親子で離乳食を楽しむための5つの心得とは!

離乳食,楽しむ

一般的に赤ちゃんが生まれて5ヶ月〜6ヶ月経った頃に始まる離乳食。
好き嫌いが無い子に育って欲しい、食事を楽しんで欲しい、などお母さん達には様々な思いがあるかと思います。
試行錯誤しながら一生懸命作った離乳食を全く食べてくれない!なんてこともありますよね。

そんなときのお母さんに覚えておいて欲しい5つの心得をご紹介します。

1、ベビーフードを活用する

ベビーフードを使うことに罪悪感を感じていませんか?
もちろん手作りのものを赤ちゃんに食べさせるというのはとても重要なこと。
でも、頑張りすぎてお母さんが疲れてしまっては意味がないのです。

赤ちゃんはお母さんの変化にとても敏感。たまには手抜きしましょう。
離乳食を作るのって意外と手間がかかります。ベビーフードを使った日はいつもよりゆっくり寝て、気持ちに余裕を持って接することができればその方がいいと思うのです。
1回の食事量が少ない赤ちゃんは食べさせる前に小分けにして冷凍するとまた使えますよ。

2、他の子と比べない

同じ月齢の赤ちゃんでも食べる量も進み方も全く違います。
また、好き嫌いも違います。

私の場合は、本の知識で赤ちゃんは皆かぼちゃやさつまいもが好きなものだと思っていましたが娘は全くダメでした。
逆に豆腐や白菜が好きだったり、まさかの連続でした。
本や資料はあくまでも目安、ゆっくりお子さんのペースを見てあげてください。

3、楽しい時間にする

離乳食で1番大切なことは食事の時間って楽しいんだ!と赤ちゃんに覚えてもらうことです。
食べさせることに必死になって、赤ちゃんが嫌がっているのに無理矢理続けようとしてしまうのはよくないです。

嫌がっているときは「また明日、たべようね」などと声をかけ仕切り直しましょう。離乳食初期は母乳やミルクでの栄養でも充分足りると言われています。
食べさせることに神経質にならず、少しずつ楽しい食事の時間を覚えてもらいましょう。

4、大人といっしょに食事をする

赤ちゃんは好奇心旺盛です。
大人が食事をしていると興味を示したりヨダレを垂らしてじっと見つめていたりする頃が離乳食開始の目安だと言われています。
あまり進まないときは大人の食事時間と合わせてみると意外と食べてくれるものです。

また、お母さんも食事をしながらなので、ゆっくり赤ちゃんのお口にごはんを運んであげられることもメリットといえるでしょう。

5、楽して作ろう

初めのうちは教科書通りに潰したり裏ごししたりかなり手間をかけるかと思います。
でも慣れれば離乳食作りってとても単純。
お野菜すべて同じ鍋でまとめて煮て、煮汁を少し足してブレンダーで潰しましょう。残った煮汁は野菜スープとして製氷皿に冷凍してもよいでしょう。
難しく考えず、素材を加熱して潰すだけ。
食べにくそうな野菜には豆腐を混ぜてあげたりとろみを付けてあげるとよいでしょう。

悩むことも多い離乳食ですが、少しでも親子で楽しい食事の時間を過ごせるといいですね。

著者:ちいこ

性別:女性

年齢:29歳

子育て奮闘中のすぼら専業主婦。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにオススメ