【男女別】結婚して後悔した瞬間は?既婚者200人の正直な本音

結婚 後悔

「結婚したら後悔するのかな…?」と疑問に思うこともありますよね。

後悔する理由としては「配偶者に気遣いや配慮がない時」や「愛情を感じられない・孤独感」が挙げられますが、同じ経験を持つ既婚男性と既婚女性の本音を聞くとそれ以外にも多くの理由が存在しているようです。

この記事では、既婚男女200人に聞いた結婚して後悔した理由ランキングに加えて、リアルな体験談34選をご紹介しています。

\ 今すぐ無料で悩みを相談してみよう /

「 ココナラで悩みを相談 」

ユーザー満足度97%超
3,000円無料クーポンあり
1分100円からのお値打価格

【男女別】結婚して後悔した瞬間

順位 結婚して後悔した瞬間
女性 男性
1位 配偶者に気遣いや配慮がない時 配偶者に気遣いや配慮がない時
2位 愛情を感じられない・孤独感 お金の問題に悩まされる時
3位 お金の問題に悩まされる時 愛情を感じられない・孤独感
4位 価値観や相性が合わないと思う時 価値観や相性が合わないと思う時
5位 親族の問題にぶつかった時 配偶者の健康面の問題を考える時
6位 配偶者の健康面の問題を考える時

まずは、男女別の結婚して後悔した瞬間からご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男女各100人に聞いた結婚して後悔した瞬間アンケート』によると、女性側の1位は『配偶者に気遣いや配慮がない時』、男性側の1位は『配偶者に気遣いや配慮がない時』、という結果に。

それでは、女性と男性で分けて結婚して後悔した瞬間をご紹介していきます。

【女性編】結婚して後悔した瞬間ランキング

順位 割合 結婚して後悔した瞬間
1位 41% 配偶者に気遣いや配慮がない時
2位 20% 愛情を感じられない・孤独感
3位 11% お金の問題に悩まされる時
4位 10% 価値観や相性が合わないと思う時
5位 9% 親族の問題にぶつかった時
6位 4% 配偶者の健康面の問題を考える時
その他 5% 上記以外の回答

famico編集部が行った『女性100人に聞いた結婚して後悔した瞬間アンケート』によると、1位は『配偶者に気遣いや配慮がない時』、2位は『愛情を感じられない・孤独感』、3位は『お金の問題に悩まされる時』という結果に。

割合で見てみると、1位の『配偶者に気遣いや配慮がない時』が約41%、2位の『愛情を感じられない・孤独感』が約20%、3位の『お金の問題に悩まされる時』が約11%となっており、1~3位で約72%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に女性編の結婚して後悔した瞬間20選をご紹介していきましょう。

女性編1位|配偶者に気遣いや配慮がない時

配偶者に気遣いや配慮がない時

家事育児から逃げている姿を見た時

私が専業主婦で家事と子育てで手一杯の日々なのに、夫は「自分は働いているから」と言って、子育てをするのは気分次第の日が多いです。子どもが泣いていたりしても、自分は知らん顔。こういう育児に関しては、結婚してみないとわからないことだなと思いました。

彼氏の時は優しくて、いつも私を優先してくれていた彼ですが、親としての彼はなんだか信頼できないし、子供の扱いになれていないせいか、すぐ怒るしで大変です。

職業は安定しているし優しいことに変わりはありませんが、少しだけ亭主関白な感じがあって悲しいです。

「もう恋愛したくないから結婚しちゃえ!」と思い、勢いで結婚しましたが、もっと普段の家事育児もしてくれるような人を見つけるべきだったかなと思います。

20代後半/専業主婦/女性

仕事ばかりで子供と遊んでくれない

当時は「周りより早く結婚したい」と思っていて、その一心で結婚しました。若かったのもあり、あまり後先考えず「ただ好きだから」という理由で結婚しました。

子どもに恵まれて幸せですが、夫は仕事ばかりでほとんど家にいませんし、もちろん育児の参加もありません。土日も仕事で、公園でお父さんと仲良く遊ぶ子どもたちを見ると、いいなぁと羨ましく思います。私もあのような子どもとの時間を大切にして、育児に協力的な夫と結婚すればよかったなと後悔しました。

