彼女にイライラ!彼氏100人の冷静になれた対処法とは

彼女,イライラ

彼女と付き合っていれば喧嘩はつきもの。大好きな時もあればイライラすることもあるものです。

大好きな彼女だからこそ、イライラしていても出来るだけ早く冷静になって仲直りしたいと思う男性も多いのではないでしょうか?

この記事では、彼氏100人による彼女にイライラするときでも冷静になれた対処法を体験談と共にご紹介しています。

\ 今すぐ無料で悩みを相談してみよう /

「 ココナラで悩みを相談 」

ユーザー満足度97%超
3,000円無料クーポンあり
1分100円からのお値打価格

彼女にイライラするときってどんなとき?

彼女にイライラするときランキング

まずは、彼女にイライラするときランキングからご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女にイライラするとき』によると、1位は『些細な口論』、2位は『生活習慣の違い』、3位は『すれ違い』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女にイライラするとき

男性100人に聞いた彼女にイライラするときでは、1位の『些細な口論』が約38%、2位の『生活習慣の違い』が約17%、3位の『すれ違い』が約13%となっており、1~3位で約68%を占める結果となりました。

彼女にイライラするときの対処法ランキング

次に、彼女にイライラするときの対処法ランキングをご紹介していきましょう。

famico編集部が行った『男性100人に聞いた彼女にイライラするときの対処法』によると、1位は『一息ついて冷静になる』、2位は『楽しい思い出を振り返る』、3位は『相手の立場になってみる』という結果に。

ランキングの詳しい内容は下記となっています。

男性100人に聞いた彼女にイライラするときの対処法

男性100人に聞いた彼女にイライラするときの対処法では、1位の『一息ついて冷静になる』が約30%、2位の『楽しい思い出を振り返る』が約21%、3位の『相手の立場になってみる』が約16%となっており、1~3位で約67%を占める結果となりました。

それでは、項目別で彼女にイライラするときの対処法を体験談と共にご紹介していきましょう。

【1位】一息ついて冷静になる

一息ついて冷静になる

ここで勝っても仕方なし。譲る気持ちのゆとりを持とう

些細なことで言い争いはどんなカップルにもあることでしょう。

自分の場合は「口先で勝っても正直、意味なし」と感じることが多いです。例えば腕力や経済力など同じ土俵で競ったら圧倒的に男性の勝利は明らか。

ならば、言い争いくらいは譲ってあげる心のゆとりを見せては?口喧嘩で勝っても相手を不快にするだけ。

40代前半/サービス系

ワンテンポおき深呼吸

些細な喧嘩になったとき、お互い感情的になったところで必ずよい結果が生まれないですし、感情的になって思ってもないことを言ってしまって取り返しのつかないことになりかねないです。

ですので、まず相手を落ち着かせて自分が冷静になるために深呼吸をして接することが第一歩です。

40代前半/流通・小売系

常に冷静に考える訓練をする

相手が他の男性の話をしたり、自慢してきたりすると、なぜそんな話を俺に?とか、無神経じゃないかと思ってしまうことがあります。

ですが、そこで不機嫌になって喧嘩になったりしても疲れるだけなので、深く考えれば考えるほど今後損する!と思い冷静に聞き流すことにしています。

30代前半/不動産・建設系

考えるのをやめ無になる

日常生活におけるこだわりや習慣などは合わないのが当たり前で、イライラする方がナンセンスです。だからまずイライラする出来事自体を考えることをやめます。

元々違う人間同士、寧ろ自分と違うタイプだから付き合ったわけだから、常に原点に立ち返るようにするとイライラすることも少なくなりますよ。

30代前半/自営業

ムキにならないで笑顔で対応すること

デートの約束時間にいつも遅れてくる彼女。そのくせ自分が少しでも遅れると遅刻、遅刻といってきてすごくイライラすることが多かったです。

そんな時は笑顔で大丈夫!と言い、何も気にしないようにしていました。また彼女が遅れた際には一人でカフェなどをして、待たされているということではなく有意義な時間を作るようにします。

20代前半/メーカー系

空返事をして自分が冷静になるのを待つ

主に考えや言葉によるすれ違いによりイライラしますので、冷静になるため自分の中で会話を中断させます。

ですが、強制的に会話を中断したり黙るようになると、彼女は「聞いていない」などといったようにエスカレートしますので、空返事をして対応します。

そして、話の区切りまで空返事で流したり、すれ違っている部分を正したりなど、対処します。稀に空返事がバレて怒られますが、解決案の見えないイライラよりも軽く怒られる方が私はマシです。

