結婚しない男性は賢いって本当?男性100人が感じる賢い理由

結婚 しない 男 賢い

「男性にとっては結婚しない方が賢いのでは?」と感じることもありますよね。

「自由に過ごせる・好き放題できる」や「合わせるのがしんどいから」が結婚しない方が賢い理由としてよく挙げられますが、同性である男性の本音を聞くとそれ以外にも多くの理由が存在しているようです。

この記事では、男性100人に聞いた結婚しない男性が賢いと感じる理由ランキングに加えて、リアルな体験談と共に正直な本音22選をご紹介しています。

\ 今すぐ無料で悩みを相談してみよう /

「 ココナラで悩みを相談 」

ユーザー満足度97%超
3,000円無料クーポンあり
1分100円からのお値打価格

男性100人に聞いた結婚しない男性が賢いと感じる理由ランキング

順位 結婚しない男性が賢いと感じる理由
1位(45%) 自由に過ごせる・好き放題できる
2位(22%) 合わせるのがしんどいから
3位(13%) 配偶者にイライラせずに済むから
4位(9%) 付き合いが制限されるから
5位(4%) 子供を不幸にする恐れがあるから
その他(7%) 上記以外の回答

まずは、結婚しない男性が賢いと感じる理由ランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた結婚しない男性が賢いと感じる理由アンケート』によると、1位は『自由に過ごせる・好き放題できる』、2位は『合わせるのがしんどいから』、3位は『配偶者にイライラせずに済むから』という結果に。

割合で見てみると、1位の『自由に過ごせる・好き放題できる』が約45%、2位の『合わせるのがしんどいから』が約22%、3位の『配偶者にイライラせずに済むから』が約13%となっており、1~3位で約80%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に結婚しない男性が賢いと感じる理由22選をご紹介していきましょう。

【1位】自由に過ごせる・好き放題できる

自由に過ごせる・好き放題できる

結婚すると、自分の趣味や仕事に制限がかかる

結婚して2年経つ友人がいます。最初は楽しそうでいいなと思いましたが、最近になって家庭内の愚痴を良く聞くようになりました。若くして結婚した為、遊ぶ時間も制限され、お金もお小遣い制でとても大変そうです。

独身時代は、いつもはっちゃけて遊んでいたのに、今は180度変わってしまい、正直あまり楽しそうに見えませんでした。

また、子供の面倒をみるのはもちろん、妻の機嫌取りも必要でめんどくさそうだと感じました。

やはり家族を持つということは大変だと思いました。もし結婚するなら、強い意志を持ち、家族を守るという自覚が必要なんだと改めて感じました。

20代後半/不動産・建設系/男性

自分のプライベートな時間、自由に使えるお金もなくなる

同窓会などで既婚者の友達と会った時、結婚生活について話を聞く機会があります。その際、「とにかくお金が貯まらないこと」、「自分の好きなことに使えないこと」、「子どもから目が離せず休めないこと」、「仕事と育児の両立が困難なこと」等の不満をよく耳にします。

結婚し子供を持つことで、自分のプライベートな時間、自由に使えるお金もなくなると思うと、結婚しない方がいいのかもしれないと思います。

また、近隣に住む夫婦のほとんどが離婚をしているため、結婚にいいイメージがないというのがネックです。

結局離婚してしまうなら、それまでの時間やお金は無駄になってしまうのでは、と思わずにはいられません。それなら、独身で自分の趣味や好きなことに使う方が有意義な時間を過ごすことができると思います。

20代前半/大学生/男性

時間とお金に余裕ができる

結婚してから自由な時間もお金もないため、イライラが溜まっています。また妻との性格の不一致や子育てのストレスも加わり、ケンカは日常茶飯事です。

離婚をすることで自由な時間は増えるかもしれませんが、子どもと接する時間が減り、近くで成長を見ることができないのは寂しいです。また、養育費を支払わねばならなくなれば、ますます余裕がなくなるので踏みとどまっています。

そのため、最初から「結婚をしない」と決めて割り切って生活している人を見ていると、たまに羨ましくなります。生涯一人は寂しいと感じてしまいますが、一人なら時間とお金には余裕ができるので、ある意味、賢い生き方だなと考える時があります。

30代前半/医療・福祉系/男性

自分の時間が好きなだけ確保できる

結婚し家庭を持つと、家事や育児に追われます。帰宅後、自分自身の仕事の片付けやお風呂などを済ませた後、子どもの面倒を見ます。一息つく間もなく晩ごはんの時間になり、食事中も落ち着いてご飯を食べることができません。食事を終えた後は休む間もなく食器洗い、子どもを寝かす毎日です。

独身時代は、仕事を終えてから家でリラックスする時間が6時間以上は確保できた為、趣味の映画やアニメを見る時間がありましたが、結婚し家庭を持つとその時間が1時間程に減ってしまいます。

