彼女の束縛に疲れた…男性100人が実践した対処法10選

彼女 束縛 疲れ た

「彼女の束縛に疲れた…」と悩んでしまう事もありますよね。

対処法としては「胸の内を話す・冷静に話し合う」や「ストレス解消を図る」が挙げられますが、同じ経験を持つ男性が実際に対処した方法や体験談を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、男性100人に聞いた彼女の束縛に疲れた時の対処法ランキングに加えて、リアルな体験談と共に対処法10選をご紹介しています。

彼女の束縛に疲れた時の対処法ランキング

順位 割合 彼女の束縛に疲れた時の対処法
1位 29% 胸の内を話す・冷静に話し合う
2位 20% ストレス解消を図る
3位 19% 物理的に離れる・連絡を控える
4位 10% ポジティブに捉える
5位 9% 我慢しないで別れること
6位 8% 毅然とした態度で向き合う
その他 5% 上記以外の回答

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女の束縛に疲れた時の対処法アンケート』によると、1位は『胸の内を話す・冷静に話し合う』、2位は『ストレス解消を図る』、3位は『物理的に離れる・連絡を控える』という結果に。

割合で見てみると、1位の『胸の内を話す・冷静に話し合う』が約29%、2位の『ストレス解消を図る』が約20%、3位の『物理的に離れる・連絡を控える』が約19%となっており、1~3位で約68%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に彼女の束縛に疲れた時の対処法10選をご紹介していきましょう。

【1位】胸の内を話す・冷静に話し合う

胸の内を話す・冷静に話し合う

まずは「束縛がきつくて少し疲れる」とはっきり伝える

束縛は相手のことを信用していないからするものだと思います。なので、「もう少し信用して欲しい」と言う事を伝えてみて、それでもわかってくれないようだったら、「しばらく距離を置きたい」と言います。

束縛をしてしまう方も疲れていると思うので、「束縛がきつくて少し疲れる」とはっきり伝えると、わかってもらえる事もあります。

束縛を許しているとどんどんエスカレートしていく事があるので、その前に自分の気持ちを伝えてみて、それでも納得してもらえない場合は、一度距離を置いてみると良いと思いました。

距離を置くと冷静な考え方が出来るようになるので、信じる事の大切さに気づいてもらえると思います。

30代前半/流通・小売系/男性

彼女に正直に言う

出会った当初から「あれ?ちょっと重たいな」と思っていました。初めのうちは「それも愛なんだな」と思い、受け入れていましたが、だんだんとイライラが募っていきました。

一番頭に来たのが「寝ないで」という言葉です。何で明日も早いって分かってるのに寝させてくれないんだ、と毎日のように思っていました。

なので、限界が来てついに彼女に言いました。そしたら向こうも反省したのか、そういう束縛も少しずつ減っていきました。

今思うと、私自身も彼女と似たような立場になって、少しだけ気持ちがわかるようになりました。お互いの気持ちを理解して恋愛は進むんだと思いました。

30代前半/IT・通信系/男性

冷静に自分には非がないか考え、話し合う

付き合った当初から彼女は嫉妬深くて束縛も激しめだったんですが、そんな所も可愛いと思えていたんです。

しかし、ある時から急にそういうのが鬱陶しくなってしまいました。でも、好きだから離れられないし悩んでいました。

やがて自分にも非があるなと気付いたんです。そもそも彼女の束縛が激しいのは最初から分かっていたし、それを否定してこなかったのに、付き合いが長くなったら鬱陶しいと感じるのは自分のワガママなんじゃないか、自分のそういう態度が余計に彼女を不安にさせてしまっているんじゃないかなと感じるようになりました。

ちゃんと話し合う様にしたところ、彼女の束縛も治まっていきました。

30代後半/自営業/男性

【2位】ストレス解消を図る

ストレス解消を図る

隣の地域の公園でスーパーの弁当を爆食いする

彼女は非常に焼きもち焼きで、デートの時、私が一瞬でも別の女性に意識を向けたりするとキレるような強烈な人です。

とは言え可愛いので、あんまり気にしないようにしていたのですが、四六時中嫉妬されていてはさすがに疲れます。

どうしても疲れてしまった時は、会社を休んで隣町の公園に行き、真昼間からスーパーの弁当を爆食いするようにして、ストレスを発散するようにしています。

それでもやっぱりそんな束縛気味な彼女が可愛いので、これからもストレスを発散しつつ、うまくやろうと思います。

40代前半/IT・通信系/男性

一旦違うことをして忘れる

付き合ったばかりの時は、恋人の束縛が激しいとは思っていませんでしたし、私のことをとても思ってくれる人だと感じていました。

ところが遠距離恋愛になったことで、バランスが崩れ始めました。私は連絡を欠かさなかったのですが、少し連絡を返さないとたくさんのメッセージが入っていたり、電話がかかってきたりと凄かったです。

私が「友達と繁華街へ出かける」と言うと嫌な顔をしたり、「夜はあまり出歩かないで」、「こういう服は着ないで」など制限されていました。

ですが、私は好きなようにしたかったので、自分の好きなことをして忘れました。体を動かすことが好きだっので、運動していたら気分が楽になり、ストレス発散にもなっていたと思います。

20代後半/医療・福祉系/男性