彼氏が口だけ…女性100人が実践した対処法19選

彼氏 口 だけ

「彼氏が口だけ…」と悩んでしまう事もありますよね。

対処法としては「真剣に話し合う・目標の明確化」や「圧をかけてヤバイと自覚させる」が挙げられますが、同じ経験を持つ女性が実際に対処した方法や体験談を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、女性100人に聞いた彼氏が口だけ時の対処法ランキングに加えて、リアルな体験談と共に対処法19選をご紹介しています。

彼氏が口だけ時の対処法ランキング

順位 割合 彼氏が口だけ時の対処法
1位 26% 真剣に話し合う・目標の明確化
2位 20% 圧をかけてヤバイと自覚させる
3位 19% 誘導する・前向きにリードする
4位 14% 期待しない・諦める
5位 5% 自分が動く・背中を見せる
6位 4% 同じことをして反省を促す
7位 4% 別れる
その他 8% 上記以外の回答

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏が口だけ時の対処法アンケート』によると、1位は『真剣に話し合う・目標の明確化』、2位は『圧をかけてヤバイと自覚させる』、3位は『誘導する・前向きにリードする』という結果に。

割合で見てみると、1位の『真剣に話し合う・目標の明確化』が約26%、2位の『圧をかけてヤバイと自覚させる』が約20%、3位の『誘導する・前向きにリードする』が約19%となっており、1~3位で約65%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に彼氏が口だけ時の対処法19選をご紹介していきましょう。

【1位】真剣に話し合う・目標の明確化

真剣に話し合う・目標の明確化

毎晩『今日頑張ったこと』を報告し合う!

『いつも口だけで行動しない』というのは、人としてすごくダサイと思います。それに、こちらとしても自分の成長を感じられなくて残念ですし、付き合うのは時間の無駄のような気がします。

なので、その思いを正直に彼氏に伝えました。すると、彼は「本当にそうだよね」と納得してくれました。それを聞いた私は、『思えば、自分もすぐに行動できないことが多いな…』と反省し、お互いに協力し合って『口だけ(で行動しない)人間』を卒業することに!

彼氏は仕事で役に立つ資格を取得するための勉強を、私は体型を整えるための運動を始めることを決意し、毎晩『今日は(目標を達成するために)これをやったよ!頑張ったよ!』と報告し合うことにしました。毎晩、誰かに報告をしないといけないというちょっとしたプレッシャーのおかげで、無事に努力を続けることができ、彼氏も私も目標を達成することに成功しました!

彼氏に変わってほしければ、自分も一緒に努力して一緒に変わることをオススメします。毎晩お互いに『今日頑張ったこと』を報告し合うと、モチベーションを保てますし、すごく楽しく変わることができると思います。

30代前半/サービス系/女性

明確な目標を立てて無駄な時間を省く

彼と同棲するにあたって、お互いの家と職場の中間地点になる場所を探そうと考えていました。最初は彼もシフトや予定を合わせ、積極的に動いてくれていたのですが、何軒も見て回るうちに飽きたのか、次の物件を見に行くまでのインターバルがどんどん長くなっていったんです。遂には同居の話自体が延期されていく有様でした。

「このままではまずい」と考えた私は、一度彼と話し合いの場を設けました。そこで同居の意思を改めて確認し、「年内には探そう」という目標達成期間を設けて計画を立てました。話し合いを通して、「一軒一軒時間をかけて吟味していたことに、負担と面倒さを感じていた」という彼の気持ちに気づくきっかけにもなりました。

「この期限までに、これだけすればいい」と明確な目標を立てて無駄な時間を省くことで、「これなら出来そう」と2人で納得できる話し合いをすることができました。

やはり「何故、彼はやってくれないのだろう」と責める気持ちや苛立ちばかりを抱えず、話し合い、理解し合うことが大切なのだと気づくことができました。

30代前半/医療・福祉系/女性

二人で話し合いする!

