子供が居ながらも離婚を選択した私の後悔と経験談

子供がいる,離婚

今回は私の実体験の中で感じた事、後悔したこと、「離婚」を考えている方に訴えたいことをお話させていただきます。

私が離婚をした理由

タイトルからもお察しの通り、バツイチです。

相手の方は、自分の性格を直す気は無いから夫婦仲を良くしたければお前が合わせろ、という考えの人でした。一方、私は気が強く、夫婦なら言いたいことを言い合うのが当たり前、でも好きな人になら合わせようと思えるという性格なので、最初は、腹が立ちながらも合わせようとは努力していました。相手の人も最初は子供のお風呂を手伝ってくれていました。その度にありがとうと言うのは気を付けていました。

 

しかし、夫婦生活をしていく中で相手は手伝ってくれなくなり、私も感謝しなくなり、喧嘩がすごく増えました。喧嘩内容もだんだんヒートアップしていき、「子育ても家事もお前の仕事だろ」と言われるようになり、その度に私は、「子育ては2人の仕事でしょ」と言っていました。

 

「誰の金で飯が食えると思っているんだ」と言われるので、「じゃあ私も働きに出るので家事も分担しましょう」と言うと、「お前が働きに出たところで大した金にはならない」と言われ続けました。そんな感じで不満ばかりお互いが溜まっていき、勿論これだけの理由だけではありませんが、離婚に至りました。

離婚を経て気が付いたこと

そして、離婚してから働きに出た時気づきました。

私が自分の体調が悪くなった時に休めないなと感じた時に、そういえばあの人も大熱出ているのに休まず働いてくれていたなと。そして、これが養うという事なんだなと感じました。

 

また、家に帰って疲れたぁとなっているのにごちゃごちゃ言われたらしんどいなと思いました。それを私はしてしまっていたなと。
そして、思いました。
私は感謝していると思っていたけど、それが相手には伝わっていなかったのだと。

 

感じ方は人それぞれです。
それは人間なのでしょうがないことだと思います。しかし、結局伝わっていなければそれが相手にとってはすべてなのです。

あなたが相手の発言のせいで、怒っていたとします。「誤解だよ」と言われて説明されて、納得してもしなくても、その「怒り」という感情が生まれた事には変わりないのです。それと同じだなぁと反省しました。

離婚には「時すでに遅し」がある

そして、びっくりな話が、離婚して1か月も経たないうちに復縁を求められました。
離れて気づいた。俺はお前の事が好きだ、と。お前の手料理も弁当もすごく恋しい。実家に帰っても寂しい、子供たちに会いたい、お前しか俺を受け入れてくれる人はいないと。
そう言われた時、私は涙が出ました。そんなに長くない結婚生活の中で私が言って欲しかった言葉だと。

 

しかし、何もかもが遅すぎました。
なんと言われようと私はあなたの所へ戻る気は無いと。あなたと同じ姓に戻ることも絶対に無いと。
人生、上手くいかないものですね。

 

お互いが少し、素直になれば防げる離婚だったのかもしれません。
喧嘩する程仲が良いと散々言われた私達ですが、結局「離婚」という結論を選びました。
そう、どんなに仲が良い夫婦でもちょっとしたことの積み重ねで離婚へと繋がるのです。

私が離婚から学んだこと

結果、私がこの結婚生活で学んだことは、3つです。

 

  • ①「感謝は思うだけじゃなく、態度と言葉で伝えること」
  • ②「自分が悪いと思う事はまずは自分から謝ること」
  • ③「小さい事でも、大げさに褒めること」

 

この3つができれば、結婚生活が少しは上手くいくのでは、と思います。

離婚をしようと悩んでいる男性の方へ

必ず後悔します。

もしも1つでも躊躇うことがあるなら辞めておくべきです。

 

後から言っても女の人は心残りなどある人のほうが少ないです。これは、好きの大小ではなく、子供を育てていくのに必死でそれどころじゃないからです。

離婚を悩んでいる女性の方へ

養育費はきちんと払ってくれる人の方が少ないです。

男の人は自分一人になると子供がいようがいなかろうが関係なしにはっちゃける人が多いです。

 

養育費をあてにせずに、母子手当をあてにしようと思っている方、考えが甘いです。子供の人数が増えれば増える程、母子手当の一人当たりの支給額は少ないです。

結果、必死になって働かなければならない事には変わりありません。そんな中で子供のメンタルも心配しなければならないので、本当に疲れます。その覚悟がない方は辞めるべきです。

 

これは説教とかではなく、あくまで、心配して、訴えていることが伝わっていたら良いなと思います。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

どうか読んでくださった皆様が幸せでありますように。。。

著者:chokoken

性別:女性

年齢:23歳

毎日、色んなものや事に奮闘中ですが、笑える時に笑っとけ精神なママです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう