彼氏の暴言に冷めた…女性100人が実践した対処法16選

彼氏 暴言 冷め た

「彼氏の暴言に冷めた…」と悩んでしまう事もありますよね。

対処法としては「きつく指摘する・冷たく接する」や「冷却期間をおく・少し離れる」が挙げられますが、同じ経験を持つ女性が実際に対処した方法や体験談を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、女性100人に聞いた彼氏の暴言に冷めた時の対処法ランキングに加えて、リアルな体験談と共に対処法16選をご紹介しています。

彼氏の暴言に冷めた時の対処法ランキング

順位 割合 彼氏の暴言に冷めた時の対処法
1位 25% きつく指摘する・冷たく接する
2位 24% 冷却期間をおく・少し離れる
3位 18% 許せないなら別れる
4位 12% 必要最低限の会話しかしない
5位 11% 落ち着いてから話し合う
6位 5% 諦めてやり過ごす
その他 5% 上記以外の回答

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏の暴言に冷めた時の対処法アンケート』によると、1位は『きつく指摘する・冷たく接する』、2位は『冷却期間をおく・少し離れる』、3位は『許せないなら別れる』という結果に。

割合で見てみると、1位の『きつく指摘する・冷たく接する』が約25%、2位の『冷却期間をおく・少し離れる』が約24%、3位の『許せないなら別れる』が約18%となっており、1~3位で約67%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に彼氏の暴言に冷めた時の対処法16選をご紹介していきましょう。

【1位】きつく指摘する・冷たく接する

きつく指摘する・冷たく接する

はっきり言う!

彼女や奥さんに対して平気で暴言を吐く男性の話はよく耳にします。私の夫も『馬鹿』『アホ』『役立たず』などと、傷つく言葉を平気で口にします。

彼のご両親はすごく良いお母さんとお父さんなので、あの家でどんな風に育って来たらこんな暴言ばかり言うようになるのか疑問です。

最近では子供が夫の口調に似て来たので、ハッキリと夫には『暴言を吐くのはやめて。子供たちが真似する』と言い、子供には『それは暴言って言うのよ。相手が傷付くからやめなさい』と伝えています。

30代前半/専業主婦/女性

相手が引くほど冷たく接する

去年のクリスマス、彼に夕食はどこに行きたいか聞いたら、「どこでもいい」と言いました。私がQUOカードを持っていたこともあり、QUOカードが使えるレストランに行きたいと話しました。彼も承諾したのですが、それがファミレスだと分かった瞬間、彼は急に冷たい態度になり、気まずくなりました。

お店に向かう車の中で、彼は「別にこのレストランでもいいけどさ…」と言ったので、私は「行きたいお店があるならそこに行くよ?」と伝えました。しかし「別に…」としか答えなかったので、難癖をつけるだけで何も提案しない無責任な彼の態度にイライラしました。

私が「気に食わないなら車からおろして」と冷たく言うと、彼は引いていました。私は普段明るく接していることもあり、ブチギレた姿にショックを受けたのだと思います。

普段から怒らない人が怒るのは、それなりの効果があるんだなと思った一瞬でした。

20代後半/メーカー系/女性

ひとしきりキレた後、問い詰め、とことん話し合う

旦那の子供たちに対しての態度と暴言に度々腹が立っていました。

自分の機嫌次第ですべてを回そうとしたり、「明らかに今、そんなに怒るところじゃないでしょ?」というタイミングで、威圧的にものを投げたり、怒ったりするのです。子供たちへのフォローも全て私なので、そういうことも考えられない人なんだなーと呆れます。

でも、そういう態度を取られた時は、私も旦那に対してブチ切れ、真っ向から反対しますし、旦那が子供たちに謝るまで口も利きません。

相手が歩み寄ってきたら、なんでそう言うことを言ったのか?と問い詰め、とことん話し合います。

30代前半/専業主婦/女性

冷静なトーンで怒る

お互いアルバイトや部活で忙しく、余裕が無い時期でした。いつものように夜に電話をしていて、一緒にゲームをする事になりました。

最初は2人でゲームを楽しんでいたのですが、ゲームのとあるキャラクターを見て、彼が「お前じゃん、このキャラ」と一言。普段の私であれば笑ってスルーするのですが、その時は疲れからか心の余裕があまり無かったため、「は?ふざけないで!」と怒ってしまいました。

しかし彼は私がいつも通りふざけていると思ったのか、再び同じような発言をしました。それに対して私は怒りを通り過ぎて呆れてしまい、「今日はもう寝るから、おやすみ」と電話を切ろうとしました。あまりにも私が冷静なトーンで怒るので、彼も冗談じゃないと理解したのか、すぐに「怒らないで?ごめんね」と謝ってきました。

お互いに余裕がない時にこのようなちょっとした揉め事が起こりがちなので、それからは忙しい時はあまり長電話をしない等ルールを決めて、お互い心地よい関係を保ち続けています。

20代後半/学生/女性

【2位】冷却期間をおく・少し離れる

冷却期間をおく・少し離れる

冷却期間を設け、許せるか判断する

付き合ってお互い遠慮が無くなった頃というのは、いろいろな意味で危険な時期です。

ある日、共通の友達を含め、三人でカラオケに行ってワイワイしていた時、彼が私に「ブス」と呼びかけたんです。ドン引きしたのは彼の友達で、すごくフォローしてくれたんですが、余計惨めな気分になりました。

酔いが醒めた彼は友達からきつく注意され、「普段思ってないけど、酒が入って気が大きくなってつい…」とか言い訳してましたけど、「むしろ普段から思ってるから、酒で本音が出たんだろがー!」と思いました。

すごく傷ついたので冷却期間を設け、許せるか判断することにしました。結局、私が飲み込み、元通りの関係に戻りましたが、あの時の発言は本音だったのだろうと今でも思っています。

40代前半/専業主婦/女性

いったん相手と距離を置いて考える

大学時代に付き合っていた彼は友達が多く、一人暮らしをしていた私の部屋に頻繁に友達を呼びたがりました。彼は実家暮らしだったし、私も一人よりは楽しいからいいか、と初めのうちは許していましたが、連日入り浸るようになったので少し疲れてしまいました。光熱費だってかかります。そのことを伝えると、彼は「友達もお前が寂しくないように来てくれてる」とあくまで善意だと言い張るので、それ以上何も言えませんでした。

ある日、夜中に彼から着信があり、「今、友達と家の前にいるから鍵を開けてくれ」というのです。声色からしてベロベロに酔っていました。「明日は朝イチで授業があるし、バイト帰りでこっちも疲れているから無理だ」と断ったのですが、聞く耳を持たずドアを叩いて騒いでいるので、仕方なくその日は友達も泊めてあげることにしました。

次の日、家を出るからと彼と友達を起こしましたが、二人とも起きる気配がないので、鍵を閉めて大学へ行きました。授業中に彼から着信が入っていたのでかけ直すと、「鍵ないから家出られない。開けっ放しでいいのか。ポストに入れとくくらいしろ。考えたら分かるだろ」と文句を言われました。なぜ私が責められているのか全く分からず、「開けっ放しでいいから出てっていいよ」とだけ伝え、電話を切りました。家に帰るともちろん誰もおらず、カップ麺の空き容器が二つ残っていました。彼から何度か着信やLINEが来ていましたが、話す気になれず、しばらく無視していました。

一週間ほど経ち、今後のことについて彼と電話で話すことにしました。部屋に入り浸ることも、深夜に来たことも、不満は全部彼に話しました。しかし彼は自分が悪いとは微塵も思っていないらしく、私が電話に出なかったことを責め始めました。潮時かなと思い、別れ話を切り出しました。最初は断られましたが、もう無理だということを伝え、半ば無理やり別れました。

私は流されやすい性格なので、距離を置いて考える必要があったのだと思います。そのほうが性に合っていたのでしょう。その場で面と向かって思ったことを言える方は、距離を置く必要は無いかと思いますが、いったん冷静になってから向き合うという点では、いったん距離を置くというのもおすすめです。

20代後半/専業主婦/女性

距離を置いてお互いが落ち着いてから改めて話し合いをする

大学が同じで最近まで付き合っていた彼氏は、独占欲が強く、大学内で私が異性の友達と仲良く話している姿に不満を持っていました。

そのことを伝えられてから、意識して頻度を減らしたりしていたのですが、授業内のグループワークでの話し合いでの態度まで指摘されたことがありました。「なんで仲良くするの?」「連絡交換する必要ある?」と言われましたが、私はあくまで授業で必要なことだったからやっただけで、それ以上の関係ではないと説明したのですが、わかってもらえず言い合いをしてしまいました。

それから、彼と連絡頻度を減らし、少し距離を置いたらお互い落ち着いて、後に改めて話し合いをすることができました。

今では仲直りして仲良く過ごしています。

20代前半/学生/女性

少し距離を置いてみる

暴言を吐く彼とお付き合いしていた時は、お互いに余裕がない時でした。私はどんな事で暴言を吐かれても、今以上怒らせないようにして、謝ったりしていました。しかし彼の暴言はひどくなるばかりで、お互いにとって良くないと感じました。