付き合いたての頃の彼は、何でもすぐにやってくれたり、色々な所に連れて行ってくれたりして、アクティブな人だなと思っていました。それがだんだんと、口では言うもののなかなか行動に移らなくなっていき、こちらもイラっとしてしまうように。

倦怠期になって変わってしまったんだと思います。

私は彼に自分の問題に気づいて欲しかったので、「しないのであれば、最初から言わないで。出来ない約束はしないで欲しい」と言いました。

その後、二人で話し合いをして、気持ちを入れ替えて新しいスタートが出来ました。それをしなければ、きっと変わらなかったです。

40代前半/専業主婦/女性

理由を添えて伝える

普段は仲良しですが、私の連絡が遅かった、私が電話にすぐ出なかったなどの些細な事で彼氏は怒ります。そしてちょっと喧嘩をする度に「別れよう」と言ってきます。私が「別れるという言葉を簡単に使わないで」と言うと、一瞬だけ反省して「これからはもうしない。気をつける」と言ってくれるものの、結局いつも同じ事の繰り返しです。

喧嘩をするたびにその流れになるのが嫌で、どうにか彼が理解してくれる方法は無いかと考えました。これまでの喧嘩を振り返ってみると、私は「別れるという言葉を簡単に使わないで」と言う時、いつも理由を添えていなかったことに気づきました。

人間は理由が無いと忘れる生き物なので、「別れるって簡単に言われると、この先結婚しても一緒に困難を乗り越えられないように感じるし、私自身傷付く。だから、本当に別れる気がないなら言わないで欲しい」と、理由を付けて伝えるように変えました。

その結果、彼氏は同じ事を繰り返さなくなったので、何事もただ「〇〇しないで」ではなく、「〇〇だから〇〇しないで」と理由を添えて伝えることを意識しています。

20代後半/サービス系/女性

一度真剣に諭す

口だけで行動しない癖がある人は、本人はその気がなくても信頼関係が結べず、良い方向には進まない気がします。

なので、あまりにも度を越すなら、お付き合いをやめることを考えます。

ただ、唐突に切り出すのは良くないとも感じるので、一度、本人に「口だけで行動しないこと」について本気で嫌だと思っているし、このままだと付き合い続けられない、と伝えると思います。

それでも状況が改善されないようであれば、残念ですがもう一緒にいる価値はないのではないでしょうか…。

30代前半/メーカー系/女性

【2位】圧をかけてヤバイと自覚させる

圧をかけてヤバイと自覚させる

問題になっている物を、本人の前に置く

当時の彼は、外出先ではとても気を遣って色々な事をしてくれたし、一歩先を予測して動いてくれる素敵な人でしたが、家に帰ると様子は一変します。何もかもが脱ぎっぱなしで、やりっぱなし。

同棲していたので、毎回私が回収しては洗濯をする生活でした。私は家政婦じゃないぞと思ったのですが、何度言っても変わる様子はありませんでした。

そこである時から、彼の靴下や服が脱ぎっぱなしの時、本人の前に置くことにしました。「これはどうするの?」と声をかけて、洗ってほしいと言うようであれば、自分の洗濯物と一緒に持って行くようにしました。

これを根気よく続けていたら、少しずつではあったけど脱ぎっぱなしになる事はなく、ちゃんと洗濯カゴに入れるようになりました。

30代後半/専業主婦/女性

みんなから信用なくすよ!と言う

偏見ですが、男性は自分への自信や夢や理想を過大視している人が多い気がします。

お豆腐メンタルのネガティブ男子よりは、自己肯定能力高めの男子の方が見ていて気持ちはいいものですが、謙虚さがなければ裸の王様になってしまいます。

元彼は後者でプライドが高く、壮大な理想論を掲げて、あたかも実践しているように言っていました。でもそんな人は誰からも厄介者と思われ、信用を無くしています。

なので、度が過ぎた時には、「口先だけでは、そのうちみんなから信用なくすよ」とチクリと言ってみるのがいいと思います。

50代前半/医療・福祉系/女性

危機感を持たせる

口だけで行動しないタイプの人には「危機感を持たせること」が効果的です。と言っても、深刻なダメージを与える必要はなく、「俺もしっかりしないとな」「さすがにやらないとまずいかな」と思ってもらうことで、それまでより少しでも行動するように促すことができます。

