家系図の英語の呼び方とは【行政書士監修】

家系図

みなさんは家系図に英語の呼び方があることをご存知でしょうか?

意外に思われるかもしれませんが、海外にも家系図という文化が存在しています。

そこで、今回は家系図の英語の呼び方について解説していきたいと思います。

 

家系図の英語の呼び方とは

さっそくですが、家系図は英語で何と呼ぶのでしょうか。

英語では「family tree (ファミリー ツリー)」と呼びます。

 

直訳すると「家族の樹」。さすが海外!と言いたくなるようなセンスですね。

家族の成り立ちを同じ幹からの枝分かれに見立てて、家系の存在を表現しています。

 

ただ、この「family tree」という言葉は海外では割と一般的で、他の意味でも用いられています。

 

「family tree」の他の意味とは

英語で「family tree」と単語で使う場合は家系図を示す場合が多いのですが、文章の一部として使う場合は意味が異なってきます。

例えば「human  family tree」であれば意味は人類系統樹(図)となり、人類の系統を書き表す図の意味になります。

また「genetic family tree」だと意味は遺伝子系統樹(図)となり、やはり意味は遺伝子の系統を書き表す図の意味となります。

 

つまり「family tree」の本来の意味とは、日本語でいうところの「系統」を示しているというわけです。

まとめ

海外にも家系図を表す言葉があるなんて少し驚きですよね。

そして「family tree」という呼び方もとても素敵でした。

みなさんも家系図をイメージするときは「family tree」のような「樹」として考えてみると家族のつながりをより意識できて良いかもしれませんね。

家系図作成の依頼なら「FAMILY STORY」がオススメ

オススメの出来る5つの理由

  • 1. 上質な家系図を制作・納品
  • 2. ひとりひとりの詳細情報や、定性情報が載る「人物単票」付き
  • 3. 家系図をオンラインで閲覧可能
  • 4. 制作期間中に進捗確認可能
  • 5. 充実のアフターフォロー

「FAMILY STORY」とは

「FAMILY STORY」は専門行政書士が家系図を作成するサービスです。

一番注目のポイントは家系図の制作進捗をマイページで確認できること。
通常、家系図の作成は約2ヶ月~6ヶ月程度の期間がかかるため、どうしても進捗が気になってしまいます。他社の家系図作成サービスでは常に進捗を確認することは難しいですが、「FAMILY STORY」では進捗の確認が可能。

例えば製作途中に親族に会ったときなど、家系図がまだ完成していないときでスマホやパソコン一緒に家系図を確認することが出来るのでとても便利です。

格式高い家系図作成のご依頼ならFAMILY STORY

家系図の作成方法を徹底解説【行政書士監修】

famicoでは、家系図の作り方をどのウェブサイトよりも、どの書籍よりも、わかりやすく解説することを目指しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにオススメ