彼女からの愛情表現が減った…男性100人が実践した対処法11選

彼女 愛情 表現 減っ た

「彼女からの愛情表現が減った…」と悩んでしまう事もありますよね。

対処法としては「気にしない・期待値を下げる」や「いつもと違うことをする」が挙げられますが、同じ経験を持つ男性が実際に対処した方法や体験談を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、男性100人に聞いた彼女からの愛情表現が減った時の対処法ランキングに加えて、リアルな体験談と共に対処法11選をご紹介しています。

彼女からの愛情表現が減った時の対処法ランキング

順位 割合 彼女からの愛情表現が減った時の対処法
1位 34% 気にしない・期待値を下げる
2位 18% いつもと違うことをする
3位 17% 話してみる
4位 9% こちらから愛情表現をする
5位 8% 自分磨き・他のことに集中する
6位 7% 友人に相談する
その他 7% 上記以外の回答

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女からの愛情表現が減った時の対処法アンケート』によると、1位は『気にしない・期待値を下げる』、2位は『いつもと違うことをする』、3位は『話してみる』という結果に。

割合で見てみると、1位の『気にしない・期待値を下げる』が約34%、2位の『いつもと違うことをする』が約18%、3位の『話してみる』が約17%となっており、1~3位で約69%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に彼女からの愛情表現が減った時の対処法11選をご紹介していきましょう。

【1位】気にしない・期待値を下げる

気にしない・期待値を下げる

あまり気にしなくてもいい

恋人の愛情表現が減った場合は、あまり気にしなくてもいいと思います。

付き合って数ヶ月はお互いにラブラブでこまめに連絡していたとしても、だんだん落ち着けばそういうのも減っていくものです。

他に気になる人が出来たり、浮気していて愛情表現が減った場合は問題ですが、そうでない場合には大丈夫だと思います。

お互いに気を遣う感じが薄れるにつれて、そうなっていくのが自然だと思いますので、恋人の愛情表現が減ったとしてもあまり気にしなくてもいいと思いました。

30代後半/公務員・教育系/男性

減るのが当たり前だと考えてみる

相手からの愛情表現が減ったと思うことは誰にでもあります。よく耳にするのが「最初から飛ばすから、そうなる」という意見。確かに一理ありますが、本当にそれだけでしょうか。

自分が嫌がることは相手も嫌がるように、自分が「マンネリ化してるな…つまらないなぁ…」と感じる時は、当然相手もそのように思っていると言っても過言ではありません。これは恋人や夫婦間でも同じです。

そもそもお互い別の環境で育ってきていますので、「長いこと一緒にいれば、互いの違いや粗が見えてくるから、愛情表現が減るのは当たり前だ」と思うようにすれば現状よりは上手くいくはずです。

現に私がその認識を持つようになってから、妻も同じような考え方へと変わり、現在ではより楽しく平和な日々を過ごせています。

30代前半/IT・通信系/男性

誰にでもあると思い、気にしない

今までの経験上、愛情表現が減る事は誰にでもあると思います。

しかし相手からの愛情表現が減ったと思って、相手に「好きじゃないの?」などと聞くのはあまり良くないと思います。それを聞かれるのがストレスになり、余計に距離を置かれる可能性があるからです。

恋人からの愛情表現が減ったからと言って、こちらを嫌いになったとかでは無いので、安心してください。関係が落ち着いて来れば、誰にでもある事だと思います。

辛いなら、自分からの愛情表現も減らしていいと思います。もしくは、話しやすい環境を作ることが大切です。

20代後半/メーカー系/男性

二人の仲が深まったとプラスに考える!

彼女はどちらかというと「べたべた」してきてくれる愛情表現でしたので、それが少なくなってくると、正直寂しい気持ちになりました。

ただ、二人の時間が増えるにつれて、頻繁に「べたべた」しなくても気持ちは伝わっていると思えるようになりました。

そこで、「これまで以上に二人の仲が深まった」と思うようにしたら気にならなくなりました。

「時間が経過するに連れて、愛情表現は変化するもの」と捉えると楽になる気がします。

40代前半/商社系/男性

【2位】いつもと違うことをする

いつもと違うことをする

とにかくアピールしまくる

そういう時は、しつこいくらいにアピールしてもいいんじゃないかと思います。

表現が減った理由は必ずあると思います。また自分自身も、相手に対する愛情表現が減っていないかどうか、もう一度見直すことも必要かと思います。

その辺がクリアであれば、やはりアピールをいつもより多く出してもいいんじゃないでしょうか。例えば、普段しないご飯作りをしてみたり、掃除をしてみたりして、行動で示してみると良いかもしれません。

それでもダメでしたら、一度言葉で伝えてみてもいいんじゃないかと思います。

40代前半/自営業/男性

今までやったことのないことを一緒にやってみる

妻とは10年間も同棲してからの結婚であったため、途中で何度も愛情表現が減ってしまうタイミングがありました。

いつもの朝ご飯を食べ、いつもの時間にそれぞれ仕事に行き、いつもの夕食を食べ、いつものテレビを見て、いつもの時間に寝る等、生活がルーティン化し過ぎたことにより、愛情表現をしなくなっていったように思います。

