美人と結婚して後悔した瞬間は?既婚男性100人の本音

美人 と 結婚 後悔

「イケメンと結婚したら後悔するのかな…?」と疑問に思うこともありますよね。

後悔する理由としては「良いのは顔だけだと気づいた時」や「顔に免じて譲歩してしまう」が挙げられますが、同じ経験を持つ既婚女性の本音を聞くとそれ以外にも多くの理由が存在しているようです。

この記事では、既婚女性100人に聞いたイケメンと結婚して後悔した理由ランキングに加えて、リアルな体験談7選をご紹介しています。

\ 今すぐ無料で悩みを相談してみよう /

「 ココナラで悩みを相談 」

ユーザー満足度97%超
3,000円無料クーポンあり
1分100円からのお値打価格

男性100人に聞いた美人と結婚して後悔した瞬間ランキング

順位 美人と結婚して後悔した瞬間
1位(39%) 良いのは顔だけだと気づいた時
2位(15%) 顔に免じて譲歩してしまう
3位(14%) 周りがとやかくうるさい時
4位(13%) 常に不安が付きまとう
5位(12%) 不釣り合いだと感じてしまう時
その他(7%) 上記以外の回答

まずは、美人と結婚して後悔した瞬間ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた美人と結婚して後悔した瞬間アンケート』によると、1位は『良いのは顔だけだと気づいた時』、2位は『顔に免じて譲歩してしまう』、3位は『周りがとやかくうるさい時』という結果に。

割合で見てみると、1位の『良いのは顔だけだと気づいた時』が約39%、2位の『顔に免じて譲歩してしまう』が約15%、3位の『周りがとやかくうるさい時』が約14%となっており、1~3位で約68%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に美人と結婚して後悔した瞬間7選をご紹介していきましょう。

【1位】良いのは顔だけだと気づいた時

良いのは顔だけだと気づいた時

内面をよく知っておけばよかったと思った時

やはり内面なども重視しておくべきです。いくら顔が好みでも、価値観などが違いすぎると何かと苦労をします。

一緒になってから嫌な面が見えてきたり、どうしようもない部分があったりすると、それがもとで喧嘩になります。

イメージと違うとあとで知っても遅く、「内面をよく見ていたら、こんな後悔しなくて済んだのにな・・・」と感じました。

これならば一人でいた方が、気持ちが落ち着いてよかったと感じます。

40代後半/不動産・建設系/男性

自分作りの時間が多くて、家事が疎か

妻は周りから美人と言われていて、自分のルックスに誇りを持っています。それを維持するため、メイクや衣装選びにとても時間がかかります。

また「寝不足は肌に悪い」と言って、夜の家事は一切せずに寝てしまい、私に全て任せっきりです。

料理に対してもこだわりが強く、「これは肌に悪い。これはビタミンが少ないから使わない」など注文が多いです。さらに揚げ物なども「油が跳ねて顔にかかったらまずいから」と言い張り、一切しません。

やはり顔よりも家庭を第一に考えてくれる人が1番だとつくづく感じます。

30代前半/公務員・教育系/男性

美意識の高さが面倒で、合わせるのに疲れる

後悔したポイントが多数あります。1つ目は、「隣を歩く私も、ある程度しっかりとした服装や髪型にしておかないといけない事」です。外出時、妻はスーパーやコンビニに行くだけでも化粧をバッチリとして、洋服もオシャレな格好に着替えて行きます。私は「近所だし、別に適当でいいのでは?」という考えですが、ちゃんとした格好をしないとますます見た目の差が広がってしまいます。仕方なくそれなりの格好をしますが、合わせるのに疲れてしまいます。

2つ目は、「妻の美意識が高すぎる事」です。毎月エステ通いをし、美容院には月2回行っています。正直、家計にかなりの負担がかかっているので、本当にやめてほしいです。

3つ目は、「美人は飽きるという事」です。実を言うと私は結婚する前の時点で、既に妻の容姿に飽きていました。どんなに美人でも、何度も見ているうちに普通の人に見えてきてしまうんです。むしろ最初からブサイクな人の方がガッカリ感を感じる事が無いので、飽きが来なくて良いのではないかとすら思いました。

やはり容姿だけで結婚を決めるのは禁物だなとつくづく思いました。

40代前半/不動産・建設系/男性

【2位】顔に免じて譲歩してしまう

顔に免じて譲歩してしまう

可愛い顔のせいで譲歩してしまい、何度も喧嘩をしている時

顔がタイプの彼女と付き合い、そのまま結婚しました。付き合っている時は喧嘩を全くしたことがなく、このまま仲良く過ごしていくのかと思っていました。

しかし子供が産まれると、喧嘩や言い合いをすることが増えてしまいました。大体、自由時間の問題や家事の分担等で揉めています。

でも、どんなにイラついていても、妻の可愛い顔を見るとつい緩んでしまい、「まぁいっか」と譲歩してしまいます。その結果、後日同じことでまた喧嘩をするという始末です・・・。

最近は顔から少し視線を外すという手段で対抗しています。笑

20代後半/金融・保険系/男性