彼氏がダサくて一緒に歩きたくない…女性100人が実践した対処法18選

彼氏 ダサい 歩き たく ない

「彼氏がダサくて一緒に歩きたくない…」と悩んでしまう事もありますよね。

対処法としては「一緒に服を選ぶ・自分がコーデ」や「センスの良いアイテムを贈る」が挙げられますが、同じ経験を持つ女性が実際に対処した方法や体験談を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、女性100人に聞いた彼氏がダサくて一緒に歩きたくない時の対処法ランキングに加えて、リアルな体験談と共に対処法18選をご紹介しています。

彼氏がダサくて一緒に歩きたくない時の対処法ランキング

順位 割合 彼氏がダサくて一緒に歩きたくない時の対処法
1位 49% 一緒に服を選ぶ・自分がコーデ
2位 21% センスの良いアイテムを贈る
3位 11% 自分の好みを伝える
4位 6% ネットショップで服を選ぶ
5位 5% 別々の道を行く
その他 8% 上記以外の回答

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏がダサくて一緒に歩きたくない時の対処法アンケート』によると、1位は『一緒に服を選ぶ・自分がコーデ』、2位は『センスの良いアイテムを贈る』、3位は『自分の好みを伝える』という結果に。

割合で見てみると、1位の『一緒に服を選ぶ・自分がコーデ』が約49%、2位の『センスの良いアイテムを贈る』が約21%、3位の『自分の好みを伝える』が約11%となっており、1~3位で約81%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に彼氏がダサくて一緒に歩きたくない時の対処法18選をご紹介していきましょう。

【1位】一緒に服を選ぶ・自分がコーデ

一緒に服を選ぶ・自分がコーデ

一緒に服を買いに行き、似合いそうな物を選んであげる

彼氏が一緒に歩きたくないぐらいダサい場合は、もうバシッと本人にそのことを伝えたほうがいいと思います。

そして、一緒に服を買いに行って、彼氏に似合うオシャレな服を選んであげたり、似合う髪型を選んであげたりして、自分好みの彼に変えてあげましょう!それを続けることで、彼氏のセンスが磨かれてくる可能性もあります。

本当に好きな彼女からダサいと思われていることを知ったら、彼氏も変わりたいと思うはずなので、是非試してみてください。

40代後半/サービス系/女性

一緒に洋服を選びに行く!

彼とは洋服の好みの系統が合わず、一緒に歩くのを躊躇うことがあります。

そこで、一緒に洋服を見に行くことにしました。注意点は、付き合い始めたらなるべく早めに行くということと、言い方に気をつけることです。

付き合いが長くなってから、「一緒に洋服を選びに行こう」と言うと、「なぜ急に?」と彼が疑問に思ってしまうので、早めにデートプランに組み込み、定期的に行けるようにします。そうすれば、「彼女はファッションに興味があるんだな」と自然に受け入れてもらえる可能性があります。

また、「あなたの洋服を選びに行こう」と言うより、「買いたい洋服があるから、一緒に見に行こう」と誘い、その流れで彼の洋服も一緒に選べる環境を作ることがいいと思います。

20代前半/マスコミ系/女性

一緒に服を選び、次のデートで着て来てと伝える

仕事でスーツを着る彼は私服がダサく、学生時代に買った服を今でも着ています。古いものだと中学生の時に買ったパーカーやパンツがあります。緑色のパーカーで、正直10代の子が頑張って大人ぶったような格好で残念な印象です。

本人の服へのこだわりは特になかったため、一緒にアウトレットへ買い物に行きました。そこで一緒に服を選び、「次、会う時は着てきて欲しい」と伝えました。彼は「服を選んでもらったのは初めて」と言っていて、とても喜んでくれました。

学生の頃からの服を今でも大切にしているので、私が選んだ服も大切にしてくれるのではないかなと思っています。

また、彼自身がお洒落になりすぎてモテるのも困るので、「この人の本当のかっこ良さは、私だけが知っていればいい」という考え方を持つのもひとつの方法かと思います。

30代後半/専業主婦/女性

ファッションを一緒に整える!

彼氏がダサくて一緒に歩きたくないと感じた時は、彼氏をダサいと思わなくなるよう、身なりを整える必要があると思います。

具体的には一緒に買い物に行って、似合う服を選んで着てもらうこと。そして美容室に行って、髪型や眉毛を整えてもらうのがいいですね。

男性は自分の身なりにあまり興味がない方もいるので、変化をカップルで楽しむのがよいかと思います。

特にファッションに興味のない男性は、身なりについて褒められる機会もあまり多くないと思いますので、新鮮な体験ができると思いますね。

30代前半/専業主婦/女性

デートのついでに洋服を選ぶ!

