彼氏と電話をしても話すことがない…女性100人が実践した対処法22選

彼氏 電話 話す こと ない

「彼氏と電話をしても話すことがない…」と悩んでしまう事もありますよね。

対処法としては「ながら電話をする」や「事前にネタを蓄えておく」が挙げられますが、同じ経験を持つ女性が実際に対処した方法や体験談を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、女性100人に聞いた彼氏と電話をしても話すことがない時の対処法ランキングに加えて、リアルな体験談と共に対処法22選をご紹介しています。

好きなところから読めます

彼氏と電話をしても話すことがない時の対処法ランキング

順位 割合 彼氏と電話をしても話すことがない時の対処法
1位 34% ながら電話をする
2位 18% 事前にネタを蓄えておく
3位 17% 無理に話さない・途中で切る
4位 12% 質問する・テーマを決める
5位 8% 素直な気持ちを吐露する
6位 3% 相手の興味関心のある話題を振る
その他 8% 上記以外の回答

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏と電話をしても話すことがない時の対処法アンケート』によると、1位は『ながら電話をする』、2位は『事前にネタを蓄えておく』、3位は『無理に話さない・途中で切る』という結果に。

割合で見てみると、1位の『ながら電話をする』が約34%、2位の『事前にネタを蓄えておく』が約18%、3位の『無理に話さない・途中で切る』が約17%となっており、1~3位で約69%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に彼氏と電話をしても話すことがない時の対処法22選をご紹介していきましょう。

【1位】ながら電話をする

ながら電話をする

テレビ電話を繋いでお互い無言でもいいようにする!

遠距離恋愛中はよく電話をしていましたが、頻繁に電話しすぎると何を話していいのか分からなくなる時もよくありました。

そんな時は、LINEのテレビ電話を繋いで、お互い溜まっている仕事ややりたいことをやる時間に充てることも。その時間は無理やり話しかけたりしなくても大丈夫、というルールも作り、お風呂などになったら「今から行ってくる」と言って、電話を切ったりしていました。

離れていても擬似的に同じ空間にいられるような気がして、私たちには合っていたやり方だと思います。

もちろん、そういう風にずっと繋がっているのが嫌な人もいると思うので、自分達に合うと思ったら試してみて欲しいです。

30代前半/メーカー系/女性

電話を繋げたままの状態で、互いの時間を過ごす

遠距離の彼氏とは、毎日飽きもせずに時間が合えば電話をかけていました。電話代が高くなるので、無料のものを使用していました。

そのうち、今日あったことを話すと、特に話すことがなくなってきました。しかし、通話はつなげていました。電話を繋げたままの状態で、互いの時間を過ごしていました。そのまま寝落ちすることもしばしばありました。そして朝になって、相手が寝ていたら通話を切って仕事に出かけたりしていました。

遠距離恋愛だからこそ、互いの時間を共有したかったんだと思います。だから話すことがなくなっても、大丈夫でした。

30代後半/専業主婦/女性

話すことがなければ、あえて話さない

付き合ったばかりの頃は、毎日夜寝る前に電話をしたり、暇ならすぐに電話をかけて話すといったことをしていました。日常であったこと、仕事での出来事、学校の出来事、部活のこと、趣味のことなど、小さなことでも楽しんで話していました。

しかしいつの間にか、電話はかけたいけど話すことがなくなりました。最初は気を遣わせないように「今日の晩ごはんなに?」と聞いていましたが、その会話にも徐々に飽きていきました。

そこで「話すことがなければ、あえて話さない」という思考に至りました。あえて話さなくても安心できたり、気まずいと思わなければ、同じ時間を共有できて落ち着けるからです。

20代前半/大学生/女性

基本的に「ながら電話」

話題を無理に出すことはしないです。電話はずっと繋げてはいるけど、テレビを見ながらとかご飯を食べながらとか、基本的に「ながら電話」しています。「ながら」だと自然に話題が出てきます。

ご飯中だったら、「なに食べとるん?」とか、その会話から好きな食べ物とか、「今度何食べに行こう」とかに話題がつながったりします。

話がないとつまらないと言う人とは今後を考えられないので、彼氏としてはさよならの対象です。

沈黙でもしんどくない、電話でつながっていると安心できる、そんな人が彼氏であれば、話すことがない電話でもかなり楽しめると思います。

20代後半/専業主婦/女性

会話がない時間も楽しむ!

