【男女別】好きな人に連絡先を聞けない…経験者が教える対処法

好きな人 連絡 先 聞け ない

「好きな人に連絡先を聞けない…」と本当に悩んでしまうこともありますよね。

「適当な口実を作る」や「まずは親しくなる所から始める」がよくある対処法として挙げられますが、同じ経験を持つ男性と女性の話を聞くとそれ以外にも多くの対処法が存在しているようです。

この記事では、男女200人に聞いた好きな人に連絡先を聞けない時の対処法ランキングに加えて、リアルな体験談と共に対処法34選をご紹介しています。

\ 今すぐ無料で悩みを相談してみよう /

「 ココナラで悩みを相談 」

ユーザー満足度97%超
3,000円無料クーポンあり
1分100円からのお値打価格

【男女別】好きな人に連絡先を聞けない時の対処法

順位 好きな人に連絡先を聞けない時の対処法
女性 男性
1位 適当な口実を作る まずは親しくなる所から始める
2位 まずは親しくなる所から始める 適当な口実を作る
3位 周りに協力してもらう 周りに協力してもらう
4位 自分の連絡先を教える 客観的に考えてみる
5位 相手が警戒しない連絡手段を探す 自分の連絡先を教える
6位 今しかないと自分を追い込む

まずは、男女別の好きな人に連絡先を聞けない時の対処法からご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男女各100人に聞いた好きな人に連絡先を聞けない時の対処法アンケート』によると、女性側の1位は『適当な口実を作る』、男性側の1位は『まずは親しくなる所から始める』、という結果に。

それでは、女性と男性で分けて好きな人に連絡先を聞けない時の対処法をご紹介していきます。

【女性編】好きな人に連絡先を聞けない時の対処法ランキング

順位 割合 好きな人に連絡先を聞けない時の対処法
1位 37% 適当な口実を作る
2位 18% まずは親しくなる所から始める
3位 17% 周りに協力してもらう
4位 9% 自分の連絡先を教える
5位 8% 相手が警戒しない連絡手段を探す
6位 3% 今しかないと自分を追い込む
その他 8% 上記以外の回答

famico編集部が行った『女性100人に聞いた好きな人に連絡先を聞けない時の対処法アンケート』によると、1位は『適当な口実を作る』、2位は『まずは親しくなる所から始める』、3位は『周りに協力してもらう』という結果に。

割合で見てみると、1位の『適当な口実を作る』が約37%、2位の『まずは親しくなる所から始める』が約18%、3位の『周りに協力してもらう』が約17%となっており、1~3位で約72%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に女性編の好きな人に連絡先を聞けない時の対処法22選をご紹介していきましょう。

女性編1位|適当な口実を作る

適当な口実を作る

「教えて欲しい事があるから」と言って訊く

職場に配達に来ていた方を好きになり、会話も交わしていました。彼が配達に来ると台車の音が聞こえるのですが、タイミングを合わすように動いている自分がいました。

でも連絡先を聞きたいと思いながら、時間だけが過ぎました。

連絡先を聞くと好きな気持ちがバレて、今までの様に話せなくなるのでは?と不安になりましたが、聞かずに終わってしまったらもっと後悔すると思い、ある日「教えて欲しい事があるから」と言って、連絡先を聞くことができました。

結果的に聞いていて良かったなと、思っています。

30代後半/サービス系/女性

「同年代のグループLINEを作ろう」と誘う

気持ちが焦ってしまうと、できることでもできなかったりするので、まずは落ち着くことが大事だと思います。

また、私はアルバイト時代、同い年の子に「同年代のグループLINEを作ろう」と誘い、そこから友達追加をして話せるようになりました。

みんなでどこかへ遊びに行くのも楽しいし、LINEグループを作ったりするとなお一層楽しめるのではないかなと思います。

あとは「仕事のシフト、変われる?」とか、さりげないことを話してもいいかもです。

20代後半/専業主婦/女性

口実を見つけて教えてもらう

大好きになった片想いの相手に、どうしても連絡先を聞きたくて仕方なかった時、口実を見つけて教えてもらうことに成功しました。

彼は大学の同級生で、入学したばかりで色々と知りたいこともあったため、「聞きたいことができた時に連絡したくて」といった形で思いきってお願いしてみました。

たまたま会話をする機会があって、その流れで自然に聞くことができました。自分で思い悩んでいたのが何だったのだろうと思うくらいすんなり聞けたので、悩んでいるくらいなら思いきって聞いてみた方が良いんだなと実感しました。

連絡先さえ聞ければ、良い方向に進みます。少なくとも、何もしないよりは仲良くなれる確率が上がります!