家事を手伝ってとは思いませんが、せめて子どもと遊んでくれる人がよかったと何度も思います。子どももかわいそうだなとも思います。

愛がないわけではないので、夫としてはいいけど、パパとしては微妙です。

30代後半/専業主婦/女性

生活のすれ違いや嘘の口約束、義母の「孫が欲しい欲しい」という強い気持ちにうんざり

私は結婚と同時に実家から離れ、仕事も辞めました。そして資格を取るために専門学校に行くことが決まっていました。

主人とは結婚前から口約束で家事の分担をしており、「朝食は私で夕食は彼が作る」と話していたのに、結局何もしてくれませんでした。

しかも、私が夜間学校に行くことになったので、生活はすれ違いになってしまいました。義母にも学校に行ったことはあまりよく思われてなかったみたいです。おそらく義母の姉(主人の伯母)にはもう孫が3人いたので、義母も早く孫が欲しかったのでしょう。

そんな生活のすれ違いや嘘の口約束、義母の「孫が欲しい欲しい」という強い気持ちが私に降りかかり、結婚してよかったのかと後悔したことがあります。

50代前半/公務員・教育系/女性

体調がすぐれない妊娠中の妻より、義母優先な夫に落胆

夫とは遠距離恋愛の末に結婚し、私は夫の地元に嫁ぎました。元々、友人の期間が長かったこともあり、二人暮らしはとても楽しかったです。

しかし、夫の実家が車で10分ほどの距離と近いこともあり、頻繁に義母から夫への呼び出しがありました。

最初はそこまで苦痛ではなかったのですが、私が妊娠中体調がすぐれなかった時も変わらず呼び出しがあり、初めての妊娠で不安定になっていた私は、夫に週末に実家に行くのを少し減らしてほしいとお願いしました。しかし夫は「母が寂しがってるし、仕事が休みの日くらい好きにさせてほしい」と、泣いている私を置き去りにして実家に行きました。

その後、仲直りをして今は可愛い娘と3人で暮らしていますが、このことは一生忘れません。もっと実家が遠い人と結婚すればよかったと後悔することがよくあります。

30代前半/専業主婦/女性

優しさや配慮が足りない

夫はとても優しくてお金の管理もしっかりしていて、仕事でも頼りがいのある先輩だったので結婚しました。ところが結婚した途端に態度が変わり、実はお金にうるさく、性格もドライな人だったということが分かりました。

妊娠中はつわりがひどかったのですが、仕事も休めないので、仕事は休まずなんとかこなしていました。帰宅した後は家事も出来ず床に伏せる日が続いていましたが、そんな時に夫から「仕事は出来るのに、なぜ家事ができないのか」と言われました。

挙句の果てに、つわりが終わった頃には、「あの時はお前がサボってるから俺も外食ばかり続いたけど、よく頑張ったなー」と言っていて唖然としました。

出産時の付き添いもしてもらいましたが、「いきんでいた時の顔が酷かった」と言われた時には、空いた口が塞がりませんでした。子供のことは可愛がってくれているので今でも婚姻関係は続けていますが、あの時の事は忘れません。

30代後半/医療・福祉系/女性

病気になった時に支えてくれない夫との生活に後悔

結婚して3年目、私は派遣切りにあってしまいました。なかなか仕事が決まらず、また家族のことで悩みを抱えていたため、ストレス過多だったのかうつ病になってしまいました。

病院で診断された際、主治医に今は家で休んでいるようにと言われたのですが、夫からは「怠けている、早く仕事を決めろ」と毎日怒られました。

私が無職になってからは、家事を全てやったし生活費は私の貯金から切り崩していたので、夫に迷惑はかけていなかったと思います。ただ、「家で具合悪そうにして寝ているのが不愉快」とのことでした。

無職でうつ病の嫁が何もしないで寝ているのを見れば、確かに嫌な気持ちになるとは思います。しかし、私の気持ちは一切聞いてくれず、大変な時に支えになってくれないんだと感じて結婚を後悔しました。

30代前半/不動産・建設系/女性

常に上から目線の旦那

主人とは高校からのお付き合いで、周りからは「とても仲の良い夫婦」と言われている程、気心知れた仲ではあります。

とりたてて家事や育児に積極的というほどではないですが、私が辛い時には代わりにやってくれることも多く、とても感謝していました。

ですが、一度喧嘩した時に、主人が「こんだけやってやったのに」と言い放った時、あれ?と思いました。また、「俺、お前のこと下に見てるから」と言われた時に、「何のためにこの人と結婚することになったんだろう」と悲しくなり、後悔することがありました。

