離乳食中期におすすめのヨーグルト11選&パパママの口コミ30選

離乳食中期におすすめのヨーグルト

「離乳食中期におすすめのヨーグルトはどれだろう?」と気になることもありますよね!

特に実際のパパやママの口コミでも評価されている「離乳食中期におすすめのヨーグルト」を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、パパママ100人に聞いた離乳食中期におすすめのヨーグルト人気ランキング11選を実際の口コミと共にご紹介しています。

離乳食中期におすすめのヨーグルト人気ランキング11選

順位画像商品名詳細
1位 ダノンビオ
ダノンジャパン ベビーダノン いちご
2位 ダノンビオ
ダノンジャパン ベビーダノン すりりんご&にんじん
3位 明治ブルガリアヨーグルトLB81
明治 ブルガリアヨーグルト LB81 プレーン
4位 ベビーダノン
ダノンジャパン ベビーダノン プレーン
5位 小岩井
小岩井乳業 小岩井 生乳100%ヨーグルト
6位 ナチュレ
雪印メグミルク ナチュレ 恵 megumi
7位 プチダノン
ダノンジャパン プチダノン りんご
8位 ポッカサッポロ
ポッカサッポロ ソイビオ 豆乳ヨーグルト プレーン無糖
9位 フジッコ
フジッコ カスピ海ヨーグルト プレーン
10位 プチダノン
ダノンジャパン プチダノン もも
11位 ママパン
森永乳業 ビヒダス プレーンヨーグルト

famico編集部が独自に行った『パパママ100人に聞いた離乳食中期におすすめのヨーグルトアンケート』によると、1位は『ダノンジャパン ベビーダノン いちご』、2位は『ダノンジャパン ベビーダノン すりりんご&にんじん』、3位は『明治 ブルガリアヨーグルト LB81 プレーン』という結果になっています。

それでは、実際の口コミと共に離乳食中期におすすめのヨーグルト11選をご紹介していきましょう。

【第1位】ダノンジャパン ベビーダノン いちご

ダノンビオ


酸味が少なく、なめらかないちごソースが食べやすい

初めてのヨーグルトといえば、ベビーダノンが定番ですよね!6ヶ月から食べ始めることができます。

乳酸菌で作られているため酸味が少なく、同時にカルシウムを摂取することができます。

うちの子は、このいちご味を一番気に入っています。フルーツソースの層がなめらかないちご味なので、少しの酸味が苦手な子でも食べられると思います。

また、小分けのパッケージなので一度に食べきることができ、早めに食べなければ…と気にしなくて済むので便利です。

1児のママ(20代)


サイズが適度に小さく、食べさせやすい!

ベビーダノンは生後6ヶ月から食べさせられる商品で、うちの子には離乳食にも慣れてきた生後8ヶ月頃から食べさせていました。

普通のヨーグルトよりも酸っぱさがなく、まろやかな舌触りがあるのが特徴です。

こちらはヨーグルトの上に甘いいちごソースがかかっていて、優しい甘さと食べやすさから、子どもの食い付きもとても良かったです。

またサイズがほどよく小さいのも、まだ多くの量を食べきれない子どもには良かったです。

3児のママ(30代)

プレーンヨーグルトより食べてくれる

コスパは悪いけど、赤ちゃん用だから安心してあげられます。

小さな食べきりサイズなので、大容量を買った物の子供の口に合わず、持て余した結果、廃棄…というようなことも防げます。なので、初めてのヨーグルトにもちょうどいいと思います。

うちの息子はいちご味が大好きで、ペロリと完食していました。他のプレーンヨーグルトよりも食べてくれるので、よく食べさせています。

うんちが緩くなる事もないし、身体にも良いし、どこでも売っているので買いに行きやすいです。

野菜が入っているのもあるので、簡単に栄養が摂れていいなと思いました。

1児のママ(20代)

小分けになっていて、準備するのが楽!

