彼氏が病んでてめんどくさい…女性100人が実践した対処法14選

彼氏 病 んで る めんどくさい

「彼氏が病んでてめんどくさい…」と悩んでしまう事もありますよね。

対処法としては「そっとする・距離を置く」や「ひとまず傾聴・優しく寄り添う」が挙げられますが、同じ経験を持つ女性が実際に対処した方法や体験談を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、女性100人に聞いた彼氏が病んでてめんどくさい時の対処法ランキングに加えて、リアルな体験談と共に対処法14選をご紹介しています。

彼氏が病んでてめんどくさい時の対処法ランキング

順位 割合 彼氏が病んでてめんどくさい時の対処法
1位 33% そっとする・距離を置く
2位 21% ひとまず傾聴・優しく寄り添う
3位 14% 別れを切り出す
4位 13% 冷静に話し合う・意見する
5位 6% 医療機関を勧める
6位 5% 美味しい物を食べさせる
その他 8% 上記以外の回答

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏が病んでてめんどくさい時の対処法アンケート』によると、1位は『そっとする・距離を置く』、2位は『ひとまず傾聴・優しく寄り添う』、3位は『別れを切り出す』という結果に。

割合で見てみると、1位の『そっとする・距離を置く』が約33%、2位の『ひとまず傾聴・優しく寄り添う』が約21%、3位の『別れを切り出す』が約14%となっており、1~3位で約68%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に彼氏が病んでてめんどくさい時の対処法14選をご紹介していきましょう。

【1位】そっとする・距離を置く

そっとする・距離を置く

経過観察だけしつつ、そっと距離を置く

病んでいる人にあれこれ言っても、言い訳ばかりでなにも変わらないか、グチャグチャ言うだけでなにも進展しないので、こちらも嫌な気分になり、だんだん彼氏がめんどくさくなります。

こちらがいくら努力してサポートしても、本人にやる気がないなら全て無駄になるか、甘えてさらに病んでいくだけです。

一番大切なのは、本人の「改善しようとする意思」です。真剣に直す気があるなら本人が変わるでしょうし、本人だけでどうにもできないなら、専門医に丸投げするのが確実です。

こちらまで病んでしまっては困るので、経過観察だけしながら程よく放置して、距離を置いておくのが一番です。

30代前半/専業主婦/女性

何日か連絡をせずにそっとしておく

付き合って約1年が経ち、彼が転職してから様子がおかしくなりました。仕事でストレスを抱えていたのか、ネガティブな発言が増え、ため息ばかりついていたのです。

一緒にいる時の彼がいまいちに感じてきてしまった私は、何かあったのか聞いてみました。しかし「おまえに話しても分からないと思うよ」と言われ、言うことが思いつきませんでした。

それから何日か連絡をせずにそっとしておくことにしました。すると彼から連絡があり、「ごめん、仕事で上司と色々あって八つ当たりした」と謝られました。

そっとしておいている間に問題は解決したとのことだったので、安心しました。時間を作ることは大切だと感じました。

20代前半/流通・小売系/女性

回復するまでそっとしておこう

声をかけても「はぁ」「なんでもないよ」と匂わせるだけ匂わせて何も話さない彼。男性は自分のことについてあまり話さないとは聞きますが、一緒にいるとどうしても気になってしまいます。

こちらまでモヤモヤしてしまいそうだったので、「ゆっくりしてて」とだけ伝え、家を出ました。もちろんこちらからは連絡はしません。彼が回復するまでそっとしておこうという気持ちが強かったからです。

「どうしているのかな、大丈夫かな?」と心配しながら1週間が経過。すると彼から「ありがとう、元気になったよ」とLINEが来ました。

しつこく聞いたり、ずっとそばにいるよりも効果的かもしれません。

20代後半/専業主婦/女性

余計な干渉をせずに自分の時間を謳歌する

誰でも機嫌が悪くなったり、落ち込んだり、こちらがアプローチしてもどうにもならない時ってあると思うんです。

キュレーションサイトやSNSでは「元気づけることをする」なんて対処法をよく見かけますが、病んでいてめんどくさい状況を一番理解しているのは本人だし、踏ん切りをつけるのも本人しかいないんです。

私は余計な干渉をせずにエステへ行き、映画に行ってショッピングして、自分の時間を謳歌しました。

すると気づけばまた、いつも通りのパートナーに戻っていました!

