彼女と初めて喧嘩してしまった…男性100人が実践した対処法10選

彼女 喧嘩 初めて

「彼女と初めて喧嘩してしまった…」と悩んでしまう事もありますよね。

対処法としては「己の非を認め、自分から謝る」や「一晩待つ・距離を取る」が挙げられますが、同じ経験を持つ男性が実際に対処した方法や体験談を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、男性100人に聞いた彼女と初めて喧嘩してしまった時の対処法ランキングに加えて、リアルな体験談と共に対処法10選をご紹介しています。

彼女と初めて喧嘩してしまった時の対処法ランキング

順位 割合 彼女と初めて喧嘩してしまった時の対処法
1位 53% 己の非を認め、自分から謝る
2位 12% 一晩待つ・距離を取る
3位 11% 時間を置いて、普段通りに接する
4位 10% 相手が話しかけてくるのを待つ
5位 9% 落ち着いてからきちんと向き合う
その他 5% 上記以外の回答

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女と初めて喧嘩してしまった時の対処法アンケート』によると、1位は『己の非を認め、自分から謝る』、2位は『一晩待つ・距離を取る』、3位は『時間を置いて、普段通りに接する』という結果に。

割合で見てみると、1位の『己の非を認め、自分から謝る』が約53%、2位の『一晩待つ・距離を取る』が約12%、3位の『時間を置いて、普段通りに接する』が約11%となっており、1~3位で約76%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に彼女と初めて喧嘩してしまった時の対処法10選をご紹介していきましょう。

【1位】己の非を認め、自分から謝る

己の非を認め、自分から謝る

100%自分が悪くなくても謝る

彼女は私の友達(男性)と二人きりで食事に行くようなタイプでした。「〇〇くん(友達)とは昔からの知り合いで、あなたと付き合う前から仲が良いけど、ただの友達だから何もないよ」と言っていましたが、こちらとしてはいい気はしません。

いくら友達と言っても、異性同士なので何があるかわかりません。私は彼女に「そんなことばっかしてんから、長続きしないんだよ」と言ってしまいました。 すると彼女は「何でそんなこと言われなきゃいけないの!?」と怒ってしまいました。

互いに謝ることなく、半月ほど連絡も取らない日々が続きました。 私は「自分は何も悪くない、ただ彼女が悪いんだ」と思っていましたが、だんだん自分の言い方も悪かったと思うようになり、少しでも彼女を信じてあげればよかったと反省しました。

そこで「俺が悪かったよ」と謝りました。すると彼女も「私もあなたが嫌がることしてごめんね」と謝ってきました。自分は悪くないと思っていても、ちょっと言い過ぎたかな…と思う部分があるなら、まずはしっかり謝ることが大事だと思います。

20代前半/法律系/男性

必ず対面で謝る

私は自分が悪かったことを直すようにして、正直に「ごめんなさい!」と謝ります。

自分の今までの経験からして、上手く仲直り出来ない一番の原因は、素直に謝れないことにありましたので、謝罪の言葉とともに喧嘩の原因を改善することが大切だと思います。

また、「初めての喧嘩」の場合は、必ず対面で謝るようにするのがおすすめです。面と向かって謝るのは気まずいとか、口下手だからと言ってメールやLINEで謝罪すると、男性側は自分の気持ちを伝えたつもりになっていますが、女性側には誠意を感じ取ってもらえないことがあるからです。

40代後半/公務員・教育系/男性

心から反省し、謝り続ける

付き合い始めて約半年が経った頃、だんだんと彼女とのお付き合いに飽きてしまい、火遊び感覚でこっそり友達とナイトクラブに出入りをしていました。

ある晩、いつものようにナイトクラブで遊んでいた時、彼女から電話のラッシュが来たのですが、遊んでいた僕は全く気がつきませんでした。

朝方5時頃、自宅に帰ると彼女が待って居ました。彼女から「どこに行ってた?」と言われた瞬間、僕の胸には「彼女を失いたくない」と言う気持ちが込み上げてきて、気づけば平謝りを続けていました。

その熱意が伝わって、どうにか許して貰うことができました。今ではとても反省して火遊びは全くしなくなり、彼女をとても愛しています。

20代前半/自営業/男性

自分の非を認めて相手が落ち着いたタイミングで謝る

付き合っていた彼女とは仲が良くて、会話も弾む関係でした。ある日、お互いが過去に付き合ったことがある人の話をする流れになりました。彼女はかなり男性経験が豊富で、ほとんどが合コンで知り合った男性でした。しかも、出会ってすぐに体の関係を持っていたそうです。

その話を聞いた私はちょっとショックを受けていたこともあり、思わず「よくそんなに軽々と股開けるね」と言ってしまいました。彼女はその言葉が気に入らなかったようで、機嫌が悪くなってしまいました。

私は“喧嘩をする時は何かしらお互いに非がある”と考えていたので、自分の非について考えてみました。振り返ってみると、私は彼女の経験談を聞くことが心地よくなくて、少しイライラして言葉選びが悪くなっていたと反省しました。

彼女が落ち着いたタイミングで、「さっきはごめん、言い方が悪くて傷つけてしまったね」と謝って、仲直りしました。

30代後半/メーカー系/男性

衝突したらすぐに謝る

彼女とは同じ職場で付き合う前から仲が良く、月に1~2回飲みに行っていました。仕事を辞めるタイミングで付き合うようになり、一緒に県外で就職と同時に同棲開始。

仲良く楽しくしているつもりでしたが、職場も家も同じということもあり、小さい事で言い合いをするようになりました。

最初のうちは言い返したりもしていましたが、キリがないので一度ひたすら謝り倒したら、彼女の機嫌が良くなる事が発覚!

それ以来、衝突したらすぐに謝るようにしています。もちろん、イライラの原因を少しずつ消していく努力もしています。

30代前半/商社系/男性

何が原因だったかを考え、先に謝る

学生時代に付き合った彼女は社会人でした。お互い学業と仕事が忙しく、会う時間があまり多くありませんでした。

私達は元々、連絡を頻繁に取る性格ではありませんでしたが、彼女から「最近、なかなか会えてないから、会える時間は大切にしたい。だからまめに連絡を取り合って、出来るだけ長く一緒の時間を過ごせるようにしよう」と言われていました。

しかし普段から連絡を取る習慣がなかった私は、報連相がいつもギリギリになっていて、デートに遅れたり、すっぽかしたりしてしまうことが増えました。

あまりにもそれが続いたので、ある時、彼女と別れるギリギリの喧嘩をしましたが、その時は自分が100%悪いので「次から気をつける」と謝って許してもらえました。

20代後半/流通・小売系/男性

【2位】一晩待つ・距離を取る

一晩待つ・距離を取る

お互い会わずに時間を置く

私が大学生の頃に付き合っていた彼女と初めてケンカをした時のことです。

今までは納得ができなくても私から謝って仲直りしていたのですが、初めてケンカした時は、お互いにヒートアップしているので、冷静になるためにもシンプルに「会わずに時間を置く」という方法を実践してみました。

その結果、お互い冷静に話をすることができ、余計に仲良くなったと思っています。

お互い会わずに時間を置くことで冷静になれるので、是非試してみてください。

30代後半/医療・福祉系/男性

【3位】時間を置いて、普段通りに接する

時間を置いて、普段通りに接する

しばらく経ってから普段通りに接してみる

初めて彼女と喧嘩したのは、いつも彼女の言い分を受け入れていた私が初めて口答えしてしまった時でした。

彼女は不意をつかれたような様子でしばらく黙っていたのですが、今までそんな対応をされてきていなかったため、やりとりに困ったようで、「もういい!」と話を続けるのをやめてしまいました。

時間が解決すると信じていた私は、しばらく経ってから普段通りに接してみました。すると素直にお互い謝る事ができ、あの時の心境を冷静に解説できました。

30代前半/専門コンサル系/男性

【4位】相手が話しかけてくるのを待つ

相手が話しかけてくるのを待つ

無視はしないが、むこうから話すまでは話さない

以前、彼女が私に話しかけた時に私の機嫌が悪く、悪態をついてしまったことがあります。その後、私から話しかけても無視され、いくら話しかけても返事がありませんでした。

そこで、こちらから話しかけるのは止めて、無言状態を続けました。むこうから話すまでは話さなかったですね。どうしても私に話さなければならない用事が出来るまで、待ちました。

後日、相手から接触があった時、私は普通と変わらないテンションで話しました。彼女も最初こそ納得がいかない感じで口調は穏やかではありませんでしたが、話しているうちに普通になりました。

教訓としては、普段から相手が気分を悪くする態度をとらないことが肝心です。

50代後半/サービス系/男性

【5位】落ち着いてからきちんと向き合う

落ち着いてからきちんと向き合う

お互い一回落ち着いて考えてから話す

恋人とLINEで頻繁に連絡を取り合っていた頃、お互いに返信が遅れて2日ほど期間が空いてしまったことがありました。私は返信が返って来ない状況に焦り、煽るような形で返信しました。すると彼女から「今、仕事中」とだけ返ってきました。2日も空いているのにその返答はないだろうと思い、「せめて返信ぐらい返せよ」と言ってしまったところ、相手は気分を害したのか、そこから1週間ほど連絡が途絶えました。

当初はイライラしていましたが、頭が冷えてくるにつれて、「忙しい時に急かすようなLINEを送って、迷惑だったよな…」と反省する気持ちが出てきました。

その後、彼女から「ごめん…少し話せない?」と連絡が来て、なんだか申し訳ない気持ちになりました。

そこから「イライラした際・不安な時などは、文字でやり取りをしないで電話で言いたいことを言う」というルールができました。文字だけでは伝わらないことがあると、その初めての喧嘩で理解しました。

20代前半/マスコミ系/男性

彼女と初めて喧嘩してしまった時の対処法まとめ

この記事では、彼女と初めて喧嘩してしまった時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

彼女と初めて喧嘩してしまった時の対処法アンケートでは、1位は『己の非を認め、自分から謝る』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

彼女と初めて喧嘩してしまった時の対処法アンケート詳細

【アンケート調査概要】

調査方法 インターネットによるアンケート調査
アンケート内容 彼女と初めて喧嘩してしまった時の対処法を回答
調査期間 2022年11月24日~12月09日
回答者数 男性100人
年齢 20代~50代

【アンケート調査結果】

順位 回答数 彼女と初めて喧嘩してしまった時の対処法
1位 53票 己の非を認め、自分から謝る
2位 12票 一晩待つ・距離を取る
3位 11票 時間を置いて、普段通りに接する
4位 10票 相手が話しかけてくるのを待つ
5位 9票 落ち着いてからきちんと向き合う
その他 5票 上記以外の回答

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年11月24日~12月09日
回答者数:100人