彼氏がめんどくさくて別れたい…女性100人が実践した対処法21選

彼氏 めんどくさい 別れたい

「彼氏がめんどくさくて別れたい…」と悩んでしまう事もありますよね。

対処法としては「自分の気持ちを伝える・話し合う」や「連絡を疎かにする・距離を置く」が挙げられますが、同じ経験を持つ女性が実際に対処した方法や体験談を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、女性100人に聞いた彼氏がめんどくさくて別れたい時の対処法ランキングに加えて、リアルな体験談と共に対処法21選をご紹介しています。

この記事はfamicoが独自に制作しています。記事の内容は全て体験談・実体験に基づいており、ランキングの決定は独自のアンケート調査等によるデータを掲載しています。詳しくはfamicoコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事は2023/01/31時点でfamico編集部により内容の確認・更新を行い、最新の内容であるように努めています。

彼氏がめんどくさくて別れたい時の対処法ランキング

順位 割合 彼氏がめんどくさくて別れたい時の対処法
1位 27% 自分の気持ちを伝える・話し合う
2位 26% 連絡を疎かにする・距離を置く
3位 14% 不快な所を指摘しきっぱり別れる
4位 9% 一方的に拒絶する
5位 8% 冷静に状況を整理し考察してみる
6位 3% わざと嫌われるように仕向ける
7位 3% 好きな人が出来たことにする
その他 10% 上記以外の回答

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏がめんどくさくて別れたい時の対処法アンケート』によると、1位は『自分の気持ちを伝える・話し合う』、2位は『連絡を疎かにする・距離を置く』、3位は『不快な所を指摘しきっぱり別れる』という結果に。

割合で見てみると、1位の『自分の気持ちを伝える・話し合う』が約27%、2位の『連絡を疎かにする・距離を置く』が約26%、3位の『不快な所を指摘しきっぱり別れる』が約14%となっており、1~3位で約67%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に彼氏がめんどくさくて別れたい時の対処法21選をご紹介していきましょう。

【1位】自分の気持ちを伝える・話し合う

自分の気持ちを伝える・話し合う

決めたらなるべく時間を置かずにはっきりと伝える事

付き合いだした当初、彼は優しくて、私が料理や掃除をすると感謝の言葉もあったのですが、半年も経つと慣れが出てきたのか、私が家事をする事が当たり前のようになっていきました。挙句の果てに、「今日はこれを食べる気分じゃなかった」と文句まで言うようになっていきました。

初めのうちは我慢していたのですが段々とストレスになり、これではだめだと思ったので、彼に「作ってもらえるのが当たり前だと思わないで欲しい。私はあなたの母親でも何でもない」と伝えました。

彼は私がそんな風に思っていた事に気付かなかったようで、はっとした顔で謝ってきました。

言いたい事ははっきりと伝えることが大事だと思いました。

30代前半/自営業/女性

素直に伝え、一緒に解決策を考える

付き合った当初は甘え上手でかわいいところしか見えていなかったのですが、半同棲を始めてから彼氏は片付けが苦手であることが判明。私はきちんと整頓された部屋が好きなので許せなくなりました。

話さないままではストレスが溜まると思い、正直に「散らかった部屋で一緒に過ごすのは厳しい」と伝えました。彼氏は自分でも片付けができないことを気にしていたらしく、一緒に解決策を考えて実践していこうという良い雰囲気になりました。

道のりはまだまだ長いですが、少しずつ進んでいるので、この速度を楽しみながら前進することにしています。2人でお互いを思いやりながら、さまざまな困難を乗り越えたいなと思います。

20代前半/大学生/女性

とりあえずは話し合ってみること

彼とは十代後半の頃に付き合い始めました。当初は本当の姿を隠していたのか、私のプライベートに関しては何も聞いてきませんでした。私も色々干渉されるのが好きでは無いので、これぐらいがありがたいなと思っていました。しかし月日が経つにつれて、私の返信が遅いと電話をかけてきたり、いきなり家に突撃してくるようになって、距離感のおかしさを感じるようになりました。

