【男女別】好きな人にアプローチするコツやポイント56選

好きな人 アプローチ

「好きな人にアプローチするコツやポイントが知りたい!」と悩んでしまうこともありますよね。

コツやポイントとしては「積極的に行動・好意をアピール」や「接触する機会や時間を増やす」が挙げられますが、同じ経験を持つ男性や女性が実際に対処した方法や体験談を知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、男女200人に聞いた好きな人にアプローチする際のコツやポイントランキングに加えて、リアルな体験談と共に対処法56選をご紹介しています。

\ 今すぐ無料で悩みを相談してみよう /

「 ココナラで悩みを相談 」

ユーザー満足度97%超
3,000円無料クーポンあり
1分100円からのお値打価格

【男女別】好きな人にアプローチするコツやポイント

順位 好きな人にアプローチするコツやポイント
女性 男性
1位 積極的に行動・好意をアピール 積極的に行動・好意をアピール
2位 接触する機会や時間を増やす 接触する機会や時間を増やす
3位 共通の話題を見つける 接触に緩急をつける
4位 友達に協力してもらう 相手の求めている事は何か察する
5位 接触に緩急をつける 共通の話題を見つける
6位 特別感を演出する 特別感を演出する

まずは、男女別の好きな人にアプローチするコツやポイントからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男女各100人に聞いた好きな人にアプローチするコツやポイントアンケート』によると、女性側の1位は『積極的に行動・好意をアピール』、男性側の1位は『積極的に行動・好意をアピール』、という結果に。

それでは、女性と男性で分けて好きな人にアプローチするコツやポイントをご紹介していきます。

【女性編】好きな人にアプローチするコツやポイントランキング

順位 割合 好きな人にアプローチするコツやポイント
1位 49% 積極的に行動・好意をアピール
2位 18% 接触する機会や時間を増やす
3位 10% 共通の話題を見つける
4位 9% 友達に協力してもらう
5位 5% 接触に緩急をつける
6位 2% 特別感を演出する
その他 7% 上記以外の回答

famico編集部が行った『女性100人に聞いた好きな人にアプローチするコツやポイントアンケート』によると、1位は『積極的に行動・好意をアピール』、2位は『接触する機会や時間を増やす』、3位は『共通の話題を見つける』という結果に。

割合で見てみると、1位の『積極的に行動・好意をアピール』が約49%、2位の『接触する機会や時間を増やす』が約18%、3位の『共通の話題を見つける』が約10%となっており、1~3位で約77%を占める結果となりました。

それでは、具体的な体験談と共に女性編の好きな人にアプローチするコツやポイント34選をご紹介していきましょう。

女性編1位|積極的に行動・好意をアピール

積極的に行動・好意をアピール

自分の趣味をアピール

男性は、えてして安定感よりずっとワクワクしていたいと考えるタイプが多いようです。

そこで「私はこんなことが趣味なんだ!」ということをアピールしました。「今度、お茶会があるから、ドコソコのお寺に遠征する」とか「今日は自分でデザインした服を着てるの」とか。

別に、彼と同じ趣味である必要はないと思います。自分自身の趣味があることで、彼も知らない世界に目を向けて話題が拡がります。

お互いの世界を2人で共有していく過程で親密感が増すし、自分も楽しいので、自分の趣味は持っておくべきです。

40代後半/専業主婦/女性

本人のコンプレックスをあえて褒める!

自分を印象深く記憶に残す事で、好きな人の気になる存在になれたら良いなと考えています。その為、少し相手をリサーチして、お近付きになる為に褒め方をいつも工夫しています。

おそらく人の心理として、自分の長所よりコンプレックスを褒められると、その部分は褒められた事があまりないので、印象に残るかなと思っています。

これまでその方法で喜ばれた事がかなり多いです。

また相手の趣味などもリサーチして、共通の話題を持つ努力もしています。

30代前半/専業主婦/女性

一緒にいる時に、にこにこ楽しそうにする!

片想いの彼と一緒にいられる時や距離の近いタイミングで、目を合わせる時間を増やしたり楽しそうに過ごすことを意識していました。

何人かの友人と集まることが多いので、なかなか二人で話すことがない分、一緒にいられる時には明るく楽しんでいるところを伝えようとしていました。

好きな人に気にしてもらうためには、明るい姿を見せることが大事だと思っています。楽しんでいる姿をたくさん見せて、少しずつ距離が縮まったあとなら、しんどいところや沈んでいるところを見せても大丈夫です。

「いつも明るい子が沈んでると心配になるし、慰めたり話を聞きたくなる」と交際に至った彼にも言ってもらえたので、有効なのかなと思います。

20代後半/IT・通信系/女性

とにかく褒めまくる!

