彼女にドタキャンされた…男性100人が実践した対処法10選

彼女 ドタキャン

「彼女にドタキャンされた…」と悩んでしまう事もありますよね。

対処法としては「自分時間を楽しむ・ストレス発散」や「自分がどんな気持ちか伝える」が挙げられますが、同じ経験を持つ男性が実際に対処した方法や体験談を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、男性100人に聞いた彼女にドタキャンされた時の対処法ランキングに加えて、リアルな体験談と共に対処法10選をご紹介しています。

彼女にドタキャンされた時の対処法ランキング

順位 割合 彼女にドタキャンされた時の対処法
1位 29% 自分時間を楽しむ・ストレス発散
2位 20% 自分がどんな気持ちか伝える
3位 19% 他の友達と遊ぶ
4位 18% 明るく許す・次を楽しみに待つ
5位 9% 理由を聞いた上で対処する
その他 5% 上記以外の回答

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女にドタキャンされた時の対処法アンケート』によると、1位は『自分時間を楽しむ・ストレス発散』、2位は『自分がどんな気持ちか伝える』、3位は『他の友達と遊ぶ』という結果に。

割合で見てみると、1位の『自分時間を楽しむ・ストレス発散』が約29%、2位の『自分がどんな気持ちか伝える』が約20%、3位の『他の友達と遊ぶ』が約19%となっており、1~3位で約68%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に彼女にドタキャンされた時の対処法10選をご紹介していきましょう。

【1位】自分時間を楽しむ・ストレス発散

自分時間を楽しむ・ストレス発散

違うことをしてとにかく気を紛れさせる

20代前半の頃、当時付き合っていた彼女からよくドタキャンされていました。私が待ち合わせ場所に向かっている途中に「行けない」と連絡が入ったり、しばらく待ちぼうけを食わされた後にドタキャンされることも・・・。注意しても直らず、私はフラストレーションを溜めていました。

対処法と言えるのかはわかりませんが、嫌なことは忘れるように努力しました。男友達と遊んだり、違う遊びをしてとにかく気を紛れさせたり、「彼女はそういう性格の人なんだ」と思うようにしていました。

すると、何度ドタキャンされても怒らなくなっていきました(が、気持ちは当然冷めていってしまった気がします)

30代後半/サービス系/男性

頭を切り替えて、他の趣味に時間を使う

お付き合いしていた女性は、マッサージ店を経営・施術もしていたので、お客さんから急な予約が入るなどして、ドタキャンされることはよくあることでした。

しかし、僕は車や日曜大工・筋トレなどの趣味があるので、たとえ彼女にドタキャンされてもすぐに頭を切り替えて、他の趣味に時間を使うことができます(切ないことは切ないですが…笑)。

そして、僕の住む地域は狭いので、待ち合わせてからの急なドタキャンでもすぐ自宅に帰って来られるので、次にやるべき事への切り替えも早くなるのだと思います。

時間を無駄にしないためにも、すぐに他のことにシフト出来た方が有意義だと思います。

30代後半/サービス系/男性

無理に誘わず、自分の為に時間を使う

付き合って1年くらいの頃、彼女とデートの約束があったのですが、朝方急遽電話で断られました。理由を聞いたら、「前の日の仕事が大変だったので、疲れて動けない」との事でした。

家デートなども提案したのですが、全部断られたので、その日は家の片付けや普段出来ないことをしました。

暫くして彼女から連絡があり、「仕事が大変だったのは確かだけれど、今の二人の関係に疑問が生じていて、少し考える時間が欲しかった。おかげで気持ちの整理がついた。ありがとう」と話してくれて、元の鞘に収まりました。

ドタキャンされた時は彼女の気持ちが離れているので、無理に誘わず、自分の為に時間を使うことがいいと思います。

30代前半/不動産・建設系/男性

【2位】自分がどんな気持ちか伝える

自分がどんな気持ちか伝える

心配している旨を伝え、連絡し続ける

私はいつも待ち合わせ場所に10分から15分前に着くようにして、彼女を待たせないように心掛けています。

その日、私が待ち合わせ場所に着くちょっと前から、彼女からの連絡が返ってこなかったのですが、大して心配はしていなかったです。なぜなら毎回そんな感じで集合していましたし、もうすぐ会えるから連絡しなくても大丈夫だと思ったからです。

でも待ち合わせ時間になっても連絡がなく、こちらからの電話にも出ませんでした。LINEを送り、心配で何回も電話をかけましたが、結局彼女は出ませんでした。

彼女とは職場が同じなので、翌日、顔を合わせた時に事情を聞くと、「携帯が壊れて連絡が取れなかった。でも明日会えるからその時に謝ろうと思っていた」ということでしたので、ほっとしました。こういうこともあるので、すぐに浮気を疑ったり、大騒ぎしたりすべきではないなと強く思いました。

20代後半/不動産・建設系/男性

しばらく連絡も取らず無視する

当時、付き合っていた彼女はとても気分屋で、気に食わないことがあると急に態度が変わるタイプの女性でした。

また、彼女は基本的にルーズな性格で、待ち合わせには毎回5分以上遅れて来ます。当初は好きが上回っていたので我慢していましたが、付き合いが長くなると次第にストレスを感じ始めました。

日帰りの旅行を計画していた時に、割とタイトなスケジュールになっていたので、この日は時間通りに来るように伝えたところ、急に行かないと言い始め、結局日帰り旅行は無くなりました。

