【男女別】片思いの相手と電話したい!男女200人が実践する方法

片思いをしていると「電話をしたい!声が聴きたい!」と思う事もありますよね。特に会えない時期など、片思い相手との電話が唯一の幸せな時間に感じることも多いはず!

しかし、電話が負担になって欲しくはないからこそ、片思いの女性と電話をする際の注意点やコツ、アドバイスを知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、同じ経験を持つ男女200人による片思い相手と電話をする際の注意点やアドバイスを体験談と共にご紹介しています。

好きなところから読めます

【男女別】片思いの相手と電話をする際の注意点

順位 片思いの相手と電話をする際の注意点
女性 男性
1位 事前にかけてもいいか確認する 相手の都合に合わせること
2位 相手の都合に合わせること 事前にかけてもいいか確認する
3位 可愛い演出・気楽な雰囲気作り 喋り過ぎず、相手の話を傾聴する
4位 ある程度話す内容を準備しておく 時間を決めておく
5位 気遣いや感謝、愛情を伝える 明るい雰囲気を心がける
6位 喋り過ぎず、相手の話を傾聴する 落ち着いて話すこと

まずは、男女別の片思いの相手と電話をする際の注意点からご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男女各100人に聞いた片思いの相手と電話をする際の注意点アンケート』によると、女性側の1位は『事前にかけてもいいか確認する』、男性側の1位は『相手の都合に合わせること』、という結果に。

それでは、女性と男性で分けて片思いの相手と電話をする際の注意点をご紹介していきます。

【女性編】片思いの相手と電話をする際の注意点ランキング

順位 割合 片思いの相手と電話をする際の注意点
1位 31% 事前にかけてもいいか確認する
2位 24% 相手の都合に合わせること
3位 15% 可愛い演出・気楽な雰囲気作り
4位 10% ある程度話す内容を準備しておく
5位 9% 気遣いや感謝、愛情を伝える
6位 6% 喋り過ぎず、相手の話を傾聴する
その他 5% 上記以外の回答

famico編集部が行った『女性100人に聞いた片思いの相手と電話をする際の注意点アンケート』によると、1位は『事前にかけてもいいか確認する』、2位は『相手の都合に合わせること』、3位は『可愛い演出・気楽な雰囲気作り』という結果に。

割合で見てみると、1位の『事前にかけてもいいか確認する』が約31%、2位の『相手の都合に合わせること』が約24%、3位の『可愛い演出・気楽な雰囲気作り』が約15%となっており、1~3位で約70%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に女性編の片思いの相手と電話をする際の注意点40選をご紹介していきましょう。

女性編1位|事前にかけてもいいか確認する

事前にかけてもいいか確認する

いきなり電話を掛けずに一言メッセージを送る

突然電話が掛かってくると、心の準備も出来ないし、その時にしている事の全てを中断しなくてはならず、いきなり割り込まれる感覚があります。

なので、相手の都合を考えて、「今電話してもいい?」と必ずメッセージを送ってから電話をすると良いと思います。

或いはあらかじめ、「今日は何時頃電話したいんだけどいいかな?」と時間の約束を取り付けておけば、食事やお風呂などの予定を調整出来て良いと思います。

自分の都合だけではなく、相手の都合も考えて、優先して、思い遣る気持ちが大切だと思います。

40代後半/IT・通信系/女性

電話していいかの確認をしてから電話する

人それぞれかと思いますが、私は連絡を頻繁にとりたいと思うタイプなので、事前に伝えることは大切ではないかと思います。

そこで、ラインなどをしているときに、電話していいかの確認をしてから電話します。

ラインを長く続けてくれている時点で好意があるかの確認ができるし、疲れているようであれば連絡をやめることもできます。

付き合うまではやはり気を使うべきだと思いますし、こちらも連絡をとる頻度を相手に伝えられる期間だと思います。

30代前半/流通・小売系/女性

相手が今電話できる状況か、このあとの予定は大丈夫かをしっかり確認する

好きな人に電話をするときは、嬉しいという気持ちが大きくなりすぎて、つい自分の感覚で電話をしてしまいがちなので、相手が今電話できる状況か、このあとの予定は大丈夫かをしっかり確認するのがいいと思います。

あとは長くなりすぎてもいけないので、時計を確認しながら電話をするのがいいと思います。

せっかくの機会なので、お互いに楽しい電話にしたいですね。

30代後半/流通・小売系/女性

電話をかける前にラインでいいかどうか聞く

彼に電話をするときは、邪魔にならないように、あらかじめラインを送って「何時ごろに電話するけどいい?」と聞くようにしています。

彼から「いいよ」と連絡があったら、その時間にかけるようにしています。

そうすると彼の邪魔にならないですし、彼に迷惑をかけることなくできるので、私も気持ちよく話ができます。彼の声が聞けるだけで満足です。

50代後半/自営業/女性

「今日電話していい?」と聞いておく!

あらかじめ電話したいと思った日に、今日電話したい旨と可能であれば何時ごろがいいか、事前にLINE等で聞いていました。相手に会えた場合は直接確認するようにしてました。

「何時頃いいよ」と言ってもらえたり、アピールにもなるかと思います。

いきなりかけて相手が出なかった場合、その後かけ直しに迷ったりするので、いつも気をつけていた部分です。

30代前半/専業主婦/女性

電話してもいいかアポを取る

まだ恋人関係ではない場合、電話して出てもらえなかった場合、「嫌われたかな?」と気になってしまうので、事前にアポをとっておいた方が安心です。

私はラインやメールが苦手なので、恋人にはよく電話をかけてしまいますが、あまり長くなりすぎないように緊急の電話でなければ、時間を決めて終わらせるようにしていました。

30代前半/サービス系/女性

先に今からかけても大丈夫か確認する

最初はメールで悩みの相談をしていたのですが、そのうちに直接話したくなって、「電話してもいい?今からかけても、大丈夫?」とメールして、返事が来たらかけてました。

特に用事もないのに、「何気に声が聞きたくなっちゃった」と伝えてましたね(笑)。

電話をすると楽しくて、時間を忘れてしまう程だったので、やっぱり直接話すのはいいなと思います。

30代後半/専業主婦/女性

電話する前にまずメッセージで相手の都合を確認する

彼氏が休みかどうかをまずLINEのメッセージで確認しました。

私は当時、自分から電話をかけるのが怖かったので、彼氏からかけてもらうようにしました。その電話で自分の悩みを打ち明けると、彼がどんどん落ち着かせてくれたので嬉しかったです。

20代前半/大学生/女性

予め相手の状況を聞いておく

彼と付き合う前は、3~4時間平気で話していることもありました。その当時お互い好きな気持ちはあったのですが、電話をすると相手の時間を割いてしまうため、必ず話し合ってから電話をかけるようにしていました。

お互い仕事で忙しくなってからは、メッセージよりも話した方が早い時に電話をしたり、不意に声が聞きたくなったら「5分でいいから声が聞きたい」とおねだりして、相手の迷惑にならないように気をつけています!

社会人カップルは時間に追われている人も多く、それが原因で喧嘩になることもあるので、予め相手の状況を聞いておくといいです!

20代後半/サービス系/女性

電話してもいいかメッセージで先に聞く

いきなりかけても話題がなくて盛り上がらなかったりするから、相手の好きな話題について「電話で話さないか」とメッセージを送るようにしています。

それから「何日の何時ごろに電話しよう」と日時まで決めると、あっちも予定を空けてくれるし、相手の話題だけじゃなくて近況とか他の話とかも自然とできるからいいと思います。

20代前半/流通・小売系/女性

事前に電話することを相手に伝えること

私はシフト制の仕事、彼はフリーランスなので、基本的には私の休みを相手に伝えて、大丈夫そうな日に電話をする約束をしています。

相手の仕事は不定期なので、こちらの都合でかけてしまうと相手は仕事中だったり、忙しかったりする可能性もあったので、急に電話をかけるのはお互いにストレスがかかるかなと思います。

事前に約束をすることで、そういった心配はなくなりますし、デート前のような気分になれます!

30代前半/金融・保険系/女性

事前にきちんと連絡をしておく

好きな人に電話をかける際は、突然かけないことをおすすめします。相手に「自分の都合しか考えない人だ」と思われかねないからです。

もし相手が仕事中であったり、誰かと食事の最中であったりすると、相手の時間を邪魔してしまうことになります。

「電話をしたい」、「声が聞きたい」など、事前にきちんと連絡をしておくと、きちんとしている印象を与えると思います。

20代後半/専業主婦/女性

事前に許可をとってから電話をかける

就活で忙しい頃、遠方の会社説明会に行く事があり、泊まりになる事もあったりしました。

彼とも中々会えないので、時間が出来た時を見計らったり、事前に許可を取って電話をしたりしていました。

近状報告をしたり、声を聞くだけの電話でもありましたが、その時は嬉しく、いつまでも切りたくないような大切な時間でした。

30代前半/専業主婦/女性

女性編2位|相手の都合に合わせること

相手の都合に合わせること

相手の寝る時間を把握し、切るタイミングを作る

私は学生なので、あまり時間を気にすることなくいつでも電話できますが、相手が社会人で働いていたので、寝る時間を越して電話を続けないようしていました。

いつも寝る時間を聞いていたので、その時間になりそうだったら「もう寝た方がいいね」と言って、いつも切るタイミングを作るようにしています。

また、電話を切る際は「電話ありがとね」、「仕事頑張ってね」などと言うようにしています。

20代前半/大学生/女性

相手の時間を奪う長電話はダメ!

元彼は電話が好きで、毎晩2~3時間電話をしていました。最初の頃は、好きな人と繋がれるということだけで嬉しくて、毎日長電話をしていました。

しかし1ヶ月ほど続けていると、電話の時間が束縛っぽく感じるようになり、窮屈で嫌になって別れてしまいました。

長電話は相手と時間を共有できる反面、通話中はずっと拘束されるので、しんどく感じることもあると思います。

それぞれのカップルにおいてちょうど良い時間の長さはそれぞれですが、電話は短い方がいいと思います!

20代前半/大学生/女性

ダラダラと話さない

一目惚れの男性と徐々に仲良くなり始めた頃にやっとできるようになったのが、電話です。

相手ととにかく話したい気持ちはありましたが、あまり長くダラダラ話していると、どうしても相手は疲れてきてしまいます。

相手が話してくれることに付き合うのは良いですが、自分から無理矢理付き合わせているように感じたときは、「時間大丈夫?」などと配慮を見せましょう。

30代前半/専業主婦/女性

相手の都合のいい時間に電話をかけてあげる

相手の都合のいい時間に電話をかけてあげるのがいいかなと思います。

そして、長時間の電話が嫌な人もいるので、相手の返事をよく聞いて引けるタイミングで電話を切ることが大事だと思います。

特に用事はないけど、どうしても相手の声が聞きたい時には、何らかの用件を見つけて適当に話し、最後に「実は声が聞きたかったから、口実作って電話かけた」と言うのもいいかもしれません。

20代後半/流通・小売系/女性

相手の事情や都合を想像すること

彼と付き合いたての頃、ついつい話が盛り上がり長電話になってしまいがちでした。

ついうとうとしてしまった時、彼が「眠かったら寝ていいよ!遅くまでごめんね」と言ってくれたのがありがたかったですね。

また「ご飯中なら、後ででいいよ!」や「そろそろお風呂の時間じゃない?気にしないで入ってきていいよ!」等、こっちの行動を想像して気を使ってくれてることがとても嬉しかったです。

30代前半/専業主婦/女性

忙しい時間と曜日は避けて仕事が落ちついた頃に連絡する

彼の声が大好きな私は、つい声を聞きたくなり電話をしてしまいます。

でも毎日だと忙しい彼に嫌われてしまうので、迷惑にならずに電話をするには、やはり彼の忙しい時間と曜日は避けて、仕事が落ちついた曜日や時間に連絡するようにしてます。

先にメールで電話していいかを聞いてしまうと、彼は私に気を使い、忙しくてもダメと言えないかもしれません。

そうなると申し訳ないので、時間や曜日を考え、彼が疲れてそうな日には連絡しないようにしてます。

40代前半/IT・通信系/女性

先に相手と「電話に対する捉え方」を確認しておく

私はかなりの頻度で電話をしたい派でした。ちょっと時間が出来たら、特に用は無いのに電話をしてしまいました。

彼にとってはそれが億劫に感じる時もあったようで、電話に出てくれる回数がだんだん少なくなっていき、彼とお別れする際に「電話が多すぎて疲れていた」と打ち明けられました。

先に相手と、「電話に対する捉え方」を確認しておいたら良かったと思いました。

20代後半/サービス系/女性

毎日はかけず相手の時間に合わせること!

遠距離ほど電話は必要不可欠です。しかし急な電話をかけるなど有り得ませんし、毎日かけることもダメです。

週2、3回程度で夜のライン中の隙を見計らって、「今日電話できたりする?」とラインをしていました。

気をつけていたことが、長電話にならないこと。常に「30分だけ電話しよ!」と付け足していました。

相手にとって重くなりすぎず、うまく距離を取ることが非常に大切です。

20代前半/サービス系/女性

相手に気を遣わせないように、ある程度話したらこちらから切り上げる

あまり長電話になると疲れてしまうので、短めに済ませるようにしていました。

相手が疲れていても、疲れたと言いにくいと思いますので、ある程度話が出来たら「そろそろ切るね!楽しかった、ありがとう!」等、こちらから話を切り上げるようにしていました。

また自分ばかりが電話をしたいと言わないようにも気をつけました。中には電話が苦手な人もいたり、押されると冷める方もいるので、一度尋ねたら、次は相手が言うまではメールでという方法をとっていました。

30代後半/医療・福祉系/女性

女性編3位|可愛い演出・気楽な雰囲気作り

可愛い演出・気楽な雰囲気作り

切る直前に一言「私から切りたくないなあ」と言う

私は深夜に長電話をするように持ち込みます。そして盛り上がったら、切る直前に一言「私から切りたくないなあ」といいます。

すると今までお付き合いしてきた男性は、みんな喜んでくれてたと思います。

男性側から「俺も切りたくないなあ」といわれる場合もあるので、その時は2人でイチャイチャできて尚良しです!

