彼氏と価値観が合わなくて疲れた…女性100人が実践した対処法20選

彼氏 価値 観 が 合わ ない 疲れた

「彼氏と価値観が合わなくて疲れた…」と悩んでしまう事もありますよね。

対処法としては「合う部分を大切にする」や「歩み寄れないなら別れる」が挙げられますが、同じ経験を持つ女性が実際に対処した方法や体験談を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、女性100人に聞いた彼氏と価値観が合わなくて疲れた時の対処法ランキングに加えて、リアルな体験談と共に対処法20選をご紹介しています。

好きなところから読めます

彼氏と価値観が合わなくて疲れた時の対処法ランキング

順位 割合 彼氏と価値観が合わなくて疲れた時の対処法
1位 25% 合う部分を大切にする
2位 20% 歩み寄れないなら別れる
3位 19% 冷静に話し合う・折衷案を考える
4位 14% ストレス発散の時間を持つこと
5位 13% 嫌なことははっきり言う
6位 4% 割り切って対処する
その他 5% 上記以外の回答

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏と価値観が合わなくて疲れた時の対処法アンケート』によると、1位は『合う部分を大切にする』、2位は『歩み寄れないなら別れる』、3位は『冷静に話し合う・折衷案を考える』という結果に。

割合で見てみると、1位の『合う部分を大切にする』が約25%、2位の『歩み寄れないなら別れる』が約20%、3位の『冷静に話し合う・折衷案を考える』が約19%となっており、1~3位で約64%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に彼氏と価値観が合わなくて疲れた時の対処法20選をご紹介していきましょう。

【1位】合う部分を大切にする

合う部分を大切にする

合わない点は忘れ、合う部分を大切にする

私と彼とは、仕事に対する価値観が違います。年齢にも少し差があることもあり、その考えが上手くまとまったことはありません。

私は私生活重視で、仕事はやるべき事をこなしつつ、自分のプライベートを無くすほど大事だとは思っていません。しかし彼は仕事が大事で、一種のボランティアかのように思っているようです。

話し合う中で、少し分かり合える部分もありましたが、どれだけ話して時間をかけても、なかなか合わないことは合わないのです。

そのため、話し合いすぎても疲れる一方なので、一旦忘れて、合う部分を大切にしています。

20代後半/金融・保険系/女性

価値観が合わないことを認めて、諦める

彼と同棲し始めて半年ほど経つと、お互い相手のことを気遣うよりも自分がリラックスすることを優先し始めたので、ちょうど相手の素の部分が見え始めてきました。

彼は水を出しっぱなし、電気をつけっぱなしなので、私からするとすごく勿体ないし、無駄使いと思ってしまうのですが、それをなんとも思わないところで価値観の違いを感じました。

何度か伝えましたが直らないので諦めて、私が気になった時だけ自分で直そうと思ってからは、彼が無駄使いをしていても特に気になることは無くなりました。

20代前半/不動産・建設系/女性

価値観は違って当たり前だと開き直って前向きに考える!

以前付き合っていた彼氏に、価値観が正反対の人がいました。自分にないものを持っていて魅力的な反面、価値観が合わない時はとことん合わないので、そういう状況になった時はほとほと考えるのに疲れ果てました。

そんな時は、いったん彼から離れて冷静になり、”育ってきた環境が違うから、価値観なんて最初から合うはずがない!価値観は違って当たり前なんだ!”と、開き直って考えるようにしていました。

その考えを常に念頭に置いておくと、彼と価値観が合わなくてもあまり疲れなくなりました。

30代後半/専業主婦/女性

価値観が会わなくてもいいのでは?という視点を大切にする

どんな時も「恋人は他人」を合言葉として持つようにしています。

特に一緒にいる時間が長くなると、相手に「同じ考えでいて欲しい!私の気持ちをわかって欲しい!」という思いが強くなって、ついつい押し付けてしまいがちな気がします。

そういう時には、「そもそも価値観の全てを合わせておく必要はなくて、大抵の事は“あなたはそう思うのね”と考えて保留にしておいていい」というところに立ち返るようにしています。

