4歳におすすめの絵本31選&ママパパ500人の人気ランキング

「こどもが4歳の時期におすすめ絵本はなんだろう?」と探すこともありますよね。

4歳児でも十分に楽しめる絵本、それでいて子供の成長につながるような刺激を与える絵本を読み聞かせたいと思うママやパパも多いのではないでしょうか?

一言に絵本と言っても4歳児にピッタリな絵本を探すことは中々難しいからこそ、先輩ママやパパが実際に読み聞かせをしてオススメできる絵本を知りたい方も多いはず!

この記事では、ママ・パパ500人が選ぶ4歳児におすすめの絵本31選&人気ランキングを口コミと共にご紹介しています。

編集部おすすめ

「面白い絵本はどれだろう」と迷っている方に是非試して頂きたいのが『無料の試し読み』です!

絵本は実際に読んでみないとイラストの雰囲気やお話の好みが伝わらないこともあり、「買ってから後悔した…」なんてこともよくあるものです。

電子書籍の大手『eBookJapan』では、1500冊以上の絵本の試し読みが出来るので、まずは色んな絵本を読んでみてお気に入りを見つけたいという方にピッタリです。

無料で絵本を試し読みする

4歳児におすすめの絵本人気ランキング

4歳児におすすめの絵本ランキング

まずは、4歳児におすすめの絵本人気ランキングからご紹介していきましょう。

Bookey編集部が行った『ママパパ500人が選ぶ4歳児におすすめの絵本』によると、1位は『ぐりとぐら(56票)』、2位は『100かいだてのいえ(35票)』、3位は『ぐるんぱのようちえん(24票)』という結果に!(アンケートの詳しい内容はこちら

それでは、4歳児におすすめの絵本を口コミ&レビューと共にご紹介していきましょう。

500人中/56人がおすすめ

【1位】ぐりとぐら

  • こどもの夢中度:
  • お話の満足度 :
  • 絵の満足度  :
著者 なかがわ りえこ
出版社 ‎福音館書店
発売日 ‎1967/1/20
価格 990円

大人も子供も夢中になって楽しめる絵本

大人も子供も夢中になって楽しめる絵本です。

大きなカステラが本当に美味しそうで、実際に作ってみたい!と思わせてくれます。

大人になっても「子供の頃に読んで、あのカステラに憧れたんだよね~」と、覚えている人も多いと思います(笑)

絵のタッチもほんわかしていて癒やされます。

seesaw0718さん/50代/女性


テンポの良い文章が楽しく、ぐりとぐらの作ったカステラが食べたくなる

食べることが大好きな野ねずみのぐりとぐらが、大きな卵を見つけ、大きなカステラを作るお話です。

ぐりとぐらの会話の掛け合いや歌がとても可愛らしくて、つい子供と一緒にマネをしたくなってしまいます。

そして何より、作ったカステラがとても美味しそうで、食べたくなってしまいます。

最後は卵の殻も無駄にしない発想で、心がほんわかするお話になっています。

swfemavさん/30代/女性

500人中/35人がおすすめ

【2位】100かいだてのいえ

  • こどもの夢中度:
  • お話の満足度 :
  • 絵の満足度  :
著者 岩井 俊雄
出版社 ‎偕成社
発売日 ‎2008/5/1
価格 1,320円

1から100までの数字を自然と覚えることができる!