そんなある日、私は携帯を家に忘れ、取りに帰る時間もなかったためそのまま仕事をしていたことがありました。夕方帰宅して携帯を見てみると、彼から何百件のLINE通知と何十件にもおよぶ着信がありました。驚いてどうしたのか訊くと、「浮気をしているのではないか」となじられました。

流石に呆れてしまい、一度本人と直接会って話をすることにしました。私が「これ以上こんなことが続くようなら、もうあなたとは付き合えない。信用もされてないようだし」と伝えると、彼は私のことを強く思いすぎた為にこんなことをしてしまったと言っていました。これを機に絆が深まり、今では結婚して子供もいます。

お互いの思っていることは本当に違うので、とりあえずは話し合ってみることが大事だと思います。

20代前半/サービス系/女性

こういうところが嫌だと告げ、連絡を断つ

束縛したがる彼だったので、一緒にいない時は何をしているかとか、誰とお出かけ中かをいちいち報告していました。最初の頃は、干渉される分だけ私に関心があって愛されているなぁと思っていました。

そんな私が体調不良になり、暫く連絡が出来なかった時の事です。不調で動けない中、彼から「本当に具合悪いの?連絡出来ないほど?ちゃんと確かめたいから、一度体温測って写真送ってくれるかな?」と連絡が来ました。高熱で気怠く、一番しんどい時にきた連絡がこれだったので、彼は私のことを愛しているのではなく、信用していないから束縛してくるのだと悟って虚しくなりました。

でもこのまま連絡しないともっと面倒になると思い、とりあえず要望の写真を送った後に「体調悪い時に相手を思いやれない人とは、この先お付き合いしていけません。自分の行動を改めてくれるまで連絡してこないで下さい。これからあなたからの連絡手段全て断ちます」と送りました。

その数日後、お見舞いと一緒に手紙が届き、彼からの過度な束縛はなくなりました。

30代前半/IT・通信系/女性

どこが嫌かを自分の中で明確にして話し合う

私は恋愛において、適度な距離を保って生きていきたいタイプ。でも彼は真逆で、仕事終わりに私の職場まで来て終わるのを待っていたり、仕事が休みの日も家まで迎えに来るような人で、忠犬か!と突っ込みたくなります(笑)最初は、そんなに私のこと好きなの?と思っていましたが、それが続くうちに正直めんどくさいと思うようになりました。

だからこそ、自分の中で嫌だとかめんどくさいと思うことを明確にして、話し合う機会を設けました。

結局別れてしまったのですが、話し合うことは大切だと思いましたね。彼なりにその後の距離感なども考えてくれていたし、何よりも私が楽でしたから。

今思うと、自分の時間がなくて苦しかったのかもしれません。言うことですっきりすることもあると思います。

20代前半/大学生/女性

二人で話し合いをして乗り越えていく

お互い長く一緒に居ると、相手の知らなかった事まで全部分かってきて、だんだんと嫌になってしまいました。

まずは話し合いをして、お互いに歩み寄れるかがポイントになってきます。それぞれの言い分を理解し、お互いに変わっていけるのか?それともお別れするのか?を選ぶことになります。

確かにめんどくさい事は沢山ありますが、二人で話し合いをして乗り越えていくのがベストです。二人が納得のいく答えが出たらいいですね。

また、片方だけの気持ちでは動けないので、すぐに結果を出さないで時間をおくのもいいかと思います。

40代前半/専業主婦/女性

【2位】連絡を疎かにする・距離を置く

連絡を疎かにする・距離を置く

少しずつ連絡をしないようにする

とてもかまってちゃんな彼氏と付き合っていた時、毎日連絡を取っていました。彼氏は嫉妬深くて心配性なので、私が女友達とホテルステイをして遊んでいても迎えにきたりするので、ちょっと面倒だなと思っていました。

また、たまには男友達と飲みに行きたい時もあります。もちろん男友達に対しては友情以上の気持ちはありませんが、一応異性なので彼氏が心配して喧嘩にならないように隠して出かけます。でも詮索がすごくて疲れました。

