1歳児におすすめの市販の解熱剤6選&パパママの口コミ21選

1歳児におすすめの市販の解熱剤

「1歳児におすすめの市販の解熱剤はどれだろう?」と気になることもありますよね!

特に実際のパパやママの口コミでも評価されている「1歳児におすすめの市販の解熱剤」を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、パパママ100人に聞いた1歳児におすすめの市販の解熱剤人気ランキング6選を実際の口コミと共にご紹介しています。

1歳児におすすめの市販の解熱剤人気ランキング6選

順位画像商品名詳細
1位 池田模範堂
池田模範堂 ムヒのこども解熱鎮痛顆粒
2位 大正製薬
大正製薬 こどもパブロン坐薬
3位 樋屋奇応丸
樋屋奇応丸 キオフィーバ こども解熱坐薬
4位 大正製薬
大正製薬 パブロンkids かぜシロップ
5位 ストナ
‎佐藤製薬 ストナシロップA小児用
6位 ライオン
ライオン キッズバファリン かぜシロップP

famico編集部が独自に行った『パパママ100人に聞いた1歳児におすすめの市販の解熱剤アンケート』によると、1位は『池田模範堂 ムヒのこども解熱鎮痛顆粒』、2位は『大正製薬 こどもパブロン坐薬』、3位は『樋屋奇応丸 キオフィーバ こども解熱坐薬』という結果になっています。

それでは、実際の口コミと共に1歳児におすすめの市販の解熱剤6選をご紹介していきましょう。

【第1位】池田模範堂 ムヒのこども解熱鎮痛顆粒

池田模範堂


いちご味で飲みやすい

うちの子は顆粒の薬が苦手なのですが、こちらはいちご味なので、水や牛乳に溶かして飲むことができて助かっています。

特に牛乳に溶かすとイチゴミルク味になるので、子どもはとても喜んで飲んでいます。

パッケージにはアンパンマンやメロンパンナちゃんが描いてあり、薬嫌いな子どもも親しみを持ちやすく、抵抗感が薄れるようで助かっています。

病院がやっていない連休などの前に薬箱にストックしておくと、いざという時に安心です。

1児のママ(40代)


甘くて飲みやすい

子供は急に熱を出すので、我が家では常備しています。

甘いいちご味がするので、子供が嫌がることはあまりないのですが、たまに嫌がる時はアイスクリームの中に入れて飲ませたことがあります。

一つ持っていると、休日や外出先での急な発熱など、すぐに病院へ行くことができない時にすごく助かります。

1児のママ(40代)

アンパンマンのパッケージで一歳から飲める!

子供が旅行先で発熱した時に限って予備の薬を忘れていたので、近くのドラッグストアでこちらを見つけて購入しました。

市販薬を飲ませるのは抵抗がありましたが、アンパンマンのパッケージを見ると安心感があり、「子供に飲ませても大丈夫そう」と思ってしまいます。

イチゴ味で、子供が嫌がることなく飲めて助かりました。おそらく旅の疲れからの熱でしたが、次の日には元気になりました!

解熱剤の市販薬は1歳から飲めるものがあまりない印象だったので、小さい子も飲めると言うのが最大のポイントだと思います。

3児のママ(30代)

小児科の先生おすすめの市販薬!

1歳児が熱を出してしまった際は、小児科の受診が基本にはなりますが、災害等で病院を受診できない場合など、どうしても市販薬に頼らなければならないこともあります。

小児科の先生に、そういう場合はどのお薬がおすすめか訊いたところ、こちらを薦められました。この薬は1歳から服用できる上、「ぜんそく」や「重度の疾患」などの既往歴のない健康な子供であれば問題なく使え、比較的、飲みやすい形状・味で、効き目も確かということでした。

うちの子どもも服用経験がありますが、「服薬ゼリー」を使うことなくスムーズに飲んでくれました。

すぐに病院を受診できない時のために備えておくと、安心な子ども用解熱剤だと思います。

1児のママ(40代)

イチゴ味で飲みやすく、成分も安心

1歳から服用できるので、急な発熱時のお守りとして常備しておくといいです。

アンパンマンの絵柄が可愛らしいので、それを見ているだけでも子どもは元気が出ると思いますし、嫌がらずに飲んでくれます。

苦味などはなく、甘いいちご味なので、飲みやすくできているのも安心のポイントです。水にもよく溶けますので、粉薬が苦手な子どもにも与えられるのが良いです。

また、成分は小児に安全なアセトアミノフェンで安心です。

2児のママ(50代)

子供向けのデザインに味付け

子どもが体調を崩している時、薬を飲ませるのに苦労することはたくさんあります。そこでこちらをおすすめします!

