妻が話さなくてストレスを感じる…男性100人が実践した対処法8選

妻 話さ ない ストレス

「妻が話さなくてストレスを感じる…」と悩んでしまう事もありますよね。

対処法としては「とにかくこちらから働きかける」や「一緒にテレビや動画を見る」が挙げられますが、同じ経験を持つ既婚男性が実際に対処した方法や体験談を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、男性100人に聞いた妻が話さなくてストレスを感じる時の対処法ランキングに加えて、リアルな体験談と共に対処法8選をご紹介しています。

妻が話さなくてストレスを感じる時の対処法ランキング

順位 割合 妻が話さなくてストレスを感じる時の対処法
1位 45% とにかくこちらから働きかける
2位 14% 一緒にテレビや動画を見る
3位 13% 会話の手段を広げる
4位 12% 共通の話題や趣味を作る
5位 11% 相手の好きな物を用意する
その他 5% 上記以外の回答

famico編集部が行った『男性100人に聞いた妻が話さなくてストレスを感じる時の対処法アンケート』によると、1位は『とにかくこちらから働きかける』、2位は『一緒にテレビや動画を見る』、3位は『会話の手段を広げる』という結果に。

割合で見てみると、1位の『とにかくこちらから働きかける』が約45%、2位の『一緒にテレビや動画を見る』が約14%、3位の『会話の手段を広げる』が約13%となっており、1~3位で約72%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に妻が話さなくてストレスを感じる時の対処法8選をご紹介していきましょう。

【1位】とにかくこちらから働きかける

とにかくこちらから働きかける

何でもいいのでこちらから話題を作る!

私は話が好きで何でも話してスッキリしたいと思っているのですが、妻は一人が好きでいつも携帯ばかりを使っていて、こちらの話も聞いているのかいないのか?状態です。

やはり夫婦は話をしないと寂しいです。せっかく一緒に居るのに、二人の時間を共有出来ないのは納得がいきません。でも妻に積極的になってもらうのを期待するのは酷だということも分かっています。

そこで、会話がなくシーンとしている時は、私から話しかけたり、今日の話や子供の話を話題にして、話すきっかけを作っています。

話題がない時は何でもいいので作りましょう。それが仲良く居られるコツです。

40代前半/結婚3〜5年目/男性

何気ない会話で反応を見ながら、今日あった出来事を聞く

数日間、会話のない状態が続いた場合、何気ない会話で反応を見ながら、今日あった出来事を聞くようにしています。

私の場合は、夕食を食べている時に、「あっ、これいつもと何か違う?美味しいね」など、妻の料理を褒めることから始めて、話を広げていきます。

この時、自分の話はしないようにして、相手の話を聞く側に回ります。そして常に共感を得るように相槌を打ちながら、徐々に関係性を戻していくように努めています。

30代後半/結婚11〜15年目/男性

その日のうちに語り合い、解決する

人には寿命があり、いつ人生が終わってしまうかは誰にも分かりません。妻に嫌な態度をされたり、自分が嫌な態度を取ったりした次の日に、どちらかが突然、生涯を閉じることだって十分あり得るのです。

そんなことになったら、きっと後悔するでしょうし、とても心残りですよね?

なので私は必ずその日のうちに語り合い、解決することに決めています。そうすれば万が一のことが起こったとしても、ショックは軽減されると思います。

同じように悩んでいる人は、必ず話し合いをして関係を続けてください。

30代後半/結婚6〜10年目/男性

質問形式で投げかける

初めに妻に質問という形で投げかけ、それに対して妻が答えてくれたなら、否定せず共感することです。そこから会話の糸口を見つけて、日常の些細なことでも共通の話題にし、共感していけるようにする方がよいと思います。

その際の夫の心構えとして、決して物知りぶらないことと、妻の意見をバカにしたような言い方はしないことがポイントです。

何よりも妻を自分の体を愛するのと同じように愛する思いが必要ではないでしょうか。

縁あって結婚し、妻となってくれた掛け替えのない人として大事に思うことは、夫として大切な基本姿勢ではないでしょうか。

60代後半/結婚21年以上/男性

【2位】一緒にテレビや動画を見る

一緒にテレビや動画を見る

録画しておいたテレビを一緒に見る

お互い仕事をしていて休日もバラバラなので一緒に過ごせる時間が少ないのですが、できるだけ夕飯の時には録画しておいたテレビを一緒に見るようにしています。

仕事の話をしだすと愚痴が多くなってしまうので、テレビを見て一緒に笑い、感想を言い合ったり…時には泣いたりしています(笑)

