彼氏が結婚してくれなくて疲れた…女性100人が実践した対処法18選

彼氏 結婚 し て くれ ない 疲れ た

「彼氏が結婚してくれなくて疲れた…」と悩んでしまう事もありますよね。

対処法としては「別れを検討する・見切りをつける」や「将来の話をする・期限を設ける」が挙げられますが、同じ経験を持つ女性が実際に対処した方法や体験談を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、女性100人に聞いた彼氏が結婚してくれなくて疲れた時の対処法ランキングに加えて、リアルな体験談と共に対処法18選をご紹介しています。

本コンテンツはfamicoが独自に制作しています。コンテンツの内容は全て体験談・実体験に基づいており、ランキングの決定は独自のアンケート調査等によるデータを掲載しています。広告等が含まれるコンテンツの場合、広告主等はコンテンツの内容・ランキングの決定に一切関与していません。詳しくはfamicoコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事は2023/01/31時点でfamico編集部により内容の確認・更新を行い、最新の内容であるように努めています。

彼氏が結婚してくれなくて疲れた時の対処法ランキング

順位 割合 彼氏が結婚してくれなくて疲れた時の対処法
1位 27% 別れを検討する・見切りをつける
2位 21% 将来の話をする・期限を設ける
3位 20% 話し合う・理由や問題点を明確化
4位 10% しばらく様子を見る・距離を取る
5位 5% 一緒の時間を大切にする
6位 4% 家族や友人等、周りを巻き込む
7位 4% 自分磨きや一人時間の充実を図る
その他 9% 上記以外の回答

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏が結婚してくれなくて疲れた時の対処法アンケート』によると、1位は『別れを検討する・見切りをつける』、2位は『将来の話をする・期限を設ける』、3位は『話し合う・理由や問題点を明確化』という結果に。

割合で見てみると、1位の『別れを検討する・見切りをつける』が約27%、2位の『将来の話をする・期限を設ける』が約21%、3位の『話し合う・理由や問題点を明確化』が約20%となっており、1~3位で約68%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に彼氏が結婚してくれなくて疲れた時の対処法18選をご紹介していきましょう。

【1位】別れを検討する・見切りをつける

別れを検討する・見切りをつける

別れることを検討する

年齢にもよると思いますが、私なら別れることを検討し始めます。

女性には出産する年齢の上限があり、あまり悠長にしていると子供が欲しくても授かれなかったということになり兼ねないからです。

相手が結婚してくれなくてものんびり待てるのは、せいぜい25歳まででしょうか…それ以降の年なら、彼氏に出産に関してタイムリミットがある旨を告げ、話してもその気にならないのなら、きっぱり別れて新しい出会いを探したいと思います。

30代後半/専業主婦/女性

「他にもいい人がいる」と広い視野を持つ

三年付き合っていた彼氏がいました。毎週末、彼の実家に行き、ご家族から「早くお嫁さんに来てね」と言われていました。一緒にキッチンに立ってご飯を作り、みんなで食卓を囲んでいて、本当の家族のようになっていました。

彼氏ともとても仲良くやっていたのですが、一年ほど経つとセックスレスになりました。向こうにその気がなく何度も話し合いをしたのですが、全く改善してくれませんでした。最終的には私が鬱状態になり、女性としての自信を無くしてしまいました。

そんな中、偶然出会った男性と一線を越えたことで、女性としての自信を取り戻しました。今はその人と結婚し、幸せな家庭を築いています。

一人の人に執着せず「他にもいい人がいる」と広い視野を持ったらいいと思います。

30代前半/法律系/女性

見切りをつけて新しい恋を探す

週末は趣味のサーフィンをして悠々自適な一人暮らしの生活に満足していた彼は、結婚の話を全くしてきませんでした。

私は子供が欲しかったので痺れを切らし、結婚する気があるのか勇気を出して聞いてみました。すると彼は「〇〇のことは好きだけど、結婚は考えられない」と言ったんです。

その後、私は仕事関係で出会った年下の男性と結婚して、今はとても幸せに過ごしています。

結婚する気がない人をその気にさせるのは、非常に大変なことだと思います。新しい人を探した方が早いのかもしれませんね。

40代後半/公務員・教育系/女性

手離すことも視野に入れる

彼とはそこそこ長い間付き合っていて、結婚も期待していましたが、相手にその気がなく、だんだん辛くなってきました。

このままでは私が将来損をするだけなのではないのかと思い、この関係を手離す準備を始めました。

いつでも一人で生きていけるように、金銭の貯蓄を始めています。もちろん誰にもこの事は言っていません。

相手に期待しなくなった分、心が少し楽になった気がします。

30代前半/IT・通信系/女性

いっそ別れる

私達が利用していた結婚相談所のルールで、「交際は半年しかできない。半年間で結婚か別れるかを決めないといけない」と言われました。

交際5ヶ月経っても結婚の話が出ないので、私から彼にプロポーズをほのめかしました。しかし、「うーん、それはまだかな」と言われ、路上で泣き崩れてしまいました。

この5ヶ月、毎週水曜日に彼の職場の近くまで行ってデートしたのはなんだったのかと思い、「半年間で結婚を決めないといけないはずだよね?」と言うと、「確かにそうだけど、それは納得できない。半年では決められない」と言われました。