例えば以前、彼が口にしていたことを「そういえば、私が困ってるあの件、前にやるって言ってくれてたよね」と思い出させ、「本当はあなたにやってほしいんだけど、難しそうかな?他の人にお願いするしかないかなあ・・・」などと伝え、実際に他の人にやってもらいます。それから「いやー、〇〇さん、仕事早いし丁寧で助かったな~」みたいな感じで、彼の目の前で他の人に感謝するというのを繰り返します(ただし嫌味っぽくすると拗ねてしまうので、さっぱりと!がポイントです)。

やがて彼氏も、彼女が頼らなくなってくることに気がつき、ソワソワし始めます。居心地の悪さを感じた彼氏は、その後に頼まれたことを多少はやるようになると思います。

20代後半/サービス系/女性

やってくれなかったことをメモして、日時を記録しておく

出会った当初の彼は言ったことをすぐに行動に移すタイプで、そういう面を好きになって付き合い始めました。

しかし2ヶ月も経つと「やるよ」と言っておきながら、掃除や片付けなどを後回しにするようになりました。結局、私がやることになり、2人で一緒にいても私ばかり家事をしていて、まるでお母さん扱いをされ、全く楽しめませんでした。

ある日から、私がどのくらい家事をしているか、日時や所要時間をメモするようになり、1ヶ月後に彼にメモを見せました。

メモをつけていたことに対して、一瞬嫌な顔をされましたが、私の負担がいかに多いかが視覚化されたことで、彼も自分からやるようになりました。

30代前半/専業主婦/女性

【3位】誘導する・前向きにリードする

誘導する・前向きにリードする

一緒にやろう!と伝えてみる

4歳上の彼氏とは同じ職場でした。仕事をしている姿がかっこよく見えて、付き合えた時はとっても嬉しかったです。

ですが、付き合ってから初めて家にお邪魔した時、部屋がめちゃくちゃ汚くて萎えました。彼は朝が早く残業も多かったので、最初は仕方ないと思っていたのですが、“彼女を呼ぶんなら、少しくらい片付けてくれても…”と思っていました。

その後、半同棲状態になったのですが、彼はだらしない性格で洗濯物や食器を何日も放置していました。喧嘩もしたくないし、自分が我慢すればいいと思っていたのですが、途中で限界が来ました。

そこで優しく「一緒に掃除しよう!」と伝えてみたところ、ほんの少しですが片付けや掃除も一緒にしてくれるようになりました。結局、別れてしまいましたが、思ったことは言葉にして伝えることが大切だと思いました。

20代前半/流通・小売系/女性

怒らずに褒め、一歩ずつ前進させる

いつも彼にお弁当を作ってあげていますが、「帰ってきたらお弁当箱を水に浸しておいて」と伝えてあるのに、何回言ってもやりませんでした。

最初は怒ったりもしましたが、それでも改善されない為、次は小さなことから褒めてみることにしました。彼がお弁当箱を机の上に置いておいてくれたら、「机に出しといてくれたんだね!偉い!ありがとう」と伝え、「次は覚えてたらキッチンまでお願いね」と怒らずに褒めました。

それを何回か続けて、二週間程したらお弁当箱が水に浸してありました!