子供が離乳食を嫌がって食べてくれない時は、このヨーグルトにバナナを混ぜてあげていました。味をとても気に入っていて、ご飯を食べなくてもこちらは食べてくれていたので、とても助けられました。

また、小分けになっているので、準備も片付けも楽でした。

色んな種類があるので、飽きもしなかったです。プレーン味もあるので、糖分が気になる方にもおすすめです。

親も疲れた時に食べていました。大人からすると量は少ないですが、カロリーを摂りすぎなくて済むので、逆に丁度いいと思います!

1児のママ(20代)

味、量ともにちょうどいい

おやつや、食後のデザートとしてちょうど良い量でした。

子供も好きな味のようで夢中で食べていましたので、親子とも満足しています。

味のラインナップが豊富で、離乳食で補えない栄養素をそれぞれ含んでいますので、子供の好きな味や不足している栄養素に応じて選べるのも良いところだと思います。

ただ、食べたり食べなかったりで賞味期限を過ぎてしまうこともあったので、なるべく期限切れ間近の商品は避けた方が良いと思います。

1児のパパ(40代)

見た目も可愛く、種類も豊富!

定番商品だとは思いますが、我が子は偏食なので、とにかく気に入って食べてくれているのが助かります。

味の種類が豊富なので、色々変えながら与えると飽きにくいと思います。

パッケージが可愛く、4個入りを個別に分けた後でも可愛いイラストが残るので見た目も良く、目の前で開けてあげると食べてくれやすかったです。

公式サイトによると、6ヶ月からはベビーダノン、1才からはプチダノンという区別があるようですが、違いは正直ほとんど分かりません。ベビーダノンの方が少し薄味で、甘さも控えめかなという程度なので、対象年齢に達した後は好きな物を与えて良いのではないかと思います。

1児のパパ(40代)

【第2位】ダノンジャパン ベビーダノン すりりんご&にんじん

ダノンビオ


酸味が緩和され、初めてでも食べやすい

ヨーグルトは酸味があるので、初めて口にする赤ちゃんはその味にビックリしがちです。我が子も、初めてのヨーグルトにはビックリして、顔をしかめていました。

こちらは、りんごとにんじんのピューレが入っていることで、酸味がやや緩和されるようです。りんごやにんじんなどの部分を多めにすると、我が子のしかめっ面も少し改善されました。

また、にんじんなどの野菜が入っているため、栄養面を心配する親としては大変嬉しいです。

スーパーで売っているので、手に入りやすい点もありがたいです。

2児のママ(30代)


甘すぎなくてちょうど良い

様々な味があり、どれも甘すぎないので、ベビーダノンシリーズはどれもオススメです。

大人用ダノンの半分くらいの量で、ソース部分とヨーグルト部分が別になっています。最初はソース部分だけあげて、あとからヨーグルト部分のみあげたり、混ぜてあげたりすると、味変ができます。

ヨーグルト自体もやや酸味があり、味が濃すぎず薄すぎず、ちょうど良いです。

大人が食べても美味しく感じますし、野菜も摂れるのでオススメです。

3児のママ(30代)

離乳食期の赤ちゃん用なので安心!

プレーンはもちろん、すりおろしにんじん、いちごなどいろんな味があります。

味によって異なりますが、ペーストやピューレが入っていて、栄養バランスも考えてあります。

着色料や人工甘味料が入っていないのも、安心できるポイントです。

少し小さめ&細めの容器で、子どもの小さい手でも持ちやすいので、スプーンを使って自分で食べる練習にもピッタリ!量もちょうどよいくらいでとても利用しやすく、我が子にもたくさん食べさせていました。

2児のママ(30代)

よく食べてくれて、便秘も解消する

朝食に必ずあげており、おやつの時もあげていました。うちの子はりんご&にんじんのヨーグルトが好きで、よく食べてくれました。

少しずつ固形が食べられるようになってきた時は、バナナを潰して混ぜて食べさせたり、蒸しパンを小さくカットして上にかけたりしていました。

1歳の誕生日にもパンケーキに塗り、小さくカットしたフルーツを乗せてケーキにしたら、喜んで食べてくれました。

また、ベビーダノンを食べるようになってから、便秘気味だったのが解消されました。初めはお腹緩くなりやすいので、様子をみながらあげた方が良いです。

1児のママ(30代)

小分けになっているので食べさせやすい

野菜ソースや果物ソースと二層になっていて、ヨーグルト以外の栄養分も摂れて良かったなと思います。

ソースの部分は子どもも美味しそうに食べていました。

離乳食中期には他のヨーグルトも試してよかったはずですが、ベビーダノンの方が子ども向けで良いかなと思い、使っていました。

小分けになっていたので食べさせやすかったのですが、少量だったので、離乳食中期以降は少し足りないなと思いました。

値段は他のヨーグルトよりも少しお高めですが、子ども用なので仕方ないかなと思いました。

1児のママ(30代)

子どもがパクパク食べて、身体にもお財布にも優しい

りんごのヨーグルトはよくありますが、こちらは体にも嬉しいにんじん入りのものです。

少しだけ味見してみましたが、にんじんの味は強くなく、ヨーグルトの酸味も少し残っており、甘すぎなくて美味しいです。我が子はこれのおかげで、にんじんが好きになりました。

子どもも喜びますし、一つ一つが小さく食べすぎなくて済み、外出先に持って行くのにも便利です。

安売りしている時はもっと安く手に入るので、お菓子を食べさせるより体にもお財布にも優しいと思います。

2児のママ(20代)

【第3位】明治 ブルガリアヨーグルト LB81 プレーン

明治ブルガリアヨーグルトLB81


無添加で味もないので、どんな料理にも使いやすい

無添加で雑味がないので、様々な料理への応用がききます。

デザートではフルーツの角切りを混ぜて、そのまま子どもに食べてもらうことができます。

また、卵と砂糖、ヨーグルトを混ぜた卵液に食パンを浸して焼き、タンパク質豊富なフレンチトーストをよく作りました。

ヨーグルトを使うことのメリットは、牛乳よりもフワフワした食感のフレンチトーストになるところです。この時、野菜ジュースも一緒に入れることで、さらに栄養たっぷりになります。

2児のママ(30代)


ヨーグルト本来の味わいを感じられる

離乳食中期でヨーグルトデビューをする赤ちゃんが多いかと思います。最初は、無添加・無糖のプレーンヨーグルトから始めますね。

明治ブルガリアヨーグルトは定番ですが、信頼できるブランドです。原材料は生乳と乳製品のみで、ヨーグルト本来の甘みを味わえます。

酸味は少ないと思うのですが、酸っぱくてそのままでは無理そうだったら、フルーツと混ぜてあげたら良いと思います。我が子はこちらにバナナを混ぜて食べるのが大好きでした。

無糖なので、料理にも混ぜて使えます。

1児のママ(40代)

シンプルで甘くなく使いやすい

離乳食中期はまだ味付けをする時期ではないので、シンプルな無糖のヨーグルトは重宝します。

プレーンなのでフルーツを入れたり、他の離乳食の調理に使ったりと、アレンジも簡単に楽しめます。

温めたりなど手間を加える必要もなく、皿に出すだけで一瞬で食べさせられるのも、忙しい子育て中におすすめです。

小分けになっていないのがデメリットかもしれませんが、大人も一緒に食べることができ、冷蔵庫で保存すれば何日も食べられるので、コスパが良いかと思います。

2児のママ(30代)

