倦怠期で彼氏にイライラする…女性100人が実践した対処法19選

彼氏 に イライラ する 倦怠期

「倦怠期で彼氏にイライラする…」と悩んでしまう事もありますよね。

対処法としては「気持ちを伝える・話し合う」や「一人になる・距離を取る」が挙げられますが、同じ経験を持つ女性が実際に対処した方法や体験談を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、女性100人に聞いた倦怠期で彼氏にイライラする時の対処法ランキングに加えて、リアルな体験談と共に対処法19選をご紹介しています。

倦怠期で彼氏にイライラする時の対処法ランキング

順位 割合 倦怠期で彼氏にイライラする時の対処法
1位 30% 気持ちを伝える・話し合う
2位 20% 一人になる・距離を取る
3位 19% 何かに集中する・気分転換を図る
4位 10% 欠点に目を瞑り、良い所を見る
5位 9% 他の人に会う
6位 4% 一緒に楽しめることを見つける
その他 8% 上記以外の回答

famico編集部が行った『女性100人に聞いた倦怠期で彼氏にイライラする時の対処法アンケート』によると、1位は『気持ちを伝える・話し合う』、2位は『一人になる・距離を取る』、3位は『何かに集中する・気分転換を図る』という結果に。

割合で見てみると、1位の『気持ちを伝える・話し合う』が約30%、2位の『一人になる・距離を取る』が約20%、3位の『何かに集中する・気分転換を図る』が約19%となっており、1~3位で約69%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に倦怠期で彼氏にイライラする時の対処法19選をご紹介していきましょう。

【1位】気持ちを伝える・話し合う

気持ちを伝える・話し合う

冷静に考えた後、話し合う

最初の頃、彼は優しくとっても素敵な人で魅力的だったのですが、2年くらい一緒にいると少しずつ嫌な面も見えてきました。私の趣味に対し「お金がもったいない」とか「そんな趣味、恥ずかしい」と批判をすることが多くなったんです。

数ヶ月は黙って我慢をしていたのですが、少しずつ不満も溜まり、会うことが億劫になりました。しかし、相手はこちらの気持ちを知らず、会うお誘いをしてくるので、少しずつ嘘の予定を伝えるようになりました。

それでも状況が好転しなかったので、自分がどうして会うことをしないか伝え、お互い少し距離を置いて、冷静に考える時間を取りました。

その後、話し合い、お互いの趣味に対しては一切口出しをしないと約束しました。それ以降は嫌な気持ちになったことがあれば我慢せず、その都度話し合おうと決めました。

30代前半/専業主婦/女性

冷静になったタイミングで、嫌だったことを伝える

9歳年上で7年ほどお付き合いした彼は、話が上手でどちらかというと短気な性格。私は頑固で口下手なので、言いたい時に言えなくて悶々としてしまう性格でした。

彼の仕事がハードで精神的に余裕がなかった時、私自身も余裕がないタイミングでした。そんな時に出した料理に対して、彼が「クソみたいな飯」と言ったので、激しいショックを受けました。そこでしばらく1人になったのですが、涙が込み上げてきて1人で泣いて発散していました。

それから冷静になったタイミングで、嫌だったこと、傷ついたことを彼に伝えました。彼から謝罪の言葉ももらい、その場は収まりました。

その場で言い合いをすると、余計な一言を言って相手を傷つけてしまうと思ったので、時間を置くことが大事だと学びました。

20代後半/専業主婦/女性

はっきりとダメ出しをする

彼氏と同棲をしています。お互い料理も掃除もします。スキンシップもします。

しかし2年近くになると、彼氏はご飯を食べた皿をそのまま水にもつけずにテーブルに置きっぱなしだったり、「自炊って同じような料理ばかりで飽きた。外食しよう」と言うことが多くなりました。しかも、何か食べたいものがあるのかと思いきや「何食べたい?何か考えて?」ばっかりです。ほとんど自分の意見を言わず、私にばかり決めさせます。

私が一生懸命ネットで探して、どこに行くか探している時に、彼氏はSNSを見ています。「飽きた」という発言とこの行動にイライラして、「飽きた?ごめんね?同じようなのばかりで。あと、あんた何も探しとらんやん。何なん?食べたいんじゃないん?私、別に食べんくてもいいんやけど?」と言うと、反省してくれました。

それからは日々、感謝の気持ちを忘れないことと、2人で考えてできるだけ決めてから行くように意識しています。当たり前ではないことですから。

20代前半/大学生/女性

思いを全部ぶちまける

付き合って5年になる彼氏がいます。今は安定しましたが、2年ほど前に同棲を始め、毎日が同じルーティンになったことでマンネリ化した時期がありました。ドライブしても特に話が盛り上がるわけではなく、次第に倦怠期になってしまいました。車の中だから逃げ場もありませんし、余計にしんどさを感じるようになり、そのうちドライブ自体が苦痛になってしまいました。