怒ると相手も自分自身も嫌な気持ちになり雰囲気も悪くなるので、できるだけ明るく褒めるようにしたところ、改善されました。

20代後半/IT・通信系/女性

自分を見つめてもらう機会を作る

口だけで行動しないというのは、とても不誠実なことです。そこで「素敵な人だったら決してそんなことはしない」と彼氏本人に気付かせることが必要だと思います。恐らく口だけの人は、そんな基本的なことすらわかっていない段階だからです。

普段の会話の中で、好きな芸能人や著名人などの不言実行的な芯の通ったエピソードをそれとなく彼氏に話し、「立派な人だねえ」と褒め讃え、「自分はこういう人が好きだし、こういう人間になりたい」とアピールをしてみます。

この時、「それに比べてあなたは・・・」とは決して言わず、彼氏が自分で自分の軽薄さに気づいて普段の言動を考え直してくれる「自発的更生」を期待します。

ある程度大人の年齢になったら、それが遠回りなようで一番の近道だと思っています。

50代前半/専業主婦/女性

いかに大変か、身を以て示すこと

私の彼は親から古い家屋を引き継いだのですが、その家屋は20年以上放置されていて、住める状態ではありませんでした。しかし彼は、「自分でどうにかする!」と言って家のDIYを始めました。そして、何とかその家屋の片隅の一部屋が住める状態になりました。

彼はその部屋で生活を始めたのですが、雨漏りはするし風は吹くし、トイレは外で、電気・ガス・水道等のライフラインも通しておらず、女性の私が住むにはかなり厳しい状況でした。

彼は当初、「お前も俺も快適に生活できるように、どんどんDIYを進めていくから、安心しろ」と言っていたのですが、その部屋の生活に慣れてしまったらしく、そこから一向にDIYは進まず、1年が経過しようとしていました。

私は何とか彼のやる気を出させるため、その家に長期滞在し、風邪を引いたり怪我をしたりして、「この家がいかに暮らしづらいか」を見せつけてやりました。すると、彼のやる気スイッチが入ったようで、そこから急ピッチで作業は進み、あっという間に快適に暮らせる家が完成しました!言葉ではなく、身を以て示すことも時には必要だと感じたエピソードでした。体調不良や怪我は切なかったですけど、報われたので良しとします。笑

30代前半/自営業/女性

【4位】期待しない・諦める

期待しない・諦める

割り切り、良い意味で諦める

当時お付き合いしていた彼は、口だけで全然行動しない人でした。同棲をしようと約束をしていたのですが、彼が無駄遣いが多くてお金を全然貯められない人で、何を言っても口だけでした。

言うのも疲れるし、いくら言っても約束を守ってくれないので、イライラしてしまっていました。

私は、彼が変わってくれるとどこかで期待してしまっていたのだと思います。期待してしまうから余計落ち込んだりして、彼にもそういうマイナスなオーラが伝わっていたんだと思います。

彼は彼なりに考えているんだろうと割り切り、良い意味で諦めると楽になれました。

30代前半/流通・小売系/女性

何を言われても話半分で聞く

同棲していた元カレはフリーランスで働いていて、ほぼ家に居ました。私は会社員だったので、9時から18時の仕事でした。仕事から帰って夜ご飯を作って、食べて、洗い物をするのは毎日大変です。

そんな中、仕事が忙しい時期だったのもあり、体調を崩してしまったことがありました。すると彼が、「俺が洗い物するよ」と言ってくれたので任せることにし、すぐに就寝しました。

翌朝、キッチンに行くとびっくり!シンクに洗い物がそのままの状態でした。私が「洗い物するって言ったじゃん」と文句を言うと、「うん。言ったけど、今すぐとは言ってない。後でやるから」と言われました。ものすごい詭弁で、結局私が洗うのを見越していたのだと気づき、怒りと諦めの気持ちでいっぱいになりました。

もう彼氏の言うことは話半分で聞こうと思いました。

40代後半/専業主婦/女性

何も求めず、期待しない

最初は行きたいところなどを二人で話して行っていてとても楽しかったのですが、だんだん約束を破られることが多くなりました。

彼が「いついつ家に行くから〜」とか「今度、どこどこ行こうよ!」とか言ってくれるので、計画してくれるのかと思いきや、まったくの口だけということが判明。当初はすごく怒り「約束だけは守ってね」ときつく注意しました。

