彼氏がだらしない…同じ経験を持つ女性100人が実践した対処法19選

彼氏 だら しない

「彼氏がだらしない…」と悩んでしまう事もありますよね。

対処法としては「ストレートに注意する」や「具体的にどうして欲しいか示す」が挙げられますが、同じ経験を持つ女性が実際に対処した方法や体験談を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、女性100人に聞いた彼氏がだらしない時の対処法ランキングに加えて、リアルな体験談と共に対処法19選をご紹介しています。

彼氏がだらしない時の対処法ランキング

順位 割合 彼氏がだらしない時の対処法
1位 34% ストレートに注意する
2位 20% 具体的にどうして欲しいか示す
3位 11% 愛嬌を忘れない・やんわり伝える
4位 10% 態度でアピール
5位 5% 我慢の限界が来たら別れる
6位 4% 気合を入れてデートに臨む
7位 4% 相手に期待しない
8位 4% 便利な道具やシステムを授ける
その他 8% 上記以外の回答

famico編集部が行った『女性100人に聞いた彼氏がだらしない時の対処法アンケート』によると、1位は『ストレートに注意する』、2位は『具体的にどうして欲しいか示す』、3位は『愛嬌を忘れない・やんわり伝える』という結果に。

割合で見てみると、1位の『ストレートに注意する』が約34%、2位の『具体的にどうして欲しいか示す』が約20%、3位の『愛嬌を忘れない・やんわり伝える』が約11%となっており、1~3位で約65%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に彼氏がだらしない時の対処法19選をご紹介していきましょう。

【1位】ストレートに注意する

ストレートに注意する

ちょっと話がある!とすぐに伝えること

同棲を始めた当初、お金の話をきちんとしておらず「出せる方が出す」という適当な状況でした。センシティブな話題なので自分から切り出しにくく、このままではいけないと思いつつも、ずるずる生活を続けていました。

ある時、相手の通帳を見る機会があったのですが、通信費のあまりの高さに驚愕しました。すぐにLINEで連絡し、仕事から帰ってきた際に話し合いをしました。

私は節約が好きなタイプですが、彼は正反対な浪費家です。多少、険悪な雰囲気になりつつも、生活費の話から今後の2人のあり方等、真剣に話し合うことができました。

2人の関係を長く続けていくためにも、自分の気持ちは正直に早く伝えるべきですね。

30代前半/専業主婦/女性

思い切ってお説教!

同棲していた彼氏がものすごくだらしなくて困っていました。休日の朝はもちろん起きないですし、起きてもパジャマのままで、出かける予定がない時は一日着替えないレベルでした。

他にも食べた食器はそのまま、電子タバコの吸い殻をベッドヘッドの隙間に置いておくなど、本当に迷惑でした。

同棲を始めた頃は「男の人だから仕方ない」と私が片づけをしていましたが、我慢の限界が来て本気でお説教したところ、次の日からは少しずつ改善されていきました。

20代後半/メーカー系/女性

自分がなんで怒っているかはっきり伝える

付き合い初めの頃は、お互いにまめに連絡を取り合っていたし、よく食事に行ったりしていました。でもだんだん慣れてきたのか、彼が何かと理由を付けて出かけたがらなくなっていきました。

彼は元々、少しだらしない部分がある人で、支度が面倒という理由で外出が好きではないことは知っていましたが、前から約束していた記念日のデートまで「今日は気分じゃないから、また今度にしよ?」と言われた時はショックでした。

普段は優しいし、本当に信頼できるいい人なんですが、この時ばかりはどうしても受け入れられず、「毎週とまでは行かなくても、特別な日や約束した日ぐらい一緒にでかけたい」と主張しました。

私がはっきり自分が怒っていること、嫌だと思っていることを伝えたことで、彼なりに反省したらしく、それからは最低月1回は外でデートすると決めてくれたようでした。やはり、しっかり自分の思いを伝えてよかったなと思います。

30代前半/商社系/女性

いつも声をかける

彼はとても優しくて、私には勿体無いくらいの自慢の彼氏ですが、一つだけ「なんで?」と思うことがあります。それは、歯磨きをせずに寝られるということです。

確かに眠たい中、歯を磨くのは大変だと思います。ですが、眠っている間に口の中ではたくさんの菌が繁殖するので、夜に歯を磨かないと虫歯や歯周病になってしまうのではないかと不安に感じますし、それ以前にとても不潔だと思ってしまいます。

