばけの怖さや存在を理解しているので、読み聞かせでは声のトーンを変えたりすると、子どものリアルな反応がみることができます!

面白がって大笑いする子や、怖くて泣いてしまう子など様々でした。

また、内容がわかりやすく、読み聞かせを繰り返すうちに暗唱するようになるなど、簡単に覚えられるのがポイントです!

maroniiromaniiさん/30代/女性


視点がとてもユニークで面白い

サイズが大きめで、イラストに迫力があります。表紙が怖いので、子どもが怖がるかな?と不安でしたが、予想外にとても気に入ってくれました。

短いお話ながら二度も「えっ!」とビックリする展開があり、視点がとてもユニークで面白いなと思いました。

子どもも読むたびにケラケラと笑って、「おばけだじょ」とマネをするのがとても可愛いです。

お化けが好きなお子さんには、ぜひおすすめしたい一冊です。

cakmady33さん/30代/女性