まずは子供が大好きな、かわいいアンパンマンのパッケージ!これなら薬への抵抗も薄れ、興味を持ってくれます。

形状は、錠剤が苦手な子供におすすめの顆粒です。甘いイチゴ味で、もちろん薬の苦みは感じません。さらに、発熱時に失われやすいビタミンCが入っているし、胃に負担をかけないための制酸剤も含まれています。

個包装になっているため、すぐに熱が下がってしまった時の保存も楽ですし、兄弟で使いたいという方にもおすすめです。

2児のママ(50代)

甘い香りのイチゴ味で飲ませやすい!

1歳の子供の熱は心配ですよね。特に病院が開いていない時だと、親も不安になってしまいます。

そんな時にはどこのドラッグストアにも売っている、こちらの解熱鎮痛顆粒をおすすめします。

甘い香りのイチゴ味で飲ませやすく、泣いて飲めない子でも服薬できると思います。

うちでは、娘が日曜日に熱を出してしまった時に購入しました。離乳食を始めて間もないので少し抵抗があったようですが、ヨーグルトとともに与えたところ、どうにか服薬できました。

3児のママ(40代)

子供でも安心して服用できる

妊婦さんや小さい子供にも処方され、安心して服用できるアセトアミノフェン系の鎮痛剤です。

「鎮痛」に関しては効き目は穏やかですが、「解熱」にはそこそこ早い効果が見込めます。

いちごの味が付いているので、薬が苦手な子供もあまり嫌がらずに飲んでくれて、そこまで飲ませるのに苦労しないのもいい所です。

また、ドラッグストアなどで簡単に購入することが出来、とりあえずの応急処置的な使い方も出来るので助かります。

1児のママ(30代)

水なしでも飲めて、胃にも優しい

うちの子はちょっとお出かけすると夜に発熱することが度々あったので、常備薬として購入していました。

まず、アンパンマンのデザインで喜びます。シロップのお薬と悩みましたが、こちらもイチゴ味で甘くて飲みやすかったようで、特に嫌がりもせず、飲んでくれました。

薬剤師さんに聞いて買ったのですが、胃への負担をやわらげる作用を持つグリシン配合で、胃にも優しいとのことでした。

水なしでも飲めました。

1児のママ(40代)

どうしても熱を抑えたい時に重宝する

そもそも「発熱」というのは、身体が細菌やウイルスに対抗するために熱を上げているので、何もない時や子どもが耐えられる時は解熱剤を与えない方が良いと言われています。

それでもどうしても辛そうな時や、泣いていて体を休められない時は、止む無く薬を与えています。

この薬は顆粒なので、ゼリーに混ぜて飲ませます。一般に、薬はゼリーに入れてもある程度の味が出てしまう物ですが、これはイチゴ味なので飲ませやすいです。

解熱剤には座薬もありますが、子どもがものすごく嫌がりますし、入れる時に半分に切ったりする手間もあるので、うちではこちらに頼っています。

3児のパパ(30代)

【第2位】大正製薬 こどもパブロン坐薬

大正製薬


即効性がある

1歳児の場合は、座薬をカットして使用します。座薬を入れたらすぐに汗が出てきて、水分を摂らせながら様子を見ていると、子供の呼吸が楽になっていくのが分かります。

最初は座薬を嫌がるそぶりを見せますが、どっちみち熱で子供の身体は思うように動かずぐったりしているので、そんなに抵抗されることなく、すんなり入れられました。

うちの子には、飲み薬よりも座薬の方が合うみたいです。

サッと熱が下がった方が、マイルドに効く薬よりも子供の体力の消耗も防げていいと思います。

2児のママ(50代)


