【男女別】好きな人と話したいけど話せない…経験者が実践した対処法

好き な 人 と 話 したい けど 話せ ない

「好きな人と話したいけど話せない…」と本気で悩んでしまうこともありますよね。

対処法としては「とにかく関わる機会を増やす」や「懐に飛び込む・立ち位置を変える」が挙げられますが、同じ経験を持つ男性や女性が実際に対処した方法や体験談を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、男女200人に聞いた好きな人と話したいけど話せない時の対処法ランキングに加えて、リアルな体験談と共に対処法33選をご紹介しています。

この記事はfamicoが独自に制作しています。記事の内容は全て体験談・実体験に基づいており、ランキングの決定は独自のアンケート調査等によるデータを掲載しています。詳しくはfamicoコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事は2023/01/31時点でfamico編集部により内容の確認・更新を行い、最新の内容であるように努めています。

【男女別】好きな人と話したいけど話せない時の対処法

順位 好きな人と話したいけど話せない時の対処法
女性 男性
1位 とにかく関わる機会を増やす 友人を巻き込む・協力を仰ぐ
2位 懐に飛び込む・立ち位置を変える 一旦、距離を置く
3位 友人を巻き込む・協力を仰ぐ 懐に飛び込む・立ち位置を変える
4位 お酒の力を借りる SNSなどで間接的に話をする
5位 SNSなどで間接的に話をする とにかく関わる機会を増やす
6位 一旦、距離を置く

まずは、男女別の好きな人と話したいけど話せない時の対処法からご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男女各100人に聞いた好きな人と話したいけど話せない時の対処法アンケート』によると、女性側の1位は『とにかく関わる機会を増やす』、男性側の1位は『友人を巻き込む・協力を仰ぐ』、という結果に。

それでは、女性と男性で分けて好きな人と話したいけど話せない時の対処法をご紹介していきます。

【女性編】好きな人と話したいけど話せない時の対処法ランキング

順位 割合 好きな人と話したいけど話せない時の対処法
1位 38% とにかく関わる機会を増やす
2位 20% 懐に飛び込む・立ち位置を変える
3位 15% 友人を巻き込む・協力を仰ぐ
4位 10% お酒の力を借りる
5位 5% SNSなどで間接的に話をする
6位 4% 一旦、距離を置く
その他 8% 上記以外の回答

famico編集部が行った『女性100人に聞いた好きな人と話したいけど話せない時の対処法アンケート』によると、1位は『とにかく関わる機会を増やす』、2位は『懐に飛び込む・立ち位置を変える』、3位は『友人を巻き込む・協力を仰ぐ』という結果に。

割合で見てみると、1位の『とにかく関わる機会を増やす』が約38%、2位の『懐に飛び込む・立ち位置を変える』が約20%、3位の『友人を巻き込む・協力を仰ぐ』が約15%となっており、1~3位で約73%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に女性編の好きな人と話したいけど話せない時の対処法19選をご紹介していきましょう。

女性編1位|とにかく関わる機会を増やす

とにかく関わる機会を増やす

積極的に会話に入って、関わる時間を増やす

私は昔から恥ずかしがり屋で、特に異性と話す時にはすぐに顔が赤くなってしまって、動揺が丸わかりでした。

好きな人と席替えで席が近くなった時、これは距離を縮めるチャンスだと思い、彼が近くの人と話している時は積極的にその場に入って、関わる時間を増やそうと努力しました。

初めはよそよそしかったのですが、やがて名前を呼んでもらえ、気軽に話せるまで仲が深まりました!勇気を出して会話に入った甲斐があったと感じました。

また、消しゴムやシャーペンの芯など、好きな人が忘れ物をした時にはすぐに貸したり、プリントを落とした時にはすぐに拾ったり、気の利く部分を出そうと必死に頑張りました。片思いのまま終わりましたが、今でも思い出す大切な青春の1ページです。

20代後半/専業主婦/女性

そばにいて、存在感をアピール!

好きな人と話せない時には、近くにいて自分の存在をアピールするのがいいと思います!

