共働きなのに夫が家事をしない…女性100人が実践した対処法16選

共働き 家事 しない 夫

「共働きなのに夫が家事をしない…」と悩んでしまう事もありますよね。

対処法としては「上手に分担する・選択肢を出す」や「相手がせざるを得なくする」が挙げられますが、同じ経験を持つ既婚女性が実際に対処した方法や体験談を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、女性100人に聞いた共働きなのに夫が家事をしない時の対処法ランキングに加えて、リアルな体験談と共に対処法16選をご紹介しています。

共働きなのに夫が家事をしない時の対処法ランキング

順位 割合 共働きなのに夫が家事をしない時の対処法
1位 25% 上手に分担する・選択肢を出す
2位 24% 相手がせざるを得なくする
3位 18% 下手に出る・褒める・頼る
4位 12% 具体的に指示を出す
5位 11% 真剣に抗議する
6位 5% 負担を可視化し、理解を得る
その他 5% 上記以外の回答

famico編集部が行った『女性100人に聞いた共働きなのに夫が家事をしない時の対処法アンケート』によると、1位は『上手に分担する・選択肢を出す』、2位は『相手がせざるを得なくする』、3位は『下手に出る・褒める・頼る』という結果に。

割合で見てみると、1位の『上手に分担する・選択肢を出す』が約25%、2位の『相手がせざるを得なくする』が約24%、3位の『下手に出る・褒める・頼る』が約18%となっており、1~3位で約67%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に共働きなのに夫が家事をしない時の対処法16選をご紹介していきましょう。

【1位】上手に分担する・選択肢を出す

上手に分担する・選択肢を出す

これかこれ手伝ってと伝える

主人は時々、ゲームに没頭してソファから動かなくなることがあります。私はキッチンで料理をしており、手が離せない状態。頭の中は、洗濯物取り込まないと…お風呂洗って、沸かしている間に洗濯物畳んで…明日のお弁当も作って…など、数々の家事の算段で混乱状態です。

そんなことには全く気づかない主人。きっと私から言われない限り、ゲームしてて良いんだと思っているはずです。

そんな時はやはり、こちらから言うしかありません。ただ言い方も大切です。「なんでずっとゲームしてるの?家事手伝ってよ!」なんて言ったら、いきなり喧嘩腰なのでその後の会話が無くなりかねません。そこで「洗濯物取り込むか、お風呂洗いお願いしても良い?」こんな感じで、聞きます。下手に出るのが一番です。あわよくば両方やってくれるかもしれません。

「男の人のことは立てなさい」と母からよく言われたものです。お互いが気分よく過ごすためには、多少の妥協は必要かと思います。

20代後半/結婚3〜5年目/女性

出来る事、やりたくない事を聞き出し分担する

専業主婦をしていた時、家の事は私が100%やっていました。

しかし、夫は私が働きに出ても家事を分担どころか、専業主婦の時の感覚でいたので、さすがに限界を感じ、分担を提案しました。

まずは出来る事、やりたくない事を聞き出し、夫がやりたくないと言ったもの、時間的に出来ないもの(晩御飯の用意など)は私が担当して、休みの日のご飯は夫が作るという事になりました。

完全に半分にはなりませんでしたが、私の夫へのイライラは減ったので良しという事にしました。

40代前半/結婚11〜15年目/女性

期待はせず、苦手なことを手助けしてもらう

私は元々家事が好きで、家事をこなしている時はある種のリフレッシュにもなっているので、夫が手伝ってくれなくてもあまり苦痛には感じません。でも疲れていたりする時は、たまに助けて欲しいなと思うこともあります。

夫は一人暮らし経験はありますが、それほど上手に家事をこなせるタイプではないです。なので、何でも手伝ってもらいたいとは思いません。

過度に期待して疲れてしまうくらいならば、自分ができることは任せてもらい、苦手なことを手助けしてもらった方が、お互い気持ちがいいのではないかと思います。

30代後半/結婚3〜5年目/女性

どっちがいい?と聞き、選んでもらう

「家事は妻が家にいる時にやるものだ!」みたいな感覚でいる旦那。子育ても8割は私がやっています。

あまりにも負担が多いので、旦那には「 洗濯物と洗い物どっちがいい?」と、休まない選択肢を出して選んでもらっています。

どっちも「妻」だったら大変なのが言わなくても伝わると思い、この方法を使っています。

だんだん言わなくても色々やってくるようになったので、効果テキメンだったと思います。また「あれやらないと・・・これやらないと・・・」と独り言を言っていると、察してやってくれるので、何だかんだいい旦那だと思っています。笑