座薬の中でも一番即効性がある

幼い子供が発熱している時は、早めに対処しないとすぐ悪化してしまいますので、効き目が早い座薬がおすすめです。

中でもこちらの座薬が一番、即効性があると思います。

飲み薬が飲めない子供でも坐薬なら大丈夫ですし、ある程度歳をとってから坐薬は変な感じがありますが1歳ならまだそう言う感覚はわからないと思いますので、おすすめしたいと思います。

2児のパパ(30代)

粉薬を飲んでくれない子におすすめ

親子共々コロナに罹ってしまった時に、Amazonで購入して使ったのがこちらの坐薬でした。

当時、我が子は1歳になったばかり。本当は発熱外来に行きたかったのですが、私も高熱でうなされていたので行けなかったんです。しかし40°の熱が出てぐったりしている娘を見て、パブロンの坐薬を使うことを決意。

初めての解熱剤だったので少し怖かったのですが、「1歳から使える」と書いてあるのを信用して坐薬を入れました。すると、20分後くらいには、ぐったりしていた娘が少し元気になったんです!解熱剤が効いてきたおかげだと思い、その間に水分補給や食事などを摂らせました。

本来は小児科や発熱外来で処方されたお薬のほうがいいのかもしれませんが、急な発熱の時などに解熱剤があると安心感が違います。坐薬なので、粉薬を嫌がるお子さんでも大丈夫ですよ。常備薬としておすすめです。

1児のママ(30代)

薬を飲ませる手間が省けてすぐに効く!

うちの子は、高熱が出るととにかく泣いて暴れます。飲み薬を飲ませようとしても、絶対に手でバッと払いのけるか、口に入れてもブーッと吐いてしまうので一苦労です。

そんな我が子が、年末年始で病院が閉まっているのに発熱してしまった際、友人から「座薬がいいよ」と言う話を聞いていたのを思い出し、こちらを試してみました。

入れたまま10秒ほど、暴れる我が子のお尻を押さえるのは大変ですが、座薬なら入れたのが出て無駄になるということもなく、とてもスムーズでした。効果が現れるのも早かったように感じます。

小さな子や妊婦でも使える「アセトアミノフェン」が配合されているとのことで、そこにもなんとなく安心感がありました。

1児のママ(30代)

飲み薬より楽だし効果も早い

うちの子は粉薬を全く飲んでくれません。当初は練ったり溶かしたり色々しましたが、全て戻してしまいます。シロップもだめです。

飲み薬だと飲ませるのが大変だけど、座薬なら入れるだけなので子供も嫌がらずに済み、簡単に使えて良いです。

また、即効性もあるので、高熱の時に子供がすぐに楽そうになりました。

今ではこれ一択です!

2児のママ(20代)

1歳から使用可で楽ちん!

小さい子供に服薬させるのは大変です。タイミングや味、形状などの問題で飲んでもらえなかったり、吐き戻しがあったりするので難しいです。

座薬ならオムツ替えのタイミングや寝ている時に使えて、 吐き戻しの心配もないので、こちらが一番楽で効果的なような気がします。

小児科でもらうお薬がなくても、家にストックとして置いておけるので、災害時の備えにもなるかと思います!

大体、3歳以上から使えるものが多いですが、こちらは1歳から使用可なので、ありがたいです。

2児のママ(40代)

【第3位】樋屋奇応丸 キオフィーバ こども解熱坐薬

樋屋奇応丸


家に一箱あると安心!

急に発熱してもすぐに小児科を受診できないシーンなどで非常に役に立ちます。

例えば、夜中に子どもが熱を出すと寝苦しくてなかなか寝付けないので、本人も親も疲れてしまいます。そのような時にこの座薬を入れてあげると、少し楽になるのか寝てくれます。

1歳は1回に1/2個なので、はさみで斜めにカットして使用します。

10個入りで全部使い切ることはあまりないかもしれませんが、家に一箱あると安心するのでお守り的な感覚で置いています。

2児のママ(30代)


坐薬なのに室温保管OK!