30代前半/専業主婦/女性

業務的な連絡をしたいと伝える

職場の人であれば、好きな気持ちを全面に出す前に、仕事のことで連絡をとりやすくしたい旨を伝えて、サラッとLINEを聞くくらいがいいと思います。そのあと2ヶ月くらいかけて、相手の反応も見ながら進展していければ1番いいのではないでしょうか。

それ以外で出会った方なら、共通の友人を通じて教えてもらったり、「◯◯(共通の友人)のLINEが消えちゃったから教えてほしい」などと言ってさりげなく連絡先を聞くのもおすすめ。その際、友人には事前に伝えておきましょう。

ストレートに聞くよりはきちんと計画を立てるのが1番安全だと思います。

30代前半/医療・福祉系/女性

何でもいいから理由を作る!

好きな人の連絡先を、相手に不審に思われず確実に手に入れるには「理由を作り出す」のが1番です。

私の場合は、高校生の時、班が同じだった彼に「プリントを見せてほしいからLINEを交換したい」とお願いしました。

大人になってからでも、例えば「企画について聞きたいことがあるから」等の理由を作れば、手軽にいつでも連絡先をもらうことができます。

一度LINEを手に入れたら、後は自分の頑張り次第です!例えばアイコン等からわかる相手の趣味の話や、学校、会社等での話を続けていけば、連絡を途切れさせることなく仲良くなることができます。この方法だとこちらも気を遣いすぎないのでおすすめです。

20代前半/大学生/女性

「写真を送るのでLINEを教えてほしい」と言う

趣味の同好会の集まりで知り合った彼。一目惚れで好きになりましたが、月に一度くらいしか会えないので、連絡先を聞く機会を窺っていました。

皆で写真を撮るタイミングができたので、その際に率先してカメラ係になり、「写真を送るのでLINEを教えてほしい」と言って、自然な形で教えてもらえることになりました!

その後、写真の感想や、他愛もない話のやり取りができるところまでいくようになり、いつしか恋人同士になれました。とても幸せだったことを覚えています。

男性は追いかけると逃げていくと思うので、タイミングを見極めて自然に少しずつ歩み寄り、少しずつ会話を重ねることが成功の秘訣だと思います。

40代後半/サービス系/女性

みんなには聞かれたくない相談があると伝えてみる

彼とは同じ部署で働いていたのですが、互いに恥ずかしがり屋で、仕事の話しか出来ずに居ました。さらに相手は鈍感なので、こちらの気持ちもなかなか伝わらなくて、どうしたらいいのか悩みました。

どうしても2人で話したかったので、「仕事の後に、みんなには聞かれたくない相談がある」と伝えて、怪しまれない様に連絡先を聞き出しました。

そうしたら、向こうから「何か悩んでいるの?」と聞いてくれて、仲良くなる事が出来ました。

40代前半/専業主婦/女性

「写真を送る」という口実で連絡先を聞く

そういう場合、連絡先を聞く方法は2つです。1つは本人に聞くこと、もう1つは周りの人に聞くこと。

私の場合は、より自然に聞き出したいので、「どういった理由であれば、相手は私が連絡先を聞くことに納得するか」をまず考えます。

すでに友達なのであれば、みんなで写真を撮って、「送るよ」という理由が一番ナチュラルなものになるかと思います。

なんでも良いので、「写真を送る」という口実で連絡先を聞くのが、一番自然な方法だと思います。

30代前半/IT・通信系/女性

その人と連絡をとらなくてはいけない理由を見つける

好きな人の連絡先を聞けないのは、自分の好意がバレて、嫌われたり避けられたりするんじゃないかという不安からだと思います。

そこで、個人的な好意はいったん忘れましょう。そして、その人と連絡をとらなくてはいけない別の理由を見つけましょう。

職場の相手なら仕事の相談、趣味の集まりならその相談、考えれば色々あると思います。それが見つかったらしめたもの。「ちょっと〇〇について相談したいことがあるんだけど、よかったら連絡先教えてもらえないかな?」と、さらっと訊いてみましょう。ここでモジモジしないことがポイントです。あくまで事務的なふりをするのです。その方が相手も教えやすいはずです。

もちろん連絡先を訊いたら、最初はその相談から始めましょう。いきなり好意を伝えたら、嘘をついたみたいになりますから。

40代後半/専業主婦/女性

女性編2位|まずは親しくなる所から始める

まずは親しくなる所から始める

友人や彼が集まるコミュニティに度々顔を出し、自分を認知して貰う

私は、友人の友人である彼に思いを寄せていましたが、なかなか接点が掴めませんでした。

そこでまずは友人や彼が集まるコミュニティに度々顔を出し、自分を認知して貰えるように行動しました。音楽関係のコミュニティであったため、音楽の知識を積極的に学び、教えてもらう等して、徐々に彼との距離を近づけ、周りの人達とも仲良くなっていきました。そうすると今度は、コミュニティの飲み会や集まりに誘われる事が多くなり、自然と彼と話すことも増えました。

何度目かの集まりの際に、「この前遊んだ時に撮った写真を送りたいんだけど、連絡先を聞いてもいいかな?」と自然な形で連絡先を聞くことが出来ました!