更に疲労が溜まって心身共に疲れると、家庭の雰囲気も悪くなり、どうして良いかわからなくなります。

今ではあんなに嫌いだった仕事が、「家庭から離れられる時間=心身共に落ち着ける時間」になっている始末です。

30代前半/サービス系/男性

自分が汗水たらして働いたお金をほとんど使えない

友達や会社の同僚などと共通の趣味があるのですが、どうしても家族のことを優先するため、参加できないことが多いです。

また、趣味や習い事など自分にかけたいお金があっても、思うようになりません。もちろん「子供や妻にお金をかけるのが嫌」というわけではないのですが、自分が汗水たらして働いたお金をほとんど使えない状況だと、仕事に張り合いを持てません。

結婚していない同僚は、自分自身に投資ができていると痛感させられるタイミングがあります。そのような時は、結婚しない方が賢かったのかなと思ってしまいます。

独身と妻帯者の大きな違いは、「自由になる時間とお金の差」と言っても過言ではないと思います。

40代後半/流通・小売系/男性

パートナーに左右される事なく、計画的にお金や時間を自由に使う事ができる

私には未婚の姉がいます。仕事は小学校の教員で、両親と実家で3人暮らしをしています。

姉は職業柄、行事の準備等で帰宅時間が遅くなることが多いようですが、母が食事の用意や後片付け、洗濯等の家事全般をするので、帰宅後、十分に休養がとれます。

一定額の生活費を両親に渡している様ですが、あとは全て自由に使えるお金なので、休日はウインドウショッピングや映画鑑賞等、趣味の時間を気ままに楽しみ、新車を現金払いしてもなお、地方の新築マンション一室を一括購入できるくらいの貯蓄がある様です。

結婚しない方がパートナーに左右される事なく、計画的にお金や時間を自由に使う事ができるため、休日にストレスを発散しやすく、仕事のモチベーションやパフォーマンスの向上につながると思います。

40代前半/医療・福祉系/男性

自由に使える時間とお金が制限されてしまう

私は現在、1人暮らしをしながら趣味に没頭しています。家族ができると、趣味に費やせるお金と時間が減ってしまうことがストレスになってしまいます。

冬は毎週末スノーボードをしに行き、冬以外は次の冬のために食事制限をして日々トレーニングに励んでいるため、食事が合わない点も難しいかと思います。

家族ができたとしても、食事制限中は食べられるものが限られるため、外食もできません。食事の時間も決まっているので、家族達は不満が爆発してしまうのではないでしょうか。

ただでさえ手取りが少なく、いろいろとやりくりしながら趣味を楽しんでいるので、結婚して子育てをする余裕はありません。お金の面で自分の子供に好きなことをさせてあげられない親にはなりたくないので、それならばいっそ結婚しない方が自分の人生を豊かにできる点で、有意義だと考えています。

30代前半/商社系/男性

趣味に使うお金や時間がなくなってしまうし、自分の時間が削られてしまう

結婚してしまうと今の生活を変えなくてはいけないので、あまりしたくありません。

相手のペースに合わせて生活しなくてはならず、一人の時間も無くなってしまいますし、お金も管理されたりして自由に使えなくなってしまいます。

今でも生活がギリギリなのに、二人になったら困窮してしまいます。子供が出来たらさらに自分の時間は無くなり、使えるお金も子供に回ってしまいます。せっかく必死で稼いだお金を自由に使えないのはとてもつらいです。

私は一人の時間をとても大切にしていきたいですし、自分の生活リズムを崩したくありません。結婚したらそれがすべて崩れ落ちてしまうので、あまり結婚はしたくありません。

30代後半/流通・小売系/男性

とにかく自由に遊べる

結婚しない方がとにかく自由です。金銭面もそうですし、誰と遊ぼうが、どこで飲んでようが何でも自由が出来ます。

特に男性は年を取ればとるほどに渋さが増し、余裕を纏うようになります。なので早く結婚して家庭に入るのはもったいないと思います。

結婚した瞬間に男性の自由はすべて奪われます。家事に子育て、せっかくの休日は家族サービスのために時間を費やさないといけません。また一生懸命に働いて稼いだお金はすべて家庭の物となり、自由に遊べるお金は一切ありません。

男性は馬鹿な生き物なので、生涯を一人の女性だけを愛しきることは難しいと思います。ただ結婚してしまうと、その少しの遊びがかなりのリスクになってしまい、時には財産までも失うことになってしまいます。

20代後半/商社系/男性

貯金や投資のお金を自由に運用出来、使える

結婚すると、子供が出来、自由にお金が使えなくなってしまいます。その点、独身だと、自分にいくらでも投資が出来るので、かっこいい男でいたいなら、独身が一番だと思います。

投資が趣味な私は、一生、独身で良いと思っています。愛情よりも、自由な時間・自由なお金・ブランドの服や靴を履いて、いつまでも「かっこいいイケメン」でいたいと思っています。

仕事も自由に出来るのが良い点です。結婚してしまうと、それなりに収入の多い職業に就かないと生活できないイメージがあります。独身ですと、自分一人が生活出来る分があれば良いので、仕事の選択肢も増えますよね。

