【男女別】好きな人と気まずい…経験者が教える対処法

好きな人 気まずい

「好きな人と気まずい…」と本当に悩んでしまうこともありますよね。

「距離を取る・落ち着いてから話す」や「自分から働きかける・謝罪する」がよくある対処法として挙げられますが、同じ経験を持つ男性と女性の話を聞くとそれ以外にも多くの対処法が存在しているようです。

この記事では、男女200人に聞いた好きな人と気まずい時の対処法ランキングに加えて、リアルな体験談と共に対処法32選をご紹介しています。

\ 今すぐ無料で悩みを相談してみよう /

「 ココナラで悩みを相談 」

ユーザー満足度97%超
3,000円無料クーポンあり
1分100円からのお値打価格

【男女別】好きな人と気まずい時の対処法

順位 好きな人と気まずい時の対処法
女性 男性
1位 距離を取る・落ち着いてから話す 距離を取る・落ち着いてから話す
2位 自分から働きかける・謝罪する 自分から働きかける・謝罪する
3位 気にせず普段通りに振る舞う 相手が頼りたくなるよう仕向ける
4位 冷静に整理する・誠実に伝える 楽しい雰囲気づくりに努める
5位 LINEで話してみる 気にせず普段通りに振る舞う
6位 友人に相談する 冷静に整理する・誠実に伝える

まずは、男女別の好きな人と気まずい時の対処法からご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男女各100人に聞いた好きな人と気まずい時の対処法アンケート』によると、女性側の1位は『距離を取る・落ち着いてから話す』、男性側の1位は『距離を取る・落ち着いてから話す』、という結果に。

それでは、女性と男性で分けて好きな人と気まずい時の対処法をご紹介していきます。

【女性編】好きな人と気まずい時の対処法ランキング

順位 割合 好きな人と気まずい時の対処法
1位 35% 距離を取る・落ち着いてから話す
2位 19% 自分から働きかける・謝罪する
3位 14% 気にせず普段通りに振る舞う
4位 13% 冷静に整理する・誠実に伝える
5位 8% LINEで話してみる
6位 3% 友人に相談する
その他 8% 上記以外の回答

famico編集部が行った『女性100人に聞いた好きな人と気まずい時の対処法アンケート』によると、1位は『距離を取る・落ち着いてから話す』、2位は『自分から働きかける・謝罪する』、3位は『気にせず普段通りに振る舞う』という結果に。

割合で見てみると、1位の『距離を取る・落ち着いてから話す』が約35%、2位の『自分から働きかける・謝罪する』が約19%、3位の『気にせず普段通りに振る舞う』が約14%となっており、1~3位で約68%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に女性編の好きな人と気まずい時の対処法21選をご紹介していきましょう。

女性編1位|距離を取る・落ち着いてから話す

距離を取る・落ち着いてから話す

半日ほど顔を合わせず、頭を冷やす

同棲中の彼があまりにも電気を付けっぱなしをするので、「ここの電気消してもいい?」とか「電気消すよ」と言ってから消すようにしていました。すると3日後くらいに、彼から「そういうのやめてくんない?当てつけみたいで気分悪い」とキレ気味に言われてしまいました。

その時は私も「自分の落ち度を棚に上げて何なの?」と頭に来ていたので、半日別の部屋にこもってパソコン作業や編み物(趣味)に集中するようにしました。その間、お互い一言も話をせず、頭を冷やす時としました。

その日の夕飯は彼が担当だったので、電気のことには一切触れず、「美味しいね」とか「この隠し味何?」と言った感情抜きで話せることを話しました。

さらに翌日電気が付きっぱなしの時を見計らい、できるだけ冷静なフリをして、またごく当たり前のこととして、何も言わずに本人の見ている前で電気を消しました。

すると彼も内心、反省したんでしょうね。それからは会話も普通になり、電気を消してくれる回数も増えたと思います。

40代前半/専業主婦/女性

深追いせずに距離をとる

10代20代の頃はつい感情的になって、相手が傷つくような言葉を言ってしまい、ケンカになる事も多くありました。LINEやメールもなかった時代だったので、仲直りしたくてしつこく電話したり、夜中に会いに行くことも。