20代前半/結婚3〜5年目/女性

【2位】相手がせざるを得なくする

相手がせざるを得なくする

相手の分はしない

「働きながらすべての家事をこなすのが、いかに大変なことなのか」を身を以てわかってもらうため、夫の分の家事はあえてしないようにします。

例えば、夫の分だけ洗濯せずにいると「着る服がない」と不満をこぼしますが、毎日天気予報を見ながら家事をしている私の苦労が分かるのではないかと思います。

食器もあえて洗わずそのままにしておくと、きっと困ると思います。でもここが踏ん張りどころなので、手は出しません。

ただ、ある程度したら「全てをどちらかがするのではなく、お互い支え合いたいと思っている」ということを伝えるようにします。

30代後半/結婚3〜5年目/女性

何も言わず、家事もしない

以前、「共働きで生活費は折半なのに、片方ばかり動かないといけないのは不公平だ」と不満を口にしたところ、やってくれることが多くなりました。

ただ、今もテレビやスマホやゲーム等に夢中になっていると、夫の担当なのに家事をやらない時があります。それについて私が文句を言ったり、注意したりすると不機嫌になり、その後が余計面倒になるため、何も言いませんが、夫の代わりに家事をすることもありません。

数時間そのままにしていると、夫も気づくのか単なる諦めなのかわかりませんが、やってくれるようになります。

ただこの方法は、こちら側の我慢と夫が仕事に取り掛かるまでの時間が必要なため、結構なストレスが溜まります。

50代前半/結婚21年以上/女性

自分がカバーできない部分に関しては放置

夫は「家事を手伝う」と言っておきながら、最近はほとんどやってくれません。やるのはごみ捨てくらいです。

「共働きなのに、あなたが家事をやらないのはおかしい」と話をしましたが、「忙しい」との言い訳ばかりです。忙しいのはお互い様だし、私の体やメンタルの調子が良くない時でも手伝うことすらありません。

いろいろな手を尽くしましたが、夫は一向に改心しません。ですので、期待してはダメだと感じました。

私も忙しいので、自分がカバーできない部分に関しては放置しています。文句があるなら自分でやれ!という感じですね。

50代後半/結婚21年以上/女性

寝たふりをしたり、帰宅時間をずらして対処する

まさしく我が家のダメ夫のことです。結婚当初は、食器洗い、お風呂掃除、朝のごみ捨てなど進んでしていたにもかかわらず、私が育休を取得してから全てのことをしなくなりました。

また、昔は手動ミルで豆を挽いてドリップしてコーヒーを淹れてくれていた夫でしたが、現在は夜中でも「コーヒー」とLINEしてきます。腹が立つので、もちろん既読を付けず寝たフリをしています。

さらに仕事に復帰後、夫の発言にイライラすることが増えました。私の方が帰宅時間が早いのですが、5分遅れて帰宅した夫が「ご飯まだできてないの?」とイヤミったらしく急かしてくるのです。

なので、夫と同じくらいの帰宅時間になりそうな時は、わざとスーパーなどで時間を潰し、後から帰宅するようにしています。そうすると、「疲れてるから急がなくていいよ」と言ってきます。

50代前半/結婚21年以上/女性

【3位】下手に出る・褒める・頼る

下手に出る・褒める・頼る

体調が悪い振りをして家事休みが欲しいと伝える

風邪を引いた振りをして「家事が出来なくてごめんなさいね、体調が戻るまで助けてね」と弱気な感じで持ち上げる風に伝えると、単純な夫は「大丈夫、たまにはゆっくりする方がいいよ」と勇んで家事に取り掛かり始めました。

しめしめと思いましたが、私の体調が戻ると忘れたように家事をしなくなるので、その度に体調が悪い振りをして「週に2回ほど家事休みが欲しいわ」と言ってみました。

すると夫はしばらく沈黙した後に「わかった、俺もやるよ」と言ってくれて、話がつきました。

もちろん週2回の家事をしてくれた日には、心を込めて「ありがとう」と伝えています。

50代前半/結婚21年以上/女性

優しくお願いする

一緒にやろうと諦めずに、頻繁に持ちかけます。彼が食事の後にだらだらテレビを見始める前に、テレビを一旦消します。そして「一緒に洗い物やろう、手伝ってもらえると助かる」とお願いします。

何回もお願いすると、何とかやってくれましたが、洗い物が終わったらまたテレビを見て休み始めるので、それ以外のことは何一つ片付きません。

きつい時は「体調が悪い、調子が悪い」と素直に主人に言ってみます。「手伝ってもらえると体の負担がなくなる、私が楽になる」とお願いしてみます。

そして手伝ってもらえたら、ものすごく喜んで主人に感謝を強くアピールします。

40代後半/結婚3〜5年目/女性

持ち上げてから、家事分担への話をもちかける

共働きでしたが、最初は私が全ての家事を担当していました。ですが、体調を崩してしまい、家事を一人でこなすことの大変さを痛感するようになりました。

そこから夫への褒め作戦を開始!「前にたたんでくれた洗濯物の畳み方、すごく丁寧でありがたかった」、「お皿洗いも本当にキレイでスピーディーで、私よりも家事に向いてる!」などと持ち上げてから、家事分担への話をもちかけました。

夫は上機嫌だったので、割とあっさり受け入れてくれて、洗濯物、食器洗い、ゴミ捨ての役割をしてくれることになりました。

40代前半/結婚6〜10年目/女性

【4位】具体的に指示を出す

具体的に指示を出す

具体的にわかりやすくお願いする

夫の性格によるとは思いますが、「家事を手伝いたいけれど、何をしたら良いのかわからない」といった場合もあると思います。家事は人それぞれやり方やこだわりが出やすい部分だと思うので、邪魔したくなくてやらない男性もいるかもしれませんね。