女性から男性へのアプローチの場合、男性は褒められると喜ぶ傾向があるので、とにかく褒めまくるようにしましょう!褒めるに値しないことでも、褒め殺しにして、褒め倒します!

こちらが知っていることでも、わざと知らないふりをして、「〇〇さんってほんとにすごいですね!」と言い続けると、承認された嬉しさから相手も好感を持ってくれることが多いです。

お付き合いが始まるまでは下手に出て、男性より弱い存在だと思わせることが大切です。

あとは、笑顔と包容力ですね。

40代後半/サービス系/女性

最初は積極的にアプローチをし、興味を持ってもらえたら素の自分を出す

「この子は僕の事が好きなのかな?」と気付いてもらうために、ご飯のお誘いを月に1回のペースでしたり、LINEの会話をしたり(何気ない日常会話で1日1往復から2往復くらい)、相談をしたり、相手の趣味を話したりしていました。

共通の趣味を知っていれば、その事を話題にすることもありました。相手が振り向いてくれるまで積極的にアプローチを行い、相手の方からお誘いの連絡が増え、「彼氏いるの?好きな人いるの?普段何しているの?」のように、自分に興味を持っていると分かる質問をしてもらえるようになったら、こちらから行動することは控え、相手のペースに合わせていました。

またその際、ありのままの自分を好きになってもらうことが大切だと感じているので、素の自分でいることを心がけていました。

相手の好みに合わせた自分になる努力も必要かもしれませんが、ずーっと相手に合わせる事が私は出来ないため、素を少しずつ出していくようにしていました。

20代後半/流通・小売系/女性

勇気を出して食事に誘い、自分からどんどん積極的に動いていく

私が高校生の頃、ご近所に住んでいる18歳年上の男性を好きになりました。お互い犬を飼っていたので、散歩の時に少し話す程度の関係でしたが、いつも気さくに話をしてくれる彼に好意を持つようになりました。

ある日、年齢の話になり18歳差という事を知った彼が「若いな」と言っていたのが気になり、私はそれから服装や言葉遣いなどを意識しました。

私から勇気を出して食事に誘い、年上が好きな事をアピールしたり、自分から次の約束もしました。今は男性も消極的な方が多く、さらに年齢差があるので私から積極的に行動しないと相手にしてもらえないと思ったからです。

さらに「告白してくれたら絶対OKするよ」という雰囲気も出していました!この行動が良かったようで、意識してもらえるようになり、告白してもらえました。

30代前半/専業主婦/女性

積極的にLINEをしたり、遊ぶ約束をする

私が片想いした相手は違うクラスの同級生でした。彼は私の幼馴染と仲が良かったので、複数人で一緒に遊ぶ予定を立て、彼のことも誘いました。その時にLINEを交換し、なるべく連絡をするようにしていました。

その後もみんなで何度か遊ぶようになったので、次は2人でご飯に行かないか誘ってみました。相手からOKが出た時はすごく嬉しかったです。

卒業が近くなった時に勇気を出して告白しましたが、残念ながら振られてしまいました。でもその後もみんなで遊ぶこともあり、自然と友達関係に戻れたのでよかったです。もちろん卒アルの寄せ書きも書いてもらいました!笑

今では甘酸っぱい青春の思い出です。

20代前半/サービス系/女性

相手の目をじっと見つめて話す

初めてのコンビニバイトで不安な時に色々教えてくれた親切な彼が気になり、好きになりました。

年上の彼とはシフトが同じになることが多く、ざっくばらんに話してくれるので、休憩時間や帰宅時間におしゃべりをして楽しく過ごしました。

その時に、相手の目をじっと見つめて話すようになったら、自然に気持ちが伝わったようです。相手から、遊びに行くお誘いをしてくれました。

その後、付き合ったりはしなかったですが、淡い思い出です。

40代前半/サービス系/女性

明るい雰囲気で、好き好きオーラを出しまくる

婚活パーティーで知り合った彼に一目惚れしました。

当初は多くの女性に囲まれている彼を見て無理だなと諦め、パーティーは途中で抜けて帰りました。そしたら、彼も偶然パーティーを途中で抜けて帰ろうとしたみたいで、駅でバッタリ遭遇しました。しかも帰る方向が一緒だったので、途中まで一緒に帰りました。そしてLINEを交換しました。