今お付き合いしている彼とも、ケンカをして気まずくなることはありますが、気持ちが落ち着くまでは電話もせず、全く違う環境に身を置きます。そうこうしているうちに「くだらないことでイライラしていたなぁ」とか、「何で揉めていたんだろう?」と思えるようになったりします。

深追いせずに距離をとり、「嫌なら別れよう」くらいの気持ちでいるのが楽です。

40代後半/医療・福祉系/女性

一旦休憩という感じで距離を置いてみる

お互いにギスギスしてくると、言葉のやり取りも上手くいかなくなるので、嘘でも少し体の調子がよくない話をして、しばらく連絡を取らないようにします。ワンクッションおくことで、考え直したり見つめ直したりするのも有りかなと思うのです。

気まずい原因を突き詰めるのも大事かもしれませんが、ケンカになるのは嫌だし、時が経てばどちらからともなく連絡を取るようになります。
なので一旦休憩という感じで距離を置いてみます。

連絡がきた時は、その気まずかった話は出さないようにします。蒸し返しちゃうのはよくないと考えているからです。

50代前半/サービス系/女性

距離あけて、落ち着いてから連絡する

私の言い方がキツいらしく、彼が腹を立てて、よく大きい喧嘩をします。でも喧嘩の発端は、彼が私が嫌だなと思うことを平気ですることなので、どっちもどっちといった感じです。

お互い言いすぎたなと思う時、ふたりとも謝りたいけど気まずいな、と言う雰囲気になります。

でもこのままでは平行線になるので、気持ちが落ち着いた時に連絡します。

腹が立つのは変わりないですが、根に持っても仲良くはなれません。私にも非があるので、割り切って仲直りするのが1番です。

30代前半/医療・福祉系/女性

少し時間を置き、話せる機会が出来たら気持ちを打ち明ける

職場に片思いの男性がいました。彼も私が好きだという事に薄々気がついていたみたいなのですが、なかなか距離が縮まることはありませんでした。

私も仕事中に余計なことを考えるべきではないと思って自分の気持ちを押し殺していましたが、それが行き過ぎて、つい彼に素っ気なく接してしまうようになりました。そのうち彼も同じような態度を取るようになり、逆に距離が開いてしまいました・・・。

寂しかったですが、とりあえず時間が解決してくれると思いながら仕事に励んでいました。

ある時、彼とゆっくり話す機会があったので、満を持してこれまでの経緯と気持ちを打ち明けたところ、上手くいきました。

40代前半/専業主婦/女性

少し日にちが経ってから、さりげない感じで話しかける

そういう時は何とかしようとつい焦ってしまいがちですが、まずは距離をおいてみましょう。そして、自分は今どういう感じなのか、何故こうなってしまったのかなどをよく把握してみます。

少し日にちが経ってから、さりげない感じで話しかければ、案外、答えてもらえる率も上がるかと思います。

また、自分が悪かった場合は素直に謝りましょうね。

40代後半/不動産・建設系/女性

少し時間が経ってから周りの友達を巻き込んで話をする

ある時、アルバイト先が一緒の彼(今の旦那です)とシフトが重なったのですが、何故だか不機嫌そうな様子でした。「どうしたの?」と話しかけてみたのですが、素っ気なく「別に」と返事をされました。

いつもの私ならしつこく「どうしたの?なんかあったの?ねぇ怒ってるの?」等、質問攻めしてしまうのですが、今回は一旦距離を置こうと思いました。彼の素っ気ない返事に対して「そっか。ならいいや」と、気にしてませんよ風を装ったのです。

そのまま距離を置き、時間が経ってから、周りの友達を巻き込んで一緒に仕事の内容の話をしていると、通常通り会話出来ました。

後から不機嫌だった理由を聞くと、私が彼以外の男性スタッフと話しているところを見て嫉妬していたそうです。ただ、彼自身もそんな事で怒る事ではないなと思ったらしく、みんなで話している時にどうでもよくなったそうです。

