結婚しない方がいい女性の特徴とは?既婚男性が教える理由

結婚 しない 方 が いい 女

結婚を考え始めると、「結婚しない方がいい女性の特徴や共通点は何!?」と気になる時がありますよね。

「自分のことしか考えられない」や「我慢できない程、感覚が違う」がよくある理由として挙げられますが、既婚男性の本音を聞くとそれ以外にも多くの理由が存在しているようです。

この記事では、既婚男性100人に聞いた結婚しない方がいい女性の特徴14選を既婚者だからこそ分かる理由と共にご紹介しています。

\ 今すぐ無料で悩みを相談してみよう /

「 ココナラで悩みを相談 」

ユーザー満足度97%超
3,000円無料クーポンあり
1分100円からのお値打価格

男性100人に聞いた結婚しない方がいい女性の特徴ランキング

順位 結婚しない方がいい女性の特徴
1位(39%) 自分のことしか考えられない
2位(15%) 我慢できない程、感覚が違う
3位(14%) 外面が良い・好きな人にべったり
4位(13%) 否定的な言動をする
5位(12%) 無計画な散財・金銭感覚が違う
その他(7%) 上記以外の回答

まずは、結婚しない方がいい女性の特徴ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた結婚しない方がいい女性の特徴アンケート』によると、1位は『自分のことしか考えられない』、2位は『我慢できない程、感覚が違う』、3位は『外面が良い・好きな人にべったり』という結果に。

割合で見てみると、1位の『自分のことしか考えられない』が約39%、2位の『我慢できない程、感覚が違う』が約15%、3位の『外面が良い・好きな人にべったり』が約14%となっており、1~3位で約68%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に結婚しない方がいい女性の特徴14選をご紹介していきましょう。

【1位】自分のことしか考えられない

自分のことしか考えられない

まったく融通が利かない

融通が利かない妻だと、相手にばかり気を取られて、大切な仕事にまったく手がつかなくなってしまいます。

「常にこちらに合わせて欲しい」とは言いませんが、やはりお互い協力しあってこその夫婦です。

特に子供が生まれたら、必ず譲歩しなければならないシーンも出てきます。

わがままは女性のチャームポイントの一つではありますが、結婚するとなると兼ね合いが難しくなってくると思います。

20代前半/サービス系/男性

自分の価値観を譲らない

「価値観の合わない人」は良くありません。結婚して数年になりますが、妻と価値観が違うポイントが多く、決断に悩まされる毎日です。

例えば買い物一つとっても、私はできる限り買い物を早く済ませたいので、多少値段が高くてもほとんど他の店などと比較せずに即断即決するタイプですが、妻は慎重に比較して決めたいタイプです。「比較して悩んでいる時間がもったいないから、とにかく早く決めたほうが良い」という私の主張はほとんど受け入れてもらえません。

幸いにも私たち夫婦の場合はどちらかが譲歩して何とか釣り合っていますが、お互いに正反対の価値観で譲らない夫婦だったら全く生活がうまくいかなくなるだろうな、と思います。

30代前半/サービス系/男性

自分の話だけを話そうとする人

自分の話だけを話そうとする人は避けた方が良いです。「自分の主張を聞いてもらいたい」という気持ちが余りに大きすぎる女性は、人の話を聞きません。聞いているように見えても、会話の主導権が戻ってくるのを待っているので、会話になりません。

そんなことが続けば、互いに何の話をしているか分からなくなり、会話をすることが億劫になっていきます。

結婚するのであれば、お互いの話を聞こうとするのが最低限のマナーです。自分の話を聞いてもらえないとストレスが溜まり、些細なことでイラつくようになり、最後には喧嘩を繰り返すようになるでしょう。

互いに耳を傾けられる関係を築くのが大切です。

30代後半/公務員・教育系/男性

嫌いだからと言う理由で、こちらの好物を絶対に作ってくれない

結婚した当時はとても優しい妻でした。それが月日が経つにつれて本性が現れてきました。

例えば、食事で自分が好きな物しか料理しないのです。私はカレーライスが大好物なのですが、妻はそれが嫌いだと断言します。そして結婚してから用意してくれたことは一度もありません。私がカレーライスを食べたいと言っても、「私、それ嫌いだから」の一言で終わってしまいます。私は仕方なく、レトルトタイプのカレーライスを食べるしかありません。

せめて私にだけカレーライスを作ってくれて、妻は別の料理にすればと思うのですが、妻はカレーのにおいが嫌だから作ることが出来ないと言います。困った妻です。

50代前半/専業主婦/男性

物事の表面にとらわれる人

私は45年前、従業員200名程度の事務機の販売リース会社に就職しました。一生懸命働き、職場での評判もよかったのですが、「有名企業でない」というだけで、妻は周囲の人に私の勤務先を教えませんでした。家庭でも私を軽んじる言動が目立ち、疲れてしまったため、離婚しました。

その後、私は再婚しました。相手は中学時代の同級生で、私の育った環境が余り裕福でないことも承知しています。少ない給料にも文句ひとつ言わず「内面」を大切にしてくれました。

ちなみにこの会社は現在、日本中の誰もが知る有名企業に成長しており、IT分野にも進出しています。私はそこの支店長で定年を迎えました。糟糠の妻に少しは報いることができたかと思っています。

物事の表面にとらわれる人と一緒にいては、本当の幸せを感じられない気がします。

60代後半/自営業/男性

相手の疲れ度合いなどを察せず、話し合いで解決できない人

私は休日になるたびに、妻の付き添いでスーパーに買いものに行かされます。あげくの果てに、価格が安い商品があればスーパーを2、3軒はしごすることもしばしば。

たまになら理解ができるのですが、これが休みのたびに発生するのが正直しんどいと思います。

どこかに遊びに行って疲れていても、帰りには必ずスーパーに寄ることになるので、体力的にもよりしんどくなります。

相手の疲れ度合いなどを察せず、話し合いで解決できない人は、結婚相手には不向きです。

30代後半/マスコミ系/男性

【2位】我慢できない程、感覚が違う

我慢できない程、感覚が違う

片付けのタイミングやテンポが違いすぎる

結婚前に同棲した女性がいました。お互いが一人暮らしの時から「この子って、少し片付けが苦手かな」とは思っていましたが、多少のことは我慢できるだろうと思っていました。

いざ同棲してみると、ストレスがとても溜まりました。使ったものをすぐに片付けない。食べた後の片づけをすぐにしない。ゴミが出てもテーブルや床に置いたまま他のことをする等々・・・片付けのタイミングやテンポが違うだけで、これほどストレスに感じるとは思っていませんでした。

整理整頓や片付けについて、自分と同じようなレベルの人でないとうまくいかないなと思いました。

30代後半/メーカー系/男性

自分の見た目に気を遣わない人

妻はとても自分の見た目に気を遣います。いつも綺麗めな服を着て、少しでも綺麗に見えるよう努力してくれています。外だけではなく家の中でも気を遣っており、非常に努力家だなとずっと思っています。

それに刺激を受け、私自身も綺麗目な格好をし、だらしない見た目にしないよう心がけています。馴れ合いにならず、出来るだけ新鮮に好きな気持ちを共有できるため、妻と結婚してよかったなと今でも思います。

昔、お付き合いをしていた彼女は、外ではそれなりに身なりを気にしているものの、家の中では全く気にしないタイプでした。「女性」という部分がどんどんなくなってきてしまい、結婚を考えられなくなって結局別れを告げる形になりました。

家族の前であっても、ある程度は見た目に気を遣うことの大切さを実感しました。

20代後半/商社系/男性