彼女をドキドキさせる!男性100人が実践した対処法8選

彼女 ドキドキ させる

「彼女をドキドキさせたい!」と思う事もありますよね。

対処法としては「サプライズを仕掛ける」や「タイミングを見計らう」が挙げられますが、同じ経験を持つ男性が実際に対処した方法や体験談を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、男性100人に聞いた彼女をドキドキさせる方法ランキングに加えて、リアルな体験談と共に対処法8選をご紹介しています。

彼女をドキドキさせる方法ランキング

順位 割合 彼女をドキドキさせる方法
1位 35% サプライズを仕掛ける
2位 24% タイミングを見計らう
3位 13% たまに積極的なスキンシップ
4位 12% 食事を一口もらう
5位 11% 相手の立場に立って喜んで貰う事
その他 5% 上記以外の回答

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女をドキドキさせる方法アンケート』によると、1位は『サプライズを仕掛ける』、2位は『タイミングを見計らう』、3位は『たまに積極的なスキンシップ』という結果に。

割合で見てみると、1位の『サプライズを仕掛ける』が約35%、2位の『タイミングを見計らう』が約24%、3位の『たまに積極的なスキンシップ』が約13%となっており、1~3位で約72%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に彼女をドキドキさせる方法8選をご紹介していきましょう。

【1位】サプライズを仕掛ける

サプライズを仕掛ける

不意をつくこと

ポイントは不意をつくことだと思います。いきなり何かをしてビックリさせるというか、俗に言う「サプライズ」をするのです。

普段書かない手紙を書いたり、プレゼントをするのもいいと思います。

恋人がシャイだったりクールなタイプだったりすると、そんなにドキドキしていないように見えるかも知れませんが、後から聞くと「実はすごくドキドキしていた」と教えてくれることもありました。

恋人が喜んでくれると自分も嬉しくなり、「やってよかった」と思えます。

30代後半/金融・保険系/男性

ちょっとしたサプライズをするべし

付き合って長い間一緒にいるとどうしてもマンネリ化して、お互いにドキドキしなくなってきますよね。

これまでの経験を思い返してみると、彼女に日頃のちょっとした感謝を表すためにサプライズ(プレゼントをあげたり、手紙を書いたり)すると、とても喜ばれました。それだけで彼女は「自分が大切にされている」と思い、もう一度ドキドキしているようでした。

女性はちょっとしたサプライズに弱いのだと学びました。

20代前半/不動産・建設系/男性

喧嘩の後にサプライズを仕掛ける

一番いいのは、ドキドキの前にイライラさせることです。

普段仲が良くても、やはり少しは喧嘩したりむかついたりすることがあるかと思います。

そんな時は思いっきり感情をぶつけてみて、まずはちゃんと仲直りをします。そしてその後のフォローで、どうドキドキさせるかが肝だと思っています。

普段は買わない花をお土産にしてみたり、彼女が欲しいと言っていたものをプレゼントしてみたり、どこかの美味しいレストランに連れて行ったり、料理を作ってご馳走してあげるのもいいんじゃないかと思います。

40代後半/自営業/男性

【2位】タイミングを見計らう

タイミングを見計らう

デートが終わった後のお礼の連絡の時に褒める!

付き合う前、彼女はいつもすっぴんだったので、「メイクをした姿も見てみたい」と言ってみたこともあったのですが、一度もメイクをして来ませんでした。

その後、お付き合いに発展し、初めてのデートの時、一緒にカフェに行ったのですが、マスクを外した彼女がメイクをしていることに気づきました。私は内心嬉しくてドキドキしていたのですが、あえて何も言わずにスルーしました。

そしてデートが終わってお礼の連絡を送った際、「今日メイクしてたよね?大人の女性な感じがすごく伝わってきて綺麗だったよ!またメイクしてきてほしいな」と言ってみました。すると彼女から「ありがと!久しぶりにドキドキした!」と返信がありました。

彼女とはその数ヶ月後に別れてしまったのですが、現在も友達として仲良くしています。遊ぶ機会がある時はいつも、「あの時は本当にドキドキしたんだよねー」とお互いに笑い合っています。