20代前半/専業主婦/女性

3日ほどこちらからの連絡を断ち、向こうから連絡が来てもすぐに返事を出さない

私がまだ恋愛に慣れていなかった頃、好きな彼を追いかけ過ぎる傾向がありました。こちらから連絡を頻繁に行い、彼からの連絡が少ないと不安になっていました。すると、鬱陶しいと思われたのか、相手が冷たくなるのが分かりました。

悩んだ挙げ句、色んな恋愛アドバイスの本を読み漁りました。男性と女性の考え方や言動の違いが理解できましたし、「押して引く」というテクニックがあることを知り、試してみました。

すると向こうから連絡が来るようになったんです!

しばらく経てば連絡がくるとわかっていれば、心穏やかに待つことも出来るようになり、それから恋愛上手になってきました(笑)

40代後半/サービス系/女性

女性編2位|自分から働きかける・謝罪する

自分から働きかける・謝罪する

勇気を出して声をかける!

中学校時代、好きな人がいました。お互いに相手に好意を持っていたのですが、緊張しすぎてなかなか一声かける事が出来ませんでした。一緒に歩いていても無言の事も多く、頑張って話しかけても会話は続かないなんていつもの事…。今思えば、小さな勇気!と思いますが、当時は高すぎる壁だったんだと思います。

その時の自分に、「勇気を出して!」と言いたいです。その壁を乗り越えられれば、もしかしたら話が弾み、もっともっと相手のことを知る事ができたかも知れません。より一層相手の事を好きになれたかもしれないし、明るい未来が待っていたのかも知れないと、のちのち悔やむことになると思います。

当時はうまくいきませんでしたが、その彼とはそれから3年後、再び連絡を取り合う事になり、交際に至りました。その時には冗談も言い合えるような関係になり、今となってはとても楽しい思い出となっています。

30代前半/公務員・教育系/女性

勇気を出して自分から謝る

私が一方的に不機嫌になり、好きな人に当たってしまったことがあります。それでも好きな人は私に寄り添って話を聞いてくれましたが、私は正論を言われたことが気に食わなくて、結局喧嘩になってしまったことがありました。

気まずい空気が流れ、会話が途切れたタイミングで、一旦深呼吸して冷静に考えてみました。すると明らかに自分が悪いなと思ったのですが、さっきまでポンポン感情をぶつけていた自分から折れるのはとても勇気が要りました。

でも、このままじゃだめだと思ったので、勇気を出して自分から謝ることで、気まずい空気を変えることができました。

20代前半/医療・福祉系/女性

先に謝って空気を和ませてから話し合う

自分が悪くなくても先に私から謝るようにして、その空気を少しでも早く和らげたいと思っています。

気まずいままが続くようなら、まずは相手の気持ちを聞きます。そして、それは解決できることなのか、今はできないのか、時間を置いた方がいいのか相手のペースにも任せます。

あとは相手の求めているようなことをします。やみくもに謝るだけでは好転しないこともあるからです。

最後は相手との話し合いが一番良いでしょう。解決できなくても、向き合う時間が大切だと感じでいます。

20代後半/サービス系/女性

自分から勇気を出して声をかけてみる

好きな人とは同じ職場で、いつも仲良く話していたのですが、ちょっとしたきっかけでお互いに話さなくなった時期がありました。普段はお互いにわからないことを聞き合ったりしていたのですが、他の人に話しかけたりして、明らかに態度や行動が変わりました。

何故か話し掛けづらい雰囲気で、気にはなっていましたが、ズルズルと気まずい日々が続きました。

周りの同僚も異変に気付いたようで、「仲良いのにどうしたの?」と聞かれる事が多くなり、これはまずいと思ったので、私の方から勇気を出して彼に声を掛けました。すると、彼は何事も無かったように普通に話してきました。私が「何か悪いことでもしたかな」と聞くと、「そんな事はないよ」と返答がきました。