20代後半/専業主婦/女性

話し始めに可愛い声で「もしもし?〇〇だけど」と敢えて名乗る

着信画面が出た時、自分からの電話だと分かっている相手に、あえて「〇〇だけど」名乗ります。しかもすごく可愛い声でです(笑)。

そうすると、大抵の男性は「あはは、分かってるよ」と言ってくれて、盛り上がります。会話の初めに少し和ませるのがテクニックです。

その後に、「今電話、大丈夫?」と相手にお伺いをたてて、大丈夫なら通話を続けます。

20代後半/自営業/女性

話せる時は話をして、それ以外の時間や話せない時は繋げるだけにしておく

大学生の頃、社会人の彼と付き合っていたのですが、学生と社会人の為、休みが合わない時も多かったです。

なので、彼が休みの日には朝から電話を繋げていて、話せる時は話をして、それ以外の時間や話せない時は繋げるだけで、生活音を聞いたり友人との会話を盗み聞きしたりしていました。

こっそり電話を繋げているので、まわりには気づかれていないという緊張感やドキドキがありました。

20代前半/サービス系/女性

間違い電話のふりをしてかけ「せっかくだから話そ」と誘う

好きな彼とたくさん話したかったのですが、あまりにグイグイ行くのもなと思って、どうにかウザくない程度にアプローチできないかと考えていました。

メールだと返ってこないかもしれないけど、電話なら!と思い、ワンコールで切りました。こうしておけば、もしその日に折り返しが来ても、「間違えた!ごめんね!でもせっかくだから話そ」と誘えばいいだけなので、簡単です(笑)

気軽に話すきっかけになるし、相手が折り返してくれるのは大抵、時間がある時なので、その後の会話もスムーズに進みやすいです。ただ、礼儀として、ちゃんと「今、時間大丈夫だった?」と確認も取って、楽しい時間を過ごしてました。

30代前半/サービス系/女性

少し無言になった時に「寝た?」と聞く

初めての電話の時は、話題がなくならないようにメモしていました。

他には少し無言になった時に「寝た?」と聞くと、相手が「寝てないわ!」と返してきて笑える展開になったので、それ以来、無言になると「寝た?」とお互い聞くのがいつものお決まりになり、とても楽しい時間になりました。

「また電話したい」と思ってもらえるように、話が尽きないことが理想ですよね。

30代前半/専業主婦/女性

相手に気を使わせないためにも、なるべく明るく話す

電話するときは、「電話していい?」と聞くよりも、「今日の夜、電話したいんだけど、大丈夫?」と言うようにします。「〇〇したい」と言い方を変えることで、相手に好意が伝わりやすいかなと思います。

また、注意している点は声色です。相手の表情が見えない電話では、声色でしか気持ちが判断できません。そのため、相手に気を使わせないためにも、なるべく明るく話すようにしています。

20代前半/大学生/女性

女性編4位|ある程度話す内容を準備しておく

ある程度話す内容を準備しておく

無言にならないように相手の好きそうな話題を集めておく

電話をするときは無言にならないよう気をつけています。彼氏とは遠距離なので頻度に電話をしますが、付き合いたての頃のようになかなか話題もなくなってくるので、電話していても話すことがなく無言になりがちです。

自分から電話をかけているのに、ずっと無言なのはダメだなと思うようになったので、自分が興味を持ったことや、相手の好きそうな話題を集めておくようにしてました。

また、長電話はしすぎずに、楽しいところで電話を終わらせるのが、お互いにとって1番いい時間を過ごせるなと思っています。

20代前半/金融・保険系/女性

話す内容などをあらかじめ決めておく

好きな人と電話するときに、「だらだらしていたら迷惑かけてしまうかな」と思って、4通りくらい内容を決めて、それ以外の無駄な電話はしないようにしました。

その時間の間に話を広げて、少しずつ長く電話していられるように努力することで「お前と電話してると1つの話題に色々話せて良いな。楽しいわ」と言われたので、考えながら電話するといいと思います。