そばに友達がいれば、なおさらいいですね。その友達と話すことを楽しみながら、普段よりは声を少し大きくしてみたり、身振り手振りも加えて「私はここにいますよ、こういう人ですよ」というアピールをしてみるのも手だと思います。そうすれば相手も気にしてくれたり、覚えてくれるかもしれません。

そばに友達がいない場合でも、「何となく好きな人の近くにいつもいる」という距離が保てれば、いつか話すきっかけができると思います。

40代前半/流通・小売系/女性

できるだけ近くにいこう!

自分からなかなか話しかけられない場合でも、できるだけ近く(グループなど)にいることで、存在をなんとなく意識してもらうことができます。

直接話さなくても、一緒に笑ったりする場面を増やしていくと、相手からふいに話しかけてもらえることも出てくると思います。

相手と仲の良い人と仲良くなるのも良いかもしれません。相手の趣味などを知っていたら、話しかけるきっかけとして勉強してみるのもアリだと思います。

遠まわりのように感じるかもしれませんが、新しいことを知るのは自分のためにもなるし、スムーズに会話するための予習とも言えます。

40代後半/専業主婦/女性

話せそうな機会があったらチャンスをものにする

以前、職場の研修で出会った先輩社員に一目惚れしました。

懇親会では話ができず、残念な気持ちになりながらホテルのロビーで同期と談笑していた所、たまたまその彼が来ました。それをきっかけに会話が始まり、同期と一緒に彼の部屋に遊びに行って、1時間くらい話しました。

その時、私は小さな悩みを零してしまい、雰囲気壊したかなと思って後悔していたところ、「え、〇〇ちゃん、仕事もプライベートもボロボロじゃん!居場所全部辛くない?」とストレートに言われ、涙が溢れました。自分ではわからなかった苦しさに気付かされた瞬間で、彼の素直さに更に惚れてしまいました。

その後、社内イベントで声を掛けてもらったりして、LINEも交換しちゃいました。話していて楽しかったこと、自分が活き活きしたことを覚えています。

20代後半/専業主婦/女性

相手の行動を観察して、話しかけるきっかけを探す

以前、会社の違う部署に好きな人ができました。彼が働いている部署に行く用事はありましたが、接点が何もなく普段は全然話せませんでした。

このままでは何もできずに時間だけが過ぎてしまう……と思い、何とか話しかけるきっかけを探しながら過ごしていました。

そんな時、狭い休憩室に彼が毎日同じくらいの時間に入っていくことがわかり、休憩室で勇気を出して話しかけよう!と思いました。彼が入っていったところへ一緒に行き、まず挨拶をしてから無理やりお天気の話や他愛のない話を頑張って振り、仲良くなりました。

恋も無事実り、その後お付き合いすることができました。今では良い思い出です。

30代後半/メーカー系/女性

イベントなどを利用して近くに行く

話せない時は無理して話そうとせず、ずっと見ているだけでも心は落ち着いてくるものです。

どうしても話したい時は、何かのイベントを利用するのがおススメです。例えば相手が参加するキャンプなどには、自分も積極的に参加をして、少しでも近くに行ってみましょう。

最初は友達に協力してもらって声をかけたりするのも良いでしょう。

きっかけは必ずあるはずなので、諦めずに踏み出すことです!

40代後半/不動産・建設系/女性

まずは友達からゆっくりと距離を縮める

同僚のことが気にはなっていたものの、なかなか話しかける勇気がありませんでした。

そこでまずは友達になるのを目標にしながら、距離を縮めていきました。悩みの相談にのってもらったり、仕事の分からない所を聞いたりと理由をつけて話しかけていきました。

また、話を聞いている時は相手の顔を見ながら、念を送るようなつもりで「あなたが好きですアピール」をし、いつか相手に気持ちが届くように願っていました。

すると、なんと気持ちが伝わりました!こんな素敵な展開になれたことに感謝しています。

40代後半/専業主婦/女性

二人きりになった時に勇気を出して声をかける

小学五年生の時、転校生の男の子に一目惚れしました。かっこよすぎて話しかけることができませんでした。その子は本当にモテていて、普通に話している女子が羨ましかったです。