暴言を吐かれた時、ムキになって言い返してしまったりすると余計に悪化してしまうだけなので、少し距離を置いてみるのが良いと思います。

距離を置くと彼も冷静になる時間ができて反省し、謝ってきてくれました。

また「暴言を吐かれて悲しい」と伝えられるようになる事も大事だと思いました。

30代後半/サービス系/女性

【3位】許せないなら別れる

許せないなら別れる

別れる

二人で過ごす初めての夏に花火大会があったため、一緒に行くことになりました。私はワクワクして、彼にびっくりしてもらおうとサプライズで浴衣で行くことにしました。お気に入りの浴衣を手に取り、約束の2時間前に集合場所の最寄り駅の近くで着付けしてもらいました。

彼に早く見せたくてウキウキして、いよいよご対面でしたが、彼からは「え?何その浴衣の柄…変なの」と信じられない一言が。思わぬ一言に私は泣いてしまいました。

結局、彼が慌てて謝ってくれ、その日は花火大会に行くことになりましたが、まったく楽しめませんでした。

そんな彼と長続きすることはなく、早々にお別れとなりました。

40代前半/専業主婦/女性

わだかまりが消えないなら別れる

いくら喧嘩がヒートアップしたとは言え、言ってはいけない暴言があります。咄嗟に出た言葉だから…と言い訳する人がいますが、普段からそういうことを思っているからこそ、油断した瞬間にぽろっと出るのだと思います。

たとえ関係が修復し仲良く戻ったとしても、傷つけられた悪口は決して忘れることはないです。いつまでもわだかまりがあります。

モヤモヤしたままにしてぶり返しても良い関係は続かないので、私は別れます。

彼には「自分は別れを告げられるほど、彼女に対してひどい暴言を吐いていたのだ」と気づき、反省してもらいたいです。

30代後半/専業主婦/女性

「もう電話とかして来ないでね」と伝え、別れる

20代の頃でしたが、5歳年上の彼の猛アタックで付き合うことになりました。最初は優しくて面白くていい人だなと思っていたし、一人暮らしの彼のアパートによく行っていました。

数年経った頃、彼は貯金するために実家に戻ると言って、遠距離恋愛が始まりました。当時は今のようにラインもインターネットもまだありませんでした。最初は良かったのですが、彼はだんだん私のところに車で3時間かけて来るのを億劫に感じるようになったようです。

ある時、彼が私の県に来て、二人で評判のいいレストランで食事をしていましたが、彼が「俺にはこんな味は合わん!」と言いました。私は唖然として涙が出て来ました。このことがきっかけで、何年か付き合ったけど、彼を変えることはできないとやっとわかりました。

レストランにはお互いの車で来ていたので、現地解散になったのですが、彼が車に乗った時、「もう電話とかして来ないでね」と伝えました。彼は明らかに不機嫌そうな表情を浮かべていましたが、プライドが高いため、素直に「わかった」と言い、私たちはもう会うことはありませんでした。でも別れた時、今までにないような爽快感を感じましたね。

40代前半/不動産・建設系/女性

【4位】必要最低限の会話しかしない

必要最低限の会話しかしない

最低限の会話しかしない

夫は仕事が忙しくなると余裕がなくなり、物に当たったり思いやりのないことを言うことがあります。

先日、朝のゴミ捨てを頼んだら「俺がゴミ捨てに行く時間を時給換算したら、いくらになると思う?」と言われました。何が言いたいのか分からずポカンとしてしまいましたが、よくよく考えると「家事は経済的な価値が低い方がやるもの。俺の方が稼ぎが良いから、ゴミ捨てをしている時間に働けばより高いお金を稼ぐことができる。だからゴミ捨てはするべきではない。お前がやれ」という意味だったんだなと理解しました。

ちなみに私も正社員で朝から夜まで働いています。夫の器の小ささ、思いやりのなさに呆れ、それ以来、必要最低限の会話しかしていません。面倒な上司と接する時のように、会話は端的に必要事項のみ。ビジネスライクで接しています。

