旦那にイライラしない方法…女性100人が実践した対処法20選

旦那 に イライラ しない 方法

「夫にイライラしない方法…」と悩んでしまう事もありますよね。

対処法としては「最初から期待しない・頼らない」や「割り切る・他人同士だと意識する」が挙げられますが、同じ経験を持つ既婚女性が実際に対処した方法や体験談を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、女性100人に聞いた夫にイライラしない方法時の対処法ランキングに加えて、リアルな体験談と共に対処法20選をご紹介しています。

夫にイライラしない方法時の対処法ランキング

順位 割合 夫にイライラしない方法時の対処法
1位 37% 最初から期待しない・頼らない
2位 20% 割り切る・他人同士だと意識する
3位 15% 相手に合わせる・良い所に注目
4位 14% 内に秘めず、口に出すこと
5位 9% 手の平の上で踊らせる
その他 5% 上記以外の回答

famico編集部が行った『女性100人に聞いた夫にイライラしない方法時の対処法アンケート』によると、1位は『最初から期待しない・頼らない』、2位は『割り切る・他人同士だと意識する』、3位は『相手に合わせる・良い所に注目』という結果に。

割合で見てみると、1位の『最初から期待しない・頼らない』が約37%、2位の『割り切る・他人同士だと意識する』が約20%、3位の『相手に合わせる・良い所に注目』が約15%となっており、1~3位で約72%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に夫にイライラしない方法時の対処法20選をご紹介していきましょう。

【1位】最初から期待しない・頼らない

最初から期待しない・頼らない

過度な期待をしない

子供が1歳前後あたりまでは、日々、夫の行動にイライラしていました。私も、産後疲れや慣れない育児ストレス、ホルモンバランスの乱れなどがあったと思います。

夫はとても優しい人なので、なるべく彼が不快にならないように、気になる点はその都度伝えるようにはしていました。ですが、同じようなことを2度3度と伝えるのもイライラします。

それで『諦めよう…』という考えに行き着きました。過度な期待はするだけ無駄だし、疲れるのだということに気付いたんです。テレビで評論家が「何十年も違う環境で育ってきた『他人』を変えるのは難しい」と言っているのを聞き、納得したというのもあります。

ちょうど育児にも多少慣れてきて、私にも気持ちの余裕が出来てきた頃だったので、考え方を変えたら夫にイライラすることも減ってきたように感じています。

40代前半/結婚6〜10年目/女性

良い意味で期待しないこと!

付き合っている頃は私に甘く、何でも言う通りにしてくれていた夫ですが、結婚して5年ぐらい経つと、何もしてくれなくなってきました。

当時、夫の仕事が忙しくなってきて、「(仕事で)疲れてるんだろうな」と思う日も増えてきていた頃だったので、まずはそっと休ませてあげる事にしました。以前は休日も家の手伝いをよくしてくれていましたが、今はもう「夫は(家に)いないもの」と考えて、家のことは自分がすることにしています。

このように、良い意味で夫には期待しないことにしました。それが、夫にも自分にも優しくなれる一番良い方法だったからです。

そして、たまにお手伝いしてくれた時には、「えー!〇〇してくれたのー?すごーい!ありがと~!」と子供のように大げさに褒めまくります笑 彼は単純な人なので褒められるのが嬉しいみたいで、また次も同じようにお手伝いしてくれるようになりました!結果的に、私もイライラしなくなり、良かったです。

40代前半/結婚11〜15年目/女性

最初から期待をしない

結婚当初は、夫にも家事を色々と手伝ってもらっていました。しかしやり方が自分の考えている事と違ったりして、イライラしていました。

また、子育てを手伝ってもらいたかったのですが、夫はなかなか子どもを泣き止ますことができないので、余計に自分の仕事が増えてイライラしていました。

そこで、気になる点は全て自分でやる事にしてみました。すると私の担当は増えているはずなのに、家のことがスムーズに回るようになり、イライラすることも減ってきたのです。