ポイントは坐薬なのに室温保管で良いため、管理が楽で、外出時の持ち運びも楽ということです。

また、シロップや粉だとぐずった時に与えにくいですが、坐薬なら比較的すぐ入れられます。寝ている時に上体を起こさなければ投与できない飲み薬と違って、寝たまま使えるのもメリットです。ぐずる心配も必要ないので、親も子も心身の疲れが違います。

さらに坐薬には、甘くするための甘味料や余計な成分は不要なため、安全性も高いですし、アレルギーや副作用を心配しないで使えます。

そして、腸から薬が吸収されるため、粉やシロップより早く効果が出やすい点もおすすめです。

1児のパパ(30代)

【第4位】大正製薬 パブロンkids かぜシロップ

大正製薬


子どもが嫌がらずに飲んでくれる

パブロンの商品なので、効果があるだろうと思って買いました。

試しに少し舐めてみたところ、イチゴ味で少しだけ苦みはありましたが、子どもにスポイトで飲ませると嫌がらず、むしろニコニコしながら飲んでくれました。

解熱成分はアセトアミノフェンで、眠りを妨げないのもありがたかったです。

子ども向けの薬なので即効性はあまりありませんでしたが、飲んでいるうちに熱の症状が快方に向かっていきました。

私の子にとっては飲みやすい味だったようなので、症状が軽くなるまで飲み続けられたと思います。

1児のママ(20代)

【第5位】‎佐藤製薬 ストナシロップA小児用

ストナ


3ヶ月の赤ちゃんから使える!

3ヶ月の赤ちゃんから6歳までの小児に使える、シロップタイプのお薬です!味はいちご味になっていて、錠剤を嫌がる小児には比較的飲みやすいと思います。

うちでは、何かの飲み物にこっそり入れて与えたりしています。

サトウ製薬が出している薬の為、信頼性も高く、これまで使用して熱が下がらなかった事はありません。

病院などに行けない際にはAmazonなどで手軽に手にすることの出来る、万能解熱剤の一つとしておすすめします!

1児のパパ(20代)

【第6位】ライオン キッズバファリン かぜシロップP

ライオン


冷蔵保存が効いて、もしもの時に備えられる

粉薬の場合、「1歳の1回量は1/3」などと曖昧な表記になっており、とても不安でした。

しかし、シロップタイプですと、キャップのメモリに合わせて飲ませることができるので量が適切に投与でき、とても安心感があります。

こちらはピーチ味で薬独特の苦味を感じにくいので、喜んで飲んでくれます。また、パッケージも可愛いタイプなので子どもに人気です。

薬局やAmazonでも購入でき、冷蔵保存が可能なので、急な発熱に備えて常備することができます。

3児のママ(20代)

1歳児におすすめの市販の解熱剤まとめ

今回は、実際の購入者の口コミを元に1歳児におすすめの市販の解熱剤の人気ランキング6選を紹介してきました。

1歳児におすすめの市販の解熱剤1位は『池田模範堂 ムヒのこども解熱鎮痛顆粒』、2位は『大正製薬 こどもパブロン坐薬』となっておりました。

いずれもネット通販で市販されており気軽に購入することの出来る商品ばかりですので、是非参考にして選んでみてくださいね。

この記事はfamicoが独自に制作しています。記事の内容・口コミは全て実際に商品を使用・購入した事のある方の体験談に基づいています。ランキングの決定は独自のアンケート調査等によるデータを掲載しており、商品の広告主やメーカー等はコンテンツの内容・ランキングの決定に一切関与していません。詳しくはfamicoコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事は2024/04/03時点でfamico編集部により内容の確認・更新を行い、最新の内容であるように努めています。

1歳児におすすめの市販の解熱剤のアンケート詳細

【アンケート調査概要】

調査方法 インターネットによるアンケート調査
アンケート内容 1歳児におすすめの市販の解熱剤を回答
調査期間 2024年03月14日~03月29日
回答者数 パパママ100人
年齢 20代~60代

【アンケート調査結果】

順位 回答数 1歳児におすすめの市販の解熱剤
1位 43票 池田模範堂 ムヒのこども解熱鎮痛顆粒
2位 26票 大正製薬 こどもパブロン坐薬
3位 10票 樋屋奇応丸 キオフィーバ こども解熱坐薬
4位 5票 大正製薬 パブロンkids かぜシロップ
5位 4票 ‎佐藤製薬 ストナシロップA小児用
6位 3票 ライオン キッズバファリン かぜシロップP
その他 9票 上記以外の回答