お互いに好きで結婚したと思っていましたが、彼は仕方なく結婚したんだろうかと思うこともしばしばあります。

30代前半/専業主婦/女性

釣った魚にエサをやらない状態で寂しい

付き合っていた時は「この人と結婚すれば幸せになれる」と思っていましたが、子どもができ子育てに追われているうちに、旦那との関係性が恋人から「家事育児を実行するためのパートナー」に変わりました。日々の行動が当たり前になり、相手に感謝することを忘れ、ありがとうの簡単な言葉さえ出てこないことも。

結婚前はサプライズを用意してくれたり、私の喜ぶことを考えてくれていたのですが、今となってはバレンタインのお返しがないどころか、誕生日や記念日さえ疎かになっています。あまり気にしないようにしようとは思っていますが、やはり寂しいところはあります。

旦那は外面がいい性格なので、結婚前は自分をよく見せようとするところがありましたが、結婚をした今は釣った魚にエサをやらない状態で、ちょっと残念に思います。

もうちょっと愛情深い人だと思ったのになあと騙された感があり、少し後悔しています。

30代前半/専業主婦/女性

体型を理由に仲良くするのを拒まれた時

子供を産む前までの私はずっと痩せていて、ダイエットの悩みとは無縁でした。しかし、妊娠・出産を経てから体重や体型が戻らず、すごく悩みました。また、妊娠前に甲状腺機能低下症にもなっていたため、なかなか痩せづらくもなり、悩みも増えていました。

夫婦の間で、そろそろ2人目をと話が出ていた頃のことです。私はもともと妊娠しにくく、タイミングをみながら妊活していたのですが、排卵日ではない日に仲良くしたくて誘ったら、夫から「太ったからそんな気分にならない」と言われてしまいました。

普通に拒否されるだけでも傷つくのに、そんな言い方するなんてあんまりです。本気で離婚を考えた瞬間でした。

命がけで子供を産んで2人目を考えている時だったし、体型が戻らないのを一番気にしているのは私なのに、平気でこんなことを言えてしまう人だったんだと悲しくなりました。

30代後半/流通・小売系/女性

女性編2位|愛情を感じられない・孤独感

愛情を感じられない・孤独感

愛も感じず、自由になる時間やお金も少ない

子供が生まれる前は色々な理想を思い描いていましたが、現実は厳しく、子供は可愛いけれどほとんどワンオペ育児で、精神的にも肉体的にも限界ギリギリの生活が苦痛に思えました。

そもそもアラフォーで焦って婚活したため、夫とは愛などは二の次で異性としての魅力も感じられないままの結婚だったので、自分の男性運のなさにも落ち込むばかり。

「生活ができれば愛がなくても良い」とは思ったけれど、恋愛結婚した仲睦まじい夫婦を見るととても羨ましく思ってしまう自分にも嫌気がさします。かといって、「愛さえあればお金がなくてもいい」という考えにもなれません。

こんなことなら、無理してたいして好きでもない相手と一緒になるんじゃなかったと後悔しています。おひとりさまのほうが精神的なストレスもないと思います。

50代前半/専業主婦/女性

好みじゃない上に優しくない

私は30代になって婚活を始めましたが、なかなか上手く行かず、親に無理やりお見合いをさせられました。そこで主人と出会い、特に好みというわけではありませんでしたが、優しそうだし「働かなくていい」と言ってくれたので結婚しました。

ですが、主人の実家が昔ながらの「家と家との結婚」みたいな考え方で、嫁である私の家を見下すし、主人も付き合っていた時のようにお金を出してくれなくなり、思っていた結婚生活とはかなり違いました。

好みじゃない上に優しくないなら、自分が好きな人と結婚したほうが良かったなと、未だに時々後悔しています。

すぐに子供が産まれたので、独身の時のように好きなアーティストを追いかけて地方まで行くこともできないし、自分だけの時間も減り、自由がなくなったなと思います。

40代前半/専業主婦/女性

別れてみたいと言われた時

子作りをしたいと思うタイミングが合わず、結局2人ともアラフォーに。子供がいなくても2人で楽しく生きていこうと考えていたはずが、コロナ禍で楽しい事もなく、ただの同居人状態になってしまったことが悩みの種になりました。

思えば結婚する前も「結婚したい・したくないのタイミング」が合わず、付き合ったり別れたりを繰り返していました。お互いになんのために一緒にいるのかわからなくなってきて話し合いをしたところ、主人の口から出てきたのは「別れてみたい」という言葉で、頭にきました。