「夫に助けてもらって楽になろう」と考えると、うまくいかない事実に余計に腹が立つ事が分かったので、「最初から夫には期待しない」と決めました。この様に決めると、夫の少しの気配りも、とても有り難く思えるようになりました。

40代前半/結婚11〜15年目/女性

期待せず、自分でやることにする

奥さん達は旦那に対して、心のどこかで期待をしていると思うんです。

食べ終わった食器は片づけてほしい、ごみは捨ててほしい、電気は消してほしい等々・・・ほんの少しの期待が積もりに積もって、「こんな簡単なこと、なんでやってくれないの!!」と、いつか爆発する時が来ます。

それなら最初から相手に期待しなければいいんです。慣れてしまったら簡単ですよ。今まで淡く期待していた「やってほしい」という行為を、自分の心を無にして行うだけでOKです。

無駄に期待をしてストレスを抱えるより、ずっと建設的な時間を過ごせます(笑)

20代後半/結婚1〜2年目/女性

自分でするか、子供を頼りにする

夫に頼ろうとするから、やってもらえないとイライラしてしまうのです。だから私は、なんでも自分でしようとするか、子どもに動いてもらうように仕向けています。

例えば、帰宅した時に夫が靴をそろえていなかったり、上着をハンガーにかけていなかったりしたら、その状況をわざと子どもに見せて、「〇〇ちゃんはパパに似てるね。お靴、そろえないもんね~」と言います。すると、子どもは「〇〇はちゃんとそろえてるよ?」ときれいにそろえてくれます。その時に、大げさに子どもに褒めると、子どもは得意になって夫の分までそろえてくれます。そこで「さすが!パパよりも大人だね!」と言います。

これを何度かすると、子どもは自分から進んできれいにしようと心がけてくれます。

ただし、これを使うのは夫がいない時だけです。目の前で比較すると、夫が拗ねてしまうので(笑)

50代前半/結婚21年以上/女性

いい意味で期待をしない

子どもが泣いているのに携帯を見ていたり、こちらから頼まないと家事をしてくれないなど、夫に期待しているから「〇〇をしてくれなくてイライラする」という事が多くなります。

しかし端から期待していなければ特に腹も立ちませんし、不意に何かしてもらった時はすごく嬉しく感じます。

私は何かをしてもらった時は「ありがとう」と言うようにしています。そうすると男の人は特に喜びます。いつもイライラしている奥さんより、旦那さんもこちらの方が嬉しいですよね。

私が感謝の言葉を伝えると、夫も「こちらこそいつもありがとう」と言ってくれるので、夫婦円満になりました。

30代前半/結婚3〜5年目/女性

全てを諦め、何も期待しない

当時3歳と1歳の子が順にインフルエンザになり、回復期に私もダウン。主人が仕事から帰る前に「インフルエンザ発症した」と伝えていましたので、何らかの配慮があるかと思いきや、帰宅した彼はのほほんと「夕飯、何?」と言ったので、イライラしました。

他にも、我が家はワンオペ育児で、主人は意見も文句も何も言ってきませんし、手も出しません。子供が万引きした時も、泣きながら怒鳴る私とは対照的に「なんでそんなんしたんかなー」と穏やかな主人。きちんと叱ってほしいと伝えても、「なんでそんなんしたんかなー」と繰り返すだけ…。

たまには1人になりたくて、私が「買い物行ってくる」と言えば、主人は「みんなで行こう」と言い出し、ついてきました。大らかと言えば聞こえは良いですが、彼にはデリカシーや当事者意識がなく、イライラしたことは数知れず。眉間のシワも深くなりました。

当初は真剣に悩んでいましたが、結婚15年ほどした時に全てを諦めました。もう何も期待しない「無」の感情です。今でも何もしない主人の姿にイラッとはしますが、感情的になることはありません。諦めたからです。