彼氏は私に依存しているくせに、上から目線でお前呼ばわりしたり監視するような行動ばかりなので、私も疲れて連絡を怠るようになりました。

徐々に好きだと実感することが少なくなったため、別れました。付き合っていても、ある程度のプライバシーは大事だと思います。

30代前半/医療・福祉系/女性

LINEを放置する

彼氏と遠距離になった時、私はLINEが苦手だったけど、なるべく連絡するようにしていました。すると、私がいつLINEしても秒で返事がくるんです。2時間後に返しても1日後に返しても、恐ろしくレスポンスが早いので、常にスマホの画面を凝視している彼氏の姿が頭に浮かんでゾッとしました。

私はその時、夢に向かって頑張っていたので、正直そこまで彼氏のことを考えている余裕がありませんでした。そこで「私はLINE嫌いだから、ちょっと時間空けて」と言ってそれ以降、完全に放置していたら、全く返ってこなくなりました。

後日、彼から「もっと自分の事大切にしてくれる人を選ぶ」というLINEが来ました。

彼はいい感じの人で、このまま行ったら結婚かなと思っていたので少しもったいなかったですが、LINEのやり取りに疲れるようでは先は見えています。今は別れてよかったと思っています。

30代前半/医療・福祉系/女性

LINEの通知をオフにして返信の速度を落とす

大好きだった彼から過度に束縛されるようになりました。飲み会などはもちろん禁止で、服もスカートを穿くと「露出が多い」と怒られます。化粧やネイルもああだこうだと言われて、1ヶ月もせずにウンザリしてきました。

でも、彼は私が不満を募らせる理由に納得せず、連絡がしつこかったので、LINEの通知をオフにして返信の速度を落としました。

するとあんなに強気でガンガン言っていた彼氏が急に優しくなり、いつの間にか立場が逆転していました。

この経験から、適度な距離感が大事だと気付かされました。彼氏彼女でも上下関係ができた時点でアウトだなと思いました。

30代前半/専業主婦/女性

忙しいふりをして合う時間を減らす

私はプライベートの時間を大切にする方なのですが、恋人は時間があれば会いたいし、連絡も頻繁に取りたいタイプでした。

付き合いたての頃は好きな気持ちも大きく、嫌われたくないという思いから、相手に合わせていました。休日は毎回遊んでいたし、空き時間があれば頻繁にLINEを返信していたのですが、合わない生活スタイルからどんどんストレスが溜まっていきました。

そこで、「仕事の部署が変わってとても忙しい」ということを常にアピールし、会う頻度や連絡する回数を少しずつ減らしていくようにしました。相手は多少不満そうでしたが、「仕事なら仕方ないね…」と理解してくれました。

結局そのまま別れてしまいましたが、距離を取ることでストレスが緩和されたのでおすすめです。

30代後半/サービス系/女性

距離を置く

彼氏は私のことが大好きで、頻繁にデートに行きたがる人でした。そのうち友達と遊ぶこともなくなり、彼の気持ちが凄く重く感じられたので、なんだか日常を犠牲にしてしまっている気がして解放されたい気持ちでいっぱいでした。

彼の誘いに応えてばかりでは、相手も誤解すると思ったので、徐々に距離を置くようにしていきました。

連絡を返すのを少しずつ遅らせたり、デートに誘われても予定があると話していたら、最後は彼も察してくれたのか、すんなり別れることが出来ました。

20代後半/医療・福祉系/女性

フェードアウトする

何を隠そう、私自身がめんどくさいタイプで、彼氏に「もっと会いたい」「もっと構って」と言い過ぎて、別れを告げられたことの方が多いように思います(笑)

でも面と向かって「別れたい」と言った人は少なく、フェードアウトしていった方が多かったです。直接言えば相手を傷付けてしまい、下手に傷付けると、その後の付きまといやストーカー行為に繋がる事件が多いからか、そのような対応が多いように感じます。

フェードアウトされた側に立つと「はっきり言ってくれた方が楽なのに」とも思いますが、後になって考えるとその方がお互いのメンタルにも良かったように思います。

30代後半/医療・福祉系/女性