毎日のように電話していると、話題もなくなり無音の時間が多くなった時がありました。そんな時は、その無音を楽しみつつ、『今何しているの?』と聞きます。

大体はゲームをしていたり、ぼーっとしていたりするのですが、きっと一緒に住んでいても同じような感じになるだろうと言い聞かせて、放置しておきます。

するとその無音の中にも生活音が聞こえてきて、彼のそばにいる感覚になります。自分も本を読んだり携帯をいじりながらその音を聞いていると、不思議と落ち着いてきたりします。

逆に無音の時間が長く苦痛に感じる相手は、長続きしない相手だなと思うようにしています。

30代前半/マスコミ系/女性

ゲームしながら通話

彼は仕事帰り、歩きながら電話をかけてきます。まずは今日あった仕事の話、今日食べたご飯の話、デートが近々あれば、「次会ったらどこ行く?」とかで大体時間が潰れます。

そして話がなくなった頃、お家に着きます。そしたらあとは、お互いゲームに移行ですね。電話と言うよりオンラインゲームに繋ぎ直し、ゲームしながら通話します。

ゲームしながらだと会話がなくなってもストーリーが進みますから、自然と会話がうまれます。

まぁ、話の内容はゲームのことだらけになりますけどね。それでも、一緒に楽しめるからいいのかな。

30代後半/医療・福祉系/女性

無言であってもその同じ空間を共にする

知り合った当初は、話題を考えてから会うようにして、質問をするような形で無言を避けていましたが、だんだんと一緒にいる時間が増えるにつれ、慣れもあるのか無理に会話をしようとしなくなりました。

無言であってもその同じ空間を共にすることで、お互い不快な思いをすることはなく、時間と共に慣れていくのだと考えます。

あとは、無言になると、いつの間にか寝ていることが多くなってきました。頑張って話そうとするとストレスになるので、無理をしなくなったのだと思います。

だからといって冷めたわけでもなく、今までと同じ距離で接することができているのであれば、良い兆候だと思います。

20代後半/医療・福祉系/女性

一緒に映画やドラマを観る

予め観たい映画やドラマをピックアップしておき、一緒に観ます。タイミング合わせて「せーの」で再生ボタンを押して鑑賞スタート。

映画館とかだと上映中に感想を言いあったりは出来ないけど、通話なら好きに言い合えるし、サスペンスやミステリー系なら途中で一時停止してお互いの考察を言い合うのも楽しいです。

ホラー系ならどっちが先に悲鳴上げるかで賭けしたりとか(笑)

お互いの映画の好みとかもこれで何となく分かってくるので、「じゃあ、次のデートはこれ観に行こうか?」とか、次の予定も立てやすいですよ。

40代前半/サービス系/女性

【2位】事前にネタを蓄えておく

事前にネタを蓄えておく

パソコンで情報を得ながら会話する

出会った当初からあまり話さない彼と私ですが、やはりコミュニケーションは大事だと思うので、2週間に一度は電話するようにしています。それでも会話に困ってしまうのはコミュニケーション能力の問題でしょうか(笑)

元々、さらっとした性格で仲は悪くないのですが、会話は本当に少ないです。

遠距離恋愛ということもあり、電話する際は家でパソコンの前が多いです。ふとした瞬間の会話もパソコンで調べながら広げていくようにしたり、「あれ見た?」「あれ美味しい」をお互いに共有しやすいようにしています。