仕事から帰宅する際、散らかったダイニングテーブルや、床に横になっている主人の姿を想像しながら、どこから始めようかなとスケジューリングします。家に帰ると想像した光景がそのまま広がっているので、イメージ通りに家事を進められてイラッとポイントもスルーできます(笑)夫婦関係は良くなりませんが、精神的には楽になります。

40代後半/結婚21年以上/女性

やってくれないものだと思って行動

夫婦でも長くいると不満が増えていきますよね。

私の夫はよく「お皿洗いやるよ」と言うのですが、やるまでがかなり長いです。結局、自分でやったほうが早く終わるし、台所も片付くので自分でやっています。

やってくれるかも・・・という期待がイライラの原因になるので、私は「夫はやってくれないものだ」と思って行動しています。

あと、余裕がない時にいろいろ求められるとイライラします。彼は私が反応するまでしつこく絡んでくるタイプなので、一旦、相手をしてその場を凌いで、イライラと負担を減らすようにしています。

30代後半/結婚11〜15年目/女性

【2位】割り切る・他人同士だと意識する

割り切る・他人同士だと意識する

他人だと言うことを忘れない

結婚した当初は、考え方の違いや夫の言動を見てイライラしたり、衝突することもたくさんありました。

どうしたらいいだろうと悩んでいる中、ふと「自分たちは、数十年も違う環境で生きてきた他人同士である」ということを思い出しました。そうすると、考えが違って当たり前だと納得でき、むしろ「そう言った考え方もあるんだな」と思えるようになりました。

それまでの私は、夫にこうしてほしい、こうなってほしいと願ってばかりでしたが、他人であるということを忘れずにいると、変な期待もしなくなるので、イライラしなくなりました。

逆の立場であっても、私自身の考え方や言動をとやかく言われたくないので、夫を許しています。

20代前半/結婚1〜2年目/女性

お互いに認め合う事が大事

夫は真面目な完璧主義者で、しばしば屁理屈をこねるので辟易することがあります。しかし、彼がそういう性格だということは結婚前から知っていたし、逆に良い面もあることがわかっているので、多少イライラしても無理に夫を修正しないようにしています。

以前、モタモタしている夫にイライラした私が、「先に〇〇をしてみたら?」とアドバイスをしてやらせてみたのですが、本人なりのペースが乱れ、かえって事態がややこしくなったので、自分の価値観を押しつけるべきではなかったと反省しました。

逆に自分も悪い面があり、夫に迷惑をかけていることもあるので、“お互い様”という気持ちで接しています。男女差があるのも自然な事だし、気にしないようにしています。

ただ、ほったらかしにはせず、気持ちは伝えています。やはり、お互いに認め合う事が大事だと思います。

30代前半/結婚3〜5年目/女性

お互いの歩み寄りも大事

ちょっとした事とか、こっちが求めた事を夫がやってくれなかったりすると、どうしてもイライラしてしまいます。

思いが通じなくて喧嘩になるという事の繰り返しだったんですが、そういう親の姿を子供が目にし、傷ついていたりしたので、このままでは良くないと思い、いちいち小さい事でイライラしないように気を付けるようになりました。

もちろん人間なのでイライラしてしまう事はありますが、それは相手も同じです。

お互いの歩み寄りも大事なんだと考えるようになりました。

30代後半/結婚11〜15年目/女性

相手が自分の思い通りになることはないと考える

気の利かない夫にイライラしないなんて無理ですから、そういう時は自分の中でイライラしてもかまいません。問題はその次にどうするかです。

イライラするパターンは大きく二つに分かれるかと思います。まずは「思い通りに動かない・関わってこない彼にイライラするパターン」。この場合は相手がいない時に大きな声で「ばっかやろおお!」とでも叫ぶなどして、自分で発散します。それですっきりしたならいいですが、まだモヤモヤが残っている時は、彼が関わってきた時、一切無視します!彼が心配しだしたら、にっこり顔で「もう許してるよ!」とドッキリさせるのです。