余計なものが何も入っていない

我が家では離乳食で最初にヨーグルトを食べさせた時からずっと、このヨーグルトです。

製品の成分が生乳だけなので、余分なものが入っていなくて安心だなと思い、こちらを選んでいます。

砂糖も入っていないので、酸っぱいというか素材の味そのものですが、本人もそれがたまたま好きだったのか慣れたのか、今でも気に入って食べています。

ベビーダノンなどもありますが、あまり早いうちから甘いものに慣れてほしくなかったので、これにしておいて良かったです。

1児のママ(30代)

サイズや種類が豊富で、どこのスーパーでも買える

うちの子達は全員ブルガリアヨーグルトが好きで、最初はプレーンをあげていました。いろいろ味変してあげることが出来、飽きることが少なかったです。

また、どこでも売っているので、出先や買い忘れた時でも直ぐに購入でき、とても重宝しました。

いろいろな種類があるので他の物も買うようになったのですが、特に白桃味が人気で必ず冷蔵庫にストックしていました。

サイズも豊富にあるので、子供が食べられる量に合わせてあげられるのも良かったです。

3児のパパ(30代)

【第4位】ダノンジャパン ベビーダノン プレーン

ベビーダノン


アレンジする際にたくさん使える

我が子はたまに食事を嫌がることがありましたが、ベビーダノンはとても喜んで食べていました。

これにきなこをかけたりフルーツを入れたりして、朝ごはんの代わりにしたりしていました。

野菜をすりつぶしたものを入れたり、魚にかけたりと、アレンジする際にたくさん使えるので、とても使い勝手が良いです。

他にもさまざまな味の種類があるため、ローテーションして子供を飽きさせないようにも出来ます。

2児のママ(30代)


量がちょうど良く、割と固めなのでこぼしにくい

うちには子どもが5人いますが、全員離乳食期から1歳まで食べており、長い期間お世話になりました。

朝の離乳食に簡単に食べさせられて、味も何種類かあるので飽きないです。

トロトロしていなくて割と固めなので、こぼしにくくて自分でも食べやすいと思います。

1歳の誕生日に、生クリームの代わりにこちらのプレーンを使ってケーキを作りました。水切りしなくても垂れなくて、デコレーションしやすかったです。

5児のママ(30代)

固さと量がちょうど良い!

1カップ45gという少量のため、離乳食で与えるにはちょうど良い量です。

また、緩すぎず固すぎず、食べる練習をしている赤ちゃんの口に入れやすい柔らかさです。

この商品を小さなスポンジにクリームのように塗って、果物を飾って1歳の誕生日用のケーキを作りました。適度な水分量のため、水切りせずに塗ることができて時短になり、楽ができました。子どもも美味しそうに食べてくれました。

我が家では一緒に果物を食べるため、主にプレーンを購入していますが、他にも色々な味の商品が販売されています。いちご味やりんご&にんじん味も子どもは美味しそうに食べていました。

2児のママ(30代)

一回量にちょうど良く、意外に賞味期限が長い

普通のプレーンヨーグルトより少しだけ固くてすくいやすく、水っぽく無いところが良いです。

味も酸味が少なくて、味のしないクリームチーズに近い感じがします。この他にもいろいろな味があり、種類豊富なのもありがたいです。

また、意外にも賞味期限が3週間近くあり、日持ちするのが嬉しいです。

食後のデザートにもおやつにもなって腸内環境を整えてくれるし、タンパク質源としてもとても大事な食材の一つなので、毎日食べさせてあげたい逸品です。

1児のママ(30代)

【第5位】小岩井乳業 小岩井 生乳100%ヨーグルト

小岩井


酸っぱさがなく食べやすい

子供が離乳食中期の時には、このヨーグルトをいつも食べさせていました。

どのヨーグルトがいいのかネットで情報収集をすると、こちらの口コミがよく、おすすめという声が多かったのが決め手でした。

毎朝ヨーグルトを出していましたが、こちらは無糖でも酸っぱくないので、砂糖などを入れなくても甘味があり、そのままで子供もパクパク食べていました。

他のヨーグルトよりも少し高いと感じますが、大人でも食べやすく美味しいのでおすすめです。

1児のママ(30代)