あまりにもつまらない時間が続き、一緒にいることが嫌になりそうだったので、次のドライブの時に私から「ぜんぜん話が続かなくて苦痛なんだけど…」と切り出しました。すると、意外な事実が判明しました。私はドライブの時は息抜きがてら些細な話を楽しみたいタイプですが、彼は一緒にいるだけで落ち着くから、家と同様に無言でも良いタイプだったんです。

全く考え方が違うことにビックリしつつ、知らなかったことがわかって気持ちが楽になりました。ついでに私の思いを全部ぶちまけたところ、彼も考え方を改めてくれて、私に合わせてくれるようになりました。笑

彼のおかげで、今でも変わらずドライブを楽しむ2人になることが出来ました。あの日、我慢しないで本人にぶつけて良かったです!

20代前半/医療・福祉系/女性

まずは話し合いの時間を設ける

付き合う前の彼はたくさんLINEを返してくれて、連絡がまめでした。夜寝る前に電話をしてくれたり、私が寂しくならないようにしてくれていたのに、付き合ったあとはすぐに寝てしまったり、夜友達とゲームをしていて、私に割いてくれる時間がどんどん少なくなっていました。

そこで「きちんと話したい」と伝えて時間を取ってもらい、「私とも、もっとコミュニケーションを取ってほしい」と伝えたところ、向こうにも不満があることがわかり、お互いに妥協するところを見つけてよりよい関係に発展させることができました。

きちんと話し合いをすることが大事とわかったため、定期的にその時間を設けることにしました。

20代前半/大学生/女性

分かって当たり前と思わず、話をきちんとする

付き合い初めは、お互いに思っていることを素直な気持ちで伝えられていたのに、同棲が始まり徐々に慣れてきたことで、お互いにだんだん言葉が足らなくなっていきました。

言わなくても伝わると思いがちになって、「相手はこんな性格だから、やってくれるだろう」と考えるようになり、それが叶わなかった時に「何故、分かってくれないのか」とイライラしてしまう事がほとんどだと気が付きました。

なので、今自分が何を思っているのか、どんなことをして欲しいのかをきちんと伝え、やってくれた事に対してありがとうの気持ちをちゃんと相手に伝えることを心がけています。

30代前半/流通・小売系/女性

【2位】一人になる・距離を取る

一人になる・距離を取る

良い意味であまり関わらないようにする

付き合い始めた時には気にならなかったことも、同棲してからどんどん目に付くようになり、起きるのが遅いとか車の運転が下手くそだとか、ただ文句を言いたいだけみたいになった時がありました。

相手も同じタイミングで私への不満をぶつけてくるようになり、一時期、最悪な状況になりました。

仕方なく、私が一度家を出て距離を置くことに。同棲していた家で猫を飼っていたので、週末だけ彼の家に戻るという生活を一年くらいした時には、関係が修復できました。

一緒にいすぎると良くないという事に気づいたので、今はそれぞれの時間を大切にして、良い意味であまり関わらないようにすることでうまくいっています!

40代前半/流通・小売系/女性

3週間ほど会わない期間を作る!

長く付き合っているとお互いわがままも出てきて、余計な一言を言いがち。

ちょっとした事でもイライラする時期には、思い切って3週間ほど会わない期間を作ります。仕事で忙しいなどと言って、連絡も控えめに。程々に時間が空くと、お互い冷静になって、ひと山越えたように穏やかな関係に戻れることが多いです。

そしてその後に、イライラ期のことを少しだけ振り返って、「この間はごめんね」と言います。そうすると彼もすんなり謝ってきて、どちらが悪いでもなく、そして重すぎずに解決できます。

3週間という短くも長くもない絶妙な時間を置くことで、即時に解決しようとするよりも、すんなりとまたいい関係に戻れます。

30代前半/公務員・教育系/女性

距離を置く

出会った時からお互い1人の時間は大切にしたい派でした。そのことを確認して付き合ったのですが、一緒にいることが楽しくて、私は1人の時間も要らないくらい彼と一緒に居たいと思うようになりました。

しかし彼は1人の時間がほしいのか、一緒にいても素っ気ない言動が増えました。最初はなぜ素っ気ないのか分からなかったので「私のこと、嫌いになったの?」と迫り、喧嘩したこともありました。

彼は私のことを大切にしてくれないんだと思い、別れることも視野に距離を置いてみることにしました。週5~6日会っていたのを2~3日にしてみると、彼から「会いたい」と話してくれるようになり、距離を置く大切さに気付きました。

結婚してからはずっと一緒にいますが、土日はお互いしたいことをする時間を作っているからか、喧嘩もなく不満もありません。恋人でも1人の時間は大切だと改めて気付きました。

