彼氏を依存させる方法は?女性100人が実践した対処法16選

彼氏 を 依存 させる 方法

「彼氏を依存させる方法」を知りたい方も多いのではないでしょうか?

彼氏を依存させる方法としては「謎を残す・飴と鞭を使い分ける」や「居心地の良い存在になる」が挙げられますが、女性が実際に試した方法や体験談を知りたい方も多いはず!

この記事では、女性100人に聞いた彼氏を依存させる方法ランキングに加えて、リアルな体験談と共に彼氏を依存させる方法16選をご紹介しています。

彼氏を依存させる方法ランキング

順位 割合 彼氏を依存させる方法
1位 45% 謎を残す・飴と鞭を使い分ける
2位 19% 居心地の良い存在になる
3位 13% 自分らしさを忘れないこと
4位 12% 相手の庇護欲をくすぐる
5位 6% 魅力度を上げる
その他 5% 上記以外の回答

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏を依存させる方法アンケート』によると、1位は『謎を残す・飴と鞭を使い分ける』、2位は『居心地の良い存在になる』、3位は『自分らしさを忘れないこと』という結果に。

割合で見てみると、1位の『謎を残す・飴と鞭を使い分ける』が約45%、2位の『居心地の良い存在になる』が約19%、3位の『自分らしさを忘れないこと』が約13%となっており、1~3位で約77%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に彼氏を依存させる方法16選をご紹介していきましょう。

【1位】謎を残す・飴と鞭を使い分ける

謎を残す・飴と鞭を使い分ける

ミステリアスで底知れない雰囲気を出す

男性は本能的に「自分から追いかけたい」という気持ちがあるそうです。逆に男性が女性に追われる立場になると、「この女性は自分に好意を抱いているから、多少のことは許してくれる」と思うらしいです。

これを上手く利用して、男性から追われる女性になればいいと思います。できるだけミステリアスな女性を演じれば、「もっとその人を知りたい」と思うので、積極的に向こうから寄ってきます。

ただし、体の関係は絶対に持ってはいけません。持った時点で「所詮、簡単な女性だった」と思われてしまいます。

20代前半/サービス系/女性

押して押して引く!

まずはとにかく押すこと。連絡がきたらすぐに返す、電話をする、会うなどガンガン行動していきましょう!SNSも頻繁に更新し、匂わせをしたりして、彼氏がいるということを内外にアピールします。

こちらから連絡をしまくっていても、彼がそれに応じている間は、必然的に私のことを考えることになります。そうやって知らない間に侵食していくのです(笑)

その後、連絡がきてもすぐには返さず時間をあけるようにします。SNSも更新せず、会う約束はだいぶ先の日程にするなど、ほんの少しだけ距離を取ると見事にハマってもらえます。

あんなに毎日ずっと連絡くれてたのに…と思っている彼は、少し返信があいただけで寂しくなったりして、連絡を取っていない時にも私のことを考えてくれるようになります。

30代前半/サービス系/女性

常にハラハラさせてみる

基本的に男性は、束縛体質の人が多い気がします。彼女を自分の所有物のように思っている人も。

そういう彼氏を依存させるためには、相手をハラハラさせる態度をとるのが効果的です。異性の友達と連絡を取っていることをポロっと言ってみたり、学校や職場での異性の話をするなど、相手が焼きもちを焼くようなことを言ってみます。

他にもLINEの返事はすぐにしないとか、未読無視、既読無視をすることで、彼女への執着が生まれてきます。自分の連絡が伝わっているのか気になり、結果的に彼氏はずっと彼女のことを考えていることになります。

また、彼女がいないとやっていけないくらいに、彼氏の弱いところを見抜いて、真心をもって聞いてあげるのもおすすめ。適切なアドバイスをして、心のケアをしてあげると、どんどん依存状態になってくれます!