これはやめてほしいなと思い、いつも声をかけるようにしています。

20代後半/学生/女性

だらしないところが不安だとはっきり伝える

部屋が汚い、時間にルーズ、お金にだらしない等々、「だらしない」の中にもいろんな種類があると思いますが、それが許容できないのであれば、はっきり伝えるべきだと思います。

「あなたのことは大好きだけど、だらしないところがどうしても不安になるし、これからも一緒にいたいけど、本当に一緒にいていいのかなって思ってしまう」という風に、好きだからこそ直して欲しいことを伝えるのが効果的だと思います。

また、恋人がお金にだらしないなら積立預金を教えてあげる、部屋が汚いなら収納箱を買ってきてあげるという風に、協力してあげるのもいいと思います。

30代前半/専門コンサル系/女性

少しずつ直して欲しいとちゃんと注意する

そのうち別れる感じだったら、もう何も言わず放置し、ひたすら「我慢我慢」と自分に言い聞かせて我慢します。

しかし、もし長い付き合いになって結婚もあるかもと思える存在でしたら、後々私も困ることになるので、彼氏に「だらし無さすぎ〜、だらしないの苦手だから少しずつ直して欲しい」とちゃんと注意します。

だらしない人にはうるさく言わないと分からないので、迷惑がられてもうるさく注意し続けます。

50代後半/専業主婦/女性

自分の気分がスッキリするまで言い続ける

以前、アパートに住んでいた時、私はキッチンにあるカウンターに何も起きたくないのに、彼はそこに常に何かを起きたがりました。それも飲みかけの缶コーヒーや家の鍵、タバコといった彼の私物ばかり。

それはやめて欲しかったので、玄関口にカゴを置き、そこに全て入れるようにしたけど、気づけばまたカウンターに戻っていました。

呆れてものが言えませんでしたが、自分の気分がスッキリするまで言い続けました。

30代前半/専業主婦/女性

【2位】具体的にどうして欲しいか示す

具体的にどうして欲しいか示す

「もう少し〇〇してくれるといいな」と伝える

彼のシャツがいつもシワくちゃなので、デートへ行く時、いつも気になっていました。

「アイロンかけたら?」と言っても、面倒なようでなかなか直してくれませんでしたが、やはりシワシワな洋服でデートするのは気になります。

そこで彼に、「やっぱりデートする時はお洋服にシワがあるとちょっと気になるから、少しだけ気にしてほしいなあ」と、強くなりすぎないように自分の気持ちを具体的に伝えたところ、次のデートから彼のお洋服のシワが少しだけ伸びていました。それを見て、言ってよかったなと思いました。

20代後半/自営業/女性

ピンポイントに注意する

元彼は脱いだ服をそのまま置きっぱなしにしたり、靴下を放っておいたりしていました。

そういう時、私はまず注意をして様子を見ます。また、入れ物を用意したり、彼が改善しやすい工夫をするようにしました。

それで改善しない時は、少し強めに注意をします。いきなり強い口調だと喧嘩になるので、そうならないように段階を踏んでおこないました。

全てにおいてだらしない人は、なかなか改善しないかもですが、ピンポイントならある程度は違う気がします。

50代前半/自営業/女性

理由を伝えて声掛けを行う

彼はいかんせん部屋が汚く、何事にもルーズでだらしない人です。洗濯物は床に放置、トイレットペーパーの芯はトイレに放置、人から借りたものも床に置きっぱなし、などなど…挙げればキリがなく、部屋は生乾きのニオイで充満しています。

そんな彼と同棲する事になったので、このままではいかん!と思い、「バスタオルは床に置きっぱなしだと臭くなるしカビが生えるから、洗濯機に掛けておいてね」など、理由を伝えて声掛けを行っています。

トイレットペーパー放置事件は、トイレに専用のゴミ箱を設置することで解決しました!

まだまだ部屋は汚いですが、ごちゃごちゃしているだけで不潔ではなくなったので、このまま続けていければな、と思います。

20代後半/メーカー系/女性

してほしい行動を伝える!