おそらく彼は結婚生活に意味を見出だせなくなってしまったのに離婚する勇気がなく、とりあえず自分一人で生きていけるか試すために「別れてみたい」なんて言ったんだと思います。大丈夫そうなら離婚して、無理そうなら離婚は見送るつもりのようです。

本人は自分にそういう意図があることに気づいていないようですが、ただの家政婦扱いのような発言にほんの少し残っていた愛情も冷めてしまい、心底結婚したことを後悔しました。

30代後半/専業主婦/女性

終始無責任で、なぜ私を選んだのかわからない

主人は一人っ子で、両親や祖父母から甘やかされて育ってきたようです。そのせいか空気の読めない自己中な性格で、理解できない言動も多く、私は振り回されてばかりです。

お互い田舎の出身で、相手の家族には結婚直後から「一刻も早い後継者の誕生」を強く望まれているということがひしひしと伝わってきました。主人からは自分の家族について事前に何の説明もなく、結婚が決まってから独特なお墓参りのことについて話してくるなど、無責任な態度が頭にきました。私も田舎の出身で祖父母と暮らしていたため、主人の実家のしきたり等への理解もあり、なんとか対応していますが、私以外の女性だったらどうなっていたのだろうと気になります。

ある時、「私のどこが好きか、なぜ結婚したのか」と聞いたことがあります。ところが、本当に私のことを見てくれているのか疑問に思う返答でした。プロポーズの時に手紙をもらい、その中に「守る」というワードがありましたが、ただただ美辞麗句を並べたようにしか感じません。しっかりと態度で見せてほしいです。

友達、元カレ、同僚や上司はしっかりと私のことを理解してくれていた人達ばかりなので、よりによってなぜ生涯寄り添っていく人が私を1番理解していないんだと呆れていますが、最終的には自分が選んだ人生です。何事も自分次第と思って結婚してしまったのも事実です。

ムカつきすぎて泣けてきてしまうこともありますが、可愛い子ども達のために母ちゃんは頑張ります!

20代後半/専業主婦/女性

女性編3位|お金の問題に悩まされる時

お金の問題に悩まされる時

経済力が無さすぎたこと

3年ほど遠距離国際恋愛をしてようやく今年に入籍し、結婚生活をスタートしました。

夫は東南アジアの田舎育ちで、私よりも豊かではないことを理解しており、結婚前から時々お金を貸すことがありました。

しかし、結婚して一緒に暮らし始めて、夫のあまりの経済力のなさ、金銭管理の出来なさを知った時に唖然としました。給料を貰ったら後のことを考えず、全てあるうちに使ってしまうのです。

少ない給料だからこそ「食費にどれだけ使えるか、外食ではこれだけ」と許容範囲があっても良いはずなのに、明らかに私が持っていると思い込んでいて、自分の給料はお小遣い感覚でいるようです。外食した時にも好きなだけ注文し、支払いは私になっていることが続き、呆れてしまいました。

30代前半/専業主婦/女性

貯金もなく、散財するばかりで子育てにも参加しない

当初は主人も積極的に子供を可愛がっていて、「かわいい」とか「あぶない、ダメだよ」などと声かけをしていたので、安心していました。

しかし、子供が成長していくにつれ、あまり子育てに参加せず、趣味のギャンブルに走るようになりました。現在育休中にもかかわらず、生活費が払えないという情けない事態になっています。

コロナ禍もありますが貯金もなく、散財するばかりで子育てにも参加しない主人を見ていると、「結婚しなきゃよかった」と後悔ばかりしています。

常にお金に苦しんでいるので、普通の家庭がうらやましいです。

30代後半/医療・福祉系/女性

女性編4位|価値観や相性が合わないと思う時

価値観や相性が合わないと思う時

趣味は合うけど、生活感が合わない

夫とはゲーム、アニメ等の趣味が合い、交際を経て結婚しました。

交際中は遠距離恋愛だったため特に気になるところが無く、趣味も近いから一緒に居て楽しいし、ずっと一緒にいられたら良いと思っていましたが、結婚してからだらしないところや無頓着なところが目立ってきました。何かお願いしても安請け合いしてすぐに取り組まず、いつやるのか悶々とする時があって正直ストレスが溜まってきます。