「100かいだてのいえ」は、4歳の子どもが夢中になっている絵本です。

もらった手紙を頼りに、会ったこともない人のおうちに遊びに行くお話です。途中で会うさまざまな動物たちの暮らしぶりが可愛らしく、微笑ましいのも魅力です。

最後、やっと手紙の送り主に会えた時のシーンを読むと、「友達を作りたい時って、こんなにシンプルな言葉でも気持ちは伝わるんだな」と胸があたたかくなりました。

数字を覚えることも出来、気持ちまでハッピーになれるこの絵本は、親子で読むのに最適でした。

pmogkmiさん/30代/女性


大迫力で、読み返すたびに新しい発見があり、何度でも楽しめる

4歳のこどもにおすすめの絵本は『100かいだてのいえ』です。

見開きいっぱい使い、隅々まで描き込まれた動物たちの暮らす部屋が、全部で100も登場します。

どんな動物たちが、どんな暮らしをしているのか想像が捗り、親子の会話のネタになります。

読み返すたびに新しい発見があり、何度でも楽しむことができます。

天瀬郁さん/20代/女性

500人中/24人がおすすめ

【3位】ぐるんぱのようちえん

  • こどもの夢中度:
  • お話の満足度 :
  • 絵の満足度  :
著者 西内 ミナミ
出版社 ‎福音館書店
発売日 ‎1966/12/15
価格 990円

魅力的な遊具がいっぱいで、幼稚園って楽しそうと思える

幼児にも抜群の人気と知名度を誇る「ぞうさん」が出てくるので、子供たちも話に入りやすいようです。

ぞうのぐるんぱは色んなお仕事に挑戦して頑張りますが、うまくいかずしょんぼりしてしまいます。

何度も頑張り、何度もしょんぼりの繰り返しですが、最後は今まで頑張ったことすべてが報われ、楽しい幼稚園を作ることに役立ちます。

子供たちは最後の幼稚園の遊具に興味津々で、「自分も遊びたい!」と言っていました。

ishimisa41さん/40代/女性


失敗したと思ったことでも、必ず誰かが必要としてくれると教えられる

読み聞かせに、「ぐるんばの幼稚園」がお薦めです。

思いきって群れを出たぐるんぱは、どこで働いても役に立たず「もう結構」と言われ続けてしまいます。

しょんぼりしたぐるんぱですが、やっと彼を頼ってくれる所に出会います。

失敗したと思ったことでも、必ず誰かが必要としてくれます。そんな思いを子供と一緒に感じることのできる本です。

tanihei0524さん/40代/男性

500人中/20人がおすすめ

【4位】パンどろぼう

  • こどもの夢中度:
  • お話の満足度 :
  • 絵の満足度  :
著者 柴田 ケイコ
出版社 ‎KADOKAWA
発売日 ‎2020/4/16
価格 1,430円

テンポが良くて読みやすく、何かを成し遂げることの大切さなど、色々と考えさせられる

ストーリー自体は少し長いのですが、とてもテンポの良い作品なので、4歳の子どもも集中して読むことができます。

美味しいパンが食べたくて盗みばかりをしていた主人公が、まずいパンを食べたことをきっかけに、自ら美味しいパンを作る決意をします。

結果として美味しいパンが完成し、彼は盗みをやめます。

何かを成し遂げることの大切さなど、色々と考えさせられる内容となっていて、おすすめです。

miitandoreさん/30代/女性

500人中/20人がおすすめ

【5位】どうぞのいす

  • こどもの夢中度:
  • お話の満足度 :
  • 絵の満足度  :
著者 香山 美子
出版社 ‎ひさかたチャイルド
発売日 ‎1981/11/1
価格 1,100円

子供たちが自然と物の貸し借りが出来るようになる

イラストも可愛く、子供が喜んで引き込まれていく作品です!

次々といろいろなことが起こるので、子供たちはその変化を楽しみながら「次はどうなるの?」とワクワクできるところが、この本のいいところです。

それだけでなく、この本には魔法の言葉「どうぞ!」が使われており、子供たちが自然と物の貸し借りが出来るようになるという凄さがあります!

コミュニケーションを取り始めの4歳児にはとってもオススメです!