私はだらしないことが嫌いなので、まずはそのことを伝えた上で、やってほしい行動を伝えます。嫌なことだけを伝えてもどうしたら良いかわからないと思うので、「こうしてほしい」と素直に伝えます。

相手が不機嫌になっても、私はだらしない人は好きになれないので、伝え続けると思います。

相手に迷惑をかけるようなだらしなさであれば、強めに伝えると思います。

もしそれが受け入れてもらえないのであれば、相性が合わないと思うので別れるかもしれません。

40代前半/商社系/女性

【3位】愛嬌を忘れない・やんわり伝える

愛嬌を忘れない・やんわり伝える

お願いするような形で気持ちを言ってみる

自分が我慢すればいいや……と思ってこちらが全てやってしまうと、相手はそれに甘えて最終的に何もしないだらしない人になってしまいます。

言う方も嫌な気持ちにはなりますが、逐一「片付けてほしいな」みたいな感じで優しくお願いしていくことが大切です。

だらしない人は、周りから言われないと気づけないです。それは自分がだらしないのをわかっていて、それに慣れてしまっているから。

文句も言いたくなりますが、決して強く言わず、お願いするような形で気持ちを言ってみてほしいです。私の彼も、それで少しずつ気をつけてくれるようになりました。

30代後半/金融・保険系/女性

「私は怒ってるんだぞ?」と可愛く拗ねる

付き合った当初から同棲を始めました。一緒に暮らしていると、トイレの蓋は開けっ放し、靴下は脱ぎっぱなし、ズボンは豚の鼻のように脱ぎっぱなし、お風呂からビッショビショのまま出てくる、電気は付けっぱなし、帰宅の連絡をしない等、彼のだらしなさが目に付くようになりました。

そういう時は無視をします。でもただの無視ではなく、「私は怒ってるんだぞ?」と可愛く拗ねるのです。

布団にこもっていると大体、近寄ってきます。そして、好きを言わせてから仲直りします(笑)

20代前半/不動産・建設系/女性

【4位】態度でアピール

態度でアピール

マンガやゲームなどに没頭し、相手を無視する

私たちはお互い学生で一緒に住んでいるのですが、彼が家事の分担のルールを守ってくれません。私は溜まっていく洗濯物や床が汚れていくことに耐えられなくなり、結局手を出してしまうので、彼は「自分がやらなければ、どうせ彼女がやるだろう」と思っているんです。

いくら「やってよ」と言っても、「疲れてるんだよー」と言うだけなので、全然効果がありません。ちゃんと家事の分担は決めているのに、おかしいと思いました。

そういう時、私はマンガやゲームに没頭して彼を無視し、生返事ばかりするようにしています。すると彼も私が怒っているのを察知して、溜まっている家事をやってくれます。

今はこのやり方でなんとかなっていますが、自発的に自分の担当分はやるようにしてほしいです。

20代前半/学生/女性

記念日のプレゼントを同じように雑にしてみる

付き合った当初は記念日や誕生日、クリスマスなど、彼が工夫を凝らしたプレゼントを用意してくれていたのですが、3年目ぐらいからだんだんと雑になってきました。

例えば、お店を予約せず、当日になって「どこか食べに行きたいところない?」と訊いてきたり、Amazonのギフト券を渡して来たりと、こちらに考えさせるものが増えてきました。

私としては安くてもなんでもいいので、彼が私のことを考えてくれていた時間がプレゼントだと思っていたし、自分は毎回「これをあげたら喜んでくれるかな?」と考えてプレゼントを用意していたので、寂しいなーと思うようになりました。

そこで私も彼へのプレゼントを同じように雑にしたところ、彼は少し不安に思ったらしく、それ以降はレストランの予約など、少し考えてくれるようになりました。

20代後半/学生/女性

【5位】我慢の限界が来たら別れる

我慢の限界が来たら別れる

いよいよの時は我慢しない

付き合い始めた頃の彼は、何をするにしても自分から提案してくれて、常にリードしてくれていました。それが1年を経過した頃から、だんだんと様子が変わってきて、返事もしてもらえないようになってきました。