次に「彼がかまいすぎてウザイ・関わりがありすぎてイライラするパターン」。この場合は、イライラする自分を客観視しながら、彼にぶりっ子であざとかわいく「なんだか、私イライラするぅ~」と言ってみましょう。気づいていない場合はおおげさに。イライラすることをギャグにしてしまうのです。そうすると、言っている自分もなんだかおかしくなり、しまいに馬鹿馬鹿しくなってきて、自然にお互い笑いあっていることでしょう。

基本的に、相手が自分の思い通りになることは滅多にありません。そのことを頭に入れ、イライラする自分がかわいいか、かわいくないか、客観視してみてください。無駄にイライラして老けるより、フリでもいいからかわいくしているほうが人生オトクだということです(笑)

40代前半/結婚3〜5年目/女性

【3位】相手に合わせる・良い所に注目

相手に合わせる・良い所に注目

相手の得意分野には素直に合わせる

夫は几帳面な上、手先も器用で何かと助かっているのですが、一緒に台所に立って料理をするとなると、横からあれこれ口を出されて非常にやりにくい時があります。彼は調理師免許を取得しているので、私より知識や経験があるため、どうしても指導したくなってしまうみたいです。

そんな夫にイライラしない方法は、やはり私が出しゃばらず、相手に合わせる事だと思います。

ただし、自分の言いたい事を我慢するのではなく、夫の得意としている分野は相手に合わせて、素直に勉強しているつもりで聞いています。

育った環境が違う同士なのでイライラする事もありますが、快適に生活出来るよう、我を通すより「楽しく」を優先しています。

40代前半/結婚11〜15年目/女性

相手にお世話になっている点を見直す

結婚してから毎日の様に、主人にイライラさせられることが幾つもあります。

結婚当初はケチばかり付けていましたが、年と共にケチをつける事は極力控えるようになりました。何故なら、わが身を振り返ってみると、私の方こそ主人をイライラさせていると感じる部分がたくさんあるからです。

でも受け入れてくれているんだという点を想像していくと、主人には色々とお世話になっているという感謝の気持ちが湧いてきます。そして主人の欠点も寛大な心で受け入れようと思った途端、ハートがほんわり温かくなる経験を何度もしてきました。

イライラしたら、「自分こそ相手にお世話になっている」と感じることを探してみるのがおすすめです。

50代前半/結婚21年以上/女性

相手のいいところを考えながら家事に没頭する

子供が生まれたばかりの頃、夫は仕事以外は考えられない人でした。その頃は「もっと手伝ってよ!」「こっちは育児で年中無休なのに!」といつもイライラしていました。

その事を母に相談したところ「あなたが今、お金の心配をしなくていいのは旦那さんのお陰なんだから、その事にまず感謝しないとね。家事育児の前にお金がないと、あなたも育児どころじゃなくなるでしょ」と言われてハッとしました。

それからは、イライラしてきたら夫のいいところを考えながら、家事に没頭してイライラを解消するようになりました。

すると、夫も忙しくしている私の姿を見て、自主的に家事を手伝ってくれるようになりました。

30代後半/結婚6〜10年目/女性

【4位】内に秘めず、口に出すこと

内に秘めず、口に出すこと

具体的にきちんと言葉で伝える

私がご飯を作っている時、子ども達が「ママー!構ってー!」などと寄ってくることが多いです。しかし夫は知らん顔なので、この状況を見て何か気づかないの?ちょっとは手伝ってよ!と思い、イライラします。

私は言われなくても行動出来るし、女性の得意分野である「2つの作業を同時に出来る」という脳の作りをしているのですが、彼は全く察せないので、それが出来ない生き物なんだなと思いました(笑)

そこで、何かして欲しい時やお願いしたい時は、具体的に「今、手が離せないから〇〇してくれる?」ときちんと言葉で伝えるようにしました。すると夫は「わかった!」と言って、スムーズに動いてくれるようになりました。