20代後半/専業主婦/女性

事前に聞きたい事や話す内容を決めておく

今時はLINEが一般的なので、私には電話をかける事自体ハードルが高いです。

なので話す内容がちゃんとある時にかけるようにしています。例えば「今からご飯いかない?」など、ある程度緊急性がある時に電話を使うようにします。

電話に出てもらえなかった場合は、逆にラインしないようします。

用事もなく「声、聞きたかったから」みたいな理由で電話するなんて、私にはとてもできません笑

20代後半/専業主婦/女性

相談や用事があるような感じで電話する

「声が聞きたくて・・・」なんて言葉は恥ずかしくて言えないし、「暇だからかけたの」は相手が暇じゃない可能性もあるのでダメでした。

そこで私は、無理やり相談や用事を捏造して電話していました(笑)!「今度、会社の飲み会の幹事になったんやけど、いいお店知ってる?教えてほしい」みたいな、わざわざ彼に相談しなくてもいいような事を相談して、段々話を逸らしていき、ずっと話してました。

その流れで「オススメのご飯やさん、また連れてってね」とデートの約束も出来るので、オススメを聞いたあと「じゃあ今度2人で行きたい」みたいな流れに持っていくのがおススメです!話も盛り上がりますよ!

30代前半/専業主婦/女性

女性編5位|気遣いや感謝、愛情を伝える

気遣いや感謝、愛情を伝える

相手を頼ってるということが伝わるようにした

今の旦那さんは、お付き合いをしている当時から仕事が忙しくてなかなか会えなかったので、夜の仕事終わりによく電話をしていました。

電話では、お互いに今日はどんな一日だったかを話したり、聞いたりしていました。彼は年上なのですが、辛いことや大変なことを聞いてもらって、それに対してアドバイスをもらうことで信頼関係ができてより親しくなったと思います。

電話でも、相手を頼ってるということが伝わるようにしていました。気持ちをストレートに表現するのが良いと思います。

20代後半/医療・福祉系/女性

声が聞けたことへの嬉しさを伝える

ぷち遠距離恋愛をしていた為、頻繁に会うことは叶わず、よく寝る前に電話をしていました。

お互い仕事もしていた為、まずは相手が翌日早起きかどうか予定を必ず確認しました。予想以上に盛り上がり、気づいたら明け方で反省することも何度もありましたが(笑)、お互いの負担にならないよう、なるべく時間を気にする事はとても大切だと思います。

そして電話を終わらせる時には、必ず「忙しい中、電話してくれてありがとう、声が聞けて安心した」など、時間を作ってくれたことへの感謝の気持ちと、自分なりの愛情を伝える事が大切だと思います。

付き合いが長くなるほど、相手への気遣いや気持ちを伝えることが手抜きになりがちですが、顔が見えない電話だからこそ、きちんと伝えることで、お互い良い気持ちで電話できると思います!

20代後半/公務員・教育系/女性

電話をかけた時に「今大丈夫?」と聞く

電話をかけた時、相手は仕事や何らかの用事を抱えている状態かも知れないので、必ず「今、電話大丈夫?」と一言気遣いの言葉を言う様にしています。

この一言があるか無いかだけで相手への印象は変わると思うし、もし長年お付き合いしてる相手だとしても、小さな気遣いが大事だと思うので必ず相手を気遣う一言をかける様にはしています。

20代後半/自営業/女性

相手を思う気持ちを伝えること!

お互い仕事で忙しく会えない日々が続いていた時は、お互い不安でした。

ですが、彼氏が電話で「毎日〇〇のこと考えてるよ。いつも思って、毎日仕事頑張れてるんだよ」と、思ってくれることを素直に伝えてくれたことで、すごく嬉しくて心が温まりました。私が彼を思っているように、彼も私のことを思ってくれているんだと思うと、大きな励みになりました。

日頃の気持ちや感謝を伝える事は大切だなと思います。

20代前半/医療・福祉系/女性

女性編6位|喋り過ぎず、相手の話を傾聴する

喋り過ぎず、相手の話を傾聴する

相手の話を一生懸命聞く

旦那が工学部の院生だった時、いつもは忙しくて連絡も少ない彼から、夜遅く「今電話していい?」と連絡がありました。

珍しいなと思いつつOKしたら、実験に失敗し、慰めて欲しくて連絡してきたとのことでした。

私はそのころすでに社会人だったので、いつもは私が愚痴を言っているのですが、その時は彼の話を一生懸命に聞いていました。特に優しい言葉を言わなくても、ただただ話を聞いて頷くだけで心が救われてたようです。

相手を思いやる心を忘れないようにしたいですよね。

30代前半/専業主婦/女性

相手の話を聞く姿勢を大切にして親身になってあげる

今は同棲していますが、彼氏とはしばらく遠距離恋愛をしていたため、毎日電話をしていました。

その際に、普通に会って話す感覚で一方的に話をしてしまい、何度かぎこちない雰囲気になったことがあります。

電話はお互いの顔が見えないからこそ、より相手の話を聞く姿勢を大切にして、親身になってあげることをおすすめします。

20代前半/サービス系/女性

相手が話し終えたら、1呼吸おいてから話し始める

私が好きな人と電話をするときに意識しているのが、「相手が話し終えてから1呼吸おいて、相槌やこちらの話題を話し始めること」です。

というのも、電話では相手の表情が見えない分「会話のキャッチボールのテンポ」を掴むことが難しいのです。

好きな人との電話にテンションが上がって、相手の話を聞かずにこちらばかり話してしまったり、質問攻めにしたりすると、相手から「この人とは気が合わない」と思われてしまいかねません。