あと、相手の事をいちいち考えなくて済むので、気が楽です。子供の面倒を見るのが苦手なのも、結婚したくない一因です。

40代前半/メーカー系/男性

大きな喜びはないかもしれないけれど、自分の好きなことに熱中できる

結婚して得られる喜びはたくさんあり、特に子どもに関しては「自分がどうなっても構わない」ぐらい大きな喜びを与えてくれます。

ただ、子育てに費やす時間やお金の部分は、人生の中でもとても大きな出費です。さらに結婚する相手によっては、永遠の愛を誓ったのにも関わらず、いつからか「顔を合わせるだけでストレスに感じる」こともしばしば。

自分の好きなことに時間もお金も使えない、さらにそれらに少し余裕が出てきたとしても、次は相手の顔色を窺わなければならないといったことは、結婚したことのある人であればみなさん経験していることだと思います。

自分の人生、結婚をして子供を育てることももちろん良いことではあると思いますが、多様性を重んじる現代ではあえて結婚しないという生き方もありなのではないかと思います。

30代前半/医療・福祉系/男性

【2位】合わせるのがしんどいから

合わせるのがしんどいから

働いたお金を家族のために使わなければならない

無いものねだりなのは重々承知なのですが、結婚して家族を持つとお金がかかります。住む家はある程度大きくなければならないし、自分に生命保険をかけて死後の生活を守らなければならないとか、子供の学費や食費など、数えればキリがありません。

稼いだお金を自分だけのために使えて、おしゃれや海外旅行、美味しいものを食べたりして楽しんでいる友人のフェイスブックを見ていると、羨ましいと思う気持ちは抑えられません。

妻も好き放題にしていて、ママ友とのランチやエステ、お花見に行ったり、時には飲みに行ったりして、楽しそうに過ごしています。「今日、どこそこに行った」と笑顔で話を聞かせてくれるのを聞く度、「俺は今日も仕事で疲れて帰ってきとるんや…」とげんなりしています。

そんな毎日が続いているので、「これが幸せ?」と考えることしばしばです。

50代後半/メーカー系/男性

相手の機嫌に合わせてこちらが譲歩しなければならない

結婚している知り合いや友人は、いずれも窮屈な生活をしている印象があります。会う度に愚痴をこぼしていて、生活しにくそうだなと思います。

また奥さんの機嫌が悪い時は「黙ってる」とか、「その場からいなくなる」などの話を聞いて、より嫌気がさしました。相手の機嫌に合わせてこちらが譲歩しなければならない生活が続くというのが、とんでもなくシンドそうに感じました。

1人の時の方が誰にも気を使わずゆったりとした生活を送れますし、何時に帰ろうが何を言われることもないので、ストレスのない有意義な時間を作ることが出来ると思います。

結婚している友人達からは「寂しいだろ」とか「子供の顔を見ると元気になる」などの話を聞きますが、私は何も思いません。むしろストレスの方が気になるので、一生独身で構わないと思っています。

30代前半/サービス系/男性

自分の自由が無くなり、「家庭」という縛りが出来てしまうのが嫌だから

私は家族と言うのは「縛りを作る金食い虫」だと思っているので、わざわざ結婚して苦労しながら家族を養うということ自体にメリットを感じません。

一度きりの人生、自分の好きなことを好きなだけやりたいというのが人情です。自分の自由や楽しみを犠牲にして幸せとは思えません。

「愛」なんて目で見える物ではないので、本当に存在しているのか疑わしいし、いきすぎると重荷にすらなり得ます。

そんなものに固執せず、自分の好きなように生きることが何よりの幸せであり、自分への愛だと感じます。

20代後半/専門コンサル系/男性

自分のお金や時間を他人に左右されるのがストレスだから

私は昔からずっと一人の時間を多くとってきたし、大切にしてきました。なのでその時間を「妻と言う名の他人と一緒に過ごすこと」に費やさねばならないとなると、かなりストレスになると思っているので、一人のほうが賢明かなと思っています。

お金のことに関しても、自分のためだけでなく家族のために使うことになる点もストレスを感じてしまいます。いずれ慣れるとは思うのですが、どうしても「稼いでいない家族に使われるのは理不尽だ」と感じてしまうんです・・・。

またお金の価値観についてもお互いに違ってくるので、家族のためにどのように投資すればうまくやりくりできるかどうか、不安を感じるはめになってしまうと思っています。

30代前半/流通・小売系/男性

オフの時間をなかなか自分の時間に回せない時

結婚して2年が経ち、持ち家で妻と一歳の娘と暮らしていますが、ふとした瞬間に「結婚していなければ」と考えるシーンがあります。

例えば、買い物の時です。妻は専業主婦ですので、基本的に私の給料で妻子を養っています。妻に服を買う時は、節約のために私は買わないようにしていますが、「結婚していなければ、常に自分だけの為に浪費出来るのにな・・・」と考えます。

また仕事終わりなども、妻の話し相手や子供の遊び相手として、時間を割かなければいけません。結婚していなければ育児などもないので、オフは好きなように過ごせますし、1日の疲労は仕事オンリーだと思います。

でも、独身ならではの問題もあると思うので、一概にどちらが賢いとは言い切れないと思っています。「人はないものねだりなのだ」と勝手に自己解決しています。

20代後半/IT・通信系/男性