正直、暴言を吐かれない今の方が楽です。しばらくこのままでいいかな。

40代前半/法律系/女性

LINEの返事を全部スタンプにして返す

彼氏が転勤となり、遠距離恋愛になりました。半年もした頃、急に休みが出来たので、彼氏を驚かそうと事前連絡をせずに会いに行くことにしました。

彼宅の前でいるかどうか電話連絡したのですが出なかったので、LINEで「合鍵で入ってご飯作って待ってるね」と送ってから、もらっていた合鍵で彼の部屋に入りました。

すると仕事から帰宅した彼が「勝手に家に入るなんてありえん」と暴言を吐きました。自分が合鍵を渡した癖にと、私も怒りが頂点になり、そのまま彼宅を出ていきました。

その後、彼氏から謝りのLINEと電話が来ましたが、留守電にしてLINEの返事もスタンプのみにしました。ささやかな仕返しです。私はとっくに落ち着いていますが、彼氏が気にしているようなのでしばらく反省させようと思っています(笑)

50代後半/専業主婦/女性

【5位】落ち着いてから話し合う

落ち着いてから話し合う

落ち着くまで距離を置いて、落ち着いたら諭す

夫と付き合っている時から、たまに暴言を吐かれることがありました。何か問題が起きると暴言を吐いてきて、落ち着かせようとしてもヒートアップするので、出来るだけ離れて冷静になるのを待つようにしています。そして離れている間に、悲しかったことやどこが嫌だったかを整理しておきます。

夫は落ち着くと様子を窺いながら話しかけてくるので、そのタイミングで「さっきのは傷付くし、嫌だったなー」とあまり重くならないように言っています。

前は嫌だったと伝えていなかったので、なかなか気持ちが切り替えられずにいましたが、言うようになってからは少し気分も楽になり、夫もどうして暴言を吐いたのかを説明してくれるようになりました。

まあ、どんな理由があっても暴言を吐かれるのは普通に腹が立ちますけどね。

20代前半/専業主婦/女性

気持ちの整理がつくまでは連絡を控える

知り合った時は同じ県内で最寄駅も近かったので、好きな時に会うことができたのですが、彼が仕事の都合で県外に引っ越し遠距離となりました。私は勤めていた会社をまだ続けていたかったので、一緒に引っ越すことはできませんでした。

最初はほぼ毎日テレビ電話をしていたのですが、徐々に毎日ではなくなり、連絡する頻度が少なくなっていきました。するとある時「何で一緒に来てくれなかったんだ」と少し厳しい口調で言われてしまいました。今までに見たことがない一面だったので、信頼して大丈夫なのかと不安になってしまいました。

そこで気持ちが落ち着くまでは、しばらく連絡しないようにしました。

気持ちの整理ができて後々理由を聞いたところ、彼は仕事面でのストレスやすぐに会えない寂しさを抱えていて、さらに飲酒をしていたため、少し強い口調になってしまったそうです。理由を聞き、2人でよく話し合うことができたため、今では不安はなくなり、仲良くしています。

20代後半/メーカー系/女性

【6位】諦めてやり過ごす

諦めてやり過ごす

自分の成長の踏み台にしてやると考え、やり過ごす

5年程前のことです。同じ職場の同僚とお付き合いしていたのですが、この彼が異常なほど嫉妬深い性格で、大変苦労しました。職場には彼の他にもう一人男性がいたのですが、なぜか私とその人の仲を怪しんでおり(実際にはろくに話したこともない)、ことあるごとに言いがかりをつけてきました。

ある時は「時間を合わせてトイレに行っただろ」、またある時は「同じシャンプーの香りがする!」など、激しく非難を浴びせてきました。

こうなったらもう何を言っても無駄なので、「全て私の努力不足です。ごめんなさい」と言いながら、頭の中では某お笑い芸人張りに「ごめんねごめんね〜」と連呼していました(笑)

そして、この人はもう変えられないから、私が大人になって成長してやろう、この経験を次に活かすための踏み台にしてやろうと考えながらやり過ごしました。

30代後半/専業主婦/女性

彼氏の暴言に冷めた時の対処法まとめ

この記事では、彼氏の暴言に冷めた時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

彼氏の暴言に冷めた時の対処法アンケートでは、1位は『きつく指摘する・冷たく接する』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

彼氏の暴言に冷めた時の対処法アンケート詳細

【アンケート調査概要】

調査方法 インターネットによるアンケート調査
アンケート内容 彼氏の暴言に冷めた時の対処法を回答
調査期間 2022年12月01日~12月16日
回答者数 女性100人
年齢 20代~50代

【アンケート調査結果】

順位 回答数 彼氏の暴言に冷めた時の対処法
1位 25票 きつく指摘する・冷たく接する
2位 24票 冷却期間をおく・少し離れる
3位 18票 許せないなら別れる
4位 12票 必要最低限の会話しかしない
5位 11票 落ち着いてから話し合う
6位 5票 諦めてやり過ごす
その他 5票 上記以外の回答

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年12月01日~12月16日
回答者数:100人