遠距離恋愛ならではの楽しみ方かなと思えて、私は満足です。

30代前半/医療・福祉系/女性

面白い話題を探す

付き合い初めてすぐの頃から、暇があれば毎日のように電話していたのですが、彼はいつも仕事の愚痴を言っているか、電話を置いて別のことをしていました。

話題が無いんだろうなと思い、電話しながらゲームをしたり漫画を読んだりしていました。

そんな日が続いていた時、「何か話すことないの?」と彼から言われてしまいました。話題が無いのは彼だけではなく私もだったと反省しました。

そこで、彼と電話で楽しく話すために、まずは話題を探すことにしました。彼がよく読んでいる漫画を私も試しに読んだり、TwitterなどのSNSで彼の好きそうなニュースを探したりして「今日こんなニュースがあったよ!」など電話で話すようになりました。すると、彼も興味深そうに返事をくれるようになり、それからはお互いに日々のニュースについて話すようになれました。

20代前半/流通・小売系/女性

トークテーマ提供アプリを活用する!

元々遠距離恋愛をしていたため、コミュニケーションのメインは通話でした。毎日仕事から帰ってきてから晩御飯の時間まで、その後、寝る前の少しは通話をする時間として定着していたものの、毎日のこととなると、話題がある日もあれば、ない日も出てきました。

無言で各々好きなことをしているのも悪くはありませんが、せっかくならお喋りしたいな…でも話題がないな…と思っていた時、Instagramで紹介されていた「ToPick」というアプリを活用してみました。

こちらのアプリは、話題提供型コミュニケーションツールということで、トークテーマになるようなネタをたくさん紹介してくれるアプリだったので、こちらに掲載されているトークテーマを参考にコミュニケーションを取っていました。

20代後半/医療・福祉系/女性

焦らずに話題を作る

通話をしている途中で会話が終わってしまったり、話す内容をあまり考え付かなくなってしまうことがありました。

最初の頃は焦ってしまっていました。話が続かないなんて気まずいと考えていたためです。

そんなある日、「たちつてとなかにはいれ」という言葉があると知りました。「た」は食べ物の話、「ち」は地域、「つ」は通勤や通学、「て」は天気、「と」とは富のことで経済の話、「な」は名前、「か」は体のことで健康の話、「に」はニュース、「は」は流行り、「い」は異性の話、「れ」はレジャーのことです。

それを意識して話をするようになってからというもの、あまり気まずくはなくなりました。

20代後半/専業主婦/女性

【3位】無理に話さない・途中で切る

無理に話さない・途中で切る

外的要因で電話を切る!

私はもともとあまり電話が好きでは無いタイプだったのですが、過去付き合った男性の中に、電話したがる人が2人いました。

1人目は高校の時に付き合った人で、束縛が激しい男性でした。学校帰りは家まで送ってくれたりしてありがたかったのですが、お互い帰宅してからも電話で話す事がありました。電話で自分の時間が減るのが嫌だったので、最長でも10分と自分の中で決めて、「親が呼んでる」とか言ってのらりくらり逃げました。

2人目は社会人になってからだったので、「洗濯が終わるから」とか「上司から呼ばれてる」とか理由をつけて電話を切る努力をしました。

話す事がないのに電話したがる気持ちがよくわからないのですが、「付き合ってる以上はちゃんと電話に出るけど、早く切る」という事を意識すれば、イライラもしないし、ある程度は相手を尊重出来ると思います。

30代後半/金融・保険系/女性

電話ができない理由をつけて切る

話すことがないと、ただただ沈黙が続くだけで気まずいので切ります。または電話しないようにします。

もし「電話しよう」と言われて会話が続かないなら、電話ができない理由をつけて挨拶だけして切ります。例えば「今からお皿洗わないとだから切るね」「シャワー浴びるから切るね」「もう寝るね」など何か理由をつけます。