おまけに彼の部屋に行っても掃除はしていないわ、洗い物はそのまま置いてあるわ、洗濯物は溜まっているわで、不潔な生活をしているのがたまりませんでした。

それでも我慢して付き合っていたのですが、最後にタバコの不始末でボヤを起こした姿を見て、別れました。

50代後半/自営業/女性

【6位】気合を入れてデートに臨む

気合を入れてデートに臨む

現地で待ち合わせてデートする

付き合って半同棲するようになり、デートに行く回数が激減してしまいました。私と彼の仕事に出る時間も帰る時間もバラバラなので、余計にすれ違いが増えました。

休みを合わせて出掛けるしか無いので、貴重な二人共オフの日にデートの約束をしました。しかし彼は朝から全然起きる気配がありません。私は支度を終えてワクワクして待っているのに、起こしてもダラダラ…。

やはり、デートは現地で待ち合わせが良いなと思いました。同じ家から出発より、現地集合した方が流石に彼も動くので。

30代前半/専業主婦/女性

【7位】相手に期待しない

相手に期待しない

相手を変えようとせず、自分の考え方を変える

半年付き合った彼と同棲を始めた時の事です。お互い実家に住んでいたので、お互いあまり家に出入りすることもなく、普段の生活を目にすることがありませんでした。そのため、同棲を始めてすぐに彼のだらしなさに驚愕しました(笑)

服の脱ぎっぱなしは当たり前、少しだけ飲み残してあるペットボトルが溜まっていく、食べ終わったものはそのまま、ソファで朝まで寝る、洗い物なんてしたことないでしょうし、洗濯もきっとやった事ないんだなぁという感じでした。

私も実家に住まわせてもらっていたので、家事はあまりやったことがありませんでしたが、同棲する前に彼と2人で「お互い協力しようね」と話していたので、頑張ろうという気でいました。ですがどう考えても家事のウエイトは私のほうが多く、彼は協力どころか汚す一方でした。

期待することで勝手に裏切られてしんどい私がいたので、やるしかないというマインドに切り替えて過ごすと、ストレスを感じにくくなりました。「この人はこういう人」というのが、私の中のイライラを抑えてくれる魔法の言葉です(笑)相手を変えようとせず、自分の考え方を変えるのが近道です。

20代後半/流通・小売系/女性

【8位】便利な道具やシステムを授ける

便利な道具やシステムを授ける

便利アイテムを用意してあげよう!

とにかく部屋を片付けない彼。だらしなく脱いだら脱ぎっぱなしの服、チラシ、洗濯物、日用品などが散乱しています。いくら私が「ちゃんとしまって!」と言っても「わかった」と返事はするものの、3日も経てば元通りです。置き場所を決めても、そこに戻す行為が面倒なのだそうです。

そこで私が思いついたのは、子どものおもちゃの整理法です。大きめのプラスチックの収納ボックスを、蓋は開けたまま室内に5箇所ほどランダムに置いておきました。

そして「このボックスは洗濯済みのもの」、「このボックスは細々した事務用品入れ」、「このボックスはチラシと雑誌用」、「このボックスはお菓子やタバコ」などざっくり分類し、そこに投げ入れてくれればそれでオッケーにしました。中身は整理しておかなくても良いのです。人が来る時は蓋をしてしまえば見えませんからね(笑)

これだけでも部屋の見た目はスッキリしましたよ。

50代前半/マスコミ系/女性

彼氏がだらしない時の対処法まとめ

この記事では、彼氏がだらしない時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

彼氏がだらしない時の対処法アンケートでは、1位は『ストレートに注意する』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

彼氏がだらしない時の対処法アンケート詳細

【アンケート調査概要】

調査方法 インターネットによるアンケート調査
アンケート内容 彼氏がだらしない時の対処法を回答
調査期間 2023年02月01日~02月16日
回答者数 女性100人
年齢 20代~50代

【アンケート調査結果】

順位 回答数 彼氏がだらしない時の対処法
1位 34票 ストレートに注意する
2位 20票 具体的にどうして欲しいか示す
3位 11票 愛嬌を忘れない・やんわり伝える
4位 10票 態度でアピール
5位 5票 我慢の限界が来たら別れる
6位 4票 気合を入れてデートに臨む
7位 4票 相手に期待しない
8位 4票 便利な道具やシステムを授ける
その他 8票 上記以外の回答

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2023年02月01日~02月16日
回答者数:100人