彼氏依存をやめたい…女性100人が実践した対処法18選

彼氏 依存 やめたい

「彼氏依存をやめたい…」と悩んでしまう事もありますよね。

対処法としては「意識的に距離を取る」や「他に夢中になれる事を見つける」が挙げられますが、同じ経験を持つ女性が実際に対処した方法や体験談を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、女性100人に聞いた彼氏依存をやめたい時の対処法ランキングに加えて、リアルな体験談と共に対処法18選をご紹介しています。

本コンテンツはfamicoが独自に制作しています。コンテンツの内容は全て体験談・実体験に基づいており、ランキングの決定は独自のアンケート調査等によるデータを掲載しています。広告等が含まれるコンテンツの場合、広告主等はコンテンツの内容・ランキングの決定に一切関与していません。詳しくはfamicoコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事は2023/01/31時点でfamico編集部により内容の確認・更新を行い、最新の内容であるように努めています。

彼氏依存をやめたい時の対処法ランキング

順位 割合 彼氏依存をやめたい時の対処法
1位 27% 意識的に距離を取る
2位 26% 他に夢中になれる事を見つける
3位 25% 冷静に頭を整理する
4位 10% 忙しくする・予定を埋める
5位 5% 話し合う
その他 7% 上記以外の回答

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏依存をやめたい時の対処法アンケート』によると、1位は『意識的に距離を取る』、2位は『他に夢中になれる事を見つける』、3位は『冷静に頭を整理する』という結果に。

割合で見てみると、1位の『意識的に距離を取る』が約27%、2位の『他に夢中になれる事を見つける』が約26%、3位の『冷静に頭を整理する』が約25%となっており、1~3位で約78%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に彼氏依存をやめたい時の対処法18選をご紹介していきましょう。

【1位】意識的に距離を取る

意識的に距離を取る

スマホの電源を切って、好きな事をする

片想いをしていた人からまさかの告白を受けて付き合い始めました。

彼はすごくマメで嬉しくて、大切にしてくれるなあと幸せを噛み締めていたのですが、3か月経つ頃にはすっかり落ち着いて、LINEの返信も雑になってきました。返信までの時間が長くなっていき、私自身がその返信を待つのにスマホに縛られる時間が増え、友達と遊んでいても上の空に…。

これでは自分自身がだめになってしまうと思って、思い切ってスマホの電源OFF!その間に読書したり、運動したり掃除したり、身の回りをスッキリさせていたら、彼氏のことも気にならなくなりました。

さらに彼氏の返信の遅さを責めることもなくなって、円満になれました。

30代前半/IT・通信系/女性

スマホを見ないようにし、他の活動をする

彼からのLINEをなるべく見ないようにします。連絡があるか気になってしまう場合は、携帯を見なくても良いようにスポーツ等で汗を流すか、友人と積極的にご飯に行くようにします。

インドア派の人はドラマや映画、歌などを見て、好きなグループや俳優を見つけて推し活をするのも良いのではないかと思います。

あと、犬を飼ってみるのも手かなと思います。絶対に散歩に行かなければいけないので、少なくともその時間は彼のことを忘れられるはずです。

30代後半/メーカー系/女性

携帯を目に入らない所に置いて、好きな事に集中!

今までは彼からLINEが来ると嬉しくてすぐに返してしまい、こちらからばかり会いに行ってしまっていました。その結果、だんだん彼のLINEが淡白になってきました。

このままではいけないと思い、携帯を手に持っていると常にLINEが来ていないか気になるため、携帯を自分の目に入らない所に置いて、好きな事に集中していました。

そうする事で前よりも返信が遅くなった私を気にした彼から頻繁に連絡が来るようになり、相手から好意を伝えられるようになって、良好な関係を保てるようになりました。

30代前半/商社系/女性

お互いに一人の時間も大切にする

20代までは自分も交際相手も束縛が強く、細かく質問してしまうような付き合い方ばかりでした。例えば、休日に友達と出かける予定ができた時や飲み会に誘われた時、彼氏に「どこで誰と何時から遊んで何時に帰るのか」を報告しなければ怒られていました。しかし相手に同じ事を求めた時に「何でそこまでせないけんの」と言われてしまいました。私は正直唖然として、私には怒るくせにどうして…と怒りさえ湧き出てきました。

ひとまず冷静になって考えてみると、束縛するのは自分に自信がないから、そして相手の事を信用していないからだと気づきました。それからは「夕飯はどうするのか」など自分にも関わってくることだけを確認し、その他は細かく聞くことをやめました。すると彼も少しずつ私への干渉や束縛も緩くなって怒ることも少なくなり、お互い笑顔で過ごすことが増えていったのです。束縛することで、お互いにイライラしたり疲れていたのでしょうね。