悪気もなく本当に気付かないだけだったようで、お願いしたら文句も言わずきちんと手伝ってくれるので助かっています。

30代前半/結婚3〜5年目/女性

やってほしい事は言うこと

基本的に、家のことと子育てに関しては妻の私が受け持っています。夫は自分の仕事と認識している「お風呂洗い」と「子供の水筒洗い」は何も言わなくてもやりますが、それ以外の事はこちらからお願いしない限りやりません。

気づいていないのか、気づいているけど知らないふりをしているのかは分かりませんが、自分から何かをする事は全くありません。水筒とお風呂を洗っただけで、「家のことをやっている感」を出され、そのあとゆっくりされる事に毎日毎日イライラしています。

そこで「この人は自ら動く人ではない」と理解し、やってほしい事は言うことにしました。そして、気づかないことにイライラしないよう意識しています。

また、周りのイクメンとは比べないように気をつけています(笑)

40代前半/結婚11〜15年目/女性

言葉にして伝える!

今まで育ってきた環境が違う人間と一緒に暮らすので、イライラしない事は無理だと思います。ただ、そのイライラをなんとなく態度に示していただけでは、相手は何にイライラしているのか分からず、逆上してしまう事も・・・。

なので、イライラした時は、言語化と改善案をセットで出すようにするのがおすすめです。

なんとなくイライラしてしまう場合であれば、「体調が悪い」などと言って別室で寝たり、物理的に距離をとるのも一つの方法だと思います。

感情的に当たっていいことは何もないので、イライラした時は距離を置くか、言語化+改善案が鉄則だと思います。

30代前半/結婚3〜5年目/女性

【5位】手の平の上で踊らせる

手の平の上で踊らせる

面従腹背で上手にコントロールする

まず前提として、「男女は脳が違うので、相手の言動を理解はできないもの」として接しています(笑)

しかし子育てに関してはそうもいかないので、教育方針などで意見が相違するとイライラします。夫が口を出すのは単なる気まぐれで、普段は熱心に子供と向き合っているとは言い難いので、尊重されるべきは継続して子供を育てている私の方針だと考えています。

とは言え、夫はなかなか折れないので、ひとまず夫の考えに感心し(納得はしていない)、夫の機嫌をとって一旦その話題を終了します。

普段は面従腹背で自分が主導権を握っていますが、「ここぞという時はお父さんを頼る」という方式で夫に威厳を持たせることで、我が家はうまくいっています(笑)

40代前半/結婚11〜15年目/女性

グッとこらえて下手に出る

私から夫へ何か頼みごとがある時、お願いするとまずのらりくらりと理由をつけたり、蘊蓄を言ったりしてかわされます。最終的にはやってくれるのですが、行動に移すまでが長いので(早くやってくれたらいいのに)とついイライラしてしまいます。

でもその蘊蓄なども”そうだね”と同意すれば、夫の機嫌も良くなるので、なるべく同意するようにしています。そうして後は任せれば、結果的にお願い事は完了します。

たまに意味の分からない理由をつけたりされるとつい反論したくなるのですが、ここはグッとこらえて「お願い♪」と言っておけばよいのです。

ちょっと下手に出るだけで済むのなら、チョロいものです(笑)

50代前半/結婚21年以上/女性

夫にイライラしない方法時の対処法まとめ

この記事では、夫にイライラしない方法時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

夫にイライラしない方法時の対処法アンケートでは、1位は『最初から期待しない・頼らない』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

夫にイライラしない方法時の対処法アンケート詳細

【アンケート調査概要】

調査方法 インターネットによるアンケート調査
アンケート内容 夫にイライラしない方法時の対処法を回答
調査期間 2022年11月22日~12月07日
回答者数 女性100人
年齢 20代~50代

【アンケート調査結果】

順位 回答数 夫にイライラしない方法時の対処法
1位 37票 最初から期待しない・頼らない
2位 20票 割り切る・他人同士だと意識する
3位 15票 相手に合わせる・良い所に注目
4位 14票 内に秘めず、口に出すこと
5位 9票 手の平の上で踊らせる
その他 5票 上記以外の回答

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年11月22日~12月07日
回答者数:100人