彼女とのデートがつまらない…男性100人が実践した対処法10選

彼女 デート つまらない

「彼女とのデートがつまらない…」と悩んでしまう事もありますよね。

対処法としては「普段と違う事や新しい事をする」や「無理せず早めに解散する」が挙げられますが、同じ経験を持つ男性が実際に対処した方法や体験談を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、男性100人に聞いた彼女とのデートがつまらない時の対処法ランキングに加えて、リアルな体験談と共に対処法10選をご紹介しています。

彼女とのデートがつまらない時の対処法ランキング

順位 割合 彼女とのデートがつまらない時の対処法
1位 45% 普段と違う事や新しい事をする
2位 20% 無理せず早めに解散する
3位 11% お互いに楽しめるプランを模索
4位 10% 少し時間や距離を置く
5位 9% 切り替えて、自分なりに楽しむ
その他 5% 上記以外の回答

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女とのデートがつまらない時の対処法アンケート』によると、1位は『普段と違う事や新しい事をする』、2位は『無理せず早めに解散する』、3位は『お互いに楽しめるプランを模索』という結果に。

割合で見てみると、1位の『普段と違う事や新しい事をする』が約45%、2位の『無理せず早めに解散する』が約20%、3位の『お互いに楽しめるプランを模索』が約11%となっており、1~3位で約76%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に彼女とのデートがつまらない時の対処法10選をご紹介していきましょう。

【1位】普段と違う事や新しい事をする

普段と違う事や新しい事をする

予算を決めてお互いに似合いそうな服をコーデする

付き合って2年が経ち、二人とも慣れてきてからの話です。普段から買い物が好きな二人ですが、好みが全然違うので一緒にできることがなく、つまらなくなってしまいました。

そんな時に一度、安い服屋で「それぞれ1万円まで」と決めて相手に似合いそうな服を買い込み、帰ってからお互いに着てもらって見せ合うという遊びをしました。するとお互いの好みが知れた上、自分なら絶対に選ばない服のチョイスが面白く、新鮮な気持ちで楽しかったです。

値段も決めていたので不公平さもなく、予算の中でやりくりする楽しみもあります。

この時に選んだ全身コーデは安い服でしたが、思い出のものなので今でも大事にしています。

20代後半/公務員・教育系/男性

違う場所に行き、目新しい物に触れる

楽しくないとしても、まずは楽しむ努力をしてみることが大切です。何でつまらないのか、きっと何か原因があるはずです。

ともかく、せっかくのデートで楽しまないと時間も勿体無いので、2人の大切な時間を楽しみましょう。

もし同じ場所に飽きているようなら、場所を変えてみたり、「違う所に行きたい」と話すのもいいかと思います。

目新しいご飯を食べたり、スイーツを食べたり、写真を撮ったりして気持ちを変え、相手の事をもう一度よく考えると、楽しく過ごせます。

40代前半/公務員・教育系/男性

恋愛モノの映画を見に行く

私も彼女も受け身でした。そのせいか、デートの時はなんとなく集合場所に到着してから、なんとなく街を歩いてカフェ等に入る程度です。

時間の進みが遅く会話も弾まないため、ほぼお家デートになります。

家以外のデートに関して、場を保つためには映画館に行くのが良いです。映画館に行けば2時間程度は会話がなくとも場が保て、映画の内容で食事に行った際も会話ができるので非常に良いです。

映画のチョイスとしては、アクションものよりは恋愛もののほうが彼女と親密な雰囲気になれるため、おすすめです。

40代後半/IT・通信系/男性

場所に変化を持たせて話題を作る

私は車の運転が好きなので、とにかく場所を点々として変化を持たせ、時間をもたせるように工夫しています。

どんな場面なのかわかりませんが、動きを付けることで話題がある程度フレッシュなことが言えるようになるかと思います。相手に共感しつつ、今見えていることや感じることを言えば、自然と会話は成立すると思います。

あとは、食事の話題や体調なども気にかけて話すようにしています。また、その際に食事の嗜好(特に嫌いな食べ物について)は聞くようにしています。

デートをするとご飯を食べる機会が多いと思うので、食事の好き嫌いなどは把握しておきたいポイントだと思っています。

30代後半/公務員・教育系/男性

ちょっとした変化を楽しむ心を持つ

彼女とのデートがつまらなくなると感じる原因は2つあると思います。1つ目は彼女への愛情の変化です。出会った頃など、たくさんの愛情を注いでいた時は何をしていても楽しかったでしょう。ですが、喧嘩したりして気持ちが離れてしまってはつまらなくなるのも当然です。

改善策としては、とにかく話し合うことです。もう一度出会った頃の気持ちに戻ってみてはいかがでしょうか。デートがきっと楽しくなると思います。

2つ目は彼女への愛情は変わらないけれど、同じことの繰り返して飽きてきているパターンです。これは楽をしたい気持ちから生まれるつまらなさです。デートの経験が少なくて選択肢が限られる場合に起きやすいですね。

この場合、デートの行き先は変えなくて良いので、道のりに少し変化を持たせる事が大事です。大きく変えようとすると悩んでしまいますので、些細な事で良いと思います。例えば、いつも通りすぎるだけの店に入ってみたり、道順を変えてみたりする事が効果的でしょう。ちょっとした変化を楽しむ心が大切です。

40代後半/自営業/男性

【2位】無理せず早めに解散する

無理せず早めに解散する

その日は早めに解散する

ある日のデートの時、恋人は仕事で疲れていて、プランを立てられる状態ではなかったので、二人で目的もなく街をうろついたりしていました。こちらの話も上の空で、意味もなくイライラしていました。おまけに愚痴るでもなく不機嫌なので、とても感じが悪かったです。

一緒にいても楽しくないなら、デートの意味がないなと思いました。いくら約束をしていたからといって、疲れている時に無理に会って変な雰囲気になっては本末転倒です。それより元気な時に楽しい時間を過ごしたいので、その日は早めに解散しました。

その次のデートは楽しく過ごせたので、疲れている時は無理をせず、お互いのためにも休むに限ると思いました。

30代後半/流通・小売系/男性

明日の仕事の準備があると伝えて解散を早める

お互いに金欠すぎて、共通の趣味のカラオケをする以外に遊ぶことが見当たらなかったです。しかし彼女がノドを痛めてしまい、ご飯に行くことくらいしかできない時期がありました。そうなるとお互いにやることがなさすぎて時間をもてあまし、ダラダラしはじめました。

私はやることがないまま無駄に時間を過ごすことが苦痛だったので、彼女には申し訳ないですが、早めに切り上げようと思いました。

ただ「一緒にいるのがつまらないから」と言ってしまうと角が立つので、「職場の上司から、明日の仕事の準備をしておくようにとLINEが入った」と伝えて早めに解散するよう促しました。

実際はそんな指示はないのですが、彼女を傷つけずに済んだので嘘も方便だと思っています。

30代後半/流通・小売系/男性