長い時間をかけて考えていた計画がパーになり、流石にイラッとしたので、私はしばらく連絡も取らず無視しました。すると一時的ではありますが、彼女も時間を守るようになりました。

40代前半/医療・福祉系/男性

【3位】他の友達と遊ぶ

他の友達と遊ぶ

信頼できる友人に話を聞いてもらう

出会った当初の彼女の印象は、頼りない私をリードしてくれる頼りがいのあるお姉さん、といった感じでした。しかし、本格的にお付き合いをし始めるとイメージが一変することがありました。彼女はあらゆる面でだらしのない性格で、時間にもルーズ・・・デートの時は必ずといっていいほど、連絡もなしに遅れてくるのです。

ある日、私は待ち合わせ場所で待っていましたが、いつものように彼女は予定時間に来ず、連絡もありませんでした。結局、2時間待ちましたが、来ないため帰りました。

その日の夜に彼女から連絡があり、「急遽仕事が入って行けなかった」と説明されました。理由に関しては理解できましたが、何十年も昔じゃあるまいし、スマホで一言断る余裕くらいあったはずです。結局、私は彼女のルーズさに我慢ができず、別れてしまいました。

もやもやし続けていたため、友人に話したら、「別れて正解だよ」と言ってもらえて、少し気が晴れました。

20代後半/IT・通信系/男性

友達に連絡をして飲みに行く

彼女と映画を観る約束して駅で待ち合わせをしていました。私の方が駅に先に着いたので、「〇〇の前で待ってる」とLINEで連絡をしましたが、なかなか返事が来ず、20分ぐらい待っていたと思います。

少しして彼女から電話があり、開口一番「行けなくなった」と言われました。理由を聞いてもなかなか教えてくれません。モヤモヤしながら渋々「分かった」と言って電話を切り、その後予定が空いていそうな友達に連絡をして飲みに行く事になりました。

お店に入り、しばらく談笑しながら飲んでいました。すると入り口の方から、彼女らしき人が男性と2人で入ってくるではありませんか。私はそこで全てを察し、その場を後にしました。その後の事はご想像にお任せします…(笑)

30代後半/自営業/男性

【4位】明るく許す・次を楽しみに待つ

明るく許す・次を楽しみに待つ

気晴らしに出かけ、次に会える日を楽しみに待つ

1週間前から彼女と会う約束をしていたけど、当日の朝にドタキャンの連絡が入りました。こちらとしてはずっと楽しみにしていたので、とても残念でした。

気晴らしに都会の方に買い物に出掛けて、他の女性と遊べるお店に行ったりしました。しかし、やっぱり彼女とは違うんだなぁと感じて、なんだか寂しい気持ちになりました。

その後、趣味のお店を巡ってラーメンを食べるうちに、今度は2人で遊びに来たいなぁと思うようになっていました。最後に彼女へのお土産というか、ちょっとしたプレゼントを購入して、次に会える日を楽しみに待つことで気持ちを落ち着けることができました。

気晴らしに出かけたはずなのに、結局は彼女のことを考えながら過ごしてしまいました(笑)

30代前半/医療・福祉系/男性

「また今度ね!」とすぐに返事をする

彼女は多趣味で交友関係が広く、度々デートのドタキャンがあり、その都度腹を立てることがありました。時には、私もわざと嫌な態度で接することもありました。

ある時、これでは長続きしないなぁと思い、彼女から「ゴメン、今日行けなくなった」と連絡が来た時、「いいよ、また今度ね!」とすぐに返事をしたら、いつもの嫌な雰囲気になることがありませんでした。

さらに、彼女が申し訳なさそうな態度を見せ、その後はドタキャンが少なくなった気がします。

時には一歩引くことも重要という事を学びました。

40代前半/メーカー系/男性

【5位】理由を聞いた上で対処する

理由を聞いた上で対処する

理由を聞いて納得できるか確認する

昔付き合っていた彼女から、時々食事の約束をドタキャンされていました。

そういう時、先ずは理由を聞いて納得できるかを確認していました。当時、彼女は残業の多い職場にいたので、大抵は「残業になった」というものでした。嘘をつく子ではなかったので、私はとりあえず「残業頑張って」と伝えていました。

彼女は必ず連絡をくれていたので、残業でのドタキャンは仕方ないと割り切りました。そして逆に「自分一人の時間が出来た」と考えて、あらかじめ一人の時間の使い方を考えるようにしていました。

学生ならいざ知らず、社会人になったら仕事中心になるのは止むを得ません。残業でのドタキャンにいちいち目くじらを立てていたら、こちらの身が持ちませんからね。

50代前半/流通・小売系/男性

彼女にドタキャンされた時の対処法まとめ

この記事では、彼女にドタキャンされた時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

彼女にドタキャンされた時の対処法アンケートでは、1位は『自分時間を楽しむ・ストレス発散』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

彼女にドタキャンされた時の対処法アンケート詳細

【アンケート調査概要】

調査方法 インターネットによるアンケート調査
アンケート内容 彼女にドタキャンされた時の対処法を回答
調査期間 2022年11月06日~11月21日
回答者数 男性100人
年齢 20代~50代

【アンケート調査結果】

順位 回答数 彼女にドタキャンされた時の対処法
1位 29票 自分時間を楽しむ・ストレス発散
2位 20票 自分がどんな気持ちか伝える
3位 19票 他の友達と遊ぶ
4位 18票 明るく許す・次を楽しみに待つ
5位 9票 理由を聞いた上で対処する
その他 5票 上記以外の回答

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年11月06日~11月21日
回答者数:100人