特に恋人の場合は、結婚して生計を同じにしている場合とは訳が違うので、大抵の価値観は合わなかったところで各々の生活に困る訳では無いですし、恋人は私の思い通りに動くわけではないので、分かり合えなくてもそのまま置いておく方法を取るようにしています。

20代前半/法律系/女性

何を大切にしたいかが大事

自分と生まれ育った環境が違う人と居るのは、刺激的で楽しいので大好きです。でもやはりちょっとしたことで、違いが気になることがあります。

価値観が違うために離婚する人がたくさんいますが、そこまで大切にしなければならない価値観とはなんでしょうか?生活スタイルに重きをおくのか、食を大切にするのか?人間関係をとても大事にする人もいます。

人それぞれ大切に思うモノが違います。でも大切にしたいと思うモノが同じであれば、自然と価値観も同じになるはずだと思っています。

30代後半/専業主婦/女性

【2位】歩み寄れないなら別れる

歩み寄れないなら別れる

相手に歩み寄る気がないなら別れる

元彼とは初めから遠距離恋愛でした。お互いに学業や部活が忙しく、なかなか会うことができませんでした。連絡が取れないことや会えないことへの寂しさを抱えつつ、このような状況になる事を承知の上でお付き合いを始めたので、そのまま遠距離を続けていました。

ある時、一週間も連絡がつかなくなったので心配し、共通の友達に連絡をしてみたところ、彼は普通に学校や部活に取り組んでいるとのこと。こちらからの連絡には気づいているものの、疲れて返信する気力がないため放置してしまったようです。

こちらとしては遠距離ですし、会えない分、連絡を取り合って仲を深めたいと考えていたのですが、その気持ちを相手に話しても、「無理なものは無理だ」と解決策を考える様子が無かったため、別れました。

20代前半/IT・通信系/女性

将来のことを思い描けない時は別れる

価値観と言ってもいろいろありますが、その違いを強く意識するのは大体、お金の問題に直面した時だと思います。

私はコツコツと貯金をして、あまり使わないで貯めたい考えです。このご時世、将来は不安でしかないし、無駄遣いせず貯金に回すことが一番堅実だと思うからです。

でもそこの価値観が合わないと、なかなか将来のことを思い描けないし、合わないまま過ごしていると他の揉め事でも価値観の違いに結びつけて許せなくなってしまう気がするので、別れるかもしれません。

40代後半/自営業/女性

寂しい気持ちを我慢して別れる

ずっと片想いしていた彼女とやっと付き合えて舞い上がっていました。この時はやりたいことも見つかって、自分の未来は希望に満ち溢れているような気がしていました。

しかし私は夢の実現のために熱心に勉強していたため、どうしても返信が遅くなったり、彼女に対して素っ気ない態度を取るようになっていました。彼女はすごく我慢してくれていたと思います。会いたくても気を遣って、言わなかったのでしょう。でも会えないなら仕方ないと割り切って、自分の時間を満喫するようなタイプの人ではありませんでした。

ある時「本当に私のこと好き?」と、よくある質問をされました。本当は大好きと言いたかったけど、私は申し訳ない気持ちから黙り込んでしまいました。すると泣き出した彼女から「別れてほしい」と言われました。

あの時、なぜ抱きしめてやれなかったのでしょうか。大好きと言えなかったのでしょうか。今となっては思い出せませんが、彼女から「かっこよくなったね」と言ってもらえるように今を生きようと思っています。

20代前半/自営業/女性

潔く別れる

当初はお互いの性格や価値観を隠して付き合っていたのですが、一緒に居る時間が長くなるにつれて、お互いの嫌な部分が見えてきて喧嘩が絶えない日々が続いていました。

彼氏は「自分の考えは凄い、自分が上だ」と言う頭だったので、よく周りの人を見下していました。自分の思い通りにいかないと暴言を吐いたり、私に対しても下に見るような発言をしたりするので、カッとなって言い返して激しい喧嘩に発展することも多々ありました。