実際に会って話すよりも落ち着いて、1呼吸おくことを意識しましょう。

30代前半/サービス系/女性

【男性編】片思いの相手と電話をする際の注意点ランキング

順位 割合 片思いの相手と電話をする際の注意点
1位 37% 相手の都合に合わせること
2位 24% 事前にかけてもいいか確認する
3位 15% 喋り過ぎず、相手の話を傾聴する
4位 10% 時間を決めておく
5位 5% 明るい雰囲気を心がける
6位 4% 落ち着いて話すこと
その他 5% 上記以外の回答

続いて、男性編をご紹介していきます。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた片思いの相手と電話をする際の注意点アンケート』によると、1位は『相手の都合に合わせること』、2位は『事前にかけてもいいか確認する』、3位は『喋り過ぎず、相手の話を傾聴する』という結果に。

割合で見てみると、1位の『相手の都合に合わせること』が約37%、2位の『事前にかけてもいいか確認する』が約24%、3位の『喋り過ぎず、相手の話を傾聴する』が約15%となっており、1~3位で約76%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に男性編の片思いの相手と電話をする際の注意点20選をご紹介していきましょう。

男性編1位|相手の都合に合わせること

相手の都合に合わせること

用もないのに電話しないこと

好きな人に電話する時に気を付けることは、用もないのに電話しないことです。大抵の用事はまた会った時かメールで済ませられますし、あまり頻繁にかけると鬱陶しがられる恐れがあります。なので、余程のことがない限り電話は控えます。

また、好きな人の声はいつまでも聞いていたいけど、用事が終わったらさっさと切るようにしましょう。

あとは落ち着くことです。テンパっていると特に女性は勘づき、「気持ち悪い」と思われるので、平常心でいましょう。

40代前半/医療・福祉系/男性

相手が満足するまで切らない

できれば朝ではなく夕方の「全てのことが終わってまったりしている時間帯」にかけるようにしました。

電話中はなるべく相手の話を広げつつ、質問ばかりにならないように気にかけていました。

こちらからは絶対に切らずに、相手が「話し終わった、満足した」と思ってもらえるまで切らないことを心がけていました。

30代前半/専業主婦/男性

相手の機嫌が良さそうな時を選ぶ

好きな人に電話するときには、相手の機嫌が良さそうな時を選ぶのが鉄則です。相手が仕事で嫌なことがあったとSNS投稿した後のタイミングで電話すれば、不機嫌のイメージが自分にもついてしまい「迷惑な人」と思われてしまいます。

逆に相手が昼間友達と遊んで機嫌良く帰った後に電話すれば、その楽しい気分を借りて自分の印象もアップします。

SNS投稿や好きな人の生活パターンで、機嫌のいい時間帯を探るのもテクニックです。

30代後半/メーカー系/男性

相手が電話に出そうな時間にかける

夜に電話をかけることが多かったので、相手が食事、お風呂等を済ませてリラックスしているであろう時間を狙って電話をしていました。

相手がベッドに入ってゴロゴロしているタイミングにかけると、意外と長電話になってお互いに寝る時間が遅くなってました。

どうしても電話をしたいときは、予めメールで確認してから電話してました。

40代後半/サービス系/男性

テレビ欄を見て相手が見ない番組の多い時間帯にかける

今の時代、LINEがありますので、事前のやりとりはしやすいと思います。

私が若い頃はLINEはなかったので、唐突にかけることもありました。でもその分、時間帯はこだわってて、その日の新聞のテレビ欄を見て、「これは別に見ないだろう」という番組が多い時間帯にかけました。だからトレンディドラマの流れる月9などは絶対やめました(笑)。

そしてやめるときも、その時間帯のテレビの内容に合わせて決めてました。

40代前半/流通・小売系/男性

忙しい時は出なくても良いよと言っておく

彼女からの電話は嬉しいものですが、仕事などで出られないときも多々あります。

なので、彼女が電話に出られない時でも気を使わないように、「電話したくなったらかけてしまうけど、無理に出なくていいよ」とあらかじめ言っておいてあげましょう。

後は留守電になった場合、一言だけでも優しいメッセージを残しておけば相手も喜ぶと思いますよ。

50代前半/流通・小売系/男性

勢いでかけたり一方的に話すのは絶対にダメ

勢いで電話をかけるのはやめたほうが良いでしょう。日中働いている場合、かける時間も遅い事が多いので、相手が何をしているかわかりません。もしかしたら寝てるかもしれません。