50代前半/医療・福祉系/女性

急に放り出し、相手を不安にさせる

付き合った当初は、私のほうが彼のことを大好きでした。私は言葉で伝えるよりも行動で表すタイプなので、2人きりの時に思いっきり甘えたり、相手の趣味に合わせて一緒に外出したり、常に相手のことを想って行動をしていました。

しかし、お付き合いが長くなると、好きは好きでも感情的に少し落ち着きます。恋人が一番大切だと思っておりましたが、仕事が忙しくなって残業が続いたり、気分転換にたまに友達と遊んでそれが楽しいと、その後もしばしば遊ぶ事が増えました。

決して彼を蔑ろにしている訳ではないのですが、付き合った当初と比べると彼の優先度が下がってしまい、相手を不安にさせてしまいました。

これにより気持ちの大きさが逆転し、彼のほうが私のことが好きという状態になり、依存に繋がったように思います。

20代前半/商社系/女性

最初は愛情を全開に出し、その後だんだんと小出しにしていく

最初は彼が私にぞっこんで、たくさんメールや電話をくれていました。しかし、だんだん私から彼に連絡をすることが増え、気付けば彼からの連絡を待つことが多くなってきました。

彼から連絡が来ないと落ち着かなくなってしまい、ついに彼に「最初はたくさん連絡くれたのに、最近は私ばかりが連絡するようになったね。返信がなかなか来ないとソワソワして不安な気持ちになる」と話しました。

そうしたら、彼から「自分に依存してほしくて、そう仕向けた」と言われました。ネタバレされて気分はよくありませんでしたが、まんまと依存してしまいました。

実体験なので、効果は保証します(笑)

30代後半/専業主婦/女性

メリハリをつけて関わり、気になる存在でい続けること

相手に”依存しないこと”と”縛らないこと”がポイントだと思います。

彼のことが好きだと、どうしても彼氏中心の生活をしてしまいがちですが、「連絡すればすぐ返ってくる」「いつでも会える」という状態だと、彼も安心してしまうし飽きられてしまう気がしませんか?しかも、男性は縛られたくない人が多く、構いすぎたり束縛したりしてしまうと、自由を求めて離れていきます…。

なので、メリハリをつけて彼と関わり、気になる存在でい続けることが大切です。例えば、趣味や習い事、自分磨きなど、会わない時間に没頭できて自分を高められるものがあると彼に飽きられないし、彼の知らない部分ができます。サークルとか団体に属するようなものだったら、嫉妬心を煽ることもあるかもしれません。

でも、彼に会った時は楽しく過ごして、もし彼が悩んでいる時などは話をよく聞いて寄り添うようにします。そうすると彼にとって頼れる存在、なくてはならない存在になれると思います。

20代後半/サービス系/女性

上げたり下げたりジェットコースターの様にする

嫌なことをされた時、「その行動は嫌だからやめて欲しい」とお願いしても、繰り返してしまう人がいます。何度も同じことが起きると、別れたくなってしまうので、絶対にやめて欲しい行動の時は、オーバーリアクションで拒否します。

例えば、運転の荒い彼に「安全運転してくれないなら、もう貴方の運転では車に乗らない」と伝えても、癖で乱暴な運転は出たりします。

そこで私は怖くて堪らないことを表現する為に泣きます。何も言わず泣き続けることで、相手に罪悪感を植え付け謝罪してもらうのです。でもそのままでは嫌な空気になってしまうので、必ず「楽しいこと」を用意します。

今度は彼が落ち込み過ぎない様に持ち上げます。ネタは何でも良いのですが、例えば気晴らしのパーキングエリアとかで思いっきり甘えたり、はしゃいだりして、彼が好ましく思う行動を取ります。

上げたり下げたりジェットコースターの様にする事で、相手はどんどんこちらに夢中になってくれると過去の経験から感じています。

40代前半/専業主婦/女性

相手に無いものを共有して理解し合っていく

私はイベント事が好きなアウトドア派ですが、彼はインドア派で人混みが嫌いなので、お祭りなどは行けてないけど、そこは理解して合わせます。

逆に私は漫画が嫌いで、彼の勧める作品も途中で飽きてしまいましたが、理解してもらえました。

また、私はアパレル系に勤めていたこともあり、服が好きですが、彼はほとんどファッションに興味がありませんでした。でもいろいろ勧めるうちに現在は彼がオシャレになり、私は落ち着いてきました。笑