切る前には「おやすみ」や「また明日ね」「声聞けて良かった」「お疲れ様」など軽い挨拶を交えて、あまり冷たい印象にならないようにして電話を終わらせます。

愛想悪くならないように、さりげなくそれとなくするのがポイントです。

30代前半/専業主婦/女性

時間とお金の節約をアピールする

好きな人から「別にこれといった用事はないんだけど、君の声がちょっと聴きたかっただけ」とか言われると、きゅんとしませんか?ただ単に「お前と話す内容見つからんわ」と言われるより、この方がよほどいいです。

そして、本当に相手のことを思うなら、「時間とらせてごめん。特に話すことがないから、お金も節約したいし、もう切るね。また連絡する」でもいいと思います。それも、相手に無駄な時間とお金を使わせない、よい方法です。

お金に堅実な、性格のまじめなお相手なら、きっとあなたの真意を汲んでくれることでしょう。節約男子、節約女子(婚活にはとても大事なポイントです!)をアピールできるかもしれません。

40代前半/自営業/女性

電話の頻度を落とし、重要度を上げる

付き合って5年も過ぎると話すこともなくなり、電話する時間も無言の時間があったりしてめんどくさいと思うようになり、このままではダメだと悩んでいたことがありました。

そこで電話の頻度を週に1度ほどにし、話す内容も次のデートや旅行の話など、お互いに意見を出し合う雰囲気に持っていき、LINEの文章でも「来週電話する時に伝えるね」など大事なことは週一の電話で伝えることにしました。

これによりダラダラと長電話することもなく、彼の反応も、今までは私からかけることばかりでしたが、向こうから掛けてくることも増え、電話の重要度が上がりました。

今は子供もできて、重要なことは家で話すようになりましたが、言葉でしっかり伝えようという習慣は変わりません。

20代後半/自営業/女性

【4位】質問する・テーマを決める

質問する・テーマを決める

「いま何してる?」となんでもないことを問いかけてみる

無言の時間すらも心地よい相手であれば、お気に入りのハーブティーやコーヒーを手元に置いて、ゆったりとした気持ちでその無言の時の流れや空気を楽しみます。それも全く嫌でなくて、なんとなく隣にいるように感じたりする不思議な感覚で過ごします。

でも「どうしよう!会話が続かない!!」とちょっと焦るようなパターンもありますよね。多分、無言の時間に違和感のある相手と付き合っている時だと思います。

そんな時は、「いま何してる?」となんでもないことを問いかけてみたりとか、今日何したかなと思い出しながら一言ずつこちらからしぼりだしていました。

しかしこれがまた続かないので焦るの繰り返し。自分が質問しても、短い言葉でしか返ってこなかったりして、本当に続かないんですよね。自分に興味を持ってくれている相手だったら、もう少しあれこれ聞いてくれるのかなと思いますが、相手がシャイだったりするとそうなってしまうこともあるのでしょうね。

あまりにも困った時には、「また電話するね」と伝えて、その日は切ります。

40代前半/専業主婦/女性

とりあえず質問して会話の糸口を探る

毎日電話で会話をしていると、会話の話題がない時が出てくるようになりました。

その時は、とりあえず質問をたくさんすることにしています。例えば、「今日どうだった?」「今日ご飯何食べた?」とか、とても些細なことで構わないので、質問します。その質問に相手が答えて、その答えからふと会話が続くことがよくあります。

「今日ご飯何食べた?」という質問に「マック食べたよ」という答えが返ってきたら、自分の好きなマックのメニューや、新しいメニューのことを話したりして、そこから会話が広がり、また相手の新しい一面も知ることができます。

30代前半/流通・小売系/女性

宝くじがあたったら何がしたいか聞いてみる

口数が多くなく、あまり興味のあることも少ない彼氏です。予定も多くないので、その日の出来事などを聞いてもあまり会話は続きません。デートで行きたいところがあるか聞いても出てきません。