生活自体は安定しているため今は良いのですが、これから子供を作りたいと考えているので、妊娠中や育児をする生活になった時に不安に感じてしまいます。

結婚する前に同棲して、生活がお互いに合うかどうか確認してから結婚に踏み切っていれば、ここまで悩むこともなかったかもしれません。

20代後半/専業主婦/女性

食の好みが合わな過ぎる

夫とは仲が悪いわけではないのですが、食べたいものの意見が合致したことがないのが悩みです。例えば外食する際、私が「お寿司が食べたい」と思っても、相手は「肉が食べたい」と言って譲らず、結局焼肉になったりするのが日常茶飯事。

私は自宅でも手の込んだ創作料理を作って食べたい派なのですが、相手は「素材そのものが食べたい」と言って、調味料なども適当にしてしまいます。当然、料理もろくなものが作れず、ドレッシングなどの複雑な料理は出来ません。

また、私がいろいろ工夫して作っても好んでは食べないので、がっかりして後悔する時があります。

慣れてくれば「こんなもんか」と納得できると思いますが、一生これが続くのかと思うと寂しくなります。夫婦にとって食べ物の共有はとっても大事だと思います。

40代後半/専業主婦/女性

女性編5位|親族の問題にぶつかった時

親族の問題にぶつかった時

夫の親族と合わず、注意もしてくれない夫に幻滅

結婚7年目ですが夫とはとても仲が良いです。ただ夫の両親、特に義母とは合わないと感じることが多く、毎回会うのが憂鬱です。結婚前はそこまで顔を合わせることがなかったので、特に気にしていませんでしたが、結婚してからは「ん?」と思うような発言が多くなりました。

例えば、夫の親戚の家に結婚の挨拶に行った際。初めて会う方たちにご挨拶しようとすると「うちの嫁!」と義母から紹介。「あなたの嫁ではないけど…」と内心思いながら、田舎だし仕方ないかと気にしないようにしました。

また夫の実家は私たち夫婦以外全員ヘビースモーカーで、赤ちゃんを連れて行ってもお構いなしでタバコを吸います。コロナが流行っていても、手を洗わず平気で新生児を触ろうとしたり、年々モヤモヤは募っていきます。

本人たちは全く悪気がないので、夫も注意しづらいみたいです。そんな姿を見ていると一家の大黒柱なのに頼りなく感じ、結婚しない方が良かったかなと思うことがあります…。

30代前半/専業主婦/女性

義母がお金にだらしなかった

夫と結婚してまもなく、義母から「お金をちょっと貸してくれない?」と相談されるようになりました。すぐ返してもらえる事もあるのですが、だんだんと貸す方が多くなり、こちらの生活にも支障が出始めました。

何に使っているのか夫に聞いてもらったところ、実は義母がいろいろな所からお金を借りている事がわかりました。しかもお金に困っている割にはよく外食をしたり、生活を見直す気配もなく、こちらの方が節約しているのではと思うことも多くてげんなりとしました。

「大丈夫だから」と言うものの、義母はお金の使い方が根本的にダメな人であったため、弁護士を通して整理をした事もありました。私は自分が共倒れしないようにいろいろな提案をしてきたのですが、夫が面倒そうにする事にとても違和感があり、不信感も出てきました。

今は義母が施設に入りひと段落しましたが、もっと自立している人であればまた違ったかもと思います。

実は結婚前、夫が貯めていた結婚資金を義母が使っていたことがわかり、予約していた式をどうするかと困ったことがありました。うちの親が「何か事情があったのだろう」と言って補填してくれたのですが、それが警告だったのではと今さらながら思います。

50代後半/専業主婦/女性

女性編6位|配偶者の健康面の問題を考える時

配偶者の健康面の問題を考える時

子供が欲しいのに出来ない体の旦那にがっかり

子供が欲しかった私達は、入籍してすぐに避妊を止めました。しかし半年経っても子供が出来ず、お互い病院で検査することにしました。検査するまでに旦那を説得するのに時間がかかりました。「自然に任せよう」と何度も旦那は言っていました。

結果、旦那の無精子症が発覚しました。あんなに自然にこだわっていた旦那に原因があったとわかった時、私のせいではないと安心しましたが、同時に旦那を心の中で責めていました。

不妊治療することが決まった時は、これからたくさんお金がかかるだろうという不安がすごく大きかったです。

普通の健康的な男性と結婚していたら、不妊治療することも、お金がたくさんかかることもなく、その分貯金できたのにと思うと、時々「私は結婚失敗したのかな」と考えてしまうことがあります。

20代後半/医療・福祉系/女性