塩パン39さん/20代/女性

500人中/20人がおすすめ

【6位】ちょっとだけ

  • こどもの夢中度:
  • お話の満足度 :
  • 絵の満足度  :
著者 瀧村 有子
出版社 ‎福音館書店
発売日 ‎2007/11/15
価格 990円

弟が産まれたばかりのお姉ちゃんの切ない気持ちが痛いくらいに伝わってくる

弟が産まれたばかりの女の子のお話です。

弟のお世話で忙しいお母さんに気を遣って、一人で色々頑張る女の子がいじらしいです。

最後、お母さんに「ちょっとだけでいいから抱っこして」というシーンは、小さいながらに我慢している姿が切なくて、何回見ても涙が出てしまいます。

上の子の気持ちが痛いくらい伝わってくる素敵なお話です。

china_e6faさん/30代/女性

500人中/19人がおすすめ

【7位】おやすみ、はたらくくるまたち

  • こどもの夢中度:
  • お話の満足度 :
  • 絵の満足度  :
著者 シェリー・ダスキー リンカー
出版社 ‎ひさかたチャイルド
発売日 ‎2012/9/7
価格 1,430円

はたらくくるまが眠っていくので、寝る前の読み聞かせにぴったり

朝から一生懸命働いた車たちが、夜になると疲れて次々眠っていくというかわいいお話で、寝る前の読み聞かせにぴったりな本です。

プレゼントでいただいたのですが、ダンプカーやミキサー車、ショベルカーなど、はたらく車が大好きな息子がとても気に入っていました。

ページをめくる毎に、車たちと一緒に息子も眠くなって、いつも読み終わった時には爆睡でした。眠気を誘う、ゆったりとした落ち着いた文章で、読んでいる私も寝てしまいそうでした。

息子はこれを読まないと眠れないほどで、旅行にも必ず持って行っていたのが、懐かしい思い出です。

eri_2020さん/40代/女性

500人中/18人がおすすめ

【8位】バムとケロのさむいあさ

  • こどもの夢中度:
  • お話の満足度 :
  • 絵の満足度  :
著者 島田 ゆか
出版社 ‎文溪堂
発売日 ‎1996/12/1
価格 1,650円

絵がほのぼのしていて、ゆったりした気分になれるので、寝る前の読み聞かせにもおすすめ

こちらの本は文字が少なく、4歳のこどもに読みやすくなっています。

優しい淡い色のタッチの絵がほのぼのしていて、ゆったりした気分になり、幸せを運んでくれます。こどもは寝る前にこの本を読んで、幸せそうに寝ていました。

一見、頼りなさそうな主人公のバムも見た目よりしっかりしていて、とても魅力的です。

シリーズ本なので、他にも色々なお話が楽しめます。

TARAOchanさん/50代/女性

500人中/18人がおすすめ

【9位】おばけのてんぷら

  • こどもの夢中度:
  • お話の満足度 :
  • 絵の満足度  :
著者 せな けいこ
出版社 ‎ポプラ社
発売日 ‎1976/11/1
価格 1,320円

子供が好きなモチーフのうさぎとおばけが出てくるので、興味を持って読める

少しずつ言葉が理解できてくる4歳児には、「おばけのてんぷら」がオススメです。

主人公のうさぎがどこか抜けていて、でも憎めなくておちゃめで可愛らしく、心温まります。

子供の好きな「おばけ」という題材も、ぜんぜん怖くなくて、ずる賢いところがとても笑えて、子供がマネしたりします。

全編にわたり、温かい雰囲気が流れていて素敵です。

TARAOchanさん/50代/女性

500人中/17人がおすすめ

【10位】おおきなかぶ

  • こどもの夢中度:
  • お話の満足度 :
  • 絵の満足度  :
著者 A.トルストイ
出版社 ‎福音館書店; 新版
発売日 ‎1966/6/20
価格 990円

一緒に掛け声を掛けながらドキドキ、ワクワクできる!

4歳のこどもには「おおきなかぶ」がおすすめです。

「うんとこしょ どっこいしょ!」と掛け声を掛けたり、かぶを抜く動作をしたりしながら、子供と一緒に読み進められるので、ドキドキ、ワクワクしながらページをめくることができます。

一人では出来ないことでも、みんなと協力したら出来るという達成感も得られる絵本です。

achandec18thさん/40代/女性