それから連絡を度々取るようになり、交際に発展。今は私の夫です。

20代前半/専業主婦/女性

焦らず、タイミングを待つ

奥手な人のほうが魅力的に映る場合もあります。すぐに聞いてしまうと、相手も「この人は少し慣れているのかな」などと引いてしまう可能性もあります。

なので焦らず、タイミングをしっかり見図らうのが大事です。

業務連絡でも何でもいいので、お互いに連絡をとりたいと思える状況になった時、さりげなく交換するとよいと感じます。

焦りすぎが原因でうまくいかないこともありますので、とにかく落ち着いて行動しましょう。

40代後半/不動産・建設系/女性

誘ってもらえるような会話をする

こちらからは聞けないので、あちらから聞いてもらえるようにしたいです。

ある程度の知り合いや何回か会う程度であれば、友達との会話に雑ざるのがおすすめです。相手の話に合わせて「私も興味がある」「いいね、そこ。行ったことない」と、誘ってもらえるような会話をします。そして、グループラインでもいいので誘って貰えれば良いと思います。

相手の良いところや興味のあるもの、共通の話題があれば、とても話を広げやすいと思います。

一回では難しいので、何回か会話をして徐々に距離を縮めていくのがベストです。

40代前半/医療・福祉系/女性

相手に良い印象を持ってもらう

相手に良い印象を持ってもらうのが得策だと思います。

そのためにも、まずは食事に誘いましょう。低姿勢で言葉遣いも上品にして、相手の話をたくさん聞いて笑顔を絶やさないようにします。

そしてその人の趣味を聞いて合わせます。食事も取り分けてあげたり、色々な面で気遣いします。待ち合わせも少し早めに着いて待っていたり、暑い日や寒い日には飲み物をさりげなく用意したりして、とにかく女子の気持ちを忘れずに「優しさアピール」をします。

だんだん仲良くなってきたところで携帯の話をし、「ケースは何を使ってるの?」みたいな感じで携帯を見せて、相手から連絡先を聞いてくるまでとにかく会話を途絶えさせないようにすればいいと思います。

40代後半/専業主婦/女性

女性編3位|周りに協力してもらう

周りに協力してもらう

好きな人も含めてのグループラインを作って仲を深める

相手が同じクラスやサークル、同じ職場であることが前提になってしまいますが、まずは好きな人も含めてのグループラインを作ります。

自分で作らなくても「みんなでどこかに行こう」という話が出たらそこに乗っかってみたり、好きな人が参加する飲み会に行ってみるなど、周りと溶け込みつつも出来るだけ一緒の時間を共有できるようにしてみました。

そのうち、なんとなく決まった人だけで集まって話すようになってきたので、そのメンバーでの【LINEグループ】を作ってみようという話になりました。

グループができれば、そこから一人一人と友達申請して、好きな人ともLINE交換できちゃうというちゃっかりした流れです。

40代後半/専業主婦/女性

共通の友達を通じて聞いてもらう

友達から男性を紹介してもらいました。その場では楽しくお話もしていたのですが、私が奥手ということもあり「連絡先を交換しよう」の一言がなかなか言い出せず、お開きになってしまいました。

友達は理解のある子だったので、「彼に先日のお礼をしたいので、連絡先を教えてくれないか」と聞いたところ、快く教えてくれました。おかげで無事にLINEを交換することが出来ました。

その後は「インスタの投稿のことで相談があるから、インスタを見てほしい」と言って、こちらも交換できました。

20代前半/サービス系/女性

友達を巻き込んで聞く

高校生の時に、好きな人ができました。ただ特別親しかった訳でもなく接点もなかったので、連絡先を聞くのに悩んでいました。

ある時、友人と恋バナになったので、この悩みを打ち明けてみました。すると友達は「任せて!」と言い、いきなり私の好きな人の所に行き、「ねえねえ、〇〇くんのアドレス教えて欲しいんだけど」と彼に直接聞きました。さらに「ほら、あんたも交換しなよ!」と言うのです。

心の中で「いきなり過ぎないかな・・・」と思いながらも、その言葉に甘えて連絡先を交換することにしました。

嫌がられることもなく交換できたので安心しましたし、友人には感謝しかありません。

20代後半/専業主婦/女性

友達に話して聞いてきてもらう

違うクラスに頭が良い塩顔イケメンくんがいました。選択科目の授業の時に隣の席になり、ほんの少し話をしたくらいでしたが、好みのタイプだったため気になっていました。でも連絡先を聞くこともできず、時間だけが過ぎていきました。