旦那と交際を始めたばかりの頃、着ている洋服はいつもサイズが合っていない色褪せたジーンズ、イラストがプリントされた、1000円もしないノーブランドのTシャツばかりでした。

ただ本人も、『服の雰囲気を変えたい』という意思があったので、デートの度に洋服を少しずつ購入するようにしました。 私もお高いブランド品には興味が無かったので、とりあえずイオンなどで見かけた洋服店で、4000円程度の手頃な価格のものから揃えていきました。

クリスマスと誕生日が近いから、コートを始めトータルコーディネートをしてプレゼントしたこともあります。

すると周囲からも、「今の方が似合っている」と評価されるほどにはなったので、お互い現状に満足しています。

30代後半/専業主婦/女性

自分がコーディネートをして育てる!

恋人がダサいと、一緒にいるのも少し恥ずかしく感じられてしまいます。

恋人がファッションに無頓着なのか、好きでそのファッションをしているのかでまた異なりますが、無頓着な場合は対処しやすいです。

デートでファッションビルやアウトレットなどに行って、コーディネートをして服を揃えてあげると、自分好みのファッションにすることができます。

ダサいファッションを好きでしている場合は少し難しいですが、少しずつ自分の好きなファッションを伝えてみたり、記念日に服をプレゼントするなどして変えていくしかないと思います。

30代前半/専業主婦/女性

さり気なくお店で似合う物をすすめる

20代の頃にお付き合いしていた彼氏がとても地味な人でした。私がお洒落をして出掛けても全然雰囲気が合わない感じで、いつも気になっていました。

彼の服は母親が選んだ物で、質の良いメーカー品だったので傷みづらく、長年愛用しているようでした。

その服装をダサいと言うのは、彼の母親のセンスを否定するようでなかなか難しかったので、一緒に買い物に行った際に、「こういう色も似合うんじゃない?」とか、流行っている物をさり気なくすすめたり、プレゼントしたりして、少しずつイメージチェンジをはかりました。

40代後半/専業主婦/女性

一緒に買い物に行ってアドバイスする

「そういう格好はダサいよ」と伝えても、相手に自覚はないので直りません。一緒に服屋さんを巡り、似合う系統の色やシルエットを伝えながら試着したり、身体に当てたりして本人に納得してもらいます。

また、「なぜ今の服がダサいのか」を説明するのも効果的です。相手も自分も気に入った服があれば、プレゼントとして買ってあげても良いでしょう。

センスの無さは一回の買い物では直らないので、服屋巡りを数回繰り返してお洒落の幅を広げ、コーディネートの楽しさを伝えていきます。

30代前半/専業主婦/女性

恋人の洋服をコーディネートする!

ダサい人と一緒に歩くのは嫌なので、もし彼氏がダサかった時には、ダサく無いようにするにはどうしたらいいかな…?と考えます!

彼氏が自分の服装に頓着が無いなら、自分好みの雰囲気に変えてしまうチャンスでもあるのでは無いでしょうか?

自分好みの店に連れて行って、一通りのコーディネートをしてあげるのもいいかな、と思います。

一緒にお店を見ることで、彼の好みも分かるかもしれないですし、新たな一面を発見する機会にもなるかも!

30代後半/メーカー系/女性

絶対に一緒に服を買いに行く

主人と付き合っていた頃、彼はすごく服のセンスがダサくて、中学生が着るような意味の分からない英文字が大きく書かれた服がお気に入りみたいでした。正直、一緒に歩きたくないと思うほどでした。

さすがに嫌だったので、主人に「その服、あんまり好きじゃない」と伝えました。笑

それでもあまり良くならなかったので、誕生日に上から下まで一式プレゼントして、そこからは絶対に一緒に服を買いに行くようにしました。

そしたらだいぶ改善されて、年相応のセンスになりました。

20代前半/専業主婦/女性

【2位】センスの良いアイテムを贈る

センスの良いアイテムを贈る

オシャレになりそうなものを渡して改善する

誕生日やクリスマスなどのプレゼントを渡す機会に、洋服や鞄など少しでもオシャレになりそうなものを渡して改善するようにします。

また、渡す時に「あのジャケットと合わせると良さそうだよね!」「あの服の時にちょうどいいね」など、合わせ方のポイントを一緒に伝えてあげるといいと思います。

ダサいなどのセンス面は、一朝一夕では変わらないものだと思います。だからこそ、少しずつ改善を図って行くのがベストだと思います。

20代前半/IT・通信系/女性

ことあるごとにプレゼントとしてセンスがいいものを渡していく!

彼は当初とても素敵だったのですが、付き合っていくうちに太っていき、ダル着ばかり選んだり、毎回同じ服でデートに来たりするようになり、一緒に出歩くのが恥ずかしくなって行きました。

「ダイエットしてよ!」と言っても「するする詐欺」をされるので、「〇〇キロになるまでは遊ばない」と強めに言ったら、ダイエットを頑張ってくれるようになりました。

また、一人で服を買いに行かせないようにしたり、私が記念日や誕生日などイベント系でプレゼントとして渡していました。そこから彼もだんだんとファッションを気にするようになり、「この服どう?」や「これとこれ、合うかな?」など、私にアドバイスを求めるようになりました。

今では付き合った当初の体型に戻り、尚且つおしゃれにもなったので、一緒に出歩いても恥ずかしくありません!

20代後半/メーカー系/女性

服屋へ行き、新しい服をプレゼント

初めて付き合った彼がダサくて、本当にびっくりしました。それまで制服姿しか知らなかったので、初デートの日に私服が見られるのをワクワクしていたのですが、待ち合わせ場所に現れた彼が腰が抜けるほど強烈な格好をしていてドン引きしました。

当日はそのまま服屋へ行き、新しい服をプレゼントしました。

デートの度に贈っていたら破産してしまいますが、自分の理想の彼になってもらいたいのであれば、自分の好きな服を貢ぐのもありかと思います。

そうやって自分好みになってもらい、一緒に歩いても恥ずかしくない彼に仕上げていって、ラブラブがずっと続けばWin-Winかと思います。

30代前半/専業主婦/女性

服を買ってプレゼントする

彼氏の洋服がダサ過ぎて一緒に歩きたくないと思いましたが、せっかく休みも取れたので洋服を気にしなくて済むディズニーリゾートでデートしました。

でも普通の空間では誤魔化しが効かないレベルだったので、それ以降、彼氏と外でデートをするのをやめました。「お家デートしよう」と伝えると、相手は大抵了承してくれました。

しかし、あまりにもお家デートが続くと、さすがに飽きてきます。とは言え、壊滅的なファッションセンスの彼と一緒に街を歩くのはキツ過ぎました。

本人に「服ダサい」と言うのは可哀想なので、私が服を買ってプレゼントする事が多くなりました。現在は私がプレゼントをした洋服を着て、外へデートに行くことが多くなりました。

20代後半/流通・小売系/女性

【3位】自分の好みを伝える

自分の好みを伝える

自分の好みのアイテムを見繕い、本人に選んでもらう

本人にダサいとはめちゃくちゃ言いにくいので、一緒に洋服屋さんに行きます。

そこで「私の好みはこういうのなんだ」と伝えながら選んで、その中から彼氏にも好きなのを選んでもらうようにします。

そうすれば、さりげなく私の好みのファッションを伝えられるし、私好みの服をとりあえずは着てもらえるので。

とりあえずそれをデートの時は着てもらいます。

50代後半/学生/女性

自分の好きなものを共有する!

彼は学生時代からずっと部活に専念してきたからか、ファッションには全く興味がないらしく、正直ダサいと感じてしまう時が度々ありました。

私は毎日少しずつ、彼に自分の好きなスタイルについて話してみたり、一緒に買い物に行って服を選んだりして、彼が少しでもファッションに興味をもつように働きかけました。

すると今では彼一人で服を買いに行き、店員さんにアドバイスを貰うまでになり、ファッションのセンスがかなり上がったと感じます。

20代前半/専門コンサル系/女性

【4位】ネットショップで服を選ぶ

ネットショップで服を選ぶ

一緒にネットで見て、似合いそうなものを勧める

一緒に歩くのが恥ずかしいぐらい服のセンスが無い彼氏なら、一緒にショッピングに行くのすら恥ずかしいので、まずは買い物に行けるレベルの服をインターネットで探して、似合いそうなものを提案してみるしかないですね。

傷つけないように言葉を選びながら、「背が高いから、こういう服が似合いそう」とか、無難に「モノトーンでかっこよく決めよう」とか、うまく言ってみます。

それから、センスの無い人は靴がダサかったりするので、サイズを聞いて靴をプレゼントするのもアリです。靴さえ決まっていれば、大抵の場合、誤魔化しが効きます(笑)

40代前半/専門コンサル系/女性

【5位】別々の道を行く

別々の道を行く

ダサさに耐え切れないなら別れる

10代の時に友達とクラブへ行き、そこにいた見ず知らずの彼にときめき、連絡先を交換して付き合うことになりました。

しかし付き合ううちに、彼の低身長でカッコつけなところや、亭主関白感を出すところにダサさを覚え、冷めました…。

常にカッコつけてて、「自分かっこいいアピール」が半端なかったです。

冷めたら付き合うことも嫌になるので、お別れしました…。

30代後半/サービス系/女性

彼氏がダサくて一緒に歩きたくない時の対処法まとめ

この記事では、彼氏がダサくて一緒に歩きたくない時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

彼氏がダサくて一緒に歩きたくない時の対処法アンケートでは、1位は『一緒に服を選ぶ・自分がコーデ』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

彼氏がダサくて一緒に歩きたくない時の対処法アンケート詳細

【アンケート調査概要】

調査方法 インターネットによるアンケート調査
アンケート内容 彼氏がダサくて一緒に歩きたくない時の対処法を回答
調査期間 2023年01月13日~01月28日
回答者数 女性100人
年齢 20代~50代

【アンケート調査結果】

順位 回答数 彼氏がダサくて一緒に歩きたくない時の対処法
1位 49票 一緒に服を選ぶ・自分がコーデ
2位 21票 センスの良いアイテムを贈る
3位 11票 自分の好みを伝える
4位 6票 ネットショップで服を選ぶ
5位 5票 別々の道を行く
その他 8票 上記以外の回答

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2023年01月13日~01月28日
回答者数:100人