出てくれたとしても、こちらが緊張して一方的にべらべらとしゃべる事になれば、幻滅され、次回からとってくれなくなるかもしれません。

なので、一方的に話すのは絶対にやめましょう。少なくとも、事前に一言、連絡を入れ、OKをもらってからかけましょう。

30代後半/メーカー系/男性

まずは相手の状況を最初に確認して話してもいいか聞く

長電話にならないように気をつけますが、まずは相手の状況を最初に確認しました。

また、電話をする時間もあまり遅い時間にならないように気をつけました。

仕事が忙しい時の休日は体を休めたかったので、世間話や次の約束をする程度で長電話をする事のないようにしました。

相手も怠そうに感じた時は状況だけ聞いてすぐ切り、日を改めて電話をしました。

携帯を持つようになってからは、メールで確認してからお互いに電話をするようになりました。

50代後半/メーカー系/男性

男性編2位|事前にかけてもいいか確認する

事前にかけてもいいか確認する

電話することを伝えておく

寝る前によく電話しています。

初めはラインでやりとりをしていて、途中から電話にかえるのですが、ラインのやりとりの中で電話してもいいかを聞きます。

急な電話でもいいですが、事前にメッセージを送って電話すると必ず出てもらえるので安心します。

毎日寝る前に電話して「おやすみ」を直接伝えられるのがいいと思います。

30代前半/流通・小売系/男性

事前にメールで電話につながるような前振りを入れる

電話はすごく好きなほうなので、いろんな人によく電話してました。

しかし、好きな人に対しては、なかなか「電話しよう」とは言いづらくて、もどかしい思いを常々していました。

ですので、事前にメールやチャットで、電話につながるような前振りを入れるようにしてました。電話へのハードルをさげるために、そこは意識してました。

40代前半/メーカー系/男性

相手にかけていいか確認する

好きな人に電話をかけるときに心がける注意点として、「時間帯を考える」ということが大切です。

好きな相手だからといって、相手の都合も考えずに電話をかけないほうがいいです。相手が忙しい時間帯や早朝、深夜に電話をしてしまったら迷惑をかけてしまいます。下手したら、嫌われてしまうかもしれません。

なので、電話をかける時間帯を考えるためにも、相手と確認をしたらいいと思います。

20代前半/自営業/男性

いきなりかけず電話しても良いか否かをLINEで聞く

あらかじめLINEを聞いておければ幸いです。それは電話しても良いか否かをLINEで聞くことができるからです。

相手のLINEが分からないようでしたら、電話番号で送れるメールを使い、聞く事です。どちらにしてもイキナリ電話をするよりは断然良いです。

後は会話中、話のネタが切れないようにすることです。話したいことをいくつかメモしておくと良いでしょう。そうする事で自分も安心できますから。

40代前半/医療・福祉系/男性

先にメールで相手が空いてるかどうか確認する

警戒されるといけないので、まずは相手が空いてる状態か確認するのにメールやLINE等で軽く探りを入れます。返信がきたら、少しだけ話していいか聞いて電話をかけます。

長い電話をすると次回以降警戒されてしまうかもしれないので、なるべく短い時間で連絡を終えて楽しかった印象で終わります。

そうすることで、次回もまた気軽に電話を受けてもらいやすく、こまめに電話をすることができます。

30代後半/メーカー系/男性

男性編3位|喋り過ぎず、相手の話を傾聴する

喋り過ぎず、相手の話を傾聴する

出来るだけ相手の話を聞く側になってあげる

この場合、やはり女性の多くは話すのが好きなので、なるべく「聞く側」として接してあげれば好感触だと思います。

7:3で男性が話を聞いてあげたら効果的だと思いますし、様々な愚痴や相談などに乗ってあげると良いと思いますよ。

ただ、まったく自己主張をしないのも「頼りにならない」と思われる可能性が出てきますので、時々は自分の思っている事をオブラートに包んで言う事も大切だと思います。

20代前半/IT・通信系/男性

自分ばかり話さず相手の話を聞いてあげる

好きな人と電話するというのは心地がいいと思います。

しかし一方的に自分の話ばかりすると、相手は退屈になり、人によっては不快になると思います。

もちろん「自分が話すより、人の話を聞くのが大好き」という方もいるので例外はありますが、基本的には自分ばかり話さず、相手の話を聞いてあげるのが1番心がけるべきポイントだと思います。

20代前半/大学生/男性

自分の話だけでなく、しっかり相手の話を聞く

電話での会話になってしまうと、相手が目の前にいるわけではないので、顔色を窺ったり、雰囲気を考えながら会話することが出来ません。そのため、会話のキャッチボールがうまくできない場合があります。

自分の話だけでなく、しっかり相手の話を聞き、互いの意見や返事を言い合うための時間を取るなどして、うまく話すことが出来ると相手も飽きることなく電話することが出来ると思います。

30代前半/自営業/男性

男性編4位|時間を決めておく

時間を決めておく

電話しはじめる時間を決めておく

今の彼女とは遠距離恋愛で、夜によく電話をしてます。

相手がお風呂やご飯で出られない、なんてことのないように、きちんと時間を決めておくことでスムーズに始めることができています。

そのおかげで、遠距離でもそんなに寂しい思いをすることなく付き合えてます。いつか結婚して一緒に暮らせたらなと思います。

20代後半/メーカー系/男性

要件は手短に回数を多くする

好きな人に電話する場合、長電話は好意がないと嫌がる傾向があります。そこで、短い時間で定期的に電話をして、常に自分の存在をアピールするようにしています。

自分の存在をある程度認識されたら、たまに長電話をしてみます。

次に定期的な連絡を一定期間やめます。すると好きな人は、寂しく感じます。

そこで電話を掛けるのではなく、もう少し期間を空けてから電話を掛けると、もうその人はこちらに好意を抱いています(笑)。

20代後半/サービス系/男性

男性編5位|明るい雰囲気を心がける

明るい雰囲気を心がける

少しだけいつもより明るい雰囲気で話す!

電話だとどうしても顔が見えないため、相手がどう思っているか不安になりますが、あまり細かなことを気にしてはダメだと思ってます。

大事なのは「また電話したい」と思ってもらい、次につながるような会話ができればよいと思うので、とにかく明るい雰囲気で相手にも電話を楽しんでもらえることが重要だと思ってます。話す内容にもよりますが、声のトーンは重要です。

あとは相手が話したい事もあるので、その時間は十分にとってあげることも重要だと思います。

顔が見えない状況で継続して電話が続けられたら、相手から好印象を持たれてると思うので頑張ってほしいです。

30代後半/IT・通信系/男性

男性編6位|落ち着いて話すこと

落ち着いて話すこと

無言の時間があっても焦らないこと!

好きな人に電話をする前はどうやって話したらよいか、なにを話したらよいかなどいろいろ考えすぎると緊張しますよね。

いざ電話をかけても、会話の途中で無言になってしまうと、「何か話さなくちゃ!どうしよう!」などと焦ってしまいがちです。

そういう時はつい、心にもないことや言う必要のないことを言ってしまうことがあるので注意が必要です。そこで下手に取り繕おうとすればするほど、事態を悪化させる恐れが出てきます。

口下手でテンパってしまったとしても、向こうは案外気にしていないことも多いので、無言になっても焦らずにいることが大事です!むしろ余計なことを言って相手を傷つけてしまう方がよっぽど問題です。

20代前半/サービス系/男性

片思いの相手と電話をする際の注意点まとめ

この記事では、片思いの相手と電話をする際の注意点を体験談と共にご紹介してきました。

片思いの相手と電話をする際の注意点アンケートでは、女性側の1位は『事前にかけてもいいか確認する』、男性側の1位は『相手の都合に合わせること』、となっておりましたので、是非参考にしてみてくださいね。

【女性編】片思いの相手と電話をする際の注意点アンケート詳細

【アンケート調査概要】

調査方法 インターネットによるアンケート調査
アンケート内容 片思いの相手と電話をする際の注意点を回答
調査期間 2022年03月05日~03月20日
回答者数 女性100人
年齢 20代~60代

【アンケート調査結果】

順位 回答数 片思いの相手と電話をする際の注意点
1位 31票 事前にかけてもいいか確認する
2位 24票 相手の都合に合わせること
3位 15票 可愛い演出・気楽な雰囲気作り
4位 10票 ある程度話す内容を準備しておく
5位 9票 気遣いや感謝、愛情を伝える
6位 6票 喋り過ぎず、相手の話を傾聴する
その他 5票 上記以外の回答

【男性編】片思いの相手と電話をする際の注意点アンケート詳細

【アンケート調査概要】

調査方法 インターネットによるアンケート調査
アンケート内容 片思いの相手と電話をする際の注意点を回答
調査期間 2022年03月05日~03月20日
回答者数 男性100人
年齢 20代~60代

【アンケート調査結果】

順位 回答数 片思いの相手と電話をする際の注意点
1位 37票 相手の都合に合わせること
2位 24票 事前にかけてもいいか確認する
3位 15票 喋り過ぎず、相手の話を傾聴する
4位 10票 時間を決めておく
5位 5票 明るい雰囲気を心がける
6位 4票 落ち着いて話すこと
その他 5票 上記以外の回答