あとはすれ違いの中でも、ちょっとしたメモ書きを置いておいたりしてコミュニケーションをとっています。私の方が先に家を出る時には「今日は雨みたいだから、傘を忘れないように持っていってね」など。

夫がそのメモに「ありがとう」と残してくれるだけで、会話をしているのと同じだけの満足度を得ることができます。

30代後半/結婚11〜15年目/男性

【3位】会話の手段を広げる

会話の手段を広げる

交換日記を始める

妻とは学生時代からの付き合いで、結婚年数は浅いですが、お互いのことはよく知っていると思っています。そのせいか最近、会話が少なくなってきました。話さなくても分かり合えるとお互い甘えていたのだと思います。

このままでは心の距離が開いてしまうと感じた私は、交換日記を導入することにしました。今日あったことをノートに書いて、テーブルの上に置いておくというシンプルなものです。

交換日記を導入してから少しずつ妻との会話が増えてきました。会話がないことをそのままにせず、会話の手段を広げようと努力した結果だと思います。

20代後半/結婚1〜2年目/男性

【4位】共通の話題や趣味を作る

共通の話題や趣味を作る

クイズ番組を見たり、クイズ本で問題を出す

妻は仕事で嫌なことがあったりすると、家に帰ってきても不機嫌なままで、無口になってしまいます。その原因を聞こうとしても、「どうせ分からないからいいよ」と言って、ずっと無口なままです。無理にそのことに触れようとすると余計に怒ってしまい、かえって逆効果でした。

そんな時は、敢えてそのことには触れずに、クイズ番組(特に頭の体操やひらめき系)を見たり、買ってきたクイズ本で問題を出したりします。すると、妻の負けず嫌いの性格が幸いして、一生懸命答えを考え始めます。そして、正解すると大喜びします。

私も一緒になって考えるのですが、「ああでもない、こうでもない」と一緒に考えると、こちらも楽しい気持ちになってきます。妻の方が先に分かると、どうやら優越感を覚えるらしく、私に「ねえ、ヒント欲しい?」などと得意気に言ってきます。こちらとしては“してやったり”です(笑)

テレビでクイズ番組がやっていない時もあるので、我が家にはまだ一問も解いていないクイズ本がたくさんストックしてあります。

唯一の問題は、先に私の方が問題を解いてしまうと、妻が不機嫌になって無口に戻ってしまうことです。なので、自分が先に問題の答えを解いてしまっても、敢えて分からないフリをして一緒に考えるようにします。時々疲れますが、それで妻の機嫌が良くなって会話が弾むなら安いものだと思うようにしています。

40代後半/結婚16〜20年目/男性

【5位】相手の好きな物を用意する

相手の好きな物を用意する

落ち着くまでそっとしておいて、ケーキを買って帰る

妻が突然、口を利いてくれなくなることがたまにあります。単にタイミングが悪かったり、虫の居所が悪かったり、実は自分が何かやらかしていたり、特に理由もなかったりと、原因は様々です。

なので、一旦ほとぼりが冷めるまでそっとしておきます。半日くらいして、お互い興味のある話題から話をします。出来ればケーキを買って帰れば尚良し。

以前も些細なことから喧嘩して、妻が口を利いてくれなくなったことがあったのですが、会社帰りにケーキを買って、一緒に家で映画を見ながら食べたら仲直り出来ました。

ちゃんと話ができるような状態になってから、何が悪かったかを考えて、今後、話して貰えない状態を作らないようにしています。

30代前半/結婚1〜2年目/男性

妻が話さなくてストレスを感じる時の対処法まとめ

この記事では、妻が話さなくてストレスを感じる時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

妻が話さなくてストレスを感じる時の対処法アンケートでは、1位は『とにかくこちらから働きかける』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

妻が話さなくてストレスを感じる時の対処法アンケート詳細

【アンケート調査概要】

調査方法 インターネットによるアンケート調査
アンケート内容 妻が話さなくてストレスを感じる時の対処法を回答
調査期間 2022年11月26日~12月11日
回答者数 男性100人
年齢 20代~50代

【アンケート調査結果】

順位 回答数 妻が話さなくてストレスを感じる時の対処法
1位 45票 とにかくこちらから働きかける
2位 14票 一緒にテレビや動画を見る
3位 13票 会話の手段を広げる
4位 12票 共通の話題や趣味を作る
5位 11票 相手の好きな物を用意する
その他 5票 上記以外の回答

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年11月26日~12月11日
回答者数:100人