私はホッとして、もしかしたら私だけが変に気まずい雰囲気を出してしまい、彼が話し辛かったのかもと思いました。思いきって自分から行動するのも大事だなと思いました。

40代後半/サービス系/女性

女性編3位|気にせず普段通りに振る舞う

気にせず普段通りに振る舞う

普通に接し、切り替える

彼と遊びに出かけた時、元カレとデートした場所に立ち寄る機会があって、何の気なしに「ここ来たことある!」と口走ってしまった私。彼に「誰と?」と聞かれ、ハッと横を見ると、何とも気まずい空気が流れていました・・・。

迷った挙句、「誰でもいいじゃん、秘密!ところでさ、〇〇はさ」と、話をそらしたところ、彼はその話を引きずることなく、気まずい空気は一瞬で終わりました。

ちょっと気まずくなったからといって、彼との関係がすぐに悪くなるわけではありません。早めに嫌な空気を断ち切り、切り替えることが大事だと思いました。

30代後半/医療・福祉系/女性

気まずい空気を恐れず、話しかけてみる

原因もわからずに喧嘩のような空気になったり、話さなくなって気まずい空気になったりすることがあります。

そのまま放っておいても状況は変わらないため、少しでも早くいつもの関係に戻れるように、気まずい空気に負けず自分から話しかけるように心がけています。

頑張って話しかけたのにも関わらず、そっけない態度を取られると残念な気持ちになりますが、相手も大人なので表情や態度からある程度はこっちの気持ちもわかってくれていると思います。冷静に話し合うことで、仲直りできることもありました。

また、気まずいと思っているのが自分だけの場合もあるので、深く考えずにどんな時も話しかけるようにしています。

20代後半/専門コンサル系/女性

あまり気にしないようにして過ごす

高校生の時に、部活の後輩男子と仲良くなりました。異性としての好意などは一切なく、ただ普通の先輩後輩として接していました。

そんなある日、突然その後輩が素っ気ない態度をとるようになりました。挨拶もしなくなり、どうしたんだろうと思っていましたが、私は心当たりがなかった為、原因がわかりませんでした。また、私は当時、好きな人がいたので、後輩のことはあまり気にしないようにして過ごしていました。

しばらくするとその後輩から「家に来ませんか?」と誘われたので、何か話したいことがあるんだろうと察してお邪魔しました。すると彼から「ずっと好きでした」と告白されました。どうやら好意を寄せていた私に好きな人がいると知って、焼きもちを焼いていたようです。でも思いをこらえきれなくなって告白したとのことでした。

私が彼の気持ちを受け止め、「君のことは後輩としてしか見れない」と伝えたところ、彼も吹っ切れたようで、それっきり普通の先輩後輩として仲良くできました。

30代前半/医療・福祉系/女性

女性編4位|冷静に整理する・誠実に伝える

冷静に整理する・誠実に伝える

まずは冷静になって整理してみる

好きな人と気まずくなってしまうのは、とても辛いことです。早く元通りの打ち解けた関係に戻りたいと焦ることでしょう。

でも、気まずくなってしまったということは、何か原因があるはずなので、まずは冷静になってその原因を探りましょう。自分の方に心当たりがあるなら、それを反省できるのか、改善できるのか、どうしようもないのか、整理してみることです。

きちんと整理ができたら、相手と直接話してみます。メールや電話ではなく、直接目を見て話しましょう。そこで相手との気まずさを解決したい旨をきちんと伝えましょう。誠意を持って伝えれば、必ず解決できるはずです。

どうしても自分に心当たりがない場合は、やんわりと訊いてみます。すぐに答えてくれなければ、相手が話す気になるまで待ってみましょう。話してくれなければ、気まずいままになってしまいますが、諦められなければ単刀直入に訊いてみます。

どの場合でも感情的にならず、冷静な態度と忍耐を持っていれば、いつか道は開けます。

40代後半/専業主婦/女性

素直に気持ちを伝える!