このように、相手に無いものを共有して理解し合っていくと、相手も飽きはしないのでいい感じに距離が縮まっていくんだと思います。

20代前半/サービス系/女性

【2位】居心地の良い存在になる

居心地の良い存在になる

距離感を大事にする

彼に合わせられるところは合わせて尽くすけど、距離感も大事にして彼が心地良く居られるように心がけていると、彼は離れていけなくなります。

喧嘩をしてもすぐに怒らないとか、機嫌が悪くならないとか、過去のことをいつまでも根に持たず、彼が嫌がる事をしない事が一番良いと思います。

彼にとって癒しの存在になれれば、相手からも「こんなに自分の事を受け止めてくれて、理解してくれる人は他にいない」と思ってもらえて、大切にしたいと思ってもらえると思います。

自分の気持ちばかりを押し付けないように、居心地の良い環境を心がけていると自然と離れられなくなります。

30代前半/流通・小売系/女性

胃袋を掴む

学生時代、夏休みの部活終わりに彼にお弁当を作って持っていっていました。彼は野菜が苦手だったので、とにかく細かく切って食べられるように工夫していました。

当時はあまりお金がなかったので、イベント事の時は自炊するようにしていました。彼は私がバレンタインデーに作ったチョコの写真を撮って友達に自慢してくれたり、とても喜んでくれた記憶があります。

その後、残念ながらお別れをしましたが、度々連絡が来て食事をしたり、数年後にまた会う機会がありました。何年にも亘って縁が切れなかったのは、彼の胃袋を掴んだからだと思っています。学生で自炊が得意な人は少なかったので、記憶に残りやすかったのかも知れません。

20代後半/自営業/女性

相手が喜ぶ内容やタイミングを見極める

私は若い頃、好きな人と付き合えなかった経験が多く、悲しくなってたくさん男性心理を学びました!そうしたら、目から鱗ですよ!男性に対して「大丈夫?」は禁句なんですって。笑

女性が良いと思ってやったことが、男性のプライドや自尊心を傷つけていた…なんて、男性心理を学んでこなかったらずっと気づかなかったと思います。男性と女性ではやっぱり考え方も感じ方も全然違うんですね。

そんなこんなで色々経験して思うことは、素直に気持ちを伝えることが大切だということ。

ただし、言い回しやタイミングは男性がより喜んでもらえるよう工夫していくと、絶対手放せない居心地の良い女性になれるはずです。

40代後半/自営業/女性

【3位】自分らしさを忘れないこと

自分らしさを忘れないこと

自分のテンポで自由に動くこと

私は元彼と別れる時、「甘えてきてくれるし頼ってくれるし、自分を偽っていないのがすごく好きだったよ」と言われることが多かったです。

私は交際相手に媚を売るのが好きではなかったので、ありのままの自分で接していました。それでもし「女の子らしくない」とか「好きになれない」と言われればそこで終わりだなと思っていたからです。

偽らず自分らしく付き合うことができれば、何も考えなくていいので楽に楽しく過ごすことができます。

自分のテンポで自由に甘えるようにすれば、自然と相手も自分に依存している気がします。

20代後半/専業主婦/女性

言いなりにならず、自分を持って行動する

出会った当初、彼は毎晩飲みに出かけており、入れ替わりで女性と遊んでいる人でした。都合のいい存在にはなりたくなかったため、彼から遊びに誘われても断り、私が会う予定の主導権を握るようにしました。

遊ぶ時はどんな小さな事でも褒めて好意は伝えますが、簡単に触れさせる事はしませんでした。また、私も夜の仕事をしていた為、お客様と食事や飲みに出掛けるなど、彼と同じようにいつでも異性に囲まれている状況で、彼もそれを知っていました。

その為、彼が他の女性と遊びに行くと報告してきたら、私も同じように他の異性と食事に出かける報告をし、彼と同じ事をしました。すると段々彼の方から他の女性と遊ぶ報告も無くなっていきました。今では外食にすら行かなくなりました。

彼の言いなりにならず、自分は自分で行動して、追わせる事が大事だと思いました。

20代前半/自営業/女性

【4位】相手の庇護欲をくすぐる

相手の庇護欲をくすぐる

頼って褒める!