好き好きアピールをして、LINEも盛り上がりました。そしたら、彼から告白されて付き合うことになりました。

明るい雰囲気を出したのが良かったみたいです。

40代前半/自営業/女性

とにかく褒めまくり、気があることを匂わせる

大学生の頃、友達に協力してもらって、好きになった同じサークルの先輩を交えて何人かで飲みに行く機会をよく作っていました。

距離が近づいてきてからは、その先輩と普段から何気ないLINEを頻繁にするようになって、2人で飲みに行くまでになり、そこからは猛アタック。

2人で一緒にいる間に相手のことを「カッコいいですね」「優しいですね」ととにかく褒めまくり、気があることを匂わせまくりました。

さすがに気付いてくれたのか、その先輩も私に好意を持ってくれたようで、のちに告白してもらいました!匂わせるのが得意だったので良かったのかもしれません!

20代後半/専業主婦/女性

好き!の気持ちを隠さずアピール

学生時代、部活が同じだった同級生の男子に片思いをしていました。男子と女子で部室や活動内容が違ったのですが、接点のあるタイミングでは出来るだけ積極的に話し掛けたり、距離を近く保っていました。

また、帰りの時間をなるべく同じにしたりして、偶然を装って一緒に帰ったり、時間を共有出来るように行動しました。連絡先を交換してからは、何気ない事でも何通かメールをやり取りしたり、登校してからはメールの内容でまた盛り上がったり、共通の話題を作る事で段々と仲良くなることが出来ました。

そこからは、好き!の気持ちを隠さず近くに居ることで相手との距離も縮まり、遊びに行ったりするうちに彼の方から告白してくれて、付き合うことになりました。そのあと、7年間という長い期間付き合い、今でも彼との時間は一番楽しく思い出に残っています。

若かったから積極的に行動出来たのかもしれませんが、大人の恋愛でも好き!の気持ちを大切に、恐れず相手との距離を縮める事で、気持ちが伝わり良いアプローチにつながると思います。

30代前半/専業主婦/女性

何度も目線を送り、笑顔で対応する

お食事会の席で気になる男性が居ました。席が離れていた事もあり、お話出来る環境でなかったのですが、出来るだけ目線を送りアピールだけしておきました。

何度か目があったので、アピールに気付いてもらえたらしく、お手洗いへ行った際に彼が追ってきてくれました。その時は二言三言、言葉を交わしたくらいに済ませて席に戻りました。

その後、何度か彼の目線を感じた際に笑顔で応答し、そのままお食事会は終わりました。サッとお店を後にし、連絡先もあえて交換しませんでした。

後日、同席していた友人経由で彼から連絡があり、連絡先を交換してデートに行く事が出来ました!

30代前半/IT・通信系/女性

一緒にいる時はさりげないボディータッチで距離を縮める!

今の主人とは、同じ職場で知り合いました。週5で働いていたので毎日顔は合わせますが、オフィスにいる時間が少なく、1日30分も会えませんでした。

少しの時間でも無駄にしたくなかったので、主人がコンビニに行く時は制服の裾を引っ張り「一緒に行きたい」と言ってついて行ったり、ボールペンを借りて返す時は「ありがとう」と言いながら、制服の胸ポケットに直接しまったり、パソコン作業で気になるところがあれば顔を近づけるようにのぞき込んだり等、ベタベタくっ付くのではなく、本当にさりげなくボディータッチをしながら距離を縮めました。

しばらく続けていると、主人からもお昼に誘われるようになり、次第に2人の時間も増えていき、やがて告白されました。後から聞いたら、「後ろから服を掴んできたり、袖を掴んだり、甘えられてるみたいで可愛いと思った」とのこと。

あくまでさりげないボディータッチだったからこそ、可愛いと思ってもらえたのだと思っています!

30代前半/流通・小売系/女性

明るい笑顔でさり気なく「前から気になっていました」と伝える

好きな人にアプローチをするのはとても勇気が入りますが、まずは飾らず自然に率直に、自分のありのままを伝えることが大事だと思います。

あまり堅苦しくすると相手も困ると思うので、明るい笑顔でさり気なく「前から気になっていました」と入る方がいいと感じます。

もしそういうきっかけがない場合は、自分から少し時間を作ったりして、相手の迷惑にならないタイミングで気持ちを込めて重くならないように、しっかりと伝えましょう。

40代後半/不動産・建設系/女性

相手の好きなことや興味のあることを覚えておき、好感や興味があると伝える

彼とは同じ職場だったので、相手の話す事をできる限り覚えておくようにしていました。そして次に会話した時、覚えた内容を引き合いに出し、「あれ好きだって言ってたもんね」などと言って次の会話に繋げるようにしていました。

彼にその当時の話を聞いてみると、「何気ない話でも覚えておいてもらえたのはすごく嬉しかった」と言われました。

些細な会話でも相手の好きなこと、興味のあることを覚えておくことで、好意があることや興味があるとさりげなく伝えることができると思います。

30代前半/サービス系/女性

とにかくプレゼントを贈りまくる!

初恋の彼は、高橋一生さん的な魅力を持った、顔が綺麗でバスケットボールの得意な男子でした。

私はベタボレ状態で、とにかくプレゼントを贈りまくっていました!バレンタインデーにはチョコレート、彼の誕生日には入念にラッピングしたバスケットボールを贈り、翌年のバレンタインデーには手作りクッキーを、彼の自宅の玄関前にどーんと「置き配」していました!

恋は盲目とはよく言ったものですね。自分で思い出しても気持ち悪いものがありますが、彼は私の熱意に負けたようで、向こうから話しかけてくれるようになりました。

40代前半/IT・通信系/女性

好きだと思った時はすぐ簡潔に伝える

私にはSNSを通じて知り合った一回り年上の好きな人がいます。最初は何とも思っていなくて、ただのお客さんという印象でした。しかし、自分の考えや思いを素直に伝えてくれる姿がいいなと思い、次第に好きになっていきました。

文字を介したコミュニケーションなので、捉え方はその人によって変わってきます。自分の想像以上に、相手は深く考えてくれていたりします。

なので私は、好きだと思った時はすぐ簡潔に伝えています。いつか言おうと思っていたら、タイミング逃すかもしれないと思うので、ついしつこいぐらい言ってしまっている時もあります。

伝える時は相手の性格に合わせて行うといいかもしれません。

30代前半/医療・福祉系/女性

普段から相手を観察して偶然を装い話しかける

アプローチのコツは、普段から相手を観察して偶然を装い話しかけることです。

例えば、徹夜続きで疲れているのがわかったら『◯◯さん、お疲れ様です。私最近、眠れなくてユンケル買ってきたんですよ。よかったら1本いかがですか?』と言ってドリンクをあげるのもいいですね。

また、普段彼がつけている香水に似た香りを探してつけてみるのもいいでしょう。

学生の頃は気になる男子が好きなアニメをリサーチし、そのお弁当箱を買ってきて使っていました。控えめな無言のアプローチほど、不思議と男の子が興味を持ってくれた気がします。かなりの確率で付き合えました。

50代前半/専業主婦/女性

意識的に相手の名前を呼び、ニコニコする

私が当時思いを寄せていたのは、同じバイト先の男性でした。立場上は私が先輩で彼が後輩でしたが、実際の年齢は彼が私の2個年上でした。

初めてシフトが重なってからしばらくは、職場で彼と会うことは全くありませんでしたが、偶然にもある日を境にほとんど毎日といっていいほどシフトが重なるようになりました。

その際に私が意識していたのは、できるだけ彼の名前を呼ぶことでした。名前を呼ばれて不快な感情になる方はそうそういないと思いますし、何より自分の名前を何度も呼んでニコニコしている年下の子は、外見の造形はともかくかわいらしく映るのではないかと考えたからです。

その結果なのかは分かりませんが、バイト終わりに食事に誘われ、その流れで告白してもらうことができました。現在では、彼は私の婚約者です。

20代前半/大学生/女性

女性編2位|接触する機会や時間を増やす

接触する機会や時間を増やす

話しかける回数を多くして、存在をアピールした

片思いをしていた同僚には、話しかける回数を多くして、相手が何が好きかなどを聞きました。彼はサッカーが好きだということだったので、テレビでプレーを見てわからないところは質問したりしていました。