職場恋愛をしていた時のことです。彼とは同じ部署だったので、仕事に差し支えるかなと思い、なんとなく関係を隠していました。

ある日、たまたま彼が別の部署の可愛い後輩の女の子と仲良さそうにしているのを発見…!私には会社であんな風に話しかけてくれないのに…関係を隠しているのは、モテたいから?!となんだかモヤモヤして、しばらく彼を避けていました。

彼は彼で私がなんで怒っているのか分からない様子(そりゃそうですよね)でした。

モヤモヤが続いて我慢できなくなったため、思い切って彼に「関係を公表したい!」と素直に伝えました。そうしたら、「なんだー!全然大丈夫だよ!」と簡単に了承してくれて、気まずさもなくなりました。

30代前半/専業主婦/女性

相手の良い所や好きな所を思い出してみる

同じ職場の彼とはお互いに意識して、連絡を取り合っていました。私は彼の優しいところに惹かれたのですが、プライベートで仲良くなるにつれ、誰にでも優しいことが逆に気になるように。今思えば、嫉妬していたのだと思います。

次第に、自分の存在がかえって邪魔になっているのではないかと思うようになり、なんとなく彼と距離を取るようになってしまい、彼もそれを感じ取ったのか、ギクシャクするようになりました。

しかし、もともとはみんなに平等に優しく接する彼に惹かれたこと、プライベートでは自分と向き合ってくれていたことを思い出し、「仕事とプライベートは別」と思うことにして、彼と距離を取るのはやめました。

後々、彼から「一時期、なんか気まずかったよね?何かしたかな?」と聞かれたので、思いきって経緯を伝えました。すると、「言ってくれたら良かったのに!誤解させるような行動を取ってごめんね」と言ってくれました。何も悪いことをしていないのに謝ってくれた彼に、また惹かれました(笑)

30代前半/不動産・建設系/女性

女性編5位|LINEで話してみる

LINEで話してみる

気持ちを切り替えてLINEを送ってみる

同じクラスだった彼と些細なことでケンカをし、気まずくなってしまったことがありました。付き合っていたわけではなかったので、お互いにモヤモヤしたまま喋る回数が減ってきました。

彼はどちらかと言うと受動的で、気まずくなっても自らアクションを起こすようなタイプではなかったので、自分からどうにかしないとずっとこのままだなと思い、LINEを送ってみることにしました。彼とは恋人同士でもないし、直接向き合って沈黙になるのが嫌だったからです。

シンプルに「ごめんね」とだけ送ると、彼からもすぐに返信がありました。それにより緊張が解け、普通にやりとりができるようになりました。寧ろ前よりも距離が縮まったように感じました。

30代前半/専業主婦/女性

直接ではなくLINEで話す!

当時、同じクラスの男の子と何度かデートに行き、いい感じでした。しかし、デートしているところをクラスメイトに見つかってしまい、からかわれるようになりました。

私も彼も思春期真っ只中で、恥ずかしさから学校で話す機会がどんどん減っていきました。次第に距離も置くようになり、デートも行かなくなってしまいました。

私は携帯を持っていなかったのですが、親に直談判して何とか買ってもらうことができ、その男の子と連絡先を交換しました。

それからは直接話すのではなくLINEで会話するようになりました。その結果、少しずつ距離が近づき、以前みたいにデートにも行けるようになりました。

20代後半/医療・福祉系/女性

女性編6位|友人に相談する

友人に相談する

その状況を友人に話し、アドバイスをもらう

どういうことがきっかけで気まずくなってしまったかによって、もう疎遠になってしまった方がいいか、仲良くいられるようにするべきかが変わってきます。

もし仲良くしておくべきか否か迷ったなら、その状況を友人に話してみましょう。それで友人のアドバイスを参考にしてみると、客観的な意見が聞けていいかもしれません。

あとはその人のことがどのくらい好きかによります。気まずくなった後も頭から離れないくらい好きなら、それはしっかり話せる関係に戻れた方が吉だと思います。

20代前半/IT・通信系/女性