大抵のことは1人でこなしてしまう私。今までの恋愛では、交際相手から「お前は1人でも大丈夫そうだな」と言われて終わってしまうことも何度かありました。

そんな私が行き着いたのは、とにかく相手に頼ることです。例えば、ペットボトルの蓋がかたくて開けられない、重たい荷物を持つのを手伝って欲しいなど、些細な頼れることはなんでも頼ってしまいましょう。些細なことであれば、当然相手は快く手伝ってくれるでしょう。そして、手伝ってくれたらとびきりの笑顔でお礼を言いましょう。出来る限り「優しいね」「力持ちだね」などの褒め言葉も添えて。

頼る→笑顔でお礼を言ってもらえる、褒めてもらえる、と刷り込ませればもう完璧です。笑顔になってもらえたり、お礼を言われたり、褒められたりしたら誰だって嬉しいもの。それに、頼られることが好きな男性は意外にも多いようです。徐々に、多少面倒なお願い事でも快く引き受けてくれるようになります。もう頼られ&褒められずにはいられないのです。

彼も「こいつには俺がいなきゃだめなんだ」と思ったようで、べったりとくっついてきて離れなくなりました。隙あらば「手伝おうか?」「1人で大丈夫?」など自分から頼られようとしてきます。笑

ただし、相手を選ばないと非常に面倒なことになりかねませんので、恋人以外にこの方法を使うことはおすすめできません。

20代後半/医療・福祉系/女性

相手に世話を焼かせること

知り合いに、お互い依存し合っているカップルがいました。何をするにも一緒でしたし、同じ日に休みをとらないと不安で仕方がないようでした。

最初は彼氏側が依存していたと思います。好きでしょうがない彼女が他の男に取られないか心配で、束縛し始めました。休みが違うと不安で機嫌が悪くなるのですが、仲直りをしたら「こんなことしたかったわけじゃないのに…」と落ち込むタイプです。

そのうち彼女のほうも「彼はこんなに私を必要としてくれてる。私がいないとダメなんだ」と思うようになっていきました。二人は趣味が全然合わないのに、お互いを縛り合って一日中過ごしていました。この頃になると、周囲から浮く程の共依存になっていましたが、当の本人達は相思相愛で幸せなんだろうなと思っていました。

正直、あまり健康的な関係ではありませんね。依存しないように言って、そばにいてくれる男性の方が信頼できると思います。

30代後半/医療・福祉系/女性

【5位】魅力度を上げる

魅力度を上げる

自分磨きを徹底する

私も一時期、彼氏が冷たくしてきてあれやこれやと悩んだ時期があります。

やってよかったと思うのは、あからさまに自分磨きをすることです。男性は鈍感なので、少しのイメージチェンジでは気がつかないことがほとんどだと思います。なので髪型や髪色を今までとは違う系統に変えてみたり、メイクを変えてみたり、ダイエットをしてスタイルのいい女性を目指したりしてみました。パーソナルカラー診断もしました。

その後、雰囲気をガラリと変えることで、彼氏が「なんだか最近、可愛くなってキラキラしているから、他の男が寄ってこないか心配だ」と言って、少し依存してくれた実績があります。

自分磨きはとてもオススメです。

20代前半/金融・保険系/女性

彼氏を依存させる方法まとめ

この記事では、彼氏を依存させる方法を体験談と共にご紹介してきました。

彼氏を依存させる方法アンケートでは、1位は『謎を残す・飴と鞭を使い分ける』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

彼氏を依存させる方法アンケート詳細

【アンケート調査概要】

調査方法 インターネットによるアンケート調査
アンケート内容 彼氏を依存させる方法を回答
調査期間 2022年11月13日~11月28日
回答者数 女性100人
年齢 20代~50代

【アンケート調査結果】

順位 回答数 彼氏を依存させる方法
1位 45票 謎を残す・飴と鞭を使い分ける
2位 19票 居心地の良い存在になる
3位 13票 自分らしさを忘れないこと
4位 12票 相手の庇護欲をくすぐる
5位 6票 魅力度を上げる
その他 5票 上記以外の回答

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年11月13日~11月28日
回答者数:100人