酸味が少なく、クリームみたいになめらかなので食べやすい

酸味の強いヨーグルトは、ベーっと出してしまっていた我が子。購入しやすいブルガリアヨーグルトを何度か試してみましたが、ことごとく失敗していました。

こちらはヨーグルトというより、ホイップしたクリームみたいなもったりとした食感で、酸味がほぼ感じられません。

甘味を足すためバナナと混ぜてあげると、よく食べていました。

酸味の強いヨーグルトの時は、バナナを潰して混ぜてやっと食べられるくらいでしたが、このヨーグルトは切ったバナナにかけて軽く潰すくらいで、パクパク食べてくれました。

3児のママ(40代)

無添加で美味しく、食べやすい

我が家では、「子どもに食べさせるのはこのヨーグルト」と決めていました。

乳児期は味覚が敏感で、特に酸味を感じやすいです。なので、すっぱいヨーグルトだと、拒否反応が出てしまうことが多いです。でもこちらは酸味が少なくスッキリしていて、砂糖も何も入っていないのにほんのり甘くてとても食べやすいです。

そして添加物も入っておらず、生乳だけで作られている点も、初めてのヨーグルトにおすすめです。

欠点は、他のヨーグルトに比べて値段が高いことです。また大きなサイズなので、早めに食べきらなければいけないのもネックですね…。

2児のママ(30代)

【第6位】雪印メグミルク ナチュレ 恵 megumi

ナチュレ


オリゴ糖と二つの乳酸菌入りで、腸内環境をよくする

離乳食には、フルーツなどが入っていないプレーンヨーグルトがいいと聞きました。

こちらはオリゴ糖が含まれており、腸内環境をよくする効果があり、乳酸菌も二種類含まれています。大腸菌などに感染しにくくする乳酸菌が含まれていて、まだ免疫力の弱い赤ちゃんにおすすめです。

離乳食ではそんなにたくさん食べられないと思うので、大きめを買って家族みんなで食べるようにしたら、コスパもよくていいのではないでしょうか。

1児のママ(40代)

【第7位】ダノンジャパン プチダノン りんご

プチダノン


美味しくて垂れにくく、食べやすい

我が子のヨーグルトデビューがこれでした。まず、他のヨーグルトよりも小さいパックで、小さい子供の手でも持ちやすくて良かったです。

また、普通のヨーグルトほどサラサラしていないので、モタつく子供の食べ方でもこぼれることなく上手に食べられていました。

味も色んなものが選べ、子供も喜んで食べますので、よくダノンを使ってケーキもどきも作って食べさせていました。

お腹を下すこともなく、乳製品を取り入れるのにとても手頃でいいと思います。

2児のママ(30代)

【第8位】ポッカサッポロ ソイビオ 豆乳ヨーグルト プレーン無糖

ポッカサッポロ


植物由来で酸味も少なく、安心して与えられる!

我が子に乳製品アレルギーの疑いがあったことと、乳幼児期はなるべく植物性のものを多く食べて欲しいという願いもあり、我が家の定番はコレでした!

一般的なヨーグルトに慣れている私は、最初のうち違和感がありましたが、食べ慣れた今では美味しく食べられるようになっています。

牛乳からできたヨーグルトよりも酸味が少なく、果物やオリゴ糖など混ぜなくても、我が子は喜んでパクパク食べていました。

一歳の誕生日にスマッシュケーキを作った時も、クリーム部分はこのヨーグルトを水切りしたものを使いましたよ!