20代後半/流通・小売系/女性

距離を詰め過ぎない

長い間一緒にいれば、どうしても相手の嫌な部分が見えてきます。長くいればいるほど、目につくことも多くなってくると思います。

私はそういう風な気持ちになるたびに、冷静に「寄りかからない」ということを実行して、気持ちをコントロールしてきました。どういうことかというと、彼氏と距離を詰め過ぎないということです。

なんとなくいつもより体の距離を少しだけ離してみたり、会う頻度を1日だけ減らしてみたりすると、彼氏の行動について考えてしまう時間が減っています。そうすると案外気にならなくなったり、怒りの気持ちが落ち着くので、冷静にどうするかを考えることができます。

それから例えば彼氏に伝えてみたり、黙認したり、それぞれのベストな行動をとってみてください。まずは冷静になる環境を作ることが大事だと思います。

20代前半/公務員・教育系/女性

【3位】何かに集中する・気分転換を図る

何かに集中する・気分転換を図る

趣味や好きなことに没頭して一旦忘れる

イライラしている時に相手の顔を見たり声を聞いたりすると、更にイライラが増してくるので、全く関わらないのが一番です。

話すと喧嘩になってしまうので、連絡したり会ったりせず、趣味や好きなことに没頭して一旦忘れるようにします。

時間が経つと段々どうでもよくなってくるので、その瞬間が来るまで待ちます。

また、知り合いが「そういう時はね、“まあ仕方ないか。何でもいいか。気にしない気にしない”…と諦めると楽だよ」と言っていたので、最近は一旦深呼吸して「どうでもいい、どうでもいい」と呟いて練習しています。我慢しすぎずそう思えるようになれたらいいなと思っています。

30代前半/サービス系/女性

イライラが収まるまでひたすら家の掃除

同棲するようになって彼の嫌な部分が沢山見つかり、次第にちょっとの事でイライラしてしまうようになりました。靴下や服の脱ぎっぱなしや食べた後(食器やお菓子のかすなど)がそのまま放置だったり、他にも開けっ放し、つけっぱなし、出しっぱなし…言い出したらキリがないです。

初めの頃はやんわり相手に伝えていたんですが、毎回言われる事に彼も嫌になってきたのか、だんだん機嫌が悪くなるようになって私もイライラが増し、喧嘩が増えました。

できれば平和に過ごしたいので、私もいちいち言うのをやめ、ムカつくことがあったら心の中で暴言を吐きながら、イライラが収まるまでひたすら家の掃除をしまくっていました。

イライラがおさまる頃には部屋も綺麗になっているし、毎回続けていたら彼も気にかけてくれるようになって、今は(稀にですけど)自分から進んで綺麗にしてくれたり、私の嫌がることをしないように気をつけてくれています。

20代後半/サービス系/女性

自分の趣味や仕事に一度目を向ける

倦怠期で特に理由があるわけでも無いけれど、生活も変わり映えがなくなって、なんとなくイライラしたりした時は、相手を無碍にしすぎない程度に自分の趣味や仕事に熱中したり、今まで後回しにしていた予定を入れてみるのが一番良かったです。

なぜなら、自然と恋人のことを考えるだけの時間が減り、無駄な深読みや詮索をすることが減るからです。

そして、やはり相手ばかりでは無い自分の満足度も上がるからです。

他のことに目が向くと、新たな話題や出来事が生まれて、それを恋人に共有したくなってくることもあると思います。

20代後半/医療・福祉系/女性

小一時間ほどドライブに行く

付き合い始めた頃の彼はめちゃくちゃマメで、家事も気づいたら進んでやってくれたり、買い物の時は荷物を持ってくれたりしていました。

ですが、交際1年を過ぎ同棲し始めてから、いろいろとズボラなところが見えたり、ワガママ自己中な姿を見せられてイライラする事が増えました。特に休みの日は私が洗濯や掃除、朝食の用意をしていても、お昼過ぎまで爆睡することがしばしば。

それについて何度か言い合いになりましたが、彼は理屈屋で口が上手いので、最後にはいつも私が折れていました。

とはいえ、やはりイライラは募るので、彼にぶつけたくない時は小一時間ほどドライブに行く事にしました。好きな音楽を大音量で流して、人目も憚らず大声で歌ってから帰るとスッキリします。