何度も話し合いを重ねてきましたが、その場その場だけの謝罪で改善する事もありませんでした。そのうち、この人とはもう無理だなと思い始めました。

元々お互い依存していた事もあって苦しかったですが、これからのことを考えると一緒にはいられません。踏ん切りをつけるためにお別れをしました。

20代後半/専業主婦/女性

【3位】冷静に話し合う・折衷案を考える

冷静に話し合う・折衷案を考える

一旦離れて落ち着いた状態になってから話し合う

お付き合いが長くなってきたり、同棲したりしていると、相手との価値観の違いにもやもやすることもありますよね。

違うのは当たり前なのですが、その中でどれだけ歩み寄れるかがポイントだと思います。

私は同棲中の彼と価値観が合わずモヤモヤする時は、一旦離れて落ち着いた状態になってから話し合いをするようにしています。

でもお互いどうしても譲れない部分もありますし、考え方も違うので、難しければお別れするしかないかなとも思っています。

30代前半/専門コンサル系/女性

二人の意見に対する中間案を考える

彼氏とは特に衛生観念が違います。夕食後の食器はすぐに洗ってしまいたい私と、翌朝まで放置でも平気な彼氏。必ずその日のうちにお風呂に入る私と、疲れたら翌日でいい彼氏。

当初は衝突することもありましたが、どうにかしてわかり合いたいと思い、食器に関してはニオイや色移りが強い食品の場合はすぐに洗うけれど、そうでなければ翌朝でも良いことにしました。

またお風呂に関しても、整髪料や化粧品を使っている時は当日お風呂に入り、そうでなければ翌朝でも文句を言わないようにし、枕カバーが汚れないようにタオルを巻いて使用するようにしました。

このようにお互いに譲歩しあって、どちらか一方だけの意見に偏らないように気をつけています。

20代後半/サービス系/女性

思い切って相手に言ってみる

大好きでしょうがないという気持ちから、どうしても恋人の価値観に合わせようとしてしまいがちです。それは、惚れてしまった側としては仕方がない事だと思います。

初めのうちは、その価値観の違いもなんとなく受け入れる事ができると思うのですが、やはり無理をすると苦痛でしかないと思うので、思い切って相手に言ってみるのはどうでしょうか?

それで、相手がこちらの価値観を受け入れてくれるか、もしくはお互いの価値観に寄り添う形で解決できたら素敵だなぁと思います。

もし相手がその努力をしてくれないのであれば、思い切って別れましょう!その方がお互いの未来にとっていいと思います。

40代前半/マスコミ系/女性

さり気なく質問して自分の考えを伝えるようにする

私は幼い頃から節約を心がけていた家庭だったので、欲しいものがあっても本当に必要かどうかを考えてから買うようにしているのですが、彼は割と衝動で物を買うタイプのため、毎月中旬には手持ちがない、と言うことが多々あります。

しかも値段と物の性質が釣り合っていなかったり、生活上使う場面がわからないものだったり、置き場所を考えず大きな買い物をしてしまったりと、結構振り回されがちです。

その為、買い物の際は「これ買うのはいいけど、部屋のスペース足りないかもよ?」「それもいいけど、こっちのも同じスペックで値段が変わるんだけど、これとこれはどう違うの?」などと質問して、彼に考える時間を作るようにしました。

このやり取りをするようになってから、彼の中で考える時間を取る習慣が少しずつ身につき、前より無駄な買い物は減ってきた気がします。

20代後半/金融・保険系/女性

【4位】ストレス発散の時間を持つこと

ストレス発散の時間を持つこと

価値観の合う友達とおもいっきり遊んで発散する

お酒が大好きな私とお酒を飲まない彼。私は出かけた先で昼間でもお酒を飲みたい時があるのですが、彼が飲まないので遠慮して飲まずにいます。これが地味にストレスです。せっかく美味しいお酒を味わう機会があっても楽しむことができないので、残念な気持ちになることが多いです。