30代前半/流通・小売系

決して同じようにイライラしない

当時、同棲をしていた彼女が情緒不安定で、デートをしている時や同じマンションにいる時でも、些細なきっかけでよく口論となりました。

時には取っ組み合いの喧嘩にもなる有様でしたが、何度も本音でぶつかり合っている内にお互いの理解が深まったようで、口論となる回数は少なくなりました。

ただ思うのは、彼女と同じ口調やテンションで、喧嘩をしない方が良いという事を学びました。火に油を注ぐようなものです。

50代前半/IT・通信系

少し違った空気を吸ってみる

同棲している場合に多いかもしれませんが、同じ空間で過ごすことが多いときに些細な問題でも口論になる場合があります。

例えば、女友だちから来た連絡を勝手に見て、妄想が膨らんで、落ち込むパターンがあります。何も関係ないただの友だちと言っているのに、聞く耳を持ってくれない場合に腹が立ちます。

そんな場合は同じ空間にいるのではなく、一旦外に出て、違った空気を吸うことをおすすめします。少し冷静になり、優しくなれます。

30代前半/自営業

しばらく物理的に距離を置いて一人になる時間を作る

私自身スマホゲームをすることが好きでやるんですが、自由な時間なのに干渉してきて、あれをやれこれをやれといちいちうるさいことにイライラすることが多かったです。

そんな時は物理的な距離を置くためにトイレにこもったり別室に移動して一人の時間を意図的に作ることで気持ちの切り替えをすることができました。

30代前半/医療・福祉系

【2位】楽しい思い出を振り返る

楽しい思い出を振り返る

一瞬でもいいから楽しかった事を思い出す

ちゃんと伝えた事でも、聞いてないとか知らないとか言われるとイライラします。

性格的な事もあるとは思いますが、しっかり会話のキャッチボールができないとムカついてしまい、言葉がきつくなります。

そんな時は、一瞬でも、今まで二人で楽しかった事を思い出すようにすると、相手の事を大切に思う気持ちが復活します。

30代後半/流通・小売系

昔のデートを思い出す

ちょっとした言葉の違いにより、自分が伝えたい事を相手が間違って受け取ってしまい、それが原因で口論によくなります。なんで今の言葉をそんな受け取り方するのかなとイライラしてしまいます。

そんな時は昔の2人での楽しかった思い出を思い出します。今までの思い出を考えると今の嫌な気持ちのちっぽけさがわかり、イライラしていたのがバカらしくなってきます。

20代後半/メーカー系

昔のツーショット写真を眺める

とにかく話が通じない、理解しない、ということは、よくあると思います。相手の態度が気に障って、こっちもますます感情的になって追及したりなどということもあります。

そんなときは、昔二人で撮影した笑顔のツーショット写真を眺めます。あんなこともあった、こんなこともあったと楽しい思い出がよみがえり、いいところもあるはずだよな、今こうやって感情的になっているのは自分の言い方がまずいからかもしれないな、という気持ちに落ち着きます。

スマホのデータ写真じゃなくて、プリント写真がいいと思います。それが、いつもそばに飾ってあれば尚いいですね。

40代前半/IT・通信系

一呼吸おいて楽しかったことを考える

会話での一言から相手が急に不快感を示したためイライラしましたが、落ち着くためにまずは一呼吸おくようにしています。

喧嘩の内容にもよりますが、イライラした時は楽しかったことを思い出し気持ちを落ち着かせています。

その後、相手が落ち着いてきたところで話題を大きく変えて楽しくなるような共通の話題をすればお互いリラックスできます。

40代前半/流通・小売系

彼女の可愛い顔を思いだす

彼女に対してイライラするときは、まず1人になって冷静になれるように部屋でリラックス効果のお香を焚いてみたりしますね。

そうすると心にだんだんゆとりができてきて彼女の可愛い顔を思い浮かべたりして、もう一度向き合おうと言う気持ちになれます。

30代前半/サービス系

告白して付き合い出した当時の事を思い出す

些細な事で口論になってしまうことはよくあります。

そんなときは、ずっと好きで憧れていて告白して付き合う事になった時、凄く嬉しかったその気持ちを思い出すようにしています。

普段当たり前にやってくれていることに改めて感謝の気持ちを持つようにしています。

40代前半/メーカー系