彼女と会いすぎて疲れる…男性100人が実践した対処法11選

彼女 会い すぎ 疲れる

「彼女と会いすぎて疲れる…」と悩んでしまう事もありますよね。

対処法としては「適当な用事を言いやんわり離れる」や「相手に相談してみる」が挙げられますが、同じ経験を持つ男性が実際に対処した方法や体験談を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、男性100人に聞いた彼女と会いすぎて疲れる時の対処法ランキングに加えて、リアルな体験談と共に対処法11選をご紹介しています。

この記事はfamicoが独自に制作しています。記事の内容は全て体験談・実体験に基づいており、ランキングの決定は独自のアンケート調査等によるデータを掲載しています。詳しくはfamicoコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事は2023/01/31時点でfamico編集部により内容の確認・更新を行い、最新の内容であるように努めています。

彼女と会いすぎて疲れる時の対処法ランキング

順位 割合 彼女と会いすぎて疲れる時の対処法
1位 48% 適当な用事を言いやんわり離れる
2位 18% 相手に相談してみる
3位 10% 会う代わりに連絡を密にする
4位 9% 事前にスケジュールを決めておく
5位 8% 自分の時間を充実させる
その他 7% 上記以外の回答

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女と会いすぎて疲れる時の対処法アンケート』によると、1位は『適当な用事を言いやんわり離れる』、2位は『相手に相談してみる』、3位は『会う代わりに連絡を密にする』という結果に。

割合で見てみると、1位の『適当な用事を言いやんわり離れる』が約48%、2位の『相手に相談してみる』が約18%、3位の『会う代わりに連絡を密にする』が約10%となっており、1~3位で約76%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に彼女と会いすぎて疲れる時の対処法11選をご紹介していきましょう。

【1位】適当な用事を言いやんわり離れる

適当な用事を言いやんわり離れる

「仕事が忙しくなった」と言って、会う回数を減らす

会いすぎて疲れるのなら、解決策は簡単。単純に、会う回数を減らしたらいいのではないでしょうか?毎日会っているのであれば、週2回にするとかにしてみてはどうでしょうか?

しかし理由を訊かれた時、「会うのが疲れた」とか言ったら気まずくなるので、適当に「仕事が忙しくなった」とか話してみてはどうでしょうか?

これを続けてみて、会うのが疲れたという気持ちがなくなったら、また以前と同じような頻度で会ってみるのもいいと思います。

会う回数を減らすことで、お互いのありがたみに気づくこともあります。

30代後半/メーカー系/男性

「家族との予定がある」などと言って一人の時間を作る

「彼女に会いすぎて疲れる」と感じたら、一旦距離を置くのが一番の対処法だと思います。

人間関係全般に言えることですか、毎日同じ人に会っているとその人の大切さというものは薄れていってしまうものです。大切という感情より、疲れるという感情の方が大きくなります。

なので、一日でもいいから一緒にいない時間を作ることが大切だと思います。

ただし、あからさまに離れて行くと喧嘩や別れの原因にもなりますから、「家族との予定がある」などと言って一人の時間を作るのが良いと思います。すると、一人でいる時間と彼女と一緒にいる時間のどっちが楽しいか分かると思います。

20代前半/商社系/男性

仕事などを理由に、会う回数を減らしていく

やっぱり距離をおくこと!仕事などを理由に、会う回数を減らしていくのです。ただし、会わない時間も連絡は取り合っていた方がいいと思います。嫉妬やヤキモチも度を超えるといい方向にはいかないと思うので、その辺は注意を!

あとは自分の趣味などに時間を費やし、気分転換などすれば、いい方向に向かうのではないでしょうか?

そうすれば会いたくなってくる時が来ると思います。これが来ないのであれば、別れるのが一番かと・・・。

最後は話し合いがいいのでは?話さないままでは解決しないですしね。

30代後半/流通・小売系/男性

「母親の調子が良くないから」という理由で会う頻度を減らす

お互いにサービス業ということもあり、勤務がシフト制なので毎月出勤日を報告し合っています。すると彼女は、休みが被っている日は必ず会おうとします。

こちらとしては自分の時間も欲しいので、遠まわしにやんわりと断ることもあるのですが、「趣味と私どっちが大事なの!」と感情的になってしまうので正直困っていました。

ここ最近は「母親の調子が良くないから実家に帰る」という言い訳をしています。流石に彼女も「お母さんと私どっちが大事なの!」とは言わず、「仕方ないね」と納得してくれるようになりました。怒るどころかむしろ母の心配してくれています。

実際、母は70代の高齢者で身体も悪くなりつつある為、100%嘘をついているわけでもないので罪悪感もなく、誰も不快にさせることなく自分の時間を作ることが出来ています。

30代前半/専門コンサル系/男性

これから仕事が忙しくなってきそうだと言う

付き合いたては毎日のように会いたいと思っていました。彼女への想いは変わり無かったのですが、一年を過ぎたあたりから他の友達とも遊びたい、自分の趣味の時間も増やしたいと思うようになりました。

なので「来月から仕事で忙しくなり、土日も出勤することが増えてくる」と彼女に伝えて、やんわり会う頻度を減らしていきました。

毎日当たり前のように会っていると、彼女と一緒に遠出したいという気持ちは芽生えなかったのですが、会っていない期間があったこともあってか、旅行やフェス等に行く機会が増えました。

20代前半/マスコミ系/男性

【2位】相手に相談してみる

相手に相談してみる

話し合いをする時間を作る

恋人と会う頻度が高いほど喧嘩が増え、関係が悪くなってしまった事がありました。

なので、お互いの趣味や友達との時間も同じように大切にできるように、話し合いをする時間を作るようにしています。

お互いに不満に感じること、月に何日会うかなどを擦り合わせ、負担と感じないような接し方を意識して行動するようにしています!

そのおかげで喧嘩もなく仲良くする事ができて、笑顔が増えたので、継続していきたいと思っています。

20代後半/自営業/男性

相談しつつ、新しいことにチャレンジする時間を増やす

私の場合、彼女と会いすぎて疲れるというのは、自分の時間を持てていないことが原因である場合が多いです。

彼女と居ると、本を読んで勉強したり、新しいスキル獲得のために何かに挑戦したりする時間がどうしても減ってしまいます。そうした自己投資の時間を持てない期間が続くと、精神的にしんどくなります。

ですので、交際からある程度の時間が経って関係が落ち着いてきたら、彼女にも相談しつつ、何か勉強したり新しいことにチャレンジする時間を徐々に増やしていきます。すると、新しい世界に出会える感じがしてリフレッシュもできますし、新しい話題が生まれるので彼女との時間にもプラスが返ってきます。

彼女と居る時間、自分の時間、両方をバランス良く大切にしていける関係を築くことが重要かなと思います。

30代前半/IT・通信系/男性