20代後半/IT・通信系/女性

互いの時間を過ごし、アプローチがあったらいつも通りに対応する

干渉していくとどんどんお互いに勝手な想像や妄想が広がるため、相手の気持ちが落ち着くまで、こっちは勝手に自分の時間を楽しむ、というスタンスでいるのがいいと思います。

「もともと男と女では考え方も求めるものも違う」ということを踏まえておくと、少し気持ちが楽に感じるのではと思います。

そのかわり、相手から連絡があった時は、責めたり、不満をぶつけたり、怒ったりしてはいけません。特に「私も寂しかったんだから」とか自分の感情をぶつけるのはアウトです。

相手の感情に流されず、笑顔でいつも通りに対応するようにしましょう。

30代前半/医療・福祉系/女性

【2位】ひとまず傾聴・優しく寄り添う

ひとまず傾聴・優しく寄り添う

時間を決めて話を聞く

恋人がメンヘラの気がありました。一定期間を過ぎると病むようになって、多分時期的なものも関係していたと思います。話をしていると愚痴を聞かされたり、途中でとてもマイナスな話題を繰り返されてしまいました。

最初の頃は話を聞いて親身になっていたつもりでしたし、アドバイスをすることもありました。しかし、相手は受け入れてはくれません。多分、アドバイスをしてほしいのではなく、私に構って欲しくて気を引くことをしているように見えました。それに毎回向き合っていると、私の方もメンタルが崩れてきます。やがて面倒臭さを表に出し、喧嘩になってしまうこともありました。

そのため、相手がメンタルを病んでいる時にはアドバイスせずに話を聞くことにしました。とは言っても時間は有限なので、「1時間だけ話を聞くが、時間を過ぎたら強制的に通話を切る」「アドバイスをしない」「自分が辛くなってきたら、通話やデートは断る」というルールを徹底しました。そうすることによって、相手にも学んでもらう必要があると思ったためです。

20代後半/専業主婦/女性

共感し、ポジティブな解釈ができるようにゆるく誘導する

私の彼は精神的に不安定なため、たまたま起こった嫌な出来事や不運をそのまま受け止めてしまう性格です。そのため、命に係わるネガティブな言葉を発することも時々あります。

そういう時は、今起こったことに対して「それは辛いよね」と共感し、彼の味方になってあげるようにします。

また捉え方がゆがんでいるなと感じた時は、「その人はあなたのことを悪く思っているわけではなく、その場の状況で仕方なくそう発言しただけではないかな?」など、ポジティブな解釈ができるようにゆるく誘導します。そうすると彼の気持ちが落ち着きます。

それでも落ち着かない時、一人にしてほしそうな時はあまり追いかけず、連絡頻度も落としています。

30代前半/医療・福祉系/女性

回復するまであたたかく見守ってあげる

とりあえず、相手は病んでいるので、傷つける言葉を投げたり、物に当たって相手を怯えさせてはならないと思います。その上で、一人で安心して寛げるように、別の場所に移動するなり、そっとしておいてあげたほうがよいと思われます。

長期間病んでいて、何も食べられない、睡眠を取れないなどの深刻な症状があるようなら、心療内科の受診を勧めたり、ついて行ってあげたら良いと思います。

また、そこまでひどい症状でないなら、回復するまであたたかく見守ってあげたら良いのではないかと思います。

もしくは、そこまで愛情がないなら別れたら良いのではないかと思います。

40代前半/医療・福祉系/女性

【3位】別れを切り出す

別れを切り出す

「自由になりたいので別れたい」と伝える

大学の時に付き合っていた彼氏は、自分勝手な人でした。自分は異性の友達とも夜遅くまで遊ぶのに、彼女である私が友達と出かけるとなると怒り出すのです。挙句の果てには、友達と会っている間中、電話やLINEを10回以上してくるなど、異常に束縛をしてきました。

そんなことが続くうちに私の不満が限界に達してしまい、「自由になりたいので別れたい」と伝えました。すると彼氏は別れたくないと言いながら泣き始めました。

別れに関する話し合いは1週間続き、その間、彼氏は何度も逆ギレしたり泣いたりを繰り返しました。すごく病んでいる状態だったと思います。

ここまで束縛が激しく、寂しがり屋で理不尽で病んでいるとなると、もはや関係をポジティブなものにすることは難しいため、距離を置いたり別れたりすることが必要だと学びました。

20代後半/法律系/女性

気持ちが戻らないなら別れる

当初は穏やかな受け答えだった彼なのに、「〇〇(私)の物言いが悪い」と急に切れることが多くなりました。一方的に非難されたので腹が立ちましたが、しばらく丁寧な言い方を意識していました。

でも彼はただ単に、自分の気分が悪いのを私のせいにしていただけでした。どう考えてもおかしいと思うし、ここまで甘えられるのは嫌だったので、言い方は優しくしましたが心は離れていきました。

しばらくすると彼が落ち着いてきたので、その時に今までの私の気持ちを云うと反省はしてくれました。ですが、その時にはもう私の気持ちは戻りませんでしたのでお別れしました。

どうやら仕事がうまくいかず、ストレスを溜めていたようです。でもそれを恋人にぶつけるのはやっぱりナシだと思うので、別れたことを後悔はしていません。彼とは今も連絡をとっていますが、転職して元気そうです(笑)

50代前半/専業主婦/女性

【4位】冷静に話し合う・意見する

冷静に話し合う・意見する

考えを整理した後、自分なりの意見を伝える

彼は何をするにも私の後を付いて回り、終いには「仕事も同じ職場にする」と言い出しました。私は元々、誰かとべったり付き合うのが苦手で、お互いに息をつく時間も場所もないままだったため、とうとう我慢の限界に達しました。