事前にルールを承諾してお付き合いを始めたはずなのに、あまりの無責任さに呆れました。この人は10年付き合っても結婚してくれないと思い、別れました。未だに辛い思い出です

30代後半/メーカー系/女性

【2位】将来の話をする・期限を設ける

将来の話をする・期限を設ける

直接結婚する気があるのか聞き、期限を決める

付き合った当時、彼は大学生で私は社会人でした。彼が社会人になったくらいから私は結婚を意識するようになって、度々「結婚する?一緒に住む?」と話を振っていたのですが、彼は「いつ?明日?」と本気にしていないような返答ばかりでした。

一緒にいると居心地が良かったのでズルズルと付き合い、そろそろプロポーズしてくれるかなぁと思っていましたが、誕生日や記念日が来てもプロポーズされる様子もありませんでした。その後も結婚の話題を出すと適当に流されることも多く、メディアで結婚関連の内容が流れた時に彼は話題を逸らすためにチャンネルを切り替えるので、こいつ結婚考えてないなと思いました。

なので、彼に直接「結婚考えていないよね?」とハッキリと言ったところ、「考えている」と言われました。私が「考えてるなら、もう結婚してると思う。私は好きな人と一生一緒に暮らしたいから、結婚したいと思ってる。でも結婚しないなら、これから付き合っていく意味ないと思う」と言いました。すると彼は「どのタイミングで結婚して良いのか分からなかった。俺と結婚しますか?」と言いました。

話し合いの末、結婚に向けて前向きに動き出すことになりました。しかし彼は行動を起こすのが遅いため、「いつまでに結婚できないなら別れる」と言い、親への挨拶や引っ越し、入籍までを彼に全て計画させ、無事に結婚しました。

30代後半/サービス系/女性

「今年中に決めて欲しい」と匂わせ続ける

彼とはお互い一緒にいて安らぐ存在で、「ドキドキして大好き」といった関係ではありませんでした。私は「この人と絶対結婚したい」と当初から思っていましたが、彼にはたくさんの夢があり、付き合う時間だけが長くなっていきました。

20代前半に付き合って三十路目前になったので、もうこの人は無理かもしれないと思い、別れの手紙まで書いて、「今年の12月31日までにプロポーズされなければもうお別れしよう」と決意。それからは「今年中に決めて欲しい」と匂わせ続けました。

大晦日の夜を共にし、彼から「初詣に行こう」と言われ、日付が変わっていたことに気づきました。私が泣く泣く別れを告げようとした時、プロポーズされました!彼曰く、「本当は12月31日にしようと考えていたけれど、タイミングを逃して年を越してしまった」とのこと。もちろん泣きながらオッケーしました。

今回は上手くいきましたが、こういう決意も必要だと思います。

30代前半/マスコミ系/女性

子供が欲しいと伝えて反応を見る

良好なお付き合いであっても、結婚したいと思うタイミングが合わなかったりすることはよくあると思います。

私達もそうで、自分の結婚相手は本当にこの人なのか?と迷ったり、結婚したいと自分から言い出すものなのか、彼が言ってくれるまで待った方が良いのかもわからず、切り出すタイミングがつかめないままに時間が経ってしまいました。

お互いの価値観の違いにも気づいたので、意を決して「子供が欲しい」と言ってみました。

すると彼は、その言葉を聞いて困った表情をしました。責任感の強い人なので、お互いの将来に関していろいろなことを考えたのでしょうが、私は彼との未来が描けなくなり、お別れしました。

50代後半/金融・保険系/女性

契約の更新時期に切り出す

遠距離恋愛をしていた彼は、優しいと言うか受け身な人で、とにかく相手の意思を尊重する人でした。

結婚を考えてくれてるんだろうな、と感じつつも、彼が自分から言い出せるようなタイプではないことも理解していました。それでも女心としては、男性から言ってほしいというのがあって待っていたんですが、なかなか・・・。

私の会社は、年末に「翌年度の仕事をどうするか」の契約について上から確認されます。そこで、彼にそれを伝え、「もし結婚とか予定するなら、今の会社を辞めなきゃいけないけど、契約どうしよう」と伝えてみました。

するとようやく「結婚してください」の言葉をもらえました。

40代前半/専業主婦/女性