1児のママ(30代)

【第9位】フジッコ カスピ海ヨーグルト プレーン

フジッコ


もちもちして子供でも食べやすい

もうすぐ1歳になる息子がいます。普段の離乳食(おかゆや白身魚、ほうれん草など)は、気分次第で嫌がることもあり、慣れていない父親としては参ってしまうこともあります。

しかし、このカスピ海ヨーグルトは、どんな時でもむしゃむしゃ食べてくれます。じっくりと味わっており、スプーンや容器をきれいに舐め回しています笑。

もちもちして子供でも食べやすく、砂糖や果物などもないので、ヨーグルト本来の味を楽しんでいると思います。

1児のパパ(30代)

【第10位】ダノンジャパン プチダノン もも

プチダノン


食い付きが良く、身体も丈夫になる

うちの子どもはアレルギーがあり、離乳食の開始時期がやや遅れていましたし、好き嫌いが多く、偏ったものしか食べませんでした。その為なのか、しょっちゅう風邪を引いており、お腹も弱かったです。

そこで、何か良い子供用のヨーグルトはないか探していた時、こちらに出合いました。

好き嫌いが多いので、初めは食べるか不安でしたが、我が子も気に入ったようで、一つを全部食べました。それからはご飯の後やおやつにも食べるようになり、とても良かったです。

また、以前に比べて身体も丈夫になったように思います。

3児のパパ(40代)

【第11位】森永乳業 ビヒダス プレーンヨーグルト

ママパン


無糖なので、虫歯や肥満を気にせず与えやすい

無糖のプレーンヨーグルトですが酸味はあまりないので、子供でも喜んでパクパク食べます。

一緒にバナナやりんご、いちごなどフルーツも混ぜると、栄養たっぷりな食事になります。

砂糖不使用なので、多少、多めに食べたとしても肥満や虫歯になりにくく、安心して食べさせることができます。

ドラッグストアやスーパーなど、どこにでも売っているので、手に入りやすい点もおすすめポイントです。

2児のママ(30代)

離乳食中期におすすめのヨーグルトまとめ

今回は、実際の購入者の口コミを元に離乳食中期におすすめのヨーグルトの人気ランキング11選を紹介してきました。

離乳食中期におすすめのヨーグルト1位は『ダノンジャパン ベビーダノン いちご』、2位は『ダノンジャパン ベビーダノン すりりんご&にんじん』となっておりました。

いずれもネット通販で市販されており気軽に購入することの出来る商品ばかりですので、是非参考にして選んでみてくださいね。

この記事はfamicoが独自に制作しています。記事の内容・口コミは全て実際に商品を使用・購入した事のある方の体験談に基づいています。ランキングの決定は独自のアンケート調査等によるデータを掲載しており、商品の広告主やメーカー等はコンテンツの内容・ランキングの決定に一切関与していません。詳しくはfamicoコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事は2024/04/03時点でfamico編集部により内容の確認・更新を行い、最新の内容であるように努めています。

離乳食中期におすすめのヨーグルトのアンケート詳細

【アンケート調査概要】

調査方法 インターネットによるアンケート調査
アンケート内容 離乳食中期におすすめのヨーグルトを回答
調査期間 2024年03月14日~03月29日
回答者数 パパママ100人
年齢 20代~60代

【アンケート調査結果】

順位 回答数 離乳食中期におすすめのヨーグルト
1位 21票 ダノンジャパン ベビーダノン いちご
2位 20票 ダノンジャパン ベビーダノン すりりんご&にんじん
3位 16票 明治 ブルガリアヨーグルト LB81 プレーン
4位 12票 ダノンジャパン ベビーダノン プレーン
5位 9票 小岩井乳業 小岩井 生乳100%ヨーグルト
6位 2票 雪印メグミルク ナチュレ 恵 megumi
7位 2票 ダノンジャパン プチダノン りんご
8位 2票 ポッカサッポロ ソイビオ 豆乳ヨーグルト プレーン無糖
9位 2票 フジッコ カスピ海ヨーグルト プレーン
10位 2票 ダノンジャパン プチダノン もも
11位 2票 森永乳業 ビヒダス プレーンヨーグルト
その他 10票 上記以外の回答