その時には、お互いが絶対に思いつかないような突飛な旅行先を選んでみたり、一生やることのないであろうスカイダイビングに二人で行ってみたりすることで、また付き合いたての感覚が戻ってきたと思います。

話のタネも増えるので、他人との会話の話題にも事欠かないようになりましたので、一石二鳥かと思います。

30代後半/医療・福祉系/男性

【3位】話してみる

話してみる

そのことについてどう思っているかを正直に伝える

自分としては愛情表現が減っていると思っていること、そのことについてどう思っているか(寂しい等)を正直に相手に伝えることが大切だと思います。

それが普通と思って気にしていない人もいれば、気づいていない人もいるので、まずは自分が感じていることを相手に伝えてみましょう。

それを受けてどう行動するかは相手次第なので、どんな結果になるかは分かりません。

相手のことを変えることは難しいので、相手の反応について自分が納得できればそのまま関係を続ければ良いし、納得できなければ関係を考え直すのが良いと思います。

40代後半/サービス系/男性

率直に相手に聞いてみる

まずは相手の気持ちを尊重することです。愛情表現が減ったからと責めるのは最悪手と言えるでしょう。

もしかすると、知らない間に相手が嫌がることをしてしまった等、こちら側に問題があるかもしれません。あるいは恋人の身にプライベートで問題が起きていて、こちらに心配をかけないように自分の中で押し殺していたのかもしれません。

愛情表現が減ったのには何か原因があるはずですから、率直に相手に聞いてみるのがいいでしょう。

たとえ明確な理由がなかったとしても、今の気持ちを話し合うことができるはずです。そうなれば一歩進んだ恋人関係になれると思います。

30代前半/マスコミ系/男性

【4位】こちらから愛情表現をする

こちらから愛情表現をする

「ありがとう」としっかり伝える

付き合い始めて数ヶ月はお互い別々に住んでいて、互いの家に遊びに行ったりご飯を作ったりしていました。

当初は彼女がしてくれることに感謝していましたが、同棲してからは家事分担で片方が同じ作業をするようになって、それが当たり前になってしまったことがあります。

そういう時は偶に当番を交代し、「ありがとう」としっかり伝えるようにしたら、前より感謝してより仲良くなれた気がします。

特に食事などに関しては、ありがとうだけでなく味の感想なども言い合うようにしています。

20代前半/法律系/男性

【5位】自分磨き・他のことに集中する

自分磨き・他のことに集中する

一度冷静になるために一人で行動してみる

付き合って数年も経つと、だんだん日々の連絡も雑になり、デートでもわくわくしなくなってきました。なんだか彼女からのリアクションが薄いように感じられ、「このまま別れてしまうんじゃないか」と内心とても焦りました。

ところが、彼女からのラインを読み返しても、ちょっとスタンプや絵文字が減った程度で、連絡の頻度も内容も大して変わっていなかったのです。

これは自分の気持ちの問題だと思い、一度冷静になるために一人で映画を観に行ったり、日帰り旅行に行ったりしました。そうするとちょっと落ち着いてきたのか、過度に彼女のことを気にかけることがなくなりました。

むしろ、一人旅で行ったところに彼女を連れて行ったりと、デートのレパートリーも増やせていい関係に戻ることができました。

30代後半/流通・小売系/男性

【6位】友人に相談する

友人に相談する

複数の友達に相談し、状況を把握する

愛情表現が減った理由について、「交際開始直後で浮かれている期間が終わってマンネリ期に入った」のか、「仕事や友達付き合い(浮気を除く)が忙しい」のか、「他の男と浮気している」のかを考えます。

自分一人で答えを出すのは難しいので、複数の友達に相談します。まず自分と仲が良い共通の友達から、彼女の様子を教えてもらいます。彼女のことを知らない友達には「客観的に見てどうか」を相談します。

この時、彼女の親友に相談すると、その人を介して彼女に伝わったり、彼女と揉めた時に彼女側につくので、その点は覚悟が必要です。

浮気以外は前向きに対処します。浮気が発覚した場合は彼女と話し合いをします。その前に彼女から「他に好きな人が出来た」と別れを告げられるかもしれませんが、しょうがないです。

40代前半/専門コンサル系/男性

彼女からの愛情表現が減った時の対処法まとめ

この記事では、彼女からの愛情表現が減った時の対処法を体験談と共にご紹介してきました。

彼女からの愛情表現が減った時の対処法アンケートでは、1位は『気にしない・期待値を下げる』となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

彼女からの愛情表現が減った時の対処法アンケート詳細

【アンケート調査概要】

調査方法 インターネットによるアンケート調査
アンケート内容 彼女からの愛情表現が減った時の対処法を回答
調査期間 2023年02月02日~02月17日
回答者数 男性100人
年齢 20代~50代

【アンケート調査結果】

順位 回答数 彼女からの愛情表現が減った時の対処法
1位 34票 気にしない・期待値を下げる
2位 18票 いつもと違うことをする
3位 17票 話してみる
4位 9票 こちらから愛情表現をする
5位 8票 自分磨き・他のことに集中する
6位 7票 友人に相談する
その他 7票 上記以外の回答

【アンケート調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2023年02月02日~02月17日
回答者数:100人