当時の失敗を繰り返さないよう、それからの恋愛ではお互いに一人の時間も大切にするようにしています。少し離れる時間を作ることで、お互いの存在の大きさや有難みを感じるようになれます。今では相手に「楽しんでおいで」と言えるようになりました。干渉しすぎない関係性を築くことができるようになり、友人とのことや休日のことも自分から話したいと思って話すようになりました。

もちろん相手の性格にもよると思うので、付き合いだした時に一度話し合うといいと思います。『お互いに居心地がよく、そして安心できる距離感』を保つことができるといいのかもしれませんね。

30代後半/流通・小売系/女性

恋人に素っ気ない態度をとってもらう

構ってほしくて、甘えたくて、彼にしつこくしすぎる私・・・。彼氏が優しくて、私がちょっかいを出す度に何だかんだ相手をしてくれていたので、ついベタベタしていたように思います。

彼への依存が強すぎたため、このままではまずいと思い、彼に素っ気ない態度をとってもらうことにしました。

最初は「もっと構ってほしいのに」「もっと愛してほしいのに」と思っていましたが、そのうち「これ以上はやめておこう」「しつこすぎたな」と思えるようになりました。

20代前半/自営業/女性

【2位】他に夢中になれる事を見つける

他に夢中になれる事を見つける

一人で楽しめる趣味を新しく作る

私はとても甘えたがりで、彼と一緒の時間がとても好きです。なので、いつもくっついているのですが、依存しすぎはお互いに良くないのでは…と、最近思ってきました。

そこで四六時中一緒にいない方が良いと考え、一人で楽しめる趣味を新しく作ることにしました。

今では土曜日にカフェに行き、温かいご飯とハーブティーで優雅な時間を過ごすことが楽しみになりました。

彼以外のことで楽しみだと思えることを見つけると、彼に依存しなくても良くなりました。

20代後半/サービス系/女性

恋人以外の楽しみを見つける

彼以外の楽しみや集中できる趣味を見つけられると、自分の事を考える時間が増えて、彼の事を考える時間が本当に減ります。その結果、依存しなくなるし、考え方が段々と変わってきます。

自分の時間を大切に出来ていると自然と自信もついてきて、些細なことで彼の事が気になったりすることもなく、不安にもなりにくくなります。

依存しなくなると彼との関係も自然と良くなりますので、自分と向き合う時間が大事だと思いました。

30代前半/マスコミ系/女性

彼氏以外に楽しめる趣味を見つける

彼氏に依存してしまう時は、彼氏以外の居場所を見つけるべく、他に趣味を作るようにしています。

ただし料理教室などの「女子力を上げる系の趣味」にしてしまうと、彼氏を思い出して依存を抜け出せないので、彼氏とは全く関係のない趣味を始めるのがポイントです。

私はそんな理由で数年前にサバゲーを始めてみたのですが、今では毎月の楽しみになっています。ストレス発散もできるので、始めてよかったなと思っています。

30代後半/専業主婦/女性

他に熱中できる趣味に没頭するか、自分の好きなことを探す

熱中できる趣味や仕事、好きなことがないと彼氏にしか気が向かなくなり、余計なことを考えたり、彼氏からの返信をひたすら待ってしまったりして、余計に心配になると思います。

そんな時、自分が没頭できるものがあれば、そちらに気が向くため、依存するということもあまりなくなると思います。

私の周りにいる「恋人に依存しやすい友達」も、みんなそれぞれ没頭できるような趣味がなかったり、暇していたりする人が多かったため、そのように感じます。

20代前半/不動産・建設系/女性

他に夢中になれることを探す!

私は彼からの連絡がマメでないとすぐに不安になり、拗らせて喧嘩になってしまいます。

そこで、ふと気晴らしにとあるオンラインゲームをやってみました。すると、みるみるハマってしまい、今では彼と会う時間よりもゲームをしていたいという気持ちが出てきてしまうほどになりました(彼には絶対にそのことを言えませんが・・・)笑

ゲームにハマるようになってからは私の方が連絡不精になってしまい、今度は彼の方が寂しいと訴えてくるようになりました。恋愛は追うばかりではなく、引いてみることも大切なことなんだと改めて感じました。

彼氏が本当に寂しがって他に行っては困るので、ゲームも恋もバランスよく続けていきたいと思っています。

30代後半/医療・福祉系/女性