帰る時間も不自然ではない程度で同じにして、駐車場まで一緒に歩くようにしました。

バレンタインなどイベントの際には、周りにわからないところでプレゼントを渡しました。

好きだという直接的なアピールはしませんでしたが、いつもありがとうというメッセージを添えました。

20代後半/公務員・教育系/女性

一緒の時間をたくさん作る

彼とは同じプロジェクトをしていましたが、なるべく一緒に帰り、時々はご飯も一緒に食べに行ったりして一緒の時間をたくさん作りました。

そして、好きな人がどんな人なのかを知ると同時に、私がどんな人なのか知ってもらう機会を増やしました。

結果、私から告白して5年以上の交際を経て、今はその人が旦那さんになり子どもいます。

あの時アピールしてよかったなぁと思います。

30代前半/IT・通信系/女性

まめに連絡をとって相手の興味のあることについて話を聞く

誰でも「話を聞いてくれる人」に惹かれやすいのではと思ったので、まめに連絡をとって相手の興味のあることについて話を聞き、自分も興味を持つようにしていました。

彼とは、好きなミュージシャンの曲や他の趣味の話などをよくしました。共通の話題を持っていた方が話が盛り上がりやすいです。私も彼から「あなたはとても聞き上手で話してて楽しい」と言われるようになりました。

あと、デートした後は「今日は楽しかったです、また会いましょう」と必ずお礼のLINEを入れていました。

20代後半/サービス系/女性

一緒にいる時間を増やす

好きな人とは配属先が一緒でした。会社にいる時間が多かったので自然と話す機会も増えて、相手のことを知るきっかけも増え、私のこともよく知ってもらえたと思います。

仕事で一緒にいる時間が増え、休憩なども全部一緒だったので、ほぼ一日中一緒にいて、それから休みの日なども一緒にいるようになりました。

コロナ禍で厳しい部分もあるかもしれませんが、少しでも会えるなら会う、連絡が取れるなら取るなど、絡む機会を増やすといいと思います。

20代後半/専業主婦/女性

とにかくマメに連絡する

相手と知り合ったきっかけはSNSでした。向こうは毎日ブログを更新していたので、毎日それをチェックし、コメントを欠かさず書くようにしていました。

すると、最初はブログのコメントだけのやり取りだったのが、メッセージで直接連絡を取り合うようになりました。

お互い共通の趣味があったのでその話題で盛り上がり、相手のお勧めするものを試してみたりして、共通の話題を増やすようにしました。

家がさほど離れていなかったのも幸運だったと思います。

30代後半/メーカー系/女性

グループ内で会話を増やし、なるべく同じ時間を過ごすことを心がける

私が好きになった人は友達の友達で、仲間内で飲み会をよくするお友達でした。

最初はなんとなくその飲み会に参加していただけですが、彼のことが気になり始めてから、仕事終わりや休みの日など、自分の時間を可能な範囲で彼が参加する飲み会に合わせていきました。飲み会への出席率をあげて、彼からも話しやすい仲間になることを意識しました。

ある時から、彼もカジュアルに私を飲みに誘うようになってくれました。2人の時は仲間内ではしない深い話をしてみたり、大勢の時とは違う自分をアピールしていきました。

それから、誕生日を祝ってくれるということで、2人でご飯を食べに行った帰りに告白されて、お付き合いすることになりました。

30代後半/サービス系/女性

女性編3位|共通の話題を見つける

共通の話題を見つける

共通の好きなものを見つけて話のネタを作る

お互いが好きなものを把握して、もしお互いの好きなものや趣味が共通ならその話を広げます。

また、連絡先を交換したら、できる限り会話を終わらせないように努力し、お互いのチャットでのやり取りが日常となるようにします。そうすると、顔を合わせて話さなくても、たくさんの情報を手に入れることができます。

顔を合わせて話せる時は、チャットで続いている話から広げていくと会話が続きやすいです。

チャットでのやり取りは顔を合わせて話すよりも簡単なので、試しやすいと思います

20代前半/大学生/女性

共通点を探し出し、「私も〇〇興味あるよ!」と話題を出す

気になった人が出来た時は、その人との会話で共通点を探し出し、「私も〇〇興味あるよ!」と話題を出すようにしていました。

今、お付き合いしている方は、知り合った時に花が好きと知ったので「私も花が好きです」と伝えました。

実際はそこまで興味がなかったのですが(笑)、「今度お花見しない?」と誘っていただき、それがきっかけでお付き合いが続いています。

今では私の方が花の魅力に取り憑かれ、季節折々の花を2人で鑑賞しては楽しんでいます。

30代前半/流通・小売系/女性

共通の話題や盛り上がる話題を作って話す

たまたま入った飲食店でイベントをやっていたので友達と参加したところ、そこで偶然男性と知り合いました。

話しているととてもいい人だったので、そこから連絡先を交換して何度か会うようになりました。

たくさん話して楽しみたいと思い、相手の勧めてくれたドラマを見て次に会った時にはその話をするなど、共通の話題や盛り上がる話題を作って毎回のデートを楽しみ、次回のデートの予定まで立てていました。

