彼氏とのLINEで話すことがない…女性100人が実践した対処法18選

彼氏 line 話す こと ない

「彼氏とのLINEで話すことがない…」と悩んでしまう事もありますよね。

対処法としては「スタンプを駆使する」や「写真や画像を送る」が挙げられますが、同じ経験を持つ女性が実際に対処した方法や体験談を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、女性100人に聞いた彼氏とのLINEで話すことがない時の対処法ランキングに加えて、リアルな体験談と共に対処法18選をご紹介しています。

この記事はfamicoが独自に制作しています。記事の内容は全て体験談・実体験に基づいており、ランキングの決定は独自のアンケート調査等によるデータを掲載しています。詳しくはfamicoコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事は2023/01/31時点でfamico編集部により内容の確認・更新を行い、最新の内容であるように努めています。

彼氏とのLINEで話すことがない時の対処法ランキング

順位 割合 彼氏とのLINEで話すことがない時の対処法
1位 22% スタンプを駆使する
2位 21% 写真や画像を送る
3位 20% 無理に会話しない・足るを知る
4位 10% 今起きている事や今日の話をする
5位 9% 質問する・聞き役になる
6位 4% 自分の話をする
7位 4% 電話する
その他 10% 上記以外の回答

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏とのLINEで話すことがない時の対処法アンケート』によると、1位は『スタンプを駆使する』、2位は『写真や画像を送る』、3位は『無理に会話しない・足るを知る』という結果に。

割合で見てみると、1位の『スタンプを駆使する』が約22%、2位の『写真や画像を送る』が約21%、3位の『無理に会話しない・足るを知る』が約20%となっており、1~3位で約63%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に彼氏とのLINEで話すことがない時の対処法18選をご紹介していきましょう。

【1位】スタンプを駆使する

スタンプを駆使する

スタンプでごまかす!

旦那と付き合っていた頃に、頻繁にLINEをするような関係だったのですが、徐々に話のネタが尽きてきて困る場面が何度もありました。

でも最初の頃は、彼も私もLINEを終わらせたくない!と必死だったようで、何とかLINEを繋ごうと頑張っていました。

スタンプを送って「それ可愛いね!」とか、変なスタンプも送って「ウケるw」とか、当たり障りのない会話を何度もしていました。

今にしてみればくだらないなぁと思いますが、当時はコミュニケーションが取れたことに満足していました。

30代前半/専業主婦/女性

気持ち悪いスタンプを押して気を引く

旦那とは出会った頃から毎日LINEでやりとりをしていました。私は夜勤の仕事もあったので、時間が合わないこともあったのですが、いつでもLINEを送っていました。

当初はすぐに返事が来ることも多かったですが、毎日LINEしているので話のネタが尽きることもしばしば・・・。

そんな時は、ちょっと気持ち悪い感じのスタンプを押します。すると「キモい」とか「そのスタンプどんな気持ち?」と返事が来るので、話のネタがなんとか続きます。そのうち、相手も似たようなキモイ系のスタンプを返すようになって妙に盛り上がっていました(笑)

次のデートの時、「なんであのスタンプ買ったん?」と聞いたりして、LINEスタンプが会話のネタになっていました。

30代後半/専業主婦/女性

関係ないスタンプを送って、きっかけを作る

彼はあまり自分からLINEを送る人ではなく、大体いつも私から送っていました。なので、必然的に「送りたいけど話すことがないな」と感じる時が多かったです。

そういう時は、関係のないお気に入りのスタンプを送って、かまってアピールをしていました。彼もそれが面倒ではなかったようで、すぐにではないですが、数時間以内には必ず返してくれました。

基本的には、スタンプにはスタンプで返されますが、たまにスタンプを送ると、「そういえば、あの時の〇〇、△△だった」とメッセージをくれることがあり、それがきっかけで会話が盛り上がることもありました。