そんな彼氏に、「宝くじが当たったら何がしたいか」を聞いてみました。現実主義な彼なので、制限を取っ払って「もしできるなら」という前提で話してもらうと、たくさん会話が弾みました。

また、普段から彼なりにやりたいことはあったようなのですが、今までは「できるか否か」ということに引っ掛かってしまって言い出せなかったようです。その中から実現できそうなことを2人で計画を立てて行くと、ワクワクしてたくさんお話できました。

今回のことで、彼の秘めていた思いや考えを知ることが出来て、会話の幅が広がりました。

20代後半/IT・通信系/女性

【5位】素直な気持ちを吐露する

素直な気持ちを吐露する

最初から電話が苦手だと伝えておく!

私は最初から電話が苦手だと相手に伝えておくようにしています。そうして「10分で切るね笑」みたいにおどけながら言うようにしています。

そうすると実際に喋ってみて10分経過したら、「もう10分経ったの?時間過ぎるの早い!」みたいな感じで相手も不快に感じないと思いますし、10分以上喋る事で相手にも『苦手なのにすごく頑張ってくれたんだな』と思って貰えると思います。

社会人であれば電話をする時間帯も夜になりがちかと思いますので、「〇〇君の声聞いてると眠くなっちゃう」みたいな感じで甘えるのも1つの方法かと!

「眠いけどまだしゃべりたい、でも眠い!笑」みたいな感じで伝えると、相手も不快感無く電話を終えられるでしょう。いずれにせよ、演技力が必要ですね笑

20代後半/不動産・建設系/女性

話すことないね、と冗談まじりに言って少し場を和ませる

私は話がないなと思った時は、冗談まじりに「話すことがないね」と笑いながら言います。緊張を和ませるということと、素直な気持ちを伝えることで相手もリラックスできると思うからです。

適当な話をしてぎくしゃくしているより、素直に伝え、そこからまた新しい話題や冗談に持っていくことがいいと思います。

冗談まじりであることが大切で、真面目な感じで言うとうまくいかないパターンも考えられるので、そこはきちんと笑いながら、軽めの雰囲気で言えるといいです。

そうするときっと相手も素直な気持ちで色々話をしてくれるのではないでしょうか。

20代後半/公務員・教育系/女性

【6位】相手の興味関心のある話題を振る

相手の興味関心のある話題を振る

好きな事の話をふる

相手が電話を掛けて来て「元気?何してた?」等、たわいもない日常の話をしていると、そのうちネタが尽きてきます。

そうなったら彼の好きな山登りの話をふります。すると「紅葉の季節はこの山に登りたい」と話し出し、とまらなくなります。

お互い、仕事が忙しく疲れ果てた時は、自然の話をして想像しながら癒され、落ち着けるような話をするように心掛けています。

最近はもうすぐ雪が降る北海道の話をして、「雪山もいいね」と話していたら、話の尽きない空間ができます。お互いがほのぼのして癒され、ゆったり会話できるのでおすすめです。

40代後半/公務員・教育系/女性

彼氏と電話をしても話すことがない時の対処法まとめ

この記事では、彼氏と電話をしても話すことがない時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

彼氏と電話をしても話すことがない時の対処法アンケートでは、1位は『ながら電話をする』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

彼氏と電話をしても話すことがない時の対処法アンケート詳細

【アンケート調査概要】

調査方法 インターネットによるアンケート調査
アンケート内容 彼氏と電話をしても話すことがない時の対処法を回答
調査期間 2022年10月25日~11月09日
回答者数 女性100人
年齢 20代~50代

【アンケート調査結果】

順位 回答数 彼氏と電話をしても話すことがない時の対処法
1位 34票 ながら電話をする
2位 18票 事前にネタを蓄えておく
3位 17票 無理に話さない・途中で切る
4位 12票 質問する・テーマを決める
5位 8票 素直な気持ちを吐露する
6位 3票 相手の興味関心のある話題を振る
その他 8票 上記以外の回答

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年10月25日~11月09日
回答者数:100人