また、彼は食べ物の好き嫌いも多く、食事をする時のお店選びもかなり大変です。嫌いな物が出ると私に食べさせて、さも「自分は残したりしていないアピール」をしようとするところに毎回イラっとさせられます。

以前、旅行に行くことになった際、私が「ホテルは食事付きのプランを頼んだ」と伝えたところ、彼から「マヨネーズやドレッシングは使わないよう頼んで欲しい」と言われ、慌ててホテルに連絡したのですが対応してもらえず、結局ホテルを変えたこともありました。

しかし口で言ってどうにかなるものでもないので、ストレスが溜まった時は価値観の合う友達とおもいっきり遊んで発散するようにしています。

40代前半/専業主婦/女性

好きな事に没頭する時間を持つ

付き合った当初はとにかく相手の事ばかり考えていて、心が充実した日々を送っていました。ただ付き合いも長くなると、お互いに対する思いやりや気遣いに欠けてしまう事があります。ある意味、自分を曝け出せるくらい相手との関係に安心感を得られている状態ではありますが、お互い遠慮がなくなり、同じ空気を吸うのも嫌になるくらいでした。

そんな折、ちょうど趣味にしていた事でコミュニティが広がって、楽しみの時間を持てるようになりました。同時に相手も仕事で二ヶ月ほど出張が入っていたので、自然と距離を取ることが出来ました。それまでの私は恋愛至上主義でしたが、趣味に没頭し新しい人間関係の中にいる事で、自分の視野の広がりを感じました。

後日、久々に会ってみると相手の反応が違う事に気付きました。その時、彼から「俺はずっと君のことを、嫉妬深くて恋愛以外に興味がない女性だと思っていたから、退屈で別れようかと考えていた。でも今の君は、話の内容がバラエティに富んで楽しい」と言われました。

今ではお互いを尊重しつつ関係を育んでいて、とても良い方向へ進んでいます。

40代後半/メーカー系/女性

一人の時間もしっかり作って、余裕をもってデートする

最初のうちはいつも繋がっていたい気持ちや、少しでも会っていたいと思う気持ちが多く、電話やLINEの頻度も高くしていました。

その後、だんだんと気持ちが落ち着き、食べ物の趣味の違いに気づいたり、一緒に遊びに行った際にどこに行くかや、いつどのくらい休憩するか、友達と過ごす時間をどの程度取るのか、金銭感覚(何にどの程度お金を使うか、どのくらい外食するかなど)などの面で、少しずつ価値観の差を感じるようになりました。

ずっと一緒にいると疲れてしまうので、私は一人の時間もしっかり作って、彼のことを尊重出来たり客観的に見られたりするように努力します。また、ファッションやサロンやエステなど自分磨きも集中的に行ったりします。

そういった時間をちゃんと作って久しぶりに会った方が、新鮮な気持ちでデートを楽しめるし、髪型やファッションを褒めてもらえたりすることもありました。

30代前半/自営業/女性

【5位】嫌なことははっきり言う

嫌なことははっきり言う

こうされると嫌だとはっきり伝えること

交友関係の広い彼と同棲していた時、彼が他の女性もいる飲み会に行ったきり、翌朝まで連絡が取れないことがありました。彼のSNSの投稿を見てみると朝7時まで飲んでいた様子で、連絡が取れなかったのはお酒を飲みすぎて寝てしまったためのようでした。

実際、女性もいる飲み会のため浮気も疑ったんですが、彼は「そんなことするわけない」と言っていました。彼は嘘をつくとすぐに態度に現れるため、その時は本当のことだと分かりましたが、さすがに朝帰りはなかなか許せませんでした。笑