40代前半/メーカー系/女性

【4位】欠点に目を瞑り、良い所を見る

欠点に目を瞑り、良い所を見る

いいところを見る

共働きなので最初は家事なども分担していましたが、いつのまにか彼は「家事は女性がするもの」と決めてかかり、手を抜くようになりました。

なので、なるべく手伝うように頼むようにしています。言わなくてもしてくれるのが一番いいのですが、彼がちゃんとしてくれたら、私も気分がよくなります。

あとは彼が愛犬を可愛がっている姿を見て癒されています。優しいところは結婚当初から変わっていないように思いますので、いいところを見るようにしています。

それから、なるべく同じものを見て、食べて、聞いて、感動を一緒にしたいと思っています。そうすれば自ずと会話も増え、いい関係が続くのではないかと。何事も努力が必要なのかもしれませんね。

50代前半/公務員・教育系/女性

考えるだけムダ!と思うようにする

自分軸でしか物事を見られない彼氏です。付き合いたては気がつかなかったけど、3年目にもなると自分軸過ぎる行動にびっくりしてしまうことが増えました。

わかりやすいのが、デートのルート。私と彼は駅が違う場所に住んでいるのですが、私が利用する駅から乗る電車の路線の方がデートの目的場所には近いし早いけど、彼はいつも自分の駅から検索するようで、毎回彼の近くの駅が待ち合わせ場所になります。

たまに深夜に映画を観るのですが、私の隣の駅でも映画館があるのに、彼の住む駅の映画館で観ています。映画が終わると、彼はすぐ帰れるけど、私は自分の駅に着いてもバスもないので歩いて帰ることになります。

こんな相手じゃ、これからの付き合いを考えないとな…とは思うのですが、40代にもなると別れる面倒くささもあり、なかなか別れに踏み切れない状態です。ま、彼氏は全く気がついていないようなので、考えるだけムダと割り切ることにしています。

40代前半/金融・保険系/女性

【5位】他の人に会う

他の人に会う

合コンに行く!

女性はホルモンバランスが一定ではないから、彼が悪くなくてもイライラしちゃう時がやっぱりあります。

そんな時は美味しいものを食べたり、合コンになんか行っちゃったりして…でもそこで、やっぱり彼以上の人はいないなと思えるようになります!彼にバレないように気を付けなければいけませんが、この方法、結構使えます!

また、ホルモンバランスを保つために産婦人科で漢方をもらってからは、大分良くなってきていますよ!こればっかりは自分では対処出来ないので、人に頼ったり漢方に頼ったりしていますよ。

30代後半/専業主婦/女性

飲み会に参加する

倦怠期に彼氏にイライラしてくると、些細なことでも腹が立って喧嘩が増えたり、最悪別れにもつながるので、私は気晴らしに友達に頼んで合コンなどの飲み会をセッティングしてもらい、新しい出会いで新鮮さを感じるようにしています。

浮気願望や新しい出会いから乗り換え…という気持ちはありません。他の男性の恋愛観も聞けるので勉強にもなるし、お酒の席なので純粋に楽しめてストレスの発散にもなります。

そして彼氏との思い出を振り返ったりして、良さを再確認出来たりするので、やっぱり彼氏がいいなと思えるようになります。

40代前半/サービス系/女性

【6位】一緒に楽しめることを見つける

一緒に楽しめることを見つける

甘いものを一緒に食べて話をする!

一緒に住んで1年と少し経ちました。最初は毎日楽しかったのですが、一緒にいてもスマホを見たり、ご飯を食べている時もテレビを見たりして、会話をすることが減りました。休みの日もお出かけするパターンがマンネリ化して、一緒にいても楽しくないな、これが倦怠期か…と思うことが増えました。

モヤモヤした気持ちが溜まっていって、最終的には泣いて彼氏に当たり散らしてしまいました。

その後に彼氏が私の好きなケーキを買ってきてくれて、仲直りすることが出来ました。

それ以来、倦怠期かなと感じたらスイーツを買ってきたり、作ったりして、一緒に食べてその間はたくさん会話をするようにしています。

20代前半/大学生/女性

倦怠期で彼氏にイライラする時の対処法まとめ

この記事では、倦怠期で彼氏にイライラする時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

倦怠期で彼氏にイライラする時の対処法アンケートでは、1位は『気持ちを伝える・話し合う』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

倦怠期で彼氏にイライラする時の対処法アンケート詳細

【アンケート調査概要】

調査方法 インターネットによるアンケート調査
アンケート内容 倦怠期で彼氏にイライラする時の対処法を回答
調査期間 2022年10月22日~11月06日
回答者数 女性100人
年齢 20代~50代

【アンケート調査結果】

順位 回答数 倦怠期で彼氏にイライラする時の対処法
1位 30票 気持ちを伝える・話し合う
2位 20票 一人になる・距離を取る
3位 19票 何かに集中する・気分転換を図る
4位 10票 欠点に目を瞑り、良い所を見る
5位 9票 他の人に会う
6位 4票 一緒に楽しめることを見つける
その他 8票 上記以外の回答

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年10月22日~11月06日
回答者数:100人