20代後半/自営業/男性

「好き」と頻繁に言わない

私は結婚してから、愛情表現(好きとか愛してると言葉で伝えること)を減らしています。これは言葉に重みを出すためで、軽く出したら必殺技ではなくなるからです。

そのかわり、普段から「ありがとう」を意識して言うようにしています。そうする事でたまに言う「愛してる」が届きやすいと思います。

また、大事なのはその「愛してる」が響くかどうかなので、容姿には気をつけています。腹が出てきたり油っぽくなれば、そりゃ嫌悪感が出てきます…(笑)片方が意識すれば、おのずと相手の美意識も下がらないと思います。

男性は妻や彼女を女性扱いし、女性は夫や彼氏を男扱いすべきです。

30代前半/自営業/男性

【3位】たまに積極的なスキンシップ

たまに積極的なスキンシップ

手を繋ぐこと!

手を繋ぐことが一番です!

手に触れるというのは何でも許せてしまう相手にしかできませんので、異性で手を繋げる仲になれば、それくらい愛しているという証拠にもなります。

そもそも恋人未満の女性の友達とは手を繋ごうとは思いませんし、私も彼女に手を繋がれるとドキドキしてしまいますので、これは男性・女性問わず同じだと思います。

20代後半/流通・小売系/男性

【4位】食事を一口もらう

食事を一口もらう

飲み物や食べ物を一口貰うこと

私のおすすめは「飲み物や食べ物を一口貰うこと」です。

これは以前付き合っていた彼女に、私がドキドキした時の話になります。

彼女はあざといと言うより、本当に元気の良い素直な女性でした。そんな彼女に「このハンバーグ美味しそう、一口ちょうだい!」と言われた時、これってもしかして…と期待してしまったことがあります。

食事に関することなので分かってもらえないかもしれませんが、私は距離が縮まった気がしてドキドキしました!

40代前半/専門コンサル系/男性

【5位】相手の立場に立って喜んで貰う事

相手の立場に立って喜んで貰う事

自分を選んでくれたことに感謝し、相手を敬うこと

結婚する前から毎年、二人でささやかにお互いの誕生日を祝っていました。しかし結婚後は金銭的な余裕がなく、盛大に誕生日を祝うことはありませんでした。ですが最愛の妻の誕生日も満足に祝えないことは情けなく思い、妻に内緒で一年近くお金を貯め、有名なケーキを提供してくれる人気店を予約し、そこで妻の誕生日を祝うことにしました。

しかし普通だなと思い、事前に店員さんと打ち合わせをし、街並みを一望できるテラスで店員さん達に『ハッピーバースデー』を歌ってもらって誕生日を祝いました(当時流行っていたフラッシュモブ風に行いました)。照れながらも喜んでくれている妻にさりげなく、「上着のポケットに何か入ってるよ」と声をかけ、妻がトイレに行っている間に仕込んでおいたネックレスをプレゼントしました。ものすごく喜んでいる妻の姿を見て、一生懸命準備した甲斐があったと思いました。

それからは盛大には祝えることは少ないですが、誕生日に喜ぶ妻の姿を見るのが一年で一番の楽しみです。

大事なのは、自分を選んでくれたことに感謝し、相手を敬い接することが一番だと思います。普段は出来なくても、一年に一度の誕生日にはそんな気持ちを表現してもいいのではないでしょうか。あとは入念な下準備と、自分目線でなく相手の好みや目線になることが重要だと思います。

40代後半/サービス系/男性

彼女をドキドキさせる方法まとめ

この記事では、彼女をドキドキさせる方法を体験談と共にご紹介してきました。

彼女をドキドキさせる方法アンケートでは、1位は『サプライズを仕掛ける』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

彼女をドキドキさせる方法アンケート詳細

【アンケート調査概要】

調査方法 インターネットによるアンケート調査
アンケート内容 彼女をドキドキさせる方法を回答
調査期間 2023年01月26日~02月10日
回答者数 男性100人
年齢 20代~50代

【アンケート調査結果】

順位 回答数 彼女をドキドキさせる方法
1位 35票 サプライズを仕掛ける
2位 24票 タイミングを見計らう
3位 13票 たまに積極的なスキンシップ
4位 12票 食事を一口もらう
5位 11票 相手の立場に立って喜んで貰う事
その他 5票 上記以外の回答

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2023年01月26日~02月10日
回答者数:100人