その時は「私は朝帰りする人は嫌」とはっきり言ったことで、彼にも私の気持ちを分かってもらうことができました。

それ以降は飲み会に行く時は必ず帰る際に連絡をくれるようになり、朝帰りもしなくなりました。

20代前半/専門コンサル系/女性

我慢できないところはその時すぐに言って、改善してもらう

もともと友達だった彼と付き合ってすぐに同棲することになったのですが、掃除の仕方が雑なところや、食事中なのに食器の上にごみを置くところなど、ところどころ気になることがありました。

初めの頃は我慢していましたが、イライラが積もり積もって、ある日カギだけ持って家を飛び出しました。3時間ほど散歩をして気持ちを落ち着かせて帰ったところ、彼がとても心配して家で待っていました。

それからは嫌で我慢できないところはその時すぐに言って、改善してもらうようにしました。

また、お互い自分ひとりだけの時間や場所を大切にして、お互いの価値観を尊重し合えるようになりました。

30代後半/自営業/女性

一度すごく怒ってみる!

付き合った当初は仲がよかったのですが、彼は次第に友達付き合いや趣味を優先するようになり、私のことを蔑ろにする日々が続いていました。

更に夜、仲良くしていたら、「そんなにこういうのが好きなら、AV女優にでも将来なりそうだね」なんてトドメの一言。その時は堪えて「私はあなただから愛を伝えたいし、あなたからの愛を感じたいからしたいんだよ」と返していたのですが、相手は軽く考えているようでした。

争い事は好きではないのですが、怒らないと舐められて調子に乗る一方だと判断したので、一度すごく怒ってみました。すると、彼は普段謝らない人なのですが、反省したのか謝ってくれて言葉遣いにも気をつけるようになってくれました。

今では、私との時間を作るように努力してくれています。

20代前半/学生/女性

【6位】割り切って対処する

割り切って対処する

改善されない場合は自己判断でやる

一番違うのは金銭感覚です。私は電気にしろ食品にしろ、抑えられるものは最小限に抑えて生活をしたい派です。しかし彼は、我慢するのは嫌、それを止めるくらいなら金で解決する!派の真逆な性格です。二人でいた頃からありとあらゆる部屋に明かりを付け、少しでも寒ければすぐに暖房を付けて28度に設定していました。その度に「いない部屋の電気消してよ!」「もう少しあったかい格好すれば暖房なくても大丈夫でしょ?」と言ってきました。

最初はしょっちゅう言い合いをしていましたが、結婚して7年も経つと、さすがに言うのも嫌になりました。これだけ言って変化がないと言うことは、彼には直す気がないということです。

それに気付いた私は、もう黙って電気は消し、暖房の温度設定は勝手に22°にしています。彼も暖房に関しては気付いてもいません。その程度なのです。

今は話し合いはしますが、改善されない場合は自己判断でやっています。そうしていたら心の余裕が生まれました。

30代後半/専業主婦/女性

彼氏と価値観が合わなくて疲れた時の対処法まとめ

この記事では、彼氏と価値観が合わなくて疲れた時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

彼氏と価値観が合わなくて疲れた時の対処法アンケートでは、1位は『合う部分を大切にする』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

彼氏と価値観が合わなくて疲れた時の対処法アンケート詳細

【アンケート調査概要】

調査方法 インターネットによるアンケート調査
アンケート内容 彼氏と価値観が合わなくて疲れた時の対処法を回答
調査期間 2023年01月21日~02月05日
回答者数 女性100人
年齢 20代~50代

【アンケート調査結果】

順位 回答数 彼氏と価値観が合わなくて疲れた時の対処法
1位 25票 合う部分を大切にする
2位 20票 歩み寄れないなら別れる
3位 19票 冷静に話し合う・折衷案を考える
4位 14票 ストレス発散の時間を持つこと
5位 13票 嫌なことははっきり言う
6位 4票 割り切って対処する
その他 5票 上記以外の回答

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2023年01月21日~02月05日
回答者数:100人