彼女の過去に嫉妬する…男性100人が実践した対処法10選

彼女 の 過去 に 嫉妬

「彼女の過去に嫉妬する…」と悩んでしまう事もありますよね。

対処法としては「より良い未来の為に善処する」や「何か没頭できることを見つける」が挙げられますが、同じ経験を持つ男性が実際に対処した方法や体験談を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、男性100人に聞いた彼女の過去に嫉妬する時の対処法ランキングに加えて、リアルな体験談と共に対処法10選をご紹介しています。

本コンテンツはfamicoが独自に制作しています。コンテンツの内容は全て体験談・実体験に基づいており、ランキングの決定は独自のアンケート調査等によるデータを掲載しています。広告等が含まれるコンテンツの場合、広告主等はコンテンツの内容・ランキングの決定に一切関与していません。詳しくはfamicoコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事は2023/01/31時点でfamico編集部により内容の確認・更新を行い、最新の内容であるように努めています。

彼女の過去に嫉妬する時の対処法ランキング

順位 割合 彼女の過去に嫉妬する時の対処法
1位 37% より良い未来の為に善処する
2位 28% 何か没頭できることを見つける
3位 11% 上書き作戦!
4位 10% 親しい友人に相談する
5位 9% 落ち着いて素直な気持ちを話す
その他 5% 上記以外の回答

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女の過去に嫉妬する時の対処法アンケート』によると、1位は『より良い未来の為に善処する』、2位は『何か没頭できることを見つける』、3位は『上書き作戦!』という結果に。

割合で見てみると、1位の『より良い未来の為に善処する』が約37%、2位の『何か没頭できることを見つける』が約28%、3位の『上書き作戦!』が約11%となっており、1~3位で約76%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に彼女の過去に嫉妬する時の対処法10選をご紹介していきましょう。

【1位】より良い未来の為に善処する

より良い未来の為に善処する

「今、どうしたらもっと楽しくなるか」を考える

学生時代は彼女の元カレに嫉妬することもありました。ただ、過去の事は変えることができないです。なので「過去は変えられない」と自分に言い聞かせるようにしていました。

今になって考えると、恋人と一緒にいて楽しい時は、過去の事はあまり気にならないと思います。過去の出来事に対して何か思う暇があれば「今、どうしたらもっと楽しくなるか」を考えた方が前向きだと思います。

恋人と何かを共有したり、一緒にお出かけしたり、二人で話したりすることから始めたいです。

40代後半/医療・福祉系/男性

恋人に今が一番と思ってもらえるように努力する

好きになると相手の過去の事が気になってしまうのは仕方がないと思います。好きになればなるほど、気になってしまいます。

私も嫉妬深い方で、今私と付き合ってくれている彼女の過去が気になりました。過去に付き合った人は過去の人なので、関係ないといえば関係ないですが、なぜか気になるんですよね。

若い頃は根掘り葉掘り聞いてしまい、嫌われたことがありました。それからは考えないようにするために、彼女が「今が一番幸せだ」と思えるように努力することで気にならなくなりましたね。

あとは自分に自信を持つことで気にならなくなります。歳をとると人間誰しも過去があると理解できるようになりました。

50代前半/自営業/男性

二人の想い出をどうやって増やしていくかを考える

恋人の過去に嫉妬してしまうのは、誰にでも多かれ少なかれあると思います。私も恋人から元彼の話などを聞くと、どうしても嫉妬してしまいます。

しかし過去の話は変えようがありませんので、どうこうしようとせず、慣れて嫉妬心がおさまるのを待つのが吉だと思っています。

付き合い初めの頃であればあるほど、相手の過去に嫉妬してしまいますが、一緒に居る時間が長くなり、自分との想い出が増えていけば自然と過去への嫉妬心は弱まるものです。

モヤモヤしても、グッと堪えて待つことが大事です。それよりも「二人の想い出をどうやって増やしていくか?」ということに意識と思考を向けるのが良いと思います。

30代後半/公務員・教育系/男性

愛情深く接して恋人の一番になること

彼女の過去に嫉妬してしまう経験がありました。

その場合、「過去の誰よりも、自分がこの人の事を愛する!」と意識して接し、彼女の一番になることがポイントです。そうすると私の気持ちも楽になりますし、その人にも自然と「今の恋人が一番だ」と思ってもらえる事に繋がります。私はそのような事を意識して今まで対処してきました。

友人や兄弟などから「恋人の過去について嫉妬してしまった」という相談を受けた時も、私が意識して取り組んでいる事を伝えています。

すると後日、気持ちが楽になったと言われることが多いです。

20代前半/IT・通信系/男性

【2位】何か没頭できることを見つける

何か没頭できることを見つける

一人で没頭できる軽い趣味を見つける

彼女から「誰々と遊びに行ってくるね」とLINEが来たりすると、心がチクッとして、鏡を見てみると自然と顔が引きつっているようなことがありました。これを嫉妬と認めたくありませんでしたが、自分以外の人の名前を聞くだけで、少し心が辛くなることがあります。

そういう時の対処法は、自分の趣味などを見つけ、それをひたすら続けることです。一人で没頭できる軽い趣味(カラオケや釣りなど)を見つけることにより、心が穏やかになると思います。

これは恋人の過去の交際相手に嫉妬した場合も通用すると思っております。自分と恋人の元彼と比べて劣等感を感じた時も、何か一人でできる趣味に没頭できれば一旦は忘れられます。また、その趣味に彼女が興味を持ってくれれば、過去の人との思い出が今の自分との大切な時間に移り変わっていくのを感じられると思います。

趣味を見つけることは、多方面へのより良いきっかけ作りになると思っております。

20代後半/メーカー系/男性

運動や仕事に打ち込んで気にする時間を減らす

付き合いたての頃は、1週間に1~2日はお互い時間を作って会っていたのですが、3ヶ月くらい経った頃から「仕事が忙しいから」や「友達と遊びに行くから」と言われ、会う頻度が2週間に1日程度となりました。

当初は浮気等を疑い、他のことが手につかなくなりましたが、彼女から明確な理由を教えてもらえないので、いっそ開き直ることに。

そのことを考える時間を減らすために、仕事や運動に打ち込み、自分のメンタルを保つようにして対処をしました。

20代前半/商社系/男性

自分の趣味の時間を増やして考えないようにする

そういう場合は、自分の趣味の時間を増やして、彼女の過去の恋愛のことを考えないようにします。

確かに嫉妬はしてしまいますが、「彼女の過去の恋愛と今の自分は関係ない、今付き合っているのは自分だ」と自分に言い聞かせて、考えないようにして、趣味の時間に没頭します。

僕自身、彼女がいた際に元彼と比べられたり、元彼の話が出てきたりして嫉妬してしまうことがありました。そういう時は「自分には関係ない」と己に言い聞かせ、趣味に没頭して考えないようにしていたら気が楽になりました。

20代後半/流通・小売系/男性