しかし彼は約束を破り続けるばかりで、しまいには私の誕生日に「ペアリングを買う」と言っていたことすら忘れていました。

もう何度もこういうことがあるので、あきれてしまいました。

なので、彼には何も求めなくなりました。期待もしていません。

30代後半/公務員・教育系/女性

【5位】自分が動く・背中を見せる

自分が動く・背中を見せる

ストレスが溜まるくらいなら自分でやる

夫が家庭の生活の中で行動してくれなくて、イライラすることがあります。

私は、できることは早めに終わらせてしまいたい性格なのですが、夫は逆になるべく先延ばしにしたがる性格です。それでいて期限に間に合わないこともしばしば。学生時代は宿題を期限通りに提出したためしがないそうです。

対策として、やらないことで夫個人にしか影響がないものは放っておき、共同生活者である私にも迷惑がかかるものは、私が自分でやることにしました。

主に掃除や公共手続きについては任せていられないので、自分でやることにしました。ただ、私に必ずしも影響がないものについては、気になりはするものの、放っておきます。

20代後半/専門コンサル系/女性

【6位】同じことをして反省を促す

同じことをして反省を促す

同じことをやり返すのが一番

彼はご飯を食べ終わっても食器を運ばず、そのままにしています。「下げるくらいやって。水につけないと汚れが取れなくなる」といくら伝えても、「後でやる」と言って結局やりません。また、彼は帰ってきて脱いだ上着や靴下も床に放置して洗濯機に入れません。「ちゃんと洗濯機に入れて」と言って、横で見張っていないと動きません。

腹が立ったので、私は自分の食器だけ片づけて洗うようにしました。彼にご飯を作ってもらった日には一切片づけも手伝わず、食器も下げずに放置しました。さらに、彼の服が床に置きっぱなしな時は、そのまま放置して洗濯すること自体やめました。

すると彼も反省したようで、少しずつですが行動が変わってきました。

自分がされて嫌なことを言っても直してくれないなら、同じことをやり返すのが一番です。世話を焼き過ぎると「放置していても、どうせやってもらえるでしょ」と甘えている部分もあるので、絶対に手だしをしないようにもしています。

20代後半/公務員・教育系/女性

【7位】別れる

別れる

見切りを付けて別れる

とても優しいし、一緒に居て楽しかった彼。ただちょっとした嘘をついたり、口だけだったところがありました。「あれやった?」と聞くと「やった」と言うけど実際はやっていないとか、「この件どうするの?」と聞いても「あー、俺やっとく」と言うくせに何もしてないから、結局私がやらなきゃいけない等々。

そんな日々が5年続き、私も結婚を考えたい歳になってきたので「そろそろどうかな?」と促しますが、彼は「わかった」と言いつつ、行動に移しません。

彼はアルバイトで仕事をしていたので「〇〇(私)が25歳になるまでに、ちゃんと仕事決めて迎えに行くから(当時は私が23歳、彼は30歳)」と言ってくれましたが、結局何もしなかったので、もう見切りを付けて別れました。

これからの人生で自分が決めて約束したことも守れないような人とは一緒に居たくないし、自分のストレスにもなるので良かったと思っています。

20代後半/専業主婦/女性

彼氏が口だけ時の対処法まとめ

この記事では、彼氏が口だけ時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

彼氏が口だけ時の対処法アンケートでは、1位は『真剣に話し合う・目標の明確化』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

彼氏が口だけ時の対処法アンケート詳細

【アンケート調査概要】

調査方法 インターネットによるアンケート調査
アンケート内容 彼氏が口だけ時の対処法を回答
調査期間 2022年11月12日~11月27日
回答者数 女性100人
年齢 20代~50代

【アンケート調査結果】

順位 回答数 彼氏が口だけ時の対処法
1位 26票 真剣に話し合う・目標の明確化
2位 20票 圧をかけてヤバイと自覚させる
3位 19票 誘導する・前向きにリードする
4位 14票 期待しない・諦める
5位 5票 自分が動く・背中を見せる
6位 4票 同じことをして反省を促す
7位 4票 別れる
その他 8票 上記以外の回答

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年11月12日~11月27日
回答者数:100人