20代前半/商社系/女性

スタンプの羅列でコミュニケーションを図る

私の彼氏はLINEの返事が短すぎるんです。私が長文で色んな話題を振っても、「うん」「そうだね」「へー」「大変だね」「わかったよ」「ありがとう」などの短い言葉でしか返事が来ず、会話が続きません。

会えば彼もきちんと話してくれるのですが、LINEだと何故か会話が弾みません。

質問形式にして返事を促す等、いろいろな方法を試してみるものの、やはり短いLINEが返ってくるだけです。

そこで、私はスタンプの羅列をすることにしました。このやり取りなら、いくら相手の反応が薄くてもスルーできるので、毎日送っても気になりません。

50代後半/専業主婦/女性

【2位】写真や画像を送る

写真や画像を送る

恋人がくれたグッズの写真を送る!

私の場合、特に話すこともないけど恋人とLINEしたい時は、スマホの画像フォルダにある写真を送る事が多いです。しかし風景の写真などを送ってしまうと彼も反応しづらいので、美味しそうなケーキの写真だったり、ちょっと笑える写真が良いと思います。

私は、彼がくら寿司のガチャガチャにハマっていた時にくれた、可愛い景品「ウナ子」をデスクに飾っています。彼に何となくかまってほしい時は、そのウナ子の写真を送ります。

PCのディスプレイに座るウナ子、お菓子の上にいるウナ子、ペン立てのフチにぶら下がっているウナ子、お洒落なマグカップと一緒にインスタ映えしたウナ子等、いろいろな写真を送って、ウナ子を大切に可愛がっている様子を見せます。

すると彼も自分があげたものだから嬉しいみたいで、すぐ返信がきます。

40代後半/医療・福祉系/女性

画像を送ろう

毎日LINEをしていると、話題が尽きると思います。だからと言ってLINEをしないのは不安で寂しいのではないでしょうか。

私は今の夫と結婚前に、LINEで話すことがないと悩んだ経験があります。その時は、お昼に食べたものの写真や、彼氏からのプレゼントを身に付けている写真、小さい頃の写真などを送っていました。

画像を送ると相手も気になるのか、すぐに既読になる割合が高かった気がします。

盛り上がり、同じ時を共有している実感が湧くことで、親密度も高まると思うのでおすすめです。

20代前半/専業主婦/女性

食べたい物の画像を送る

彼氏とはマッチングアプリで出会い、共通の知人もいないため、話の内容に困ることがよくありました。

付き合って3ヶ月ともなると、好きな食べ物や家族についての話題もしてしまったし、毎日「今日は何してるの?」と聞くのも重たいのではないかと迷いました。

そんな中、ふと「お互いの好きな食べ物のことをテーマにするのはどうだろう」と考えました。そこで自分も相手も好きな食べ物で、食べに行けそうな美味しいものを探し、画像を送ってみました。

すると、彼も好きな食べ物なので反応してくれますし、自然に次のデートを決めることもできました!

20代後半/公務員・教育系/女性

食べたものを写真付きで共有する

遠距離恋愛中は、会いたいと思った時にすぐに会うことが難しいです。だからこそ私は、物理的距離だけではなく、心の距離も離れないようにするために頻繁に連絡を取りたいと考えています。

しかし、これといって話したいという話題がない時は、LINEがなかなか続かず、寂しい思いをすることもありました。

どうにかしてやり取りを続けたいと思った私は、今日の食事の紹介をすることを思い付きました。「ラーメンを食べに行ったよ」「今日はオムライスを作ったよ」「今日はコンビニおにぎり」のように、食べたものを写真付きで共有するようにしました。そうすると彼からは、「どこのラーメン?」「おいしそうだね」「俺は〇〇を食べたよ」というように、返信がよく来るようになりました。

毎日何かしらは食べるので、それがLINE上で続く話題の1つとなりました。恋人とLINEで話す内容に困った際は、ぜひやってみて欲しいです。

20代前半/自営業/女性