家事を手伝って欲しい時は「相手が手伝わなかったこと」を責めるのではなく、具体的にわかりやすくお願いしています。

「食器を洗って欲しい」「洗濯物を干すのを手伝って欲しい」等、何をして欲しいのかきちんとわかれば、うちは手伝ってくれます。言わないと何もしませんが(笑)

30代後半/結婚6〜10年目/女性

して欲しいことを具体的にその場でお願いする

共働きですので、夫にも家事を手伝ってほしいと思うことが度々あります。それを心の中で溜めたままにすると、後で不満が爆発して喧嘩になってしまいます。

以前、夫に不満を洩らしたところ、「何をして欲しいのか分からないので、その場で教えてほしい」と思ったよりもシンプルなことを伝えてきました。

私はいつも、遠回しに伝えることや相手に空気を読んでほしいことを考えてしまいますが、夫にとっては直接指示してくれた方が分かりやすく、不満にならないようです。

今では、夫に何かしてほしい時は直接「してほしい内容」を柔らかく伝えて、上手くやりくりしています。

30代前半/結婚1〜2年目/女性

【5位】真剣に抗議する

真剣に抗議する

話し合って解決しないようなら離婚をチラつかせる

うちの夫もまったく家事をしない人でした。なので、まずはちゃんと話し合って、2人とも働いているんだから家事を分担して欲しい旨を説明しました。

ですが、その後3ヶ月くらいなんの変化もなかったので、今度は離婚届を持ってきて話し合いをしました。

「離婚なんて大袈裟な…」みたいな態度を取られましたが、「だって家事をしないで寝転がってるのがいて、2人分の家事をしなきゃいけないなら、1人で生活した方が絶対マシじゃない?」と真顔で言ったら、本気だと伝わったらしく、それからは家事をするようになりました。

30代後半/結婚3〜5年目/女性

「行動で示して!」と怒り、監視下でやらせる

私は土日祝休み、夫は不定期の休みです。コロナの影響もあって、私は在宅勤務なため、夫を監視しながら家事をやらせています。

というのも、夫は普段、朝早く出勤し、子どもが寝たあとに帰ってきます。なので基本、私のワンオペです。なのに「眠い」だの「疲れてる」だの言うので、「私も働いてるし、育児は365日24時間なんだから、あなたよりも働いてます!毎日の家事はともかく、せめて休みの日のご飯を作るくらいできるでしょ!行動で示して!」と怒りました。

以降、休みの日にやらないものなら私の小言を延々と聞くことになるので、夫もご飯を作ったり買い物に行ったりと、渋々動いてはくれるようになりました。

20代前半/結婚3〜5年目/女性

【6位】負担を可視化し、理解を得る

負担を可視化し、理解を得る

日々行っている家事を表にまとめる

それぞれの仕事の繁忙期が重なり、家事が疎かになっていた時期のことです。私はある程度は、散らかっていたり汚れていたりしても気にならないのですが、お茶碗洗いやファンヒーターの灯油を入れるなど、日常で必要な家事に関しては手伝ってほしいと言う思いがありました。

しかし、私の方が30分程度早く帰ってくるので、自然とほとんどの家事を私が担当することになっていました。さすがに疲れていたので、主人に「家事を手伝ってほしい」と言う話をしたところ、「わかった」と了承してくれるのですが、実際に行動に移してはくれませんでした。

彼は私がどんな家事をしているのかわかっていないんだと思い、どの家事をどれぐらいの時間をかけてどれぐらいの頻度でやっているかという事を紙に書いてテーブルの上に乗せて、あえて遅く帰った日がありました。帰宅すると、主人の方から「いつも、いろいろとやってくれてありがとう」という言葉をもらい、救われた気持ちでした。

よほど疲れていると家事をしてくれない日もありますが、基本的には手伝ってくれるようになりました。

30代後半/結婚3〜5年目/女性

共働きなのに夫が家事をしない時の対処法まとめ

この記事では、共働きなのに夫が家事をしない時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

共働きなのに夫が家事をしない時の対処法アンケートでは、1位は『上手に分担する・選択肢を出す』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

共働きなのに夫が家事をしない時の対処法アンケート詳細

【アンケート調査概要】

調査方法 インターネットによるアンケート調査
アンケート内容 共働きなのに夫が家事をしない時の対処法を回答
調査期間 2023年01月20日~02月04日
回答者数 女性100人
年齢 20代~50代

【アンケート調査結果】

順位 回答数 共働きなのに夫が家事をしない時の対処法
1位 25票 上手に分担する・選択肢を出す
2位 24票 相手がせざるを得なくする
3位 18票 下手に出る・褒める・頼る
4位 12票 具体的に指示を出す
5位 11票 真剣に抗議する
6位 5票 負担を可視化し、理解を得る
その他 5票 上記以外の回答

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2023年01月20日~02月04日
回答者数:100人