夏に野外活動で彼と同じ班になり、一緒に行動しました。恥ずかしかったですが、少しずつ話ができるようになって仲良くなってきました。

中学生になっても彼のことが好きだったので、話す時は相変わらず緊張していました。特に周りに他の人がいると、変に意識してうまく話せませんでした。

そこで彼が一人でいる時に勇気を出して話しかけていました。話している時間は夢のようだったと、今でもすごく思い出に残っています。

30代後半/専業主婦/女性

女性編2位|懐に飛び込む・立ち位置を変える

懐に飛び込む・立ち位置を変える

勉強を教えて!とお願いして仲良くなる

学生の頃、同じクラスに気になっている男子がいたのですが、話題もなく寡黙な人だったので、気軽に話しかけられる雰囲気ではありませんでした。

ただ、私の学校は進学校で、彼もしっかり勉強に取り組んでいたので、思い切って「勉強を教えてもらえないかな」と話しかけました。

そこから一緒に勉強したり、趣味の話をするようになり、お互いの距離を縮めることができました。

この時は不純な気持ちではなく、心から勉強できるようになりたいという気持ちがあったからこそ、相手も真剣に受け入れてくれたのだと思っています。

20代後半/IT・通信系/女性

相手の知識や経験などを頼って質問をしてみる

相手の知識や経験などを頼って質問をしてみることで、相手のペースで会話ができます。教えてくれたら、仮に知っていた場合であっても、感謝するようにしましょう。

それがきっかけで自然な会話のネタになるし、相手も「この人に何かをしてあげた」という充実感を得てくれるかも知れません。そこで相手のことを持ち上げられるし、自分も話せて嬉しいので一石二鳥。

最初の勇気はどうしても必要です。しかし話しかけてもらうのを待っていると色んなことが手遅れになってしまうので、頑張ってアプローチすることは大切です。

重要そうな質問にすることでハードルも下がり、話しかけやすくなるのではないでしょうか。

20代前半/自営業/女性

相手を知り、話をしっかり聞くこと

好きな人には嫌われたくないので、自分を良く見せようとしてばかりいました。その結果、本音で話すことが出来ずもやもやしていました。

そこでまずラインなどで飲みに誘い、相手の事を尋ねるようにしました。質問を事前に用意しておけば、緊張していても訊くことはできます!

あとは話を聞く時、わかりやすく頷いたり笑ったりしました。すると、相手が更に話をしてくれたり、逆に私の事も聞いてくれるようになりました!

相手を知り、話をしっかり聞くことで相手も質問してくれるようになり、仲良くなることができました。

30代前半/サービス系/女性

聞き役に徹して彼の話すことをすべて受け入れる!

私はもともと口下手で、好きな人とうまく話すにはどうしたらいいのか分からずにいました。無理に話しかけたりぎこちない笑顔で接したりしていたのですが、こちらがあまりに緊張しすぎて、距離を縮めるには至りませんでした。

そこで、うまく話すのは諦めて、聞き役に徹することにしました。好きな人の話は、とにかく一生懸命聞くことを心がけたのです。彼が言ったことに対して、必ず大きくうなずき、「うん」「そうなんだ」「すごいね」のようなシンプルな相づちを打っていました。また、自分の声が低い調子になる癖に気づいたため、せめて高めで楽しそうな声で相づちを打つよう気をつけました。

最も心がけたのは、彼の言うことは絶対に否定せず、そのまままるごと受け入れることです。彼と自分の意見が違っても機嫌よく耳を傾けて、すべてを受け入れました。

すると、徐々に彼が話しかけてくれる回数が増え、仲が良くなっていきました。

40代後半/IT・通信系/女性

女性編3位|友人を巻き込む・協力を仰ぐ

友人を巻き込む・協力を仰ぐ

仲の良い女友達に間に入ってもらう

私は人見知りな性格なので、気になる人とは会話ができなかったです。

そこでまず、その男子と話してみたいことを仲の良い女友達に伝え、LINEを交換させてもらいました。次にその友達も交えてファストフード店やカラオケに行き、徐々に仲良くなっていきました。帰ってからもLINEを私の方から積極的に送るようにし、会えない時でもしゃべるようにしました。