ある時、友達に「〇〇くんのことが気になっているかも。でも、自分からは話しかけたりできなくて悩んでいる。もちろん連絡先も聞けない」という話をしました。すると、「〇〇くん?私の男友達と仲良しだよ!連絡先教えてもらえるか聞いてあげる!」と言って、あっという間に連絡先を聞き出すことができました。

自分の気持ちを外に出すことで、あっという間に解決することもあるんだなと思いました。

30代後半/金融・保険系/女性

女性編4位|自分の連絡先を教える

自分の連絡先を教える

缶コーヒーに連絡先を書いた付箋を貼って渡す

同じ職場に片思いの彼がいます。ずっと気になっていて、他の同僚からも人気がある人です。

彼は私の仕事が大変だった時、手伝ってくれました。それから缶コーヒーなどを買ってきてくれて一緒に飲むようになり、やがて社員食堂で一緒にごはんを食べる仲にまでなりました。

そろそろ連絡先を交換したいと思ったのですが、なかなか言い出せなくて困っていました。

そこでこちらの連絡先を教えて交流したらどうかなと考えました。いつも缶コーヒーを買ってもらってばかりなので、今度は私が缶コーヒーを買って、それに連絡先を書いた付箋を貼って渡したところ、無事LINEできるようになりました。

20代前半/自営業/女性

お菓子などに自分の連絡先を書いた紙をつけて渡す

好きな人に連絡先を聞いて拒まれたら恥ずかしいし、余計にドキドキしてしまうので、どうしても聞くことができません。

そんな時は、自分の連絡先を書いた紙を渡します。ちょっとしたお菓子や、のど飴などを渡す時にラインのIDやメールアドレス、携帯電話番号を紙に書いて一緒に忍ばせるようにします。「連絡ください」とか、ちょっとした書き方がいいかなと思います。

また、渡す時のシチュエーションも難しいですね。いつ会えるかわからないので、すぐに渡せるように準備します。

色々なバージョンを作っておくといいと思います。

50代後半/公務員・教育系/女性

女性編5位|相手が警戒しない連絡手段を探す

相手が警戒しない連絡手段を探す

Twitterやインスタなどの比較的オープンなSNSを聞いて絡んでみる

LINEや電話番号は気軽に聞きにくくても、Twitterやインスタなどの比較的オープンなSNSならサラッと聞きやすいと思います!

まずはリプライなどで絡んで、ある程度仲良くなったら、TwitterにもインスタにもDMはあるので、連絡が取りたいと思った時に使うといいと思います。いきなりDMで連絡するより、まずはリプライから絡んだ方が警戒しないと思います。

それで話が弾んで仲良くなってきたら、LINEを聞いてみると相手もあっさり教えてくれやすいと思います。

あとは、飲みの席なら盛り上がった時に聞くか、スマホの写真などを見せて話題を作って、スマホを出したついでに流れで聞く、というのもあると思います。

30代前半/専業主婦/女性

SMSから聞く!

彼氏との出会いは職場でしたが、最初はあまり接点が無く、「職場での席が隣」というだけでした。様々な話をしていく中で、思いを寄せるようになったのですが、嫌われたりしてしまうのが怖くてなかなか連絡先を聞く事ができませんでした。

そんな中、お互い共通の趣味があることを知り、その話で盛り上がっていたのですが、次の日から長期連休になってしまうということで「明日から連休だから、この話出来なくなっちゃうね?」なんて呟いたら、「じゃあ、とりあえず電話番号だけ教えておくから、なんかあったら連絡してよ」と言われ、番号を教えてもらいました。

そして、帰宅後に試しでSMSを送り会話を続けているうちに、「SMSだと面倒臭いし、通知届かない時があるから、LINEにしない?」と言われ、LINEを教えてもらいました。

自分から聞けなくても、ちょっとした呟きで相手から教えてもらえたのでとても嬉しかったです。

20代後半/自営業/女性

女性編6位|今しかないと自分を追い込む

今しかないと自分を追い込む

ここで行動しないと一生聞けないと言う気持ちで対処する

私は自分に自信がなく勇気がないので、好きな人になかなか連絡先を聞けませんでした。共通の友人に相談したら、「彼にあなたの印象を一度聞いてみて、少しでも脈ありなら一緒に遊べるよう誘ってみる」と言ってくれました。

その後、友人から「大丈夫っぽいから、今度の休日に彼も誘って一緒に遊ぼう」という連絡がありました。

当日はものすごく緊張しましたが、「友達にここまでしてもらったんだ、今日は絶対に連絡先を聞こう。出来なければ片思いで終わるぞ」と自分を追い込んで、タイミングをみて彼に聞きました。

いつになく積極的な私の様子にびっくりした彼から、「他の子から頼まれたの?」と訊かれましたが、自分の気持ちを正直に話したら誤解も解け、やがてお付き合いするようになりました。

30代後半/金融・保険系/女性