ある時、「一人になりたい」と伝えると、彼は不服そうにして一緒にいるのが嫌な空気になりました。

そのまま少し時間をあけ、考えを整理した後で、「ただ一緒にいるだけが良いことではないと思う」と私なりの意見を伝えると、やっと少し理解してくれた様子。

そして私が「お互いに嫌な事は話し合い、妥協や解決策を探して、これからも仲良く過ごして行きたい」と伝えると、彼も「実は…」と胸の内を伝えてくれて円満に解決できました。このことから、相談は大切と感じました。

40代後半/医療・福祉系/女性

「今は忙しい!また後で必ず!」で切り抜ける

当時、私は付き合っていた人と別れるか悩んでいる最中でした。そんな時に半ば強引に「俺と付き合え!」と略奪にかかってきたのが彼でした。

かなり強引だけどストレートな愛情表現に押される形で恋人とは別れ、その人と付き合う事になりましたが、とにかく束縛が激しく、連絡の早さまで指示してきました。

初めのうちは「愛されているが故」と自分を納得させていましたが、仕事中でも食事中でも車の運転中でもお構いなしにメールのやり取りや通話を要求するので、「今は無理だけど必ず後でかけ直すから」などその場を収めて、深夜からのメールまたは長電話に持って行っていました。

40代前半/不動産・建設系/女性

【5位】医療機関を勧める

医療機関を勧める

心療内科を勧める

彼とLINEをしていくうちに「仕事がつら過ぎて、生きてる意味がわからない」という深刻な内容のメッセージが目立つようになりました。そのうち、会っている時もボーッとしていたり、ふとした時にうたたねが目立つようになりました。更に彼の同僚さんが「〇〇さん、最近仕事中元気ないの。あれだけ上司に叱られてればそうなるよね」と明かしてくれて、これは一大事だと思いました。

そして彼に直接会って「君は最近、異常に疲れてるよね。いつもすごくつらそうじゃん。結論から言うと、心療内科に行った方がいいと思うよ」とアドバイスしました。ところが案の定、「いや、俺はそこまでじゃないって」という回答が返ってきました。これは以前、私が激しく落ち込み、友人から心療内科を勧められた時と全く同じ反応だったのです。

いくら優しく促しても、彼は「いや、俺は別にそんな所行く必要ないって」と言うだけなので、「私も十年以上心療内科に通ってるけど、おかげで精神的に安定してるよ」と明かしました。これで彼が受診に対して前向きになってくれればと思ったのですが、「え、君すごく心が弱いんだね。そんな人だとは思わなかった…」と幻滅したような表情で言われました。私はその瞬間、全てがどうでもよくなり、これ以上彼の面倒を見たくないと思って、その場で別れを告げました。心療内科に対して色んな見方があるのは当然だと思いますが、面と向かって「心が弱い」と言えるところに彼の本性を見た気がして、愛想が尽きたのです。

私の伝え方も悪かったかもしれませんが、心療内科に通ったことで明らかに良くなっているのは間違いないので、今後も悩んでいる人がいれば、心療内科という選択肢を教えていきたいと思います。

30代後半/サービス系/女性

【6位】美味しい物を食べさせる

美味しい物を食べさせる

美味しいご飯を食べに行こうと誘う

私の彼氏は、日々の仕事でストレスがすごく溜まり、リラックスできる時間がない時に病んでしまいがちでした。

彼氏が病んで暗い雰囲気でいると、私自身も暗い気持ちでやる気が出なくなってしまうので、とりあえず美味しいものを食べてリフレッシュするというのが私たちのお決まりです。美味しいものを食べるとお腹も気持ちも満たされて、少しずつ前向きな気持ちになれるので、とても大事なことだと思っています。

一度病んでしまうとどんどん暗くなってしまうので、定期的にリフレッシュできるように時間を作ることも大事なことかと思います。

20代後半/メーカー系/女性

彼氏が病んでてめんどくさい時の対処法まとめ

この記事では、彼氏が病んでてめんどくさい時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

彼氏が病んでてめんどくさい時の対処法アンケートでは、1位は『そっとする・距離を置く』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

彼氏が病んでてめんどくさい時の対処法アンケート詳細

【アンケート調査概要】

調査方法 インターネットによるアンケート調査
アンケート内容 彼氏が病んでてめんどくさい時の対処法を回答
調査期間 2022年11月01日~11月16日
回答者数 女性100人
年齢 20代~50代

【アンケート調査結果】

順位 回答数 彼氏が病んでてめんどくさい時の対処法
1位 33票 そっとする・距離を置く
2位 21票 ひとまず傾聴・優しく寄り添う
3位 14票 別れを切り出す
4位 13票 冷静に話し合う・意見する
5位 6票 医療機関を勧める
6位 5票 美味しい物を食べさせる
その他 8票 上記以外の回答

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年11月01日~11月16日
回答者数:100人