そうしたら彼も私の気持ちに徐々に気づいてくれて、LINEの頻度がものすごく増えました。彼の趣味をリサーチして「自分もそれをやっている」とアピールもしました。

するとなんと彼から告白をしてくれ、今は幸せいっぱいです。

20代前半/大学生/女性

少人数でのグループ行動などをして、最低限の会話や距離は保つ

学生時代は他の同級生に冷やかされたりして、好きな人に話しかけにくかった時期がありました。

なので、なるべく人前では距離を置くようにしました。人の噂も七十五日という諺もあるくらいなので、ほとぼりが冷めるまで2ヶ月ちょい。

しかしその間、一言も会話が無いのは味気ないので、仲良しの友人と好きな人とその友人といったように、少人数でのグループ行動などをして、最低限の会話や距離は保つようにしていました。

その際に心がけたのは、グループ行動の時は好きな人だけ特別扱いしたり贔屓はしないで、平等に接すること。そうすることで、冷やかしてきた人達もだいぶ大人しくなり、少ししたらまた2人きりで話すことができるようになりました。

20代後半/医療・福祉系/女性

友達に相談して、一緒に話に行く

私は人見知りなので、好きな人になかなか話しかけられないことが多かったです。

そこでまずは友達になるところからはじめました。共通の友達に話しかけてもらい、その友達と一緒にくっついて話してみます。その後、少しずつ話す機会や一緒にいる時間を見つけてグループの中に交じるようにします。

相手が好きな話題の勉強もして、何かしら会話が広がるように情報を集めて、一言でも話に加わることで存在感を示していくのです。

趣味など共通するものがあれば相手から少しずつ話してくれるようになるので、相手が話しかけてくれたら恥ずかしがらず頑張って話すようにします。こうしてゆっくり関係を築いていきました。

20代前半/医療・福祉系/女性

女性編4位|お酒の力を借りる

お酒の力を借りる

お酒の力でテンションを上げて、話しかける

あえてお酒を飲んで気分が上がっている時に話しかけます。複数人で飲んでいたり、会社の飲み会等で盛り上がっていると、場の楽しい空気で話しかけやすいです。

また、お酒が入っていると、お互いに「彼女いるの?」「今度遊びに行かない?」「飲み行こうよ!」と声もかけやすいですよ。

夫とは元同僚で、職場では微妙な距離感でしたが、飲み会で盛り上がり、どんどん話すうちに意気投合し、最終的に告白されました。

飲みに行っていなければ互いを知ることも無く、付き合うまで仲良くならなかった相手かもしれません。

30代前半/専業主婦/女性

アルコールを楽しみながら話す

男性に慣れてない時は、会話すること自体にドキドキして話せませんでした。好きな人なら尚更です。

そこで遊ぶ前やご飯時にアルコールを飲んでいました。アルコールを入れることで、自分自身が少し解放され話しやすくなります。素直に思ったことや言いたいことを伝えられて、楽しく会話することができていました。

それを繰り返すうちに、お酒がなくても普通に話せるようになりました。

ただどうしても目が合うと話しにくいので、相手の首元を見ながら話します。違うところを見るとスムーズに話ができました。

20代後半/IT・通信系/女性

女性編5位|SNSなどで間接的に話をする

SNSなどで間接的に話をする

とりあえずLINEから交流を開始する

同じ部活の先輩に片想いをしていました。先輩ということもあり、最初は緊張して直接話すことができなかったため、LINEでやりとりを始めました。

しばらくはLINEだけでのやりとりでしたが、LINEで話した内容をもとに直接話しかけてみました。そしたら徐々に自然に話しかけられるようになりました。

LINEから始めることで話のネタができ、直接話すのも緊張しなくなりました。まずは相手のことを知ることから始めることが大切なのだと学びました。

その先輩は今、私の旦那さんです。最初は話せなかったけど、あきらめずに行動してよかったです。

20代後半/専業主婦/女性

女性編6位|一旦、距離を置く

一旦、距離を置く

少し距離を置いてから話をする

以前、同じ職場の好きな人と対立したおかげで話ができなくなりました。その時は自分の非を認めて謝罪したのですが許してもらえず、口を利いてもらえなくなりました。

どうすれば良いかいろいろ考え、何とか電話で話をするところまで行きました。

すると、相手から「自分の時間が欲しいから、あまり干渉しないで」と言われたので、距離感をとって接するようにしました。

そうしたら気分が良くなり、相手も少しずつ話してくれるようになりました。

40代後半/メーカー系/女性