好きな人と一緒に過ごすためのそういう努力は必要だと思います。

20代後半/専業主婦/女性

女性編4位|友達に協力してもらう

友達に協力してもらう

相手の友達に近づいて情報を聞き出す

大好きだった片想いの男の子と、少しでも話すきっかけだけでも作れないものかと色々考えました。

そこで、その子の友達に近づいて彼についての情報を聞き出しました。例えば彼が好きな歌手を聞き出せたら、その歌手の曲を聞き、色々会話についていけるように努力しました。

あまりにもその友達に近づき過ぎた為、その友達の方を好きなのではないかとあらぬ噂を立てられた事もありました。

こうしてたくさんの情報をゲットしますが、彼と話す時は初めて知ったような振りをして会話を膨らませて、好感を持ってもらう努力をしました。

50代後半/サービス系/女性

周りから固めていく

私が片思いをした相手は、友達の彼氏の親友でした。みんなで一緒に遊びに行く時に数回会ったくらいで、連絡先を交換するまでの関係にはなりませんでした。

私の思いを友達に相談すると、友達の彼氏が協力してくれるということになり、私のいいところをいっぱい彼に話してくれました。そして、そのうち彼の方も私を意識してくれるようになって、付き合うことになりました。

やっぱり周りから固めていくのは大切だと思います。友達の協力は欠かせません!

40代前半/自営業/女性

好きな人と一番一緒にいる親友に協力を仰ぐ

まず、好きな人と一番一緒にいる親友に「〇〇君が好きなんです。協力してもらえませんか」と伝えます。

すると、好きな人の友達が一緒にお出かけするのを計画してくれる可能性が高いので、その時にアプローチすることがおすすめです。

ついでに私が好きなことを彼に伝えてくれていることも多いので、相手も好きな場合、向こうから告白してきてくれる可能性が高いです。

自分からは伝えにくいので、そうやって彼に察してもらうようにします。

20代前半/大学生/女性

女性編5位|接触に緩急をつける

接触に緩急をつける

一緒にいる時間をたくさん作り、そのあと離れる

私が片思いしていた相手は会社の先輩でした。普段から業務を教えてもらい仲良くしていましたが、仲の良い兄妹のような感じで一向に恋愛関係には進展しませんでした。

私の気持ちを知っていた同僚達は、わざと私と先輩を2人っきりにしてくれたため、そのタイミングを狙ってそれとなく好意を伝えていましたが、先輩は気付かないふりなのか本当に気づかないのか、あまり反応はありませんでした。

ある日、私が別の先輩とチームで仕事をすることになり、楽しく仕事をしていたところ、それを見ていた片思いの先輩から突然告白されました!先輩は私と離れたことで私の事が気になって仕方がなくなり、自分の気持ちに気づいたそうです。

周りの協力や距離感、大事ですね。

30代前半/流通・小売系/女性

好きになった人の行動パターンを把握し、緩急をつけて会う

たまたま会う回数が増えると、単純接触効果で「気になる!」と思ってくれるようになると思い、好きになった人の行動パターンを把握したりどこに出没するかをよく調査して行動していました。

「よく会うね笑」と気軽に声をかけるようにしていると、向こうから連絡先を聞かれました。その日はすぐに返信をし、自分のターンで連絡を止めます。

その後、しばらく向こうの行動パターンでは会えないタイミングでの行動を心がけ、2週間ほど泳がせると向こうから連絡がくるので、デートにこぎつけました。

20代後半/メーカー系/女性

女性編6位|特別感を演出する

特別感を演出する

いつもとは違う自分を見せ、2人きりの空間を大事にする

好きな人にアプローチする時、いつもとは違う自分を見せたり、いつもより自分の得意なことをできる場所を選んでデートしたりしていました。

友達とか仲間内でできない話をしたり、2人きりの空間を大事に出来れば、自然とこちらに気持ちが向いてくる気がします。

連絡も取りすぎす、重くなりすぎないように心がけたし、好きな人にちゃんと好意を寄せていることは伝えて反応を見ていました。

「脈ないな」と思っても好きならガンガン行くし、相手の隙